お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

内藤忍の「お金から自由になる方法」 の記事一覧

お金の不安を解消し、豊かな人生を実現するとっておきの方法をお伝えします。

内藤忍の「お金から自由になる方法」
インフレリスクに備える方法
インフレリスクに備える方法
インフレになる前にインフレ対策をとろう インフレは金融資産に影響を及ぼす可能性も
コロナ禍でさらなる財政悪化。インフレに備えよう!
コロナ禍でさらなる財政悪化。インフレに備えよう!
コロナ禍で膨らむ財政赤字 高まるインフレリスク インフレに備える必要性
新規の個人投資家にとってまず必要なもの
新規の個人投資家にとってまず必要なもの
手数料が下がっても個人投資家の利益が増えないケース 新規の個人投資家はまず投資の基本を学ぼう 釣れた魚をもらうのではなく、釣り方を学ぶ
新しいアセットアロケーションの考え方
新しいアセットアロケーションの考え方
リスクを抑えてリターンを狙うための分散投資 株式と債券だけのアセットアロケーションの限界 資産運用の「タコツボ化」を見直そう
日本の不動産マーケット、これからどうなる?
日本の不動産マーケット、これからどうなる?
コロナショックによる国内の不動産マーケットの変化 先行的指標として見るREITの動き 用途別にREITの価格推移を比較すると…
「オフショア投資」は、日本ではできない投資が可能なのか?
「オフショア投資」は、日本ではできない投資が可能なのか?
金融マーケットに歪みは存在しない インデックス運用は誰がやってもほぼ同じ結果 コストと運用成績を具体的に比較してみる 税金はオフショアでも払わなければならない
なぜ「長期・分散・低コスト」の資産運用をすべきなのか
なぜ「長期・分散・低コスト」の資産運用をすべきなのか
付加価値が生まれない短期トレードの仕組み 個人投資家が市場から撤退するワケ コスト削減で投資リターンを向上 「楽しい投資」ではなく「地道な投資」がオススメ
分散投資のための「仮想通貨」、メリットと注意点は?
分散投資のための「仮想通貨」、メリットと注意点は?
資産の組み合わせで着目すべき「相関係数」 分散効果を高める上で有効な仮想通貨 仮想通貨ならではの注意点 仮想通貨でも実践したい「2つの分散」
「テーマ型投信」は買うべきか?
「テーマ型投信」は買うべきか?
話題性の高いテーマ型投信 テーマ型投信に見られるリスク コロナ関連のテーマ型投信、注意すべき点は
リスクを「取らないリスク」、「取りすぎるリスク」
リスクを「取らないリスク」、「取りすぎるリスク」
過剰なリスク回避は「リスクを取らないリスク」に陥る 自分では気づかない、リスクの取りすぎ 自分の「リスク許容度」を知る 資産運用はリターンより先に、リスクを考える
マイホームは、やっぱり「買ってはいけない」
マイホームは、やっぱり「買ってはいけない」
住宅ローン返済に苦しむ人が増えている マイホーム購入vs賃貸、損得比較は意味がない これからの日本では賃貸がオススメ
日本人の資産運用で一番足りないもの
日本人の資産運用で一番足りないもの
日本人の個人金融資産は円貨に偏りすぎ 外貨資産を増やすには? 国内投資信託を選ぶポイント
自分の資産全体の「見取り図」を作ろう
自分の資産全体の「見取り図」を作ろう
資産運用における最も重要なポイント 自分の資産全体をざっくり把握する方法・外貨資産の割合はどの位がいい? リスクを取らないリスク 実物資産と金融資産に分散するメリット
なぜ「世界の常識は日本の非常識」になるのか?
なぜ「世界の常識は日本の非常識」になるのか?
新型コロナウイルスに対して極端に悲観的な日本 感染拡大防止に成功したのに政権支持率が下がる不思議 世界からの情報が遮断されている「鎖国日本」 「世界の常識は日本の非常識」
コロナショックをチャンスに変えるにはどうしたら良いか?
コロナショックをチャンスに変えるにはどうしたら良いか?
コロナショックはビジネス拡大の「好機」にもなる コロナショックで格差は拡大する 正解が見えない世界でのサバイバル術
投資の神様ウォーレン・バフェット氏の運用成績からわかること
投資の神様ウォーレン・バフェット氏の運用成績からわかること
アクティブ運用でインデックス以上の成績を上げるのは少数派 カリスマ投資家ウォーレン・バフェット氏も最近の運用成績は低迷 アクティブ運用にも新たな可能性が存在する
資産運用がうまくいかない人の「7つの特徴」
資産運用がうまくいかない人の「7つの特徴」
資産運用がうまくいかない人には理由がある 学校では資産運用のことを教えてもらえない 「やってはいけないこと」をやらないだけで資産運用の成果は上がる
コロナショックで変わる不動産投資
コロナショックで変わる不動産投資
宿泊物件、商業物件は賃貸ニーズが急低下 居住用物件も中長期的に「2つのマイナス要因」が存在 オフィス物件の需要はこれからどうなるか不透明 アフターコロナの変化に対応するきめ細かな不動産投資が必須
コロナショックで東京一極集中は解消されるのか?
コロナショックで東京一極集中は解消されるのか?
コロナショックでリモートワークの流れは加速する 企業のサテライトオフィスなども分散化を促進 ただし、一極集中の解消には時間がかかる 現時点では予想できない世の中の変化を注意深くウォッチすべき
お金の無い20代こそ投資を始めるべき理由
お金の無い20代こそ投資を始めるべき理由
若い世代の最大の資産は「時間」 貯金するよりも投資信託の積立を始めよう 投資は社会貢献でもあり、自己成長にも役立つ
前へ 1 23 次へ
内藤 忍
内藤 忍
株式会社資産デザイン研究所 代表取締役
1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院修士課程卒(MBA)。金融機関勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。マネックス・ユニバーシティなどグループ会社の代表取締役を歴任後、株式会社資産デザイン研究所代表取締役就任。著作は40冊を超え、「初めての人のための資産運用ガイド」はシリーズ24万部のベストセラーに。 早稲田大学、明治大学などで、資産運用に関する講座を開講。 毎週金曜日配信の資産デザイン研究所メールは、配信数47,000通を超える人気。ブログ「SHINOBY'S WORLD」も毎日更新中。