お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

いま、注目のテーマ の記事一覧

いま、注目のテーマについてご案内します。

いま、注目のテーマ
商機広がる「デジタル庁」創設関連
商機広がる「デジタル庁」創設関連
東証1部主力銘柄だけでなく中小型まで幅広く 主な「デジタル庁」関連銘柄
選挙控え中小企業基本法見直しに注目
選挙控え中小企業基本法見直しに注目
M&Aやデジタル化支援などの思惑も 主な「中小企業支援」関連銘柄
通信料金の値下げ圧力再燃
通信料金の値下げ圧力再燃
既存キャリアからの需要シフト生じるか 主な「MVNO」関連銘柄
コロナ禍で見直されるマイカー
コロナ禍で見直されるマイカー
自動車販売も底入れ感が意識され始めている? 主な「自動車販売(カーディーラー)」関連銘柄
ニュースが相次ぐSNS関連
ニュースが相次ぐSNS関連
関連銘柄のなかでの見極めが重要 主な「SNS」関連銘柄
テレワークが低価格住宅の需要喚起
テレワークが低価格住宅の需要喚起
月次動向からは回復傾向が鮮明 主な「低価格・中古住宅」関連銘柄
「生協」拡大が収益増を支援
「生協」拡大が収益増を支援
とりわけ「個配」が伸びる 主な「生協」関連銘柄
観光戦略会議で「ワーケーション」急浮上
観光戦略会議で「ワーケーション」急浮上
地方経済活性化の新たな方策 主な「ワーケーション」関連銘柄
園芸やDIYブームに加え、リモートワークも寄与するホームセンター
園芸やDIYブームに加え、リモートワークも寄与するホームセンター
月次売上動向にも如実に表れる好調ぶり 主な「ホームセンター」関連銘柄
「iPhone」の有機ELシフトで材料関連に注目
「iPhone」の有機ELシフトで材料関連に注目
中国企業が目立つなか、部材・材料では日本企業に活躍の場残る 主な「有機EL」関連銘柄
ビジネスとして注目度高まる気象情報
ビジネスとして注目度高まる気象情報
ソリューション開発等に広がる関連銘柄 主な「気象情報」関連銘柄
活躍分野が広い「画像認識」技術
活躍分野が広い「画像認識」技術
IPOフィーチャの人気化も刺激材料に 主な「画像認識」関連銘柄
ネット通販が快走中
ネット通販が快走中
ネット通販のなかでも好調分野のみ選定 主な「ネット通販」関連銘柄
巣ごもり消費で活況な比較サイトを持つ企業
巣ごもり消費で活況な比較サイトを持つ企業
特化する分野は多種多様 主な「比較サイト」関連銘柄
下落時に備える・活かせる「先物取引」の活用術
下落時に備える・活かせる「先物取引」の活用術
資産の目減りを防ぐための仕組み 下落時に活かすリスクヘッジの使い方
関連銘柄も急増中のマッチングビジネス
関連銘柄も急増中のマッチングビジネス
AI実用化で精度も向上 主な「マッチング」関連銘柄
芸能関連にもオンライン化の波
芸能関連にもオンライン化の波
話題性で株価へのインパクトも 主な「芸能マネジメント」関連銘柄
「Go Toキャンペーン」で国内旅行関連は買い戻し
「Go Toキャンペーン」で国内旅行関連は買い戻し
1次補正予算の規模は1.7兆円 主な「国内旅行」関連銘柄
予想配当利回りが3%以上! 営業増益見通し発表企業の安心感
予想配当利回りが3%以上! 営業増益見通し発表企業の安心感
増益ガイダンス発表銘柄に注目 連続増益見通し企業をスクリーニング
三密と対極にある「アウトドア」
三密と対極にある「アウトドア」
テーマ性は幅広に、サイクリングまで 主な「アウトドア」関連銘柄
前へ 1 2 次へ
溝渕 正季
溝渕 正季
名古屋商科大学大学院マネジメント研究科教授
1984年香川県生まれ。神戸大学卒業、上智大学大学院博士課程単位取得退学。博士(地域研究、2012年)。公益財団法人日本国際フォーラム研究員、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ公共政策大学院ベルファー科学・国際関係センター研究員などを経て、現職。専門は中東地域研究、国際安全保障論。主著に『共振する国際政治学と地域研究:基地、紛争、秩序』(共著、勁草書房、2019年)、『「アラブの春」以後のイスラーム主義運動』(共編著、ミネルヴァ書房、2019年)、『中東・イスラーム世界の歴史・宗教・政治:多様なアプローチが織りなす地域研究の現在』(共編著、明石書店、2018年)等。
坂本 慎太郎(Bコミ)
坂本 慎太郎(Bコミ)
こころトレード研究所所長
日系証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。2008年から社債・地方債・財投機関債のファンドマネージャーを経験した後、運用計画の策定・株式のストラテジスト、株式のファンドマネージャーとして運用に携わる。 現在はこころトレード研究所を運営し、株・為替・商品先物・不動産等の投資を行う。
森 崇
森 崇
マンハッタン・グローバル・フィナンシャル CEO
大和証券、米国証券会社ブルーストン・キャピタル等を経て、現在、証券会社 マンハッタン・グローバル・フィナンシャル CEO。在米27年。テレビ東京「モーニング・サテライト」、ロイターテレビ、TBSラジオ等に出演の他、各種新聞、雑誌に寄稿中。米国のみならず、ヨーロッパ経済のマクロ・ミクロに精通し、その簡潔明瞭な語り口は多くのファンを持つ。
株式会社FISCO
株式会社FISCO
フィスコは最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団です。フィスコのアナリストによる情報サービスは、金融情報ベンダー(QUICK社、ロイター社、ブルームバーグ社等)の専用端末、またはフィスコwebを中心としたインターネット上の種々サイト(マネックス証券などオンライン証券会社をはじめポータルサイト各社等)でご利用頂けます。
福永 博之
福永 博之
株式会社インベストラスト 代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会副理事長、国際テクニカルアナリスト連盟、国際検定テクニカアナリスト。勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust(アイトラスト)」を運営し、セミナー講師を務めるほか、毎日マーケットコメントを発信。また、大前研一氏のビジネス・ブレイクスルー大学資産形成力養成講座の講師を務める。
テレビ、ラジオでは、日経CNBC「朝エクスプレス」、テレビ東京「モーニングサテライト」、TokyoMX「東京マーケットワイド」、ラジオ日経「ウィークエンド株」「スマートトレーダーPLUS」などの番組にレギュラー出演中。また、「四季報オンライン」や「ダイヤモンドZAI」などのマネー雑誌にも連載を持つ。
近著に、2018年6月発売『テクニカル分析 最強の組み合わせ術』(日本経済新聞出版社)、『ど素人が読める株価チャートの本』(翔泳社)、『新取引ルール対応 信用取引の基本と儲け方ズバリ!』(すばる舎)、『FX一目均衡表ベーシックマスターブック』(ダイヤモンド社)など多数。また、『ど素人が読める株価チャートの本』は、2016年8月に台湾でも翻訳されて出版される。
テクニカル指標の特許「注意喚起シグナル」を取得、投資&ビジネスメモツールi-tool(アイツール)を提供。
アイトラストホームページ:https://www.itrust.co.jp
i-tool(アイツール)の詳細はこちら:http://www.itrust.co.jp/news/detail/index.php?ctid=469&etcid=12665
注意喚起シグナルを搭載したアイチャートは、株式会社ストックウエザーが提供中。
アイチャートホームページ:https://www.stockweather.net/