お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

記事一覧

相場や金融についてはもちろん、大切な旧友のこと、大好きなお寿司のこと、嬉しかったこと、切ないこと、腹の立つこと、未来への希望、、、マネックス 松本大(まつもとおおき)がジャンルを問わず綴ります。

毎営業日更新
松本大のつぶやき
週末
色々な多くのことを、並行して取り組んでいるので、とても忙しいです。私は昔から、並行して多くのことを考えるのは得意な方なのですが、ちょっとその並行してやることが多くなり過ぎて、かつひとつひとつがちょっと大型過ぎて、忙しさの総量が気付くとかなり大きくなっ...
リセット
最近苦手なことをしています。何をしているかは恥ずかしくて云うのが憚られるのですが、大体2つほど、苦手なことをしています。あ、因みに仕事ではありません。仕事に関しては、基本は得意なことを更にやるのが私の傾向です。では何故苦手なことをしているかと云うと、...
タウンページ
タウンページがポストに入っていたので、パラパラとめくってみました。私はタウンページの類いが昔から好きです。子供の頃もパラパラ眺めていた記憶がありますし、新卒でニューヨークに移った時も、イエローページを随分読んでいました。東京23区の各区のタウンページは...
脳の反応
アメリカで最近発表された研究では、子供たちは13歳以上になると母親の声よりも他人の声により注意を払うようになることが分かったとのこと。MRIなどで脳の状態を計測して分かったことで、"reward"(見返り、と訳すといいでしょうか)などに関わる脳領域(側坐核や前頭...
高校生とデリバティブ
今日、高校3年生の訪問を受けました。金融デリバティブをもっと広めたい、という思いでのプロジェクトをしていて、それについてのコメントを欲しいとの内容でした。私のソロモンブラザーズ時代の先輩・上司たちの話も良く読んで知っていて、オプション理論などにも詳し...
週末
ようやく週末が来ます。今週は本当に激しいマーケットの一週間でした。週末のようにマーケットが閉じている時の方がリラックスして安心するトレーダーと、激しく動いていてもマーケットが開いている方が安心しマーケットが閉まっている間は不安になるトレーダーの、2種...
マスク
嵐の中であっても、丈夫な船とコンパスがあれば、ちゃんと目的地に着ける。マーケットは荒れていますが、やるべきことをやって、着実に前進していきたいと思います。さて最近私は毎朝、ジョギングというかウォーキングをしているのですが、昨日と今日で明らかにマスクを...
遠目に見る
マーケットが動いています。しかし動くからマーケットとも云えます。私は35年間マーケットにどっぷり浸かって暮らしてきたので、動くマーケットにはかなり慣れているつもりです。それは経験から来る余裕なのか、或いは鈍感になっただけなのか。どちらかは分かりません。...
楽観的に見る
円安は、日本のあらゆるものを安く、小さくします。円建てのあらゆる資産の世界ベースでの、即ちドル建ての価格を低くします。日本のGDPも、株価も、不動産価格も、世界的に小さくします。だからあまりいいことではありません。しかし、円安は同時に世界から日本に来る...
代謝量
今日、渋谷でランチを食べるところを歩いて探したら、ラーメン屋、餃子屋、焼肉屋が多く、私の好きなそば屋は中々見つかりませんでした。街によってこんなに違うものか。中心世代が違うんでしょうね。好みの差と云うよりも、平均代謝量の違いが大きいのだと思います。ラ...
金利と生活
日本が連休中に、アメリカの株式市場は文字通りの乱高下をしました。米中央銀行による金利引き上げの幅や今後の見通しに対する思惑で、ダウ平均で1,000ドルほど現地の水曜日には上げ、そしてほぼ同じ幅木曜日には下げました。金利が上がることへの恐怖が、株式市場を揺...
鏑木清方
今日はゴールデンウィーク中にポツンと開いた営業日。皆さまはいかがお過ごしですか?私は由あって朝の6時からずっと仕事しております。東京都心は、週末の雨で木々の緑が一気に増して、なんかモコモコしています。緑が良く映えて見えるのは、都心に車も人も少ないこと...
季節が変わる
「むん」とした匂いが、町角で鼻をつきました。あれはクヌギの匂いでしょうか。テラスの鉢植えの木に水をあげたらカメムシがいたし、もう5月がやって来ます。二十四節気では今は穀雨ですが、ゴールデンウィークの終わり頃には立夏が来ます。季節はもう春から夏へと向か...
挑戦
今朝エルサルバドル駐日大使と面談しました。エルサルバドルはビットコインも法定通貨にしたことで有名な国ですが、小国としてどうやって生き残っていくかの思想と戦略を垣間見て、とても興味深く思いました。翻って考えるに日本は、大国であるが故にイノベーティブな戦...
若さ
「一生の中で今日が一番若い」ー尊敬する同僚の言葉。心に染みます。若者にも示唆の多い言葉ですが、ベテランの心にも刺さります。何かを始めるなら今。いつかやろうと思うなら今。出来るかどうか迷ったら今やってみる。しかし、デフレ的な環境に長くいると、こういった...
円安に目覚めない日本
金曜日に書いた協調介入に関するつぶやきの題材である「日米協調介入の議論を日米財務相会談で話した、アメリカ側は前向きなトーンだった」という内容のニュースは事実に反すると、財務省幹部が匿名で語ったとの新しいニュースがあり、これはオリジナルなニュースと同様...
協調介入
一部報道によると、日米財務相会談(鈴木財務大臣とイエレン財務長官ですね)の際に最近の急速な円安についても議論がされ、ドル売り円買いの日米協調介入についても協議がされ、日本政府関係者は「アメリカ側は前向きに検討してくれるトーンだった」と云ったとのこと。...
ディナー
昨日も書いた「リオープン」。通常の活動を気を付けながら進めていこう、という話ですが、早速昨晩、或るディナーを行いました。こぢんまりとしたレストランを借り切ったのですが、参加者は全員、来店したら先ずは新型コロナウイルスの抗原検査。その陰性が確認出来たら...
リオープン
私はヒューマンライツウォッチという人権NGOの、グローバルのバイスチェア、並びに東京コミティのチェアをしているのですが、昨晩3年ぶりに、年に一回その活動をサポートして下さってる方々を集めてのアニュアルディナーが、物理的に開催されました。もちろん様々な感染...
失言
失言とは、元々思っていなければ出ない言葉なので、「失」=うっかり出るのではなく、出るべくして出る言葉なのだと思います。そもそも言葉をTPOで使い分けるなんて器用なことは出来る由もなく、普段から思っていることは云う、云えばそれに対してフィードバックがある...
前へ 1 2345678910 ... 次へ
松本 大
松本 大
マネックス証券 会長
ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社を経て、ゴールドマン・サックス証券会社に勤務。1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資で株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)を設立。2004年にはマネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社(現マネックスグループ株式会社)を設立し、以来CEOを務める。マネックスグループは、個人向けを中心とするオンライン証券子会社であるマネックス証券(日本)、TradeStation証券(米国)・マネックスBOOM証券(香港)、また仮想通貨サービスを提供するコインチェック株式会社などを擁するグローバルなオンライン金融グループである。株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任。現在、米マスターカードの社外取締役、Human Rights Watchの国際理事会副会長、国際文化会館の評議員も務める。