お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

FX の記事一覧

米ドル/円下落の理由とその「目途」
吉田恒の為替デイリー 米ドル/円下落の理由とその「目途」
米ドル/円は3月末にかけての急騰から、4月に入ってから反落が目立ってきた。これは、相関性の高い米金利が「上がり過ぎ」の反動で低下した影響が大きいだろう。 ただ52週MAとの関係などからすると、米ドル/円は上昇トレンドが展開しており、下落は一時的な可能性が高い。米ドル/円の下落が「一時的」なら、基本的には米金利低下次第で、106円前後までがせいぜいか。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円は調整の目途がつく、豪ドル/円は頭が重い後続継続
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は調整の目途がつく、豪ドル/円は頭が重い後続継続
米ドル/円 日足週間予想レンジ:108.00~110.00メインストラテジー:押し目買い・調整波継続も限界・強気変動構造維持・調整の...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
そろそろ米ドル売りの動きも一服か
田嶋智太郎の外国為替攻略法 そろそろ米ドル売りの動きも一服か
ユーロ/米ドルの戻りも一服に向かうか いまだ新型コロナウイルスが株価に影響する見込み
「米金利低下=米ドル安」継続で108円割れも!?
吉田恒の為替ウイークリー 「米金利低下=米ドル安」継続で108円割れも!?
先週の米ドル/円は米金利低下に連れて続落した。注目されるのは、米景気「絶好調」でも米金利低下が広がったことだが、「上がり過ぎ」の反動の影響が大きいだろう。 「上がり過ぎ」反動の米金利低下はまだ続く可能性あり。その影響で米ドル/円も続落リスクあり。米国株も徐々に「上がり過ぎ」の兆しが出てきた点は注目か。
吉田 恒 吉田 恒
米金利上昇再燃は秋以降になる!?
吉田恒の為替デイリー 米金利上昇再燃は秋以降になる!?
米金利の行き過ぎた動きの修正はどのようなシナリオになるか、過去のケースから考えてみた。まずは、「上がり過ぎ」反動で90日MAまで金利低下の可能性あり。 行き過ぎた動きの反動は、1)トレンド転換と2)あくまで一時的なトレンドへの逆行に大別されたが、後者の場合でも改めて高安値を更新したのは半年以上も先だった。 以上から、米10年債利回りが3月末高値を更新、上昇再燃となるのは秋以降の可能性も !?
吉田 恒 吉田 恒
続・米景気「絶好調」でも米ドル反落の理由
吉田恒の為替デイリー 続・米景気「絶好調」でも米ドル反落の理由
15日は、米3月小売売上高など大幅に改善する結果が相次いだが、米金利はむしろ比較的大きく低下し、それに連れる形で米ドル/円も続落した。 2021年に入り102円台から110円まで反発した動きは、連動の対象をそれまでの株から金利に変えたものでもあった。そしてその金利は、空前の「上がり過ぎ」の反動から低下しやすい状況が続いている。
吉田 恒 吉田 恒
続・米ドル/円「一時的下落」の考え方
吉田恒の為替デイリー 続・米ドル/円「一時的下落」の考え方
今週に入り米ドル/円は一時109円割れとなるなど反落が目立っている。ただ先週にかけ、52週MAを7週連続で上回った。経験的に、この動きは米ドル/円が継続的な上昇、つまり上昇トレンドが展開している可能性を示すものだ。 トレンドと逆行する「一時的下落」は、経験的には足元106円の52週MA前後までがせいぜい。とは言っても、106円まで続落するか、その手前で止まるかは、最近相関性の高い米金利の動き次第か。
吉田 恒 吉田 恒
為替を決める米金利に「変化」の兆し
吉田恒の為替デイリー 為替を決める米金利に「変化」の兆し
急ピッチの上昇から、短期的な「上がり過ぎ」が懸念される米金利だが、この数ヶ月は注目イベントである月初の米雇用統計発表前後にピークアウトするものの、物価統計発表が集中する中旬には早速高値を更新するパターンが続いた。 しかし、最近にかけてそのパターンに変化の兆しもある。米ドル/円など為替は米金利との連動性が高い状況が続いているだけに、米金利が一段と低下するかは注目。
吉田 恒 吉田 恒
ゴールド反発の理由とその「限界」
吉田恒の為替デイリー ゴールド反発の理由とその「限界」
金相場、ゴールドは、2020年夏頃からこれまで以上に米金利との逆相関関係が強くなっていた。この関係を参考にすると、最近にかけての金相場反発は、米金利急騰一服の影響が大きいだろう。 金相場と米金利の逆相関関係がこの先も続くなら、金相場の反発は米金利低下終了で一巡する可能性あり。1800米ドル以上は金相場の目先的な反発の限度の可能性も。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円は調整の目途を探り、豪ドル/円は頭の重い展開が続く
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は調整の目途を探り、豪ドル/円は頭の重い展開が続く
米ドル/円 日足週間予想レンジ:108.30~110.50メインストラテジー:押し目買い・調整波の位置づけ・下値堅い構造鮮明・調整の...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
新興国通貨高は重大岐路の可能性
吉田恒の為替デイリー 新興国通貨高は重大岐路の可能性
メキシコペソや南アフリカランドが対円で5年MAに接近してきた。経験的に見ると、中長期的に「上がり過ぎ」の重大岐路を迎えてきた可能性がありそうだ。 対照的に安値圏での推移が続くトルコリラ。今週は中央銀行総裁交代後初の金融政策会合が予定されているが、このまま足元14円半ばの52週MAを月末にかけて回復できないようなら、下落トレンド継続で、先々最安値更新の可能性も出てくる。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル109円割れの可能性はあるのか?
