お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

いま、注目のテーマ の記事一覧

いま、注目のテーマについてご案内します。

いま、注目のテーマ
企業紹介シリーズ【1】コロナ禍で堅調な瀬戸内のジャム大手「アヲハタ」とキャンプ業界を牽引する「スノーピーク」
企業紹介シリーズ【1】コロナ禍で堅調な瀬戸内のジャム大手「アヲハタ」とキャンプ業界を牽引する「スノーピーク」
柑橘のまち瀬戸内で育ったジャム大手企業、アヲハタ(2830) コロナ禍で大躍進のキャンプ用品メーカー、スノーピーク(7816) 旅先で「大人の社会見学」を
ディスプレーの進化を支えるGaN半導体 真空技術のアルバックが3割強上昇
ディスプレーの進化を支えるGaN半導体 真空技術のアルバックが3割強上昇
液晶、有機ELに続く次世代のマイクロLEDディスプレー ディスプレー・照明で活用されているGaN マイクロLEDディスプレー関連はソニーグループ、シャープ、アルバック
グロ―バルで広がる太陽光発電 富士電機、上昇トレンド回帰なるか
グロ―バルで広がる太陽光発電 富士電機、上昇トレンド回帰なるか
普及期に入った太陽光発電 太陽光発電システムで重要なパワーコンディショナー 太陽電池製造装置のエヌピーシー、パワコンの富士電機、安川電機に注目
EVインフラ普及を後押しする化合物半導体 ダイヘン(6622)に見直し買い期待も
EVインフラ普及を後押しする化合物半導体 ダイヘン(6622)に見直し買い期待も
脱炭素によるEV普及がさらに加速欧州では欧州連合(EU)が脱炭素推進のため、ハイブリッド車を含むガソリン車などエンジンで動く自動車の新車について2035年以降は販売を禁止する方針を打ち出し...
5Gインフラを支える化合物半導体、注目の関連銘柄は?
5Gインフラを支える化合物半導体、注目の関連銘柄は?
5Gインフラを支える次世代の化合物半導体 各国で5Gインフラ整備が加速 5Gインフラ関連の米アメリカン・タワー、JTOWER、協和エクシオ、アンリツ
5G基地局で活躍するGaN半導体 オキサイドの株価、上場来で3割高に
5G基地局で活躍するGaN半導体 オキサイドの株価、上場来で3割高に
次世代を担う化合物パワー半導体、省エネの切り札にも 5G基地局、青色LEDなどで活用進むGaN GaN関連ではオキサイド、サムコ、住友電工、信越化学に注目
高性能のSiC次世代パワー半導体、ロームの株価に出遅れ感も
高性能のSiC次世代パワー半導体、ロームの株価に出遅れ感も
デジタルシフトや脱炭素で次世代化合物半導体への期待高まる 省エネ性能が高く、高電圧・高温下にも強いSiC(炭化シリコン) 昭和電工、ローム、富士電機などがSiCに注力
次世代を担う化合物半導体、パワー半導体関連では東芝が堅調
次世代を担う化合物半導体、パワー半導体関連では東芝が堅調
シリコン半導体の次を担う化合物半導体 化合物半導体が活躍するパワー半導体市場 海外勢もパワー半導体に注力
【特別対談】人気モデル カロリーナさん×岡元兵八郎「米国株はなぜ強い!?長期見通しは?」
【特別対談】人気モデル カロリーナさん×岡元兵八郎「米国株はなぜ強い!?長期見通しは?」
今、なぜ米国株が注目されているのか 米国株(アメリカ株)は今後も期待できるのか 日米における経済規模や研究開発費の差が将来の株価にも影響を サザエさんを観ればわかる!? 米国株の長期見通し、2030年にS&P500指数は約7,000ポイントに到達か
代替燃料の本命「水素」、圧縮機の加地テックは株価2倍強に
代替燃料の本命「水素」、圧縮機の加地テックは株価2倍強に
「夢の燃料」実装へ、進むインフラ整備 水素ステーション普及なら圧縮機に需要 水素社会への移行期にはアンモニアを活用
「負け組」企業の奮闘 石炭燃料の日本コークスは7割上昇
「負け組」企業の奮闘 石炭燃料の日本コークスは7割上昇
株価は業績動向に敏感に反応 石炭から水素!日本初の水素船に供給 「総合商社」でも事業内容は千差万別
縁の下の力持ち「DX」、屋台骨「5G」関連の日電波株は2倍超に上昇
縁の下の力持ち「DX」、屋台骨「5G」関連の日電波株は2倍超に上昇
政府は自家用車への過度な依存を減らす方針 遠隔医療・教育が市場のテーマに 意外?5Gで高まる水晶の需要
人々の移動も「カーボンニュートラル」に EV基幹部品の三井ハイテック株は倍近くに
人々の移動も「カーボンニュートラル」に EV基幹部品の三井ハイテック株は倍近くに
EVなどの電動車が2030年に販売の主流に 物色は自動車メーカーより部品メーカーに 当面主力のリチウムイオン関連も上昇
カギ握る再生エネルギー、普及期待でレノバの株価は3倍近くに
カギ握る再生エネルギー、普及期待でレノバの株価は3倍近くに
電力部門の脱炭素化は「大前提」 洋上風力を「成長分野」に位置付け 普及の要は「蓄電池」
日本は出遅れ?脱炭素への各国の取り組み
日本は出遅れ?脱炭素への各国の取り組み
日本経済の脱炭素は米国やEUから「周回遅れ」 「グリ-ン成長戦略」で目指す巻き返し 投資通じて脱炭素を促す動きも
「脱炭素社会」に舵を切った世界
「脱炭素社会」に舵を切った世界
頻発する異常気象に危機感 対策促すパリ協定 脱炭素がコスト増から成長戦略に
【特別座談会】大槻奈那×松嶋真倫×加藤宏幸「2021年 ビットコイン予想、暗号資産市場のこれから」
【特別座談会】大槻奈那×松嶋真倫×加藤宏幸「2021年 ビットコイン予想、暗号資産市場のこれから」
