FX の記事一覧

吉田恒の為替デイリー 【為替】円安値更新後の行方を考える
4月10日、米ドル/円はこの間の米ドル高値・円安値の151.9円を大きく更新してきた。では、米ドル高・円安はどこまで広がるのか、米ドル安・円高に大きく戻すためには何が必要かについて考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】2007年・円売りバブル時代の検証・後編
今回は、2007年にかけて金利差重視のFXで広がった「円売りバブル」がどのような終わりを迎えたかについて検証する。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】2007年・円売りバブル時代の検証・前編
CFTC(米商品先物取引委員会)統計の投機筋の円ポジション(対米ドル)売り越し(米ドル買い越し)は先週14万枚まで拡大、2013年12月と並んで2007年以来の高水準となった。 2007年は6月に18万枚まで円売り越しが拡大。突出して行き過ぎた円売り、「円売りバブル」が展開した年だった。2007年の「円売りバブル」と、その後それがどのような終わりを迎えたかについて、前後編2回で検証する。
吉田 恒
12:08
ストックボイス 日本株年央以降の予測が難しい理由
・日経平均4万円達成後の一服感で新年度入り後の動きは想定どおり・国内機関投資家の期初の益出し売りが終わって上値の重さはな...
広木 隆
吉田恒の為替デイリー 【為替】記録的に拡大する投機円売り・後編
前編では投機筋の円売りが急拡大している理由について考えてみた。今回は投機筋の円買い戻し(米ドル売り)への転換について考察してみる。
吉田 恒
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は為替介入を意識しつつも逆張りに注意、豪ドル/円は上値志向の強さを示唆
米ドル/円引き続き日銀当局の為替介入を警戒、投機筋主導で波乱の公算週間予想レンジ:150.50~153.50先週(4月1日週)の値動き...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】4/8~4/12の米ドル/円を予想する
米ドル/円は先週も151~152円中心のレンジ・ブレークに至らず。 たった1円レンジの小動きもすでに2週間以上続き、今週はさすがにそろそろ抜ける可能性。ただ投機筋の米ドル買いポジションはかなり大きくなっており、円安阻止介入の可能性もあることから、基本的に米ドル高余地は限られ、米ドル安の場合のリスク大か。 今週の米ドル/円予想レンジは147.5~153.5円。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】記録的に拡大する投機円売り・前編
投機筋の円売りが急拡大している。CFTC統計の投機筋の円売り拡大の代表例は2013年、2007年などで、前者はアベノミクス円安局面、後者は大幅な金利差円劣位の局面だ。最近の円売り急拡大は2007年に近い構図で起こっている可能性が高いだろう。 大幅な金利差円劣位を受けて圧倒的に有利な円売りは、基本的には金利差円劣位の本格的な縮小見通しが出るまで続きそうだ。ただ循環的に円買い戻しが拡大するケースもある。前後編2回に渡り、投機筋の円売りの理由と買い戻しへの転換について考察する。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】米利下げ期待見直しと米ドル/円への影響
米利下げ期待の見直しが広がっている。予想より強い米景気、米国株高が続いてきたことと利下げは、そもそも共存するものではないので当然だろう。 米利下げ期待の見直しが、株や金利への影響を通じ、米ドル/円にどう影響するかについて考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】4月初めに潮目が変わる為替アノマリー
米ドル/円には、3月末・4月初めに「潮目が変わりやすい」というアノマリーがある。誰もが当然と思ったトレンドが、明確な理由がない中で急に変化するという現象だ。 その代表例として筆者に強い記憶として残っている2004年3月末の相場を振り返りながら、今回はこのアノマリーが機能するかも考えてみたい。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】投機主導「金利差からかい離の円安」
米ドル高・円安の日米金利差からのかい離が広がっている。金利差以上の米ドル高・円安をもたらしている一因は投機的円売りの拡大だ。 大幅な金利差を受けた投機主導の円安の構図が鮮明になっている。
吉田 恒
13:08
ストックボイス 【為替】円安阻止介入ならば短期終了か
・1米ドル=151円後半にまで達した米ドル高・円安は、投機筋によるドル買い・円売りが積み上がった結果、という様相が濃い。投機...
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「投機vs介入」のイマジネーション
円安阻止介入再開となった場合の展開について、過去の事実などをもとに想像してみる。 あくまで「想像(イマジネーション)」なので、現実に存在する機関や人物の役割も想像に過ぎない。
吉田 恒
陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円は介入を誘う投機的な値動き、豪ドル/円は中段保ち合いの継続
米ドル/円日銀当局の為替介入を警戒しながら高値トライ、投機筋主導で波乱の公算 週間予想レンジ:150.00~153.00先週(3月25...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】4月の米ドル/円を予想する
3月の米ドル/円は後半に上昇が再燃し、一気に2022年10月の高値を更新した。主因は絶対的に大幅な金利差を受けて根強い投機的米ドル買い・円売りの動きだろう。 これに対して2022年以来の日本の通貨当局による円安阻止介入の可能性も高まってきたようだ。 4月は投機の円売りvs為替介入の攻防が中心となり、145~154円で荒れた展開を予想。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】120日MAという円安阻止介入攻防の分岐点
絶対的に大幅な日米金利差米ドル優位・円劣位を主な背景とした投機筋の米ドル買い・円売りと日本の通貨当局による円安阻止のための米ドル売り・円買い介入の攻防となった場合、120日MA(移動平均線)が重要分岐点になる可能性がある。これは、120日MAが代表的な投機筋であるヘッジファンドの売買分岐点の目安になっているためだ。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】2022年の円安阻止介入を振り返る
2022年9~10月に行われた日本の通貨当局による円安阻止介入について振り返り、その特徴などについて考察してみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】日本の通貨当局の為替介入の考え方
円安値圏での展開が続き、円安阻止介入も注目されている。そこで過去の為替介入から、日本の通貨当局の介入を決める上での判断について考えてみた。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 投機筋の円売り戦略を研究する・後編
記録的に大幅な金利差円劣位を受けた投機筋の円売りはいつまで続くのか。その転換の目安について、前回に続き考察する。
吉田 恒
13:13
ストックボイス 【為替】日銀17年ぶりの利上げでも円安が進む理由
・3月19日の日銀の利上げの後、同20日にはFOMC(米連邦公開市場委員会)が開かれ、「予想よりハト派の結果だった」との評価から...
吉田 恒
前へ 1 2345678910 ... 次へ