吉田恒の為替ウイークリー 米ドル109円割れの可能性はあるのか?
米金利低下に連れる形で米ドル/円は先週109円割れ近くまで反落したが、米金利が下げ渋る中で、米ドル/円も週末にかけて小反発。 米金利の下げ渋りは、株高が続く中では金利の「上がり過ぎ」修正も進みにくいことが一因か。その株高、NYダウの52週MAからのかい離率などに、株安に転換する兆しあり!?
吉田 恒 吉田 恒
米景気「絶好調」でも米ドル反落の理由
吉田恒の為替デイリー 米景気「絶好調」でも米ドル反落の理由
3月の米景気指標は、雇用統計やISM景況指数など軒並み予想を大きく上回る改善となっているが、米金利は低下し、それに連れる形で米ドルも反落となっている。 米景気が絶好調でも、米金利低下=米ドル反落となったことを説明できそうなのは、移動平均線からのかい離率などが示していた空前の米金利の「上がり過ぎ」ということではないか。
吉田 恒 吉田 恒
機関投資家の運用計画に注目。ヘッジ付き外債投資とは?
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 機関投資家の運用計画に注目。ヘッジ付き外債投資とは?
米国債利回りの上昇が一服 日本の機関投資家は為替ヘッジをどう見るか 米ドル安の見通しを撤回する動き
米ドル/円「一時的下落」の考え方
吉田恒の為替デイリー 米ドル/円「一時的下落」の考え方
米ドル/円は先週まで6週連続で52週MAを上回った。このように「長く」52週MAを上回る動きは、経験的には継続的な上昇トレンドが展開している可能性が高い。 その意味では、今週に入ってからの米ドル/円反落は「一時的下落」の可能性。経験則からすると、「一時的下落」は足元では106円前後までがせいぜい。 米景気の急回復で、米金利は中期的に一段の上昇といった見通しに。そんな米金利上昇見通しの上方修正が、米ドル/円反落を限定的にするか!?
吉田 恒 吉田 恒
為替の行方で何に注目すべきなのか?
吉田恒の為替デイリー 為替の行方で何に注目すべきなのか?
2020年3月の「コロナ・ショック」以降の為替は米ドル安・米国株高といった株との逆相関を基本として展開してきたが、最近にかけて米ドル高が広がる中では金利差との連動性が高くなっている。 その金利の主役、米金利は短期的に「上がり過ぎ」懸念が強くなっている。「為替は金利次第」なら、目先的には「米金利上昇=米ドル高」より、「上がり過ぎ」修正の「米金利低下=米ドル下落」余地が大きい可能性がありそうだ。
吉田 恒 吉田 恒
米金利が3%まで上昇する可能性
吉田恒の為替デイリー 米金利が3%まで上昇する可能性
米実質金利と高い相関関係のあるISM製造業景況指数が先週の発表で大きく改善した。これまでの関係からすると、米実質金利は2%以上に上昇する可能性がある。 これを名目の米10年債利回りに換算すると、足元の1.7%までの上昇から、さらに中期的には3%以上へ上昇してもおかしくない見通しとなるだけに、為替や株への影響も注目される。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円はモメンタム停滞、豪ドル/円は動意薄で頭の重い展開へ
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円はモメンタム停滞、豪ドル/円は動意薄で頭の重い展開へ
米ドル/円  日足 週間予想レンジ:109.00~110.70メインストラテジー:レンジ取引・上昇モメンタム停滞・ブル構造の再構築・...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
目を見張る米国経済の回復を反映したドル高が続く
田嶋智太郎の外国為替攻略法 目を見張る米国経済の回復を反映したドル高が続く
米ドル/円は上値が継続 ユーロ/米ドルはいまなお慎重な動き
4月の米ドル/円を予想する
吉田恒の為替ウイークリー 4月の米ドル/円を予想する
米ドル/円は111~112円という重要水準に迫ってきた。米ドル/円自体にとくに「上がり過ぎ」、「買われ過ぎ」懸念は強くないが、連動している米金利は空前の「上がり過ぎ」が続いているだけに、重要水準前に上昇一服となるか否かは、米金利の動向が鍵か。 一方、52週MAを長く、大きく上回る今回の値動きは、米ドル/円の上昇がトレンドとして展開している可能性を示している。反落の動きとなっても、あくまで一時的の可能性。
吉田 恒 吉田 恒
前へ 1 2345678910 ... 次へ