お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 の記事一覧

マネックス証券 マネックス・ユニバーシティ 暗号資産アナリスト 松嶋真倫/マネックス仮想通貨研究所(マネックスクリプトバンク株式会社運営)がビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)に関する市況をウィークリーでお届けします。価格情報を含む今週の振返りと、来週の動向をぜひご覧ください。

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想
BTC(ビットコイン)は堅調ながら、米ビットコイン先物ETFを巡る様々な思惑に警戒
BTC(ビットコイン)は堅調ながら、米ビットコイン先物ETFを巡る様々な思惑に警戒
ビットコインは米国におけるビットコイン先物ETFへの期待が強まるなかで買いが継続した。一時はアルトコイン物色とともに急落したが、景気の先行きが不透明になるなかオルタナティブ資産としての買いも強く、BTC=658万円(58000ドル)付近まで大きく上昇した 来週は堅調ながら、米ビットコイン先物ETFを巡る様々な思惑に警戒、直近上値としてBTC=681万円(60000ドル)、下値としてBTC=613万円(54000ドル)を意識する
株式市場の先行きが不透明になる中、BTC(ビットコイン)は買いが継続することも
株式市場の先行きが不透明になる中、BTC(ビットコイン)は買いが継続することも
ビットコインは、パウエルFRB議長とゲンスラーSEC委員長の発言によって規制リスクが後退したことや、中国不動産および米国政権の債務問題への懸念などで株式市場が不安定化するなかオルタナティブ資産としての魅力が増したことを受け、BTC=613万円(55000ドル)付近まで高騰した 来週は株式市場の先行きが不透明になる中、買いが継続することも、直近上値としてBTC=647万円(58000ドル)、下値としてBTC=558万円(50000ドル)を意識する
NFTブームに変化と落ち着き。規制リスクも高まる中、ビットコイン相場の今後は?
NFTブームに変化と落ち着き。規制リスクも高まる中、ビットコイン相場の今後は?
NFTブームはこの半年で大きく変化している NFTブームの調整なのか、それとも終わりなのか 中国の規制リスクも高まる中、ビットコイン相場の今後は?
規制リスクが意識されているがBTC(ビットコイン)は底堅い展開を予想
規制リスクが意識されているがBTC(ビットコイン)は底堅い展開を予想
ビットコインは中国人民銀行が暗号資産の禁止措置を再度発表したことを受けて急落し、その後も米国株とともに売りが強まる場面もみられたが、BTC=455万円(41000ドル)付近では底堅く推移した 来週は規制リスクが意識されているが底堅い展開を予想、直近上値としてはBTC=500万円(45000ドル)、下値としてはBTC=455万円(41000ドル)を意識する
日米の金融政策決定会合に注目、アルトコイン物色も続くなかBTC(ビットコイン)は方向感を伺う展開
日米の金融政策決定会合に注目、アルトコイン物色も続くなかBTC(ビットコイン)は方向感を伺う展開
ビットコインは、これまで市場をけん引してきたソラナ(SOL)が大きく下落するなどアルトコイン市場も揺らぐなか、売りが継続した。しかし、BTC=482万円(44000ドル)付近では底堅く推移し、大手企業や金融機関、著名投資家による暗号資産関連のポジティブな動きとともにBTC=526万円(48000ドル)付近まで回復した 来週は日米の金融政策決定会合に注目、アルトコイン物色も続くなかBTCは方向感を伺う展開、直近上値としてはBTC=547万円(50000ドル)、下値としてはBTC=482万円(44000ドル)を意識する
BTC(ビットコイン)は暴落、調整売りが継続する可能性も底堅い推移を予想
BTC(ビットコイン)は暴落、調整売りが継続する可能性も底堅い推移を予想
