記事一覧

チーフ・外国株コンサルタント岡元兵八郎が米国株式市場の相場の見方や、市場に存在する様々な投資情報を分かりやすくご説明します。皆様の米国株式の長期投資の判断にご活用ください。

原則として週の第1営業日に更新
岡元兵八郎の米国株マスターへの道
【米国株】マスク氏の超高額報酬が示すテスラ[TSLA]の未来とは?
日本の防衛費より多い8兆8000億円 2018年提案の再承認 実現化進める人型ロボット 将来、収益の9割はロボタクシーから
【米国株】今週はアップル[AAPL]開発者会議 AI戦略発表か
6月1週目は順調に推移 先週も牽引役はエヌビディア[NVDA] エヌビディアのバリュエーションはITバブル時より割安
【米国株】第2四半期予想で上方修正 サマーラリーにも期待
5月後半は史上最高値からミニ調整 PCE(米個人消費支出)はインフレ低下を示唆 デルとセールスフォースに失望売り 年間で最も上がりやすい3ヶ月
【米国株】エヌビディア決算がけん引したS&P500、ナスダック100指数
エヌビディアの採用が指数に明暗 エヌビディアの目標株価の上方修正相次ぐ S&P500年初100取引日リターンは過去最高 今週の注目はPCE(米個人消費支出)デフレーター
【米国株】2024年末、S&P500の見通しを5,500ポイントへ上方修正
インフレ指標が予想を下回ったことを好感 S&P500年末目標を上方修正、5,500ポイントと予測するその根拠 利上げが止まったとの安堵感が株価上昇の一因 堅調な企業業績が上昇ドライバー 今後は様々な上昇要因
【米国株】利下げ、好調企業業績が今後も寄与
企業業績は2桁成長 大統領選実施年は上昇率高く 調整局面来る可能性
【米国株】市場は企業業績で一喜一憂 5月4日はバークシャーの株主総会
テスラ[TSLA]、アルファベット[GOOGL]、マイクロソフト[MSFT]が上昇 消費過熱感でも株価上昇のワケ 大統領選の年の4月は低調
【米国株】S&P500の5%調整は「普通のこと」 今週はテスラ決算に注目
1日で2000億ドル超の時価総額が吹き飛んだエヌビディア[NVDA] 調整は年3回程度起きるもの 今週はマイクロソフト、メタも決算発表
【米国株】市場はリスクオフの様相、今週は約200社の決算発表に注目
CPIが予想を上回り、利下げが遠のく観測で株価は下落 金は史上最高値をつける 米国の決算発表は事前予想を下回る
【米国株】今週から2024年第1四半期決算、S&P500のEPS予想は、前年比で3.93%の増益
地政学的リスク、インフレ懸念が再燃 決算発表の皮切りは銀行セクター 株価の調整は絶好の買いの機会か
【米国株】市場は一服、今後は業績関連以外の要因が左右か
予想外のイベントで弱含む展開 2023年第4四半期の決算終了 次回もITセクターが史上を牽引する予想 今週の注目はエヌビディア[NVDA]のテクノロジー・コンファレンス
【米国株】バランス取れた「ゴルディロックス」状態
経済指標も安定、株式市場にはプラス 小型株指数、新興国株指数はアウトパフォーム CPI消費者物価指数に注目
【米国株】S&P500が5,000ポイント突破後も上昇継続か
S&P500均等指数と小型株も上昇 ウォール街の業績予想は楽観的 S&P500のマイルストーン達成後の動きは? 節目直後の上昇から調整・下落へ
【米国株】世界の株式市場救ったエヌビディア[NVDA]、最高値更新する米国株
エヌビディアがAI銘柄を牽引 GAFAM以外の大型株も上昇
【米国株】今週はエヌビディア[NVDA]決算に注目
市場予想上回る経済指標で金利上昇、株下落 第2四半期決算が好材料に
【米国株】ITセクター躍進と第2四半期好決算で引き続き好調
S&P500はITセクターが牽引 5,000ドル超え 中小型銘柄も幅広く上昇しているのは良い傾向 3月の利下げ先送りも、第2四半期の好決算で株価は上昇
【米国株】主要3指数14週連続での史上最高値を更新
先週FOMCでパウエル議長は3月利下げの可能性を否定、しかし3指数とも史上最高値を更新 メタ・プラットフォームズ[META]は好決算を受けて20%急騰、2022年10月から5.5倍以上の上昇 米国株時価総額トップ10企業の熾烈な競争にも今後に注目
【米国株】良好な経済指標と共にS&P500とナスダック100は史上最高値を更新、今週のGAFAM4銘柄の決算結果に注目を
メガキャップ銘柄や金融セクター、小型株指数も買われマーケットの裾野が広がる理想的な展開に 決算は明暗分かれる中、テスラ株の大幅下落をものともせずS&P500は史上最高値を更新 今週が決算発表であるGAFAM企業4銘柄が、今後の流れを決めるか
【米国株】S&P500、ダウ、ナスダック100主要3指数がともに史上最高値を更新
米国市場は下落の流れを反転させる良いニュースが続き、半導体祭りとなった一週間 メタ・プラットフォームズ[META]を始め、AI導入予定テクノロジー企業のニュースも上昇要因の一つ 主要3指数とFANG+指数は史上最高値を更新。アップル株も上昇に転じる 第4四半期の決算発表続く、今週はテスラ[TSLA]が注目か
【米国株】米国市場は上昇へ、GAFAM企業が市場を牽引。大手銀行は好決算も株価上昇には繋がらず
エヌビディアは史上最高値を更新、マイクロソフトはアップルを抜き時価総額世界一になる アマゾン・ドットコム、アルファベットの人員削減を市場は好感、テスラは商船攻撃の影響で一時生産停止へ 米国大手銀行は好決算も、典型的なセル・オン・ザ・ニュースか
前へ 1 2345678910 ... 次へ
岡元 兵八郎
マネックス証券 チーフ・外国株コンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ シニアフェロー
Twitter:@heihachiro888
上智大学を卒業後、ソロモン・ブラザーズ証券(現シティグループ証券)入社。東京、ニューヨーク本社勤務を含め26年間同社にて一貫して外国株式のマーケティング、外国株式関連商品業務に携わり、外国株式部の上級管理職として機関投資家相手の外国株式ビジネスの拡大に努める。新しい海外株式市場への投資への啓蒙活動を精力的に行い、日本の機関投資家が世界54カ国の株式市場へ投資を行うサポートを行ってきた。
その後4年半はSMBC日興証券株式会社で、エクイティ部、投資情報部にて米国株式市場・企業情報の情報収集、分析、顧客向け資料作成業務の責任者として、個人投資家向けに米国株式投資の啓蒙活動を行うなどし米国株式仲介事業の拡大に貢献。
北米滞在10年、世界80カ国を訪問、33カ国を超える北南米、アジア、欧州、アフリカの証券取引所、証券会社、上場企業のマネージメントへの訪問を行うなど、グローバルな金融サービス部門において確かな実績を築く。
2019年10月より現職。
<主な著書>
『日本人が知らない海外投資の儲け方』(ダイヤモンド社)
『資産を増やす米国株投資入門』(ビジネス社)
著書名のリンク先はアマゾン(Amazon)等、マネックス以外の他社のウェブサイトを表示します。