ビットコイン価格高騰の理由は機関投資家の参入と過剰流動性 ビットコイン決済の可能性 2021年、ビットコインは10万ドルに到達する? 5年、10年で暗号資産はどのように変革するか?
商機広がる「デジタル庁」創設関連
商機広がる「デジタル庁」創設関連
東証1部主力銘柄だけでなく中小型まで幅広く 主な「デジタル庁」関連銘柄
選挙控え中小企業基本法見直しに注目
選挙控え中小企業基本法見直しに注目
M&Aやデジタル化支援などの思惑も 主な「中小企業支援」関連銘柄
通信料金の値下げ圧力再燃
通信料金の値下げ圧力再燃
既存キャリアからの需要シフト生じるか 主な「MVNO」関連銘柄
前へ 1 23 次へ
溝渕 正季
溝渕 正季
名古屋商科大学大学院マネジメント研究科教授
1984年香川県生まれ。神戸大学卒業、上智大学大学院博士課程単位取得退学。博士(地域研究、2012年)。公益財団法人日本国際フォーラム研究員、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ公共政策大学院ベルファー科学・国際関係センター研究員などを経て、現職。専門は中東地域研究、国際安全保障論。主著に『共振する国際政治学と地域研究:基地、紛争、秩序』(共著、勁草書房、2019年)、『「アラブの春」以後のイスラーム主義運動』(共編著、ミネルヴァ書房、2019年)、『中東・イスラーム世界の歴史・宗教・政治:多様なアプローチが織りなす地域研究の現在』(共編著、明石書店、2018年)等。
坂本 慎太郎(Bコミ)
坂本 慎太郎(Bコミ)
こころトレード研究所所長
日系証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。2008年から社債・地方債・財投機関債のファンドマネージャーを経験した後、運用計画の策定・株式のストラテジスト、株式のファンドマネージャーとして運用に携わる。 現在はこころトレード研究所を運営し、株・為替・商品先物・不動産等の投資を行う。
森 崇
森 崇
マンハッタン・グローバル・フィナンシャル CEO
大和証券、米国証券会社ブルーストン・キャピタル等を経て、現在、証券会社 マンハッタン・グローバル・フィナンシャル CEO。在米27年。テレビ東京「モーニング・サテライト」、ロイターテレビ、TBSラジオ等に出演の他、各種新聞、雑誌に寄稿中。米国のみならず、ヨーロッパ経済のマクロ・ミクロに精通し、その簡潔明瞭な語り口は多くのファンを持つ。
株式会社FISCO
株式会社FISCO
フィスコは最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団です。フィスコのアナリストによる情報サービスは、金融情報ベンダー(QUICK社、ロイター社、ブルームバーグ社等)の専用端末、またはフィスコwebを中心としたインターネット上の種々サイト(マネックス証券などオンライン証券会社をはじめポータルサイト各社等)でご利用頂けます。
福永 博之
福永 博之
株式会社インベストラスト 代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会副理事長、国際テクニカルアナリスト連盟、国際検定テクニカアナリスト。勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust(アイトラスト)」を運営し、セミナー講師を務めるほか、毎日マーケットコメントを発信。また、大前研一氏のビジネス・ブレイクスルー大学資産形成力養成講座の講師を務める。
テレビ、ラジオでは、日経CNBC「朝エクスプレス」、テレビ東京「モーニングサテライト」、TokyoMX「東京マーケットワイド」、ラジオ日経「ウィークエンド株」「スマートトレーダーPLUS」などの番組にレギュラー出演中。また、「四季報オンライン」や「ダイヤモンドZAI」などのマネー雑誌にも連載を持つ。
近著に、2018年6月発売『テクニカル分析 最強の組み合わせ術』(日本経済新聞出版社)、『ど素人が読める株価チャートの本』(翔泳社)、『新取引ルール対応 信用取引の基本と儲け方ズバリ!』(すばる舎)、『FX一目均衡表ベーシックマスターブック』(ダイヤモンド社)など多数。また、『ど素人が読める株価チャートの本』は、2016年8月に台湾でも翻訳されて出版される。
テクニカル指標の特許「注意喚起シグナル」を取得、投資&ビジネスメモツールi-tool(アイツール)を提供。
アイトラストホームページ:https://www.itrust.co.jp
i-tool(アイツール)の詳細はこちら:http://www.itrust.co.jp/news/detail/index.php?ctid=469&etcid=12665
注意喚起シグナルを搭載したアイチャートは、株式会社ストックウエザーが提供中。
アイチャートホームページ:https://www.stockweather.net/
株式会社QUICK 
株式会社QUICK 
株式会社QUICKは公正・中立な立場から付加価値の高いマーケット情報をお届けする日本経済新聞社グループの金融情報ベンダーです。国内外の膨大なマーケットデータ・ニュースに独自調査・分析による新たな“ナレッジ”を加えた、幅広い情報のご提供で金融・資本市場に関わる皆さまの意思決定をサポートしています。
「マネクリ」編集部
「マネクリ」編集部
オウンドメディア 「マネクリ」のコンテンツ企画・運営しています。