ビットコインはBTC=572万円(52000ドル)を突破し、エルサルバドルによるビットコイン購入の発表を受けてさらに買いが強まった。しかし、7日にはアルトコインが大きく売られるなか、一時BTC=473万円(43000ドル)付近まで暴落した。直後に大きく反発したが、NFTマーケットプレイスにおけるバグ報道などもあり、週末にかけても軟調な推移となった 7日にエルサルバドルにおいてビットコイン法が施行されたが、それに反対するデモや、ウォレット・ATMなどのシステムトラブルが発生した。 ・来週は調整売りが継続する可能性はあるが、底堅い推移を予想、直近上値としてはBTC=550万円(50000ドル)、下値としてはBTC=473万円(43000ドル)を意識する
アルトコイン相場のなかBTC(ビットコイン)=50,000ドルを上抜けることができるか
アルトコイン相場のなかBTC(ビットコイン)=50,000ドルを上抜けることができるか
ビットコインはジャクソンホール会議通過後に急騰した。取引所やDeFiにおけるハッキング事件などによって一時は売りが強まったが、イーサリアムがレイヤー2ソリューションの公開を受けて強い値動きとなり、週末にかけてはBTC=550万円(50000ドル)を試す展開となった イーサリアムはレイヤー2ソリューションの公開を受けて買いが強まり、NFTやDeFi関連銘柄も揃って買われるなか、ETH=42万円(3800ドル)付近まで価格を大きく伸ばした 来週はアルトコイン相場のなかBTC=550万円(50000ドル)を上抜けることができるか、直近上値としてはBTC=572万円(52000ドル)、下値としてはBTC=517万円(47000ドル)を意識する
ビットコインはDeFiや取引所のハッキング事件後も上昇継続、今後の見通しは?
ビットコインはDeFiや取引所のハッキング事件後も上昇継続、今後の見通しは?
DeFiプロジェクトで史上最大規模のハッキング 暗号資産のハッキング対策と課題 ビットコインはハッキング事件後も上昇基調、今後の見通しは?
BTC(ビットコイン)はジャクソンホール会議を前に失速、下落懸念はあるも市場環境の改善が続く
BTC(ビットコイン)はジャクソンホール会議を前に失速、下落懸念はあるも市場環境の改善が続く
ビットコインは買いが継続し、暗号資産先物ETFへの期待やペイパルの英国展開、ビザのNFT購入などの材料があるなかで一時BTC=550万円(50000ドル)を突破した。その後、マイクロストラテジーによるビットコイン買い増しも発表されたが、ジャクソンホール会議にかけてアルトコインとともに売りが強まった 来週は下落懸念はあるも市場環境の改善が続く、直近上値としてBTC=550万円(50000ドル)、下値としてBTC=484万円(44000ドル)を意識する
アルトコイン過熱後の急落に警戒だが、BTC(ビットコイン)は底堅い推移を予想
アルトコイン過熱後の急落に警戒だが、BTC(ビットコイン)は底堅い推移を予想
ビットコインはDeFiやNFT関連銘柄を中心にアルトコインが物色されるなか一時BTC=526万円(48000ドル)付近まで上昇したが、規制リスクやテーパリング早期化議論の再燃とともにBTC=482万円(44000ドル)付近まで下落し、今週の上昇を打ち消した 来週はアルトコイン過熱後の急落に警戒だが底堅い推移を予想、ジャクソンホール会議(8/26-28)の内容にも要注目、直近上値としては今週上値のBTC=526万円(48000ドル)、下値としてはBTC=460万円(42000ドル)を意識する
BTC(ビットコイン)はアルトコイン物色のなかで買い継続の可能性も、大規模ハッキング後の影響に懸念
BTC(ビットコイン)はアルトコイン物色のなかで買い継続の可能性も、大規模ハッキング後の影響に懸念
ビットコインはイーサリアムがハードフォーク後に強い値動きとなるなか一時BTC=508万円(46000ドル)付近まで上昇した。米インフラ法案やDeFiプロジェクトの大規模ハッキングに対する懸念が広がり、売りが強まったが、アルトコインを物色する動きもあるなかで底堅く推移した 来週はアルトコイン物色のなかで買いが継続する可能性はあるが、大規模ハッキング後の影響が懸念される、直近上値としてBTC=530万円(48000ドル)、下値としてBTC=464万円(42000ドル)を意識する
規制懸念が再燃するも、BTC(ビットコイン)はポジティブな動きもあるなかで買いに期待
規制懸念が再燃するも、BTC(ビットコイン)はポジティブな動きもあるなかで買いに期待
