記事一覧

チーフ・ストラテジスト 広木隆が、週の初めに今週のマーケットのポイントと見通し、予想レンジ等をお伝えします。

週の第1営業日
今週のマーケット展望
日経平均の今週の予想レンジは2万6900円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6900円~2万7500円
6月最終週の日本株相場は堅調推移見込み 25日移動平均を抜け2万7000円台回復を試すだろう グロース株の先行きを見る材料として30日マイクロン・テクノロジーの決算に注目
日経平均の今週の予想レンジは2万5500円~2万7000円
日経平均の今週の予想レンジは2万5500円~2万7000円
先週の下げの背景は米・英・瑞中央銀行の利上げ かつてに比べ日本株の下げ渋りが顕著 今の局面では長期金利の動きがすべてのカギを握る
日経平均の今週の予想レンジは2万7200円~2万8200円
日経平均の今週の予想レンジは2万7200円~2万8200円
主要国の金融政策会合集中週 FRBはインフレのピークは3月として冷静な判断をするだろう 週前半は日本株の底堅さを確かめる試金石
日経平均の今週の予想レンジは2万7000円~2万8000円
日経平均の今週の予想レンジは2万7000円~2万8000円
米国株の最悪期は過ぎた 日本のマーケットも需給が改善している 米国CPI発表と日本メジャーSQが重なる10日は要注意
日経平均の今週の予想レンジは2万6400円~2万7000円
日経平均の今週の予想レンジは2万6400円~2万7000円
米株市場は連続下落記録回避で安心感が台頭 日本株は買い手不在の状況 注目は3日発表の米国雇用統計
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
米国株の乱高下は底入れが近い証拠 上昇分吐き出しの急落は上げ過ぎの調整、S&P500は4,000ポイント以下が適正値 日米首脳会談に臨む岸田首相から気前のよい話がでる?
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
今週は戻りを試す週、注目材料は17日発表の4月の小売売上高 日本株相場地合いは悪くない 26800円台の上値の抵抗線をあっさり抜ければ大台回復か
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7500円
日本株相場が米国株と本格的にデカップリングをし始めた? グローバル目線での投資という観点からは円安は日本の魅力度を高める 注目は11日の米国4月CPI発表と、国内主力企業の決算発表
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
FOMC前にポジションをニュートラルに戻す買い戻しで堅調な推移か 波乱材料は27~28日の日銀金融政策決定会合 緩和策継続の現状維持の場合、円安が進み130円突破もあり得るだろう
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
市場はニュートラルポジション 注目企業の決算発表も市場への波及効果は限定的
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7500円
日経平均2万7000円、PER13倍、PBR1.2倍が居心地のいい水準? 今週の注目は米国中国のCPIとPPI、米国の決算発表
日経平均の今週の予想レンジは2万7400円~2万8500円
日経平均の今週の予想レンジは2万7400円~2万8500円
先週後半に軟調となった日本株、75日移動平均が下支えか 市場再編のご祝儀相場に期待はできず、注目は2月決算企業の決算発表 5日の中国生清明節、6日のFOMC議事要旨は波乱材料になりやすいので用心
日経平均の今週の予想レンジは2万7500円~2万8500円
日経平均の今週の予想レンジは2万7500円~2万8500円
先週の連騰は期末の需給要因、権利付き最終以降は海外投資家に期待 ピッチの早い円安に警戒感が台頭、日本の10年国債利回りに対する日銀の対応に注目 波乱材料は米国金利の上昇
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7600円
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7600円
株式相場は戻りを試す局面 日本株相場の焦点は2万7500円を突破できるか 経済指標の発表は少ないがアップサイドに備えたい
日経平均の今週の予想レンジは2万4000円~2万6000円
日経平均の今週の予想レンジは2万4000円~2万6000円
15日からのFOMCの注目は政策金利見通しとQT開始時期 円安状況下、16日の貿易統計が相場の材料か ウクライナ情勢は予見不能。いざという時の投資方針と投資行動は要確認
日経平均の今週の予想レンジは2万4500円~2万7000円
日経平均の今週の予想レンジは2万4500円~2万7000円
ウクライナ情勢を受けてボラティリティが高まる局面 各種経済指標の数値は改善、経済は好調を維持 有事で投資環境の改善という好材料が無視されている
日経平均の今週の予想レンジは2万6400円~2万7200円
日経平均の今週の予想レンジは2万6400円~2万7200円
ロシアのSWIFT排除で市場は再び波乱含みの展開に。ただし特段のサプライズではなく相場の下げは限定的 マーケットの焦点は再び米国の金融政策に 3月相場入りで配当取りの動きなども相場の支えに グロース株の底入れ期待も
日経平均の今週の予想レンジは2万6000円~2万7500円
日経平均の今週の予想レンジは2万6000円~2万7500円
相場の格言、「銃声が鳴ったら株を買え」 めぼしい経済指標がない中、注目は原油価格 ウクライナ危機唯一の利点は米国の長期金利上昇圧力の緩和
日経平均の今週の予想レンジは2万6700円~2万7800円
日経平均の今週の予想レンジは2万6700円~2万7800円
米国の大幅続落を受けて東京市場も急落で始まるだろう チャート的には悪い形を切り返していけるか 今週の重要な材料であるFOMC議事録、半導体企業の決算、インフレ指標に注目
日経平均の今週の予想レンジは2万7000円~2万7800円
日経平均の今週の予想レンジは2万7000円~2万7800円
米国の金融引き締めへの耐性を見極める時期 注目は10日のCPI 3連休を控えて様子見姿勢が強まる週後半の波乱を警戒
前へ 1 2345678910 ... 次へ
広木 隆
広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒。神戸大学大学院・経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。マーケットに携わって30年超、うちバイサイドの経験が20年。国内銀行系投資顧
問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
2010年より現職。青山学院大学大学院・国際マネジメント研究科(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレビ東京「日経プラス9」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。

著書:
『ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論』(ゲーテビジネス新書)
『9割の負け組から脱出する投資の思考法』(ダイヤモンド社)
『勝てるROE投資術』(日本経済新聞出版社)
『ROEを超える企業価値創造』(日本経済新聞出版社)(共著)
『2021年相場の論点』(日本経済新聞出版社)
著書名のリンク先はアマゾン(Amazon)等、マネックス以外の他社のウェブサイトを表示します。