お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

今週のマーケット展望 の記事一覧

チーフ・ストラテジスト 広木隆が、週の初めに今週のマーケットのポイントと見通し、予想レンジ等をお伝えします。

今週のマーケット展望
日経平均の今週の予想レンジは3万円~3万0700円
日経平均の今週の予想レンジは3万円~3万0700円
ダウ平均とS&P500は恒大集団の問題で急落した分をすべて取り戻した 日本株相場は29日の総裁選を控え、政策期待が相場の追い風に 行動制限緩和の可能性を受けて内需サービスセクターに買いが向かうか
日経平均の今週の予想レンジは3万円~3万1000円
日経平均の今週の予想レンジは3万円~3万1000円
中国恒大集団を巡る債務不履行のリスク回避の流れは欧州、米国市場にも波及 今週最大イベントは米連邦公開市場委員会(FOMC) 前回よりもタカ派的姿勢が強まると思われるが、その程度と市場の反応に注目
日経平均の今週の予想レンジは3万円~3万1000円
日経平均の今週の予想レンジは3万円~3万1000円
週明けの東京市場、売り一巡後は下げ渋るだろう 足元の相場のサポート要因は政策期待 今週の注目指標は米国CPIと日本の機械受注
日経平均の今週の予想レンジは2万9000円~3万100円
日経平均の今週の予想レンジは2万9000円~3万100円
日経平均は3万円を試す場面も 米国は8日のNY連銀総裁の講演に注目 株に資金を向かわせる材料は豊富
日経平均の今週の予想レンジは2万7500円~2万8000円
日経平均の今週の予想レンジは2万7500円~2万8000円
パウエル議長のハト派スタンスを確認し、米国株は全面高の展開 日経平均は今週も2万7000円台後半のレンジ相場か 31日発表の中国製造業PMI、1日発表のADP雇用レポートとISMに警戒
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
8月27日ジャクソンホールでのパウエル議長の講演内容に注目 横浜市長選挙結果(野党押し候補の勝利)を受けて今週は政治リスクも意識されやすい 日本株がミスプライスされ続けている中、注目ポイントはTOPIXの反転とグロース株の復活の有無
今週の日経平均の予想レンジは2万7700円~2万8500円
今週の日経平均の予想レンジは2万7700円~2万8500円
注目は国内外の半導体関連株の決算発表 米国の7月小売売上高で失業手当の上乗せ分が無くなった影響が出た場合は市場の波乱要因に 連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨公表で新しい材料が提示されるかは注視
今週の日経平均の予想レンジは2万7500円~2万8200円
今週の日経平均の予想レンジは2万7500円~2万8200円
下降してくる25日線のクリアが2万8000円への鍵 25日線を抜けない可能性もあるが下値は限定的 東証マザーズ指数が主力銘柄の決算で底入れするか注目
今週の日経平均の予想レンジは2万7000円~2万8200円
今週の日経平均の予想レンジは2万7000円~2万8200円
日本株は月末安アノマリーの反動もあり買い戻しからか ここから秋にかけては相場の仕込み時
今週の日経平均の予想レンジは2万7900円 - 2万8500円
今週の日経平均の予想レンジは2万7900円 - 2万8500円
先週末の米株式市場は3指数揃って過去最高値更新 日本電産の決算発表に対する市場の反応に注目 半導体関連に加え、EV関連もにぎわうか
日経平均の予想レンジは2万7300円~2万8100円 下値で打診買いを検討
日経平均の予想レンジは2万7300円~2万8100円 下値で打診買いを検討
連休前でポジションを取りにくく、押し目買いは入りにくい 水曜引け後は日本電産、オービック等好業績期待の1Q決算発表 連休明けはギャップアップで始まる可能性も
日経平均の予想レンジは2万8200円~2万9000円 今週の日本株は戻り歩調をたどるだろう
日経平均の予想レンジは2万8200円~2万9000円 今週の日本株は戻り歩調をたどるだろう
米国株の最高値更新と需給の改善を受けて日本株は反発か 安川電機の決算に対する市場の反応に注目 政治が懸念材料、状況次第では政策期待で相場に追い風が吹く?
日経平均の予想レンジは2万8200円~2万9200円 ETF分配金捻出売りで週後半は軟調か
日経平均の予想レンジは2万8200円~2万9200円 ETF分配金捻出売りで週後半は軟調か
日本株は米国株の好調さについていけない状況 ETF決算のための売りは「年中行事」 今週の企業決算はローソン、7&i、安川電機などに注目
今週の日経平均 予想レンジは2万8500円~2万9500円 6月30日大引け~7月1日寄り付きにかけてのオーバーナイトトレードに妙味
今週の日経平均 予想レンジは2万8500円~2万9500円 6月30日大引け~7月1日寄り付きにかけてのオーバーナイトトレードに妙味
今週は重要な経済指標の発表が相次ぐ 国内の注目は短観、加えて本格化する小売りの決算発表 月末の株安アノマリーで半導体関連は狙い目か
過剰反応の修正 米国長期金利低下を追い風に戻りを試す展開か
過剰反応の修正 米国長期金利低下を追い風に戻りを試す展開か
長期金利はFOMC前の水準に下がり相場の戻りを支える 6月22日のパウエルFRB議長の公聴会証言に注目 6月21日週の日経平均の予想レンジ 2万8500円~2万9500円:米国長期金利低下を受けてグロース株の上昇を予想
FOMC待ちで前半は様子見、イベント通過後の金利動向に注目
FOMC待ちで前半は様子見、イベント通過後の金利動向に注目
週後半、長期金利は一段低下も 株式の投資環境は良好
米CPIやメジャーSQを控えて動意薄の展開か
米CPIやメジャーSQを控えて動意薄の展開か
CPIは波乱なしがメインシナリオだが... 週半ばは様子見姿勢 トヨタやレーザーテックなどリーディング銘柄の過熱感に注意
地合い好転 戻り継続か
地合い好転 戻り継続か
今週の日本株相場は戻りを試す展開か 月末月初週は重要指標の発表が目白押し 相場の転換点、雲の<ねじれ>のその後に期待
MSCIの銘柄入れ替えには一応の警戒を 新興市場の戻り継続を期待
MSCIの銘柄入れ替えには一応の警戒を 新興市場の戻り継続を期待
今週は一進一退で28,000円台を固める展開か 27日のMSCI入替はほぼ消化済みか 注目は26日の米半導体大手エヌビディアの決算と日本のコロナ対応
米長期金利の落ち着きを前提に戻りを試す展開を予想
米長期金利の落ち着きを前提に戻りを試す展開を予想
米国市場の急落を誘ったインフレ懸念はとりあえず一服 決算発表一巡、企業業績改善を評価した買いも入ってくる 再び半導体物色を誘えるか 米国のアプライドマテリアルの決算に期待
前へ 1 2345678910 ... 次へ
広木 隆
広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
マネックス証券株式会社 専門役員 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒。神戸大学大学院・経済学研究科後期博士課程修了。博士(経済学)。マーケットに携わって30年超、うちバイサイドの経験が20年。国内銀行系投資顧
問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
2010年より現職。青山学院大学大学院・国際マネジメント研究科(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレビ東京「日経プラス9」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。
マネックス証券オウンドメディア「マネクリ」でレポート等が閲覧可能。
著書:
「ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論」(ゲーテビジネス新書)
「9割の負け組から脱出する投資の思考法」(ダイヤモンド社)
「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)
「ROEを超える企業価値創造」(日本経済新聞出版社)(共著)
「2021年相場の論点」(日本経済新聞出版社)