米国株、業界動向と銘柄解説 【米国株】生活密着の銘柄群でのNYダウ4万ドル突破に意義
業種のバランス考慮したダウ ウォルマート[WMT]、マクドナルド[MCD]、コカコーラ[KO]も
島野 敬之
吉田恒の為替デイリー 【為替】「投機円売り相場」の行方を考える
この数ヶ月の米ドル/円は、2024年に入ってから急増した投機円売りとの相関関係が高まっている。そこで、今後の米ドル/円の行方について、投機円売りの動向を中心に考えてみる。
吉田 恒
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 【米国株】利下げ、好調企業業績が今後も寄与
企業業績は2桁成長 大統領選実施年は上昇率高く 調整局面来る可能性
市況概況 (朝)米国市場は小幅に反落 ダウ平均は4万ドルの大台に乗せる場面も 日本市場は米国株安を受けて下落か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 39,869.38 ▼38.62 (5/16)NASDAQ: 16,698.32 ▼44.07 (5/16)1.概況米国市...
市況概況 (まとめ)日経平均は米国株高を受けて3日続伸 引けにかけて上げ幅を広げ534円高
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は米国株高を受けて3日続伸となりました。260円高の38,645円で寄り付いた日経平均は取引開始...
日本とアメリカの重要な経済指標を分かりやすく解説 【日本】2024年1-3月期の実質GDPは年率-2.0%
【1】結果:マイナス成長も、市場は一時要因による見方が優勢 【2】内容・注目点:賃上げと消費の好循環が鍵 【3】所感:名目GDP、大台の600兆円まであと一歩
投資のヒント シマノやカゴメは通期の営業利益の見通しを上方修正
12月決算企業の第1四半期の決算発表集計4月下旬からスタートした3月決算企業の本決算発表と並行して行われていたのが12月決算企...
金山 敏之
日本とアメリカの重要な経済指標を分かりやすく解説 【米国消費者物価指数(CPI)】4月は前年同月比+3.4%とインフレ鈍化、利下げ観測前進
【1】結果:概ね市場予想通り 前回3月からはややインフレ鈍化を示す 【2】内容・注目点:サービス価格が低下。パウエル議長注目のスーパーコアは? 【3】所感:インフレ鈍化にひと安心。9月利下げは可能か
日本とアメリカの重要な経済指標を分かりやすく解説 【米国】4月小売売上高は横ばい、予想以上の消費の減速傾向を示す
【1】結果:市場予想を下回る結果で、消費の減速を示す 【2】内容・注目点:長引くインフレに個人消費は鈍化、一時的か継続的か 【3】所感:需要の低下はインフレ抑制には好材料。落ち込みすぎには注意 
和島英樹の発掘!注目株 【日本株】市場規模が前年比60%増、拡大続くカプセルトイ市場関連銘柄
インバウンド需要も取り込み、急成長を遂げるカプセルトイ市場 カプセルトイが誕生した背景とその変遷 子どもから大人まで人気拡大、市場を席捲するカプセルトイ関連銘柄4選
和島 英樹
マネックスみんなのつぶやき 「寛容」に触れる
今、ニューヨークにいます。こちらはまだ5月15日(水)です。昨日、グループ会社のトレードステーションの本社があるフロリダか...
清明 祐子
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】スターバックス[SBUX]の今後の展望とは
決算発表受け時価総額150億ドル消失 2回にわたる業績予想下方修正 深夜営業で売上増もくろむ 13年連続増配、直近株価に割安感 中国市場は苦戦
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル買い「一極集中」に変化の兆し!?
ある投機筋のデータでは、4月末に過去最大規模に拡大した米ドル買い越しは、先週にかけて2週連続で縮小した。 2024年に入ってからの米ドル買い「一極集中」は、一時160円に達した歴史的円安の一因と考えられるため、その変化は歴史的円安の今後の行方でも注目されることになりそうだ。
吉田 恒
市況概況 (朝)米国市場は続伸 主要3指数が揃って史上最高値を更新 日本市場は米国株高を受けて上昇か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 39,908.00 △349.89 (5/15)NASDAQ: 16,742.39 △231.21 (5/15)1.概況米国...