お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

節税しながら、資産形成しよう の記事一覧

節税しながら、資産形成するヒントを解説します

節税しながら、資産形成しよう
教育費のピークは、大学入学時!子どもが小さい時からコツコツ準備しよう!
教育費のピークは、大学入学時!子どもが小さい時からコツコツ準備しよう!
教育資金を準備する3つのポイント 教育資金を準備する方法は? 2023年廃止が決まったジュニアNISA(ニーサ)2024年以降、いつでも引き出しが可能に 
教育資金いくら必要?公立と私立でこんなに違う平均額
教育資金いくら必要?公立と私立でこんなに違う平均額
わが子には希望する進路を歩んでほしい。そのためには、早めの教育資金準備が必要。進学先が公立と私立では、必要な金額も大きく異なります。いざと言う時に慌てないよう、まずは平均的な金額の...
自営業(フリーランス)の老後の備えの考え方~国民年金基金とiDeCo(イデコ)の メリット・デメリット~
自営業(フリーランス)の老後の備えの考え方~国民年金基金とiDeCo(イデコ)の メリット・デメリット~
国民年金の付加保険料 小規模企業共済 国民年金基金 iDeCoのメリットは?
転職する時、iDeCo(イデコ)の手続きはどうなる?【企業型DCから個人型へ】
転職する時、iDeCo(イデコ)の手続きはどうなる?【企業型DCから個人型へ】
企業型DC→iDeCoの移換手続きは6ヶ月以内に、自動移換のデメリット iDeCoの金融機関の選び方 iDeCoの2大メリット 掛金は全額所得控除・運用収益は非課税に 企業型DC→企業型DCの場合
転職する時、iDeCo(イデコ)の手続きはどうなる?【個人型から企業型DCへ】
転職する時、iDeCo(イデコ)の手続きはどうなる?【個人型から企業型DCへ】
iDeCo(個人型確定拠出年金)と企業型DC(確定拠出年金)の特徴とメリット・デメリット iDeCo→企業型DCへの移換の3ステップ 今後、企業型DCとiDeCoの同時加入が可能に!
転職する時、iDeCo(イデコ)の手続きはどうなる?【個人型から個人型へ】
転職する時、iDeCo(イデコ)の手続きはどうなる?【個人型から個人型へ】
iDeCo(イデコ)の加入継続も手続きが必要 iDeCoの加入継続時に必要な書類
iDeCo(イデコ)、つみたてNISAどちらから始めたらいいの?
iDeCo(イデコ)、つみたてNISAどちらから始めたらいいの?
これまでの連載でiDeCo、つみたてNISAの基本についてお話ししてきました。どちらも税制優遇を受けながらお金を増やす上で有利な制度ですから、無理のない範囲で、特にiDeCoを活用できる方は両方...
iDeCo(イデコ)と一緒に活用したい、つみたてNISA(積立ニーサ)の7つのメリット・デメリット
iDeCo(イデコ)と一緒に活用したい、つみたてNISA(積立ニーサ)の7つのメリット・デメリット
iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)は、税制優遇のメリットを享受しながら自分年金を準備できる優れた制度ですが、不便な点もあります。それは、iDeCoで積み立てたお金は現状、60歳まで引き出...
投資信託とは:わかりやすくメリットも徹底解説
投資信託とは:わかりやすくメリットも徹底解説
投資信託とは、プロが選んだ世界中の投資先へ分散投資できる商品 投資信託のメリットは? 知っておきたい運用方法による分類、インデックス型とアクティブ型 投資信託は3つの場面で手数料(コスト)がかかる
iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット
iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット
iDeCo(イデコ)の3大メリットとは iDeCoのデメリットとは
iDeCo(イデコ)の節税メリットフル活用で公的年金に上乗せを
iDeCo(イデコ)の節税メリットフル活用で公的年金に上乗せを
日本の公的年金は3階建てになっている 将来の自分年金づくりとして注目のiDeCo(イデコ)とは 掛け金の上限は、職業や会社の制度で変わる
長生きリスクに備える!老後の生活費はいくら必要?
長生きリスクに備える!老後の生活費はいくら必要?
老後の生活費はどのくらいかかる? 老後の生活費はいくら不足する?
高山 一恵
高山 一恵
ファイナンシャル・プランナー(CFP)/(株)Money&You取締役
2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Café ®』を運営。「日経ウーマンオンライン」「OTONA SALONE」「東洋経済オンライン」等のウェブ媒体での連載、「プレジデントウーマン」「日経ウーマン」「Oggi」「VERY」などの女性誌にも多数出演。主な著書に「やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「金融機関が教えたがらない年利20%の最強マネー術」(河出書房新社)、「一番わかる確定拠出年金の基本のき」(スタンダーズ)、「パートナーに左右されない自分軸足マネープラン」(日本法令)、「史上最強のFP2級AFPテキスト」「史上最強のFP3級テキスト」(ナツメ社)など、お金の分野での著書は数十冊に及ぶ。
タケイ 啓子
タケイ 啓子
ファイナンシャルプランナー(AFP)
36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー