お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

岡元兵八郎の米国株マスターへの道 の記事一覧

チーフ・外国株コンサルタント岡元兵八郎が米国株式市場の相場の見方や、市場に存在する様々な投資情報を分かりやすくご説明します。皆様の米国株式の長期投資の判断にご活用ください。

岡元兵八郎の米国株マスターへの道
米国株式市場は期待を上回る銀行株の第3四半期決算に押され好調
米国株式市場は期待を上回る銀行株の第3四半期決算に押され好調
大手銀行株の好決算がマーケットを牽引 銀行株好調の背景は?
本格化する米国企業の第3四半期の決算発表、注目すべき点とは
本格化する米国企業の第3四半期の決算発表、注目すべき点とは
米国企業の第3四半期決算発表、本番はこれから 今週発表の大手金融銘柄の決算発表に注目 デルタ航空はアナリスト予想通り黒字決算となるか
特別インタビュー【2】米農業機械大手ディア(DE)の資本配分戦略、北米外でのビジネスチャンスは?
特別インタビュー【2】米農業機械大手ディア(DE)の資本配分戦略、北米外でのビジネスチャンスは?
農業の効率化を高めるドローン、5G技術の活用 業界分析で注視しているポイントとは ポテンシャルが高い北米外でのビジネスチャンス バイデン政権のインフラ投資計画による恩恵は? ディアの資本配分戦略を支える4つの要素
特別インタビュー【1】米農業機械大手ディア(DE)の技術革新、農業イノベーションによる変化とは?
特別インタビュー【1】米農業機械大手ディア(DE)の技術革新、農業イノベーションによる変化とは?
米国における農場規模、農業機械への投資額は? 技術革新によって、農作業はより正確に、より精密に 生産性向上はCO2削減にもつながる 機械の改善やカスタマーサポートにビッグデータを活用 労働力不足を補う農業機械の自動化
米国株、9月の総括と10月の注目ポイント
米国株、9月の総括と10月の注目ポイント
9月の米国株式市場の総括 10月の注目点は第3四半期決算発表
「9月は米国株が下がる」アノマリーに反し、別のアノマリーが株価上昇を導くのではないか
「9月は米国株が下がる」アノマリーに反し、別のアノマリーが株価上昇を導くのではないか
変動の大きかった先週の米国株市場、前週比ではほぼ変わらず 今年9月は例年より株価が下がる確率が高いとも言えるが 「9月の米国株は弱い」アノマリー VS 別のアノマリー 投資家のセンチメントが弱いとマーケットは下がりにくい
今回の米国株の下落は一時的、長期上昇を継続するためのガス抜きか
今回の米国株の下落は一時的、長期上昇を継続するためのガス抜きか
9月20日は一時5.09%の調整となるも引けにかけ急ピッチの回復 9月20日の急落の背景は? 今回の調整は買いのチャンス
「ロシュ・ハシャナの前に売り、ヨム・キプールの前に買え」米国株は月初の下げを取り戻せるか
「ロシュ・ハシャナの前に売り、ヨム・キプールの前に買え」米国株は月初の下げを取り戻せるか
9月10日のマーケットの足を引っ張ったアップル「フォートナイト訴訟」の判決  「ロシュ・ハシャナの前に売り、ヨム・キプールの前に買え」
特別インタビュー【3】注目の小型株、10年後の米国株式市場の見通し、良き投資家になるためには?
特別インタビュー【3】注目の小型株、10年後の米国株式市場の見通し、良き投資家になるためには?
注目している小型株は? 5GがAIの進化にもたらす影響 AI関連企業のIPOの見通し 個人投資家には長期的な視点が必要 10年後の米国株式市場を見る上で大事なポイント
特別インタビュー【2】テスラ株(TSLA)の将来性、長期投資先として有望な銘柄は?
特別インタビュー【2】テスラ株(TSLA)の将来性、長期投資先として有望な銘柄は?
自動車業界の常識を覆したテスラ テスラの優位性が維持可能な理由 長期投資の対象として注目している銘柄は?
特別インタビュー【1】米国株のAI銘柄が注目される理由、「米中AI競争」における懸念とは?
特別インタビュー【1】米国株のAI銘柄が注目される理由、「米中AI競争」における懸念とは?
AI関連銘柄がS&P500をアウトパフォームする可能性 AIによるイノベーションは、まだ氷山の一角 AIで成長する企業には「データ・ドリブン」の文化が必要 米中AI競争における懸念点 イノベーションをもたらした企業の今後の見通しは?
ニューヨークでは初の洪水警報が発令されるもどこ吹く風 史上最高値更新の米国株式市場
ニューヨークでは初の洪水警報が発令されるもどこ吹く風 史上最高値更新の米国株式市場
豪雨に見舞われるも米国株式市場は上昇 雇用統計はテーパリングの先送りを示唆 第3四半期の決算発表:バリュー銘柄は、グロース銘柄の業績の伸びを超える見通し
「9月の米国株の調整は起きないのではないか」という結論
「9月の米国株の調整は起きないのではないか」という結論