ビットコインは中国規制やバイナンス規制の追加的な動きを受けて再びBTC=438万円(40000ドル)を割り込むと、米国規制の動きもあってBTC=416万円(38000ドル)付近まで下落したが、イーサリアムの強い値動きによって下支えられた イーサリアムはハードフォークへの期待感から対ビットコインで強い値動きとなるも、前後で荒い値動きが続いている 来週は規制懸念が再燃するも、ポジティブな動きもあるなかで買いに期待、直近上値としてはBTC=460万円(42000ドル)、下値としてはBTC=416万円(38000ドル)を意識
欧州を中心にバイナンスへの警告が相次ぐ、ビットコインとバイナンスコインの見通し
欧州を中心にバイナンスへの警告が相次ぐ、ビットコインとバイナンスコインの見通し
各国当局がバイナンスへ警告 バイナンスへの警告と自律分散型組織(DAO) バイナンスへの警告を受けたビットコインとバイナンスコインの見通し
BTC(ビットコイン)は市場における懸念の和らぎとともに買いが継続することも
BTC(ビットコイン)は市場における懸念の和らぎとともに買いが継続することも
ビットコインは先週に開かれたイベント「The B Word」をきっかけに買いが強まり、ツイッターやアマゾンによるビットコイン決済導入の可能性や、テスラのビットコイン保有の確認などを受けてBTC=440万円(40000ドル)を回復した 来週は市場における懸念の和らぎとともに買いが継続することは考えられるが、逆に懸念が再燃するようであれば再び売りが強まるだろう、直近上値としてはBTC=451万円(41000ドル)、下値としてはBTC=396万円(36000ドル)を意識する
BTC(ビットコイン)は買いも売りも決め手に欠く状況、ECB理事会の内容に注目
BTC(ビットコイン)は買いも売りも決め手に欠く状況、ECB理事会の内容に注目
ビットコインは米国株が史上最高値を更新するなか、先週に続いて中国規制やバイナンスへの取り締まりが影響し、軟調な展開が続いた 来週は材料難のなかもみ合いの展開を予想、ECB理事会における新ガイダンスの内容には要注目、直近上値としてはBTC=385万円(35000ドル)、下値としてはBTC=330万円(30000ドル)を意識する
BTC(ビットコイン)は規制が重しとなるなか、DeFi銘柄主導で回復する可能性も
BTC(ビットコイン)は規制が重しとなるなか、DeFi銘柄主導で回復する可能性も
ビットコインはマイニング難易度の大幅易化によってハッシュレートが下げ止まり、DeFi関連銘柄の強い値動きもあって、一時BTC=398万円(36000ドル)付近まで上昇した。しかし、薄商いで上値は重く、欧州におけるバイナンスへの取り締まりや中国規制などが影響し、再び売りが強まった 来週は規制が重しとなるなか、DeFi銘柄主導で回復する可能性も、直近上値としてBTC=398万円(36000ドル)、下値としてはBTC=332万円(30000ドル)を意識する
BTC(ビットコイン)はマイニング環境の改善とともに買いが強まることも
BTC(ビットコイン)はマイニング環境の改善とともに買いが強まることも
ビットコインはBTC=333万円(30000ドル)付近でサポートされると、欧米における暗号資産関連動向やイーサリアムの強い値動きによって一時BTC=400万円(36000ドル)を回復したが、その後は上値の重い展開となった 来週はマイニング環境の改善とともに買いが強まることも考えられる、直近上値としてBTC=400万円(36000ドル)、下値としてBTC=333万円(30000ドル)を意識する来週はマイニング環境の改善とともに買いが強まることも考えられる、直近上値としてBTC=400万円(36000ドル)、下値としてBTC=333万円(30000ドル)を意識する
松嶋 真倫
松嶋 真倫
マネックス証券 マネックス・ユニバーシティ 暗号資産アナリスト
大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に調査会社BaroqueStreetのメンバーとして暗号資産・ブロックチェーン業界の業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」、「国内外のサプライチェーン領域におけるブロックチェーン活用事例と課題」「Blockchain Data Book 2020」などを執筆。国内メディアへの寄稿も行なう。2021年3月より現職。