いま、注目のテーマ 【米大統領選】保護貿易強化でGDP0.8%押し下げリスク
バイデン政権の「フレンド・ショアリング」 トランプ氏は「米国第一主義」
いま、注目のテーマ 【日本株決算】半導体関連のイビデン(4062)、太陽ホールディングス(4626)は配当据え置き予想
半導体パッケージの大手イビデン(4062)、今期利益は17%減予想 太陽ホールディングス(4626)が前期減損計上、今期は配当据え置き 東京きらぼしフィナンシャルグループ(7173)は今期5円増配
市況概況 (まとめ)日経平均は3日ぶりに反落 一時プラスとなるなど下げ渋り131円安
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は3日ぶりに反落となりました。298円安の38,107円で寄り付いた日経平均は10時20分に369円安...
日本とアメリカの重要な経済指標を分かりやすく解説 【米国】米消費者信頼感指数、4月は97.0に低下。2022年7月以来の低水準に
【1】結果:予想を下回り、1年9ヶ月ぶりの低水準に 【2】内容・注目点:食品・ガソリン価格の高騰を受け消費者マインドが低下 【3】所感:スタグフレーションへの警戒感が浮上、5月FOMCに注目
投資のヒント 商船三井はコンセンサス予想を上回る見通しを発表し大幅高
3月決算企業の本決算発表集計4月下旬から3月決算企業の決算発表が始まっています。今週は大型連休の谷間で決算を発表する企業も...
金山 敏之
マネックスみんなのつぶやき 為替変動の歴史で考える、円安の転換点
幼少の頃、学者である父親の学会のついでに、初めて海外に連れて行ってもらいました。何もかもが良い刺激になりましたが、何しろ...
大槻 奈那
市場のテーマを再訪する。アナリストが読み解くテーマの本質 セルインメイ(Sell in May)というアノマリーを考察する
5~9月のダウ平均は低調傾向。「セルインメイ」の経験則とは 過去30年のパフォーマンスから考察する日本の「セルインメイ」
福永博之のいまさら聞けないテクニカル分析講座 【日本株】回復した75日移動平均線上を維持できるか
75日移動平均線を上回って維持できるか攻防が継続中 モメンタムの上昇が続くかが75日移動平均線上を維持するカギ
福永 博之
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】ジョンソン・エンド・ジョンソン[JNJ]は安定した配当王銘柄
増配を続けるヘルスケアの巨人 米国政府よりも高い格付け 62年連続増の「配当王」 S&P500指数の配当利回りの2倍を超える高い配当利回り
米国株決算レポート 【決算結果】プロクター・アンド・ギャンブル[PG]、アメリカン・エキスプレス[AXP]、ベライゾン・コミュニケーションズ[VZ]など
ケイデンス・デザイン・システムズ[CDNS]決算:1株利益は1.17ドルで市場予想を上回る プロクター・アンド・ギャンブル[PG]決算:1株利益は1.52ドルで市場予想を上回る アメリカン・エキスプレス[AXP]決算:1株利益は3.33ドルで市場予想を上回る ベライゾン・コミュニケーションズ[VZ]決算:1株利益は1.15ドルで市場予想を上回る ニューコア[NUE]決算:1株利益は3.46ドルで市場予想を下回る
マクロテーマ解説 【マクロ経済動向5月】米国の投資環境を整理
IMF世界経済見通し、際立つ米国経済の堅調さ 決算前に高まっていた市場期待 実質金利は適正水準に到達 物価動向別の資産クラスパフォーマンスを整理
塚本 憲弘
市況概況 (朝)米国市場は賃金インフレを警戒した売りで反落 日本市場は米国株安を受けて下落か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 37,815.92 ▼570.17 (4/30)NASDAQ: 15,657.82 ▼325.26 (4/30)1.概況米国...
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル買いも過去最大規模に拡大
投機筋のポジション・データによると、米ドルの買い越しが先週にかけて過去最大規模に拡大してきた。主要な通貨のほとんどに対して米ドルが買い越しとなるなど、米ドル買いの「一極集中」の構図が目立ってきた。 円の「売られ過ぎ」と対照的な米ドルの「買われ過ぎ」。このような行き過ぎたポジションの偏りの反動が入るリスクについても今後徐々に警戒する必要があるのではないか。
吉田 恒
市況概況 (まとめ)日経平均は470円高 一時670円以上上げる場面も
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は大幅続伸となりました。377円高の38,312円で寄り付いた日経平均は9時10分前に317円高の38,...
投資のヒント 日本碍子はコンセンサス予想を上回る見通しを発表し年初来高値を更新
3月決算企業の本決算発表集計先週から3月決算企業の決算発表が始まっています。スタート当初は決算を発表する企業は多くありませ...
金山 敏之