パウエル議長のコメントをきっかけにS&P500とナスダック総合指数は史上最高値更新 歴史的には9月の米国株は弱含む傾向があるが ゴルディロックス的な環境にある米国株市場は下がりにくい 株価上昇が継続すると考えられるアノマリーも モメンタムが強い年の株価は上昇を続ける可能性が高い
グロース株とバリュー株の綱引きに支えられる米国株価指数
グロース株とバリュー株の綱引きに支えられる米国株価指数
上昇一服だった先週の米国株式市場 先週のマーケットを救ったのはグロース銘柄 コロナ禍で打撃を受けた百貨店が回復を始めた模様
市場参加者が夏休みでも史上最高値を更新する米国株!
市場参加者が夏休みでも史上最高値を更新する米国株!
ファンダメンタルズにサポートされた夏休み中の株価上昇 グロースからバリュー銘柄へのローテーション 今週は小売業界の決算発表が目白押し 9月から10月にかけての調整に注意
不安材料はあるものの、米国企業の好決算発表が株価を史上最高値へと導く
不安材料はあるものの、米国企業の好決算発表が株価を史上最高値へと導く
好決算にサポートされ上昇する米国株 上院で審議が進む1兆ドルのインフラ法案 年末の米国株が高いことを示唆するアノマリー 9月、10月に訪れるかもしれないマーケットの調整への心の準備を忘れずに
特別インタビュー【3】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)のセキュリティ問題への対応策、ニューノーマルを見据えた新製品とは
特別インタビュー【3】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)のセキュリティ問題への対応策、ニューノーマルを見据えた新製品とは
次世代ネットワーク技術がもたらすビジネスチャンス Zoomのセキュリティ問題への対応策 ニューノーマルを見据えた新製品・機能の追加 低価格で高い収益性を実現
特別インタビュー【2】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)のM&A戦略、解約率に見られる傾向と見通し
特別インタビュー【2】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)のM&A戦略、解約率に見られる傾向と見通し
企業規模に合わせたビジネス戦略 解約率に見られる傾向と見通し 米国外でのビジネス展開の現況 M&Aにおいて注視するポイント Zoomtopiaとは、どんなイベント?
特別インタビュー【1】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の成長の原動力、日本でのビジネスの現状と新たな可能性
特別インタビュー【1】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の成長の原動力、日本でのビジネスの現状と新たな可能性
Zoomの更なる成長の原動力は? 競争の激しい市場で優位性を構築した秘訣 日本でのビジネスの現状と新たな可能性 無料版サービスの収益化について
アップル株は好決算発表後に下落、それでも強気でいられる理由とは
アップル株は好決算発表後に下落、それでも強気でいられる理由とは
アップルの第3四半期決算は予想上回るも、株価下落。成長鈍化と半導体不足の懸念で iPhoneは本当に売れなくなるのか? アップルの長期的な見通しは?
前へ 1 2345678 次へ
岡元 兵八郎
岡元 兵八郎
マネックス証券 チーフ・外国株コンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ シニアフェロー
Twitter:@heihachiro888
上智大学を卒業後、ソロモン・ブラザーズ証券(現シティグループ証券)入社。東京、ニューヨーク本社勤務を含め26年間同社にて一貫して外国株式のマーケティング、外国株式関連商品業務に携わり、外国株式部の上級管理職として機関投資家相手の外国株式ビジネスの拡大に努める。新しい海外株式市場への投資への啓蒙活動を精力的に行い、日本の機関投資家が世界54カ国の株式市場へ投資を行うサポートを行ってきた。
その後4年半はSMBC日興証券株式会社で、エクイティ部、投資情報部にて米国株式市場・企業情報の情報収集、分析、顧客向け資料作成業務の責任者として、個人投資家向けに米国株式投資の啓蒙活動を行うなどし米国株式仲介事業の拡大に貢献。
北米滞在10年、世界80カ国を訪問、33カ国を超える北南米、アジア、欧州、アフリカの証券取引所、証券会社、上場企業のマネージメントへの訪問を行うなど、グローバルな金融サービス部門において確かな実績を築く。
2019年10月より現職。
<主な著書>
「日本人が知らない海外投資の儲け方」(ダイヤモンド社)
「資産を増やす米国株投資入門」(ビジネス社)