お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

ストラテジーレポート の記事一覧

チーフ・ストラテジスト 広木隆が、実践的な株式投資戦略をご提供します。

ストラテジーレポート
テーパリング開始は市場の見立てより後ろ倒しになるだろう
テーパリング開始は市場の見立てより後ろ倒しになるだろう
米国の雇用はコロナ前水準には戻らない 日本は創造的破壊に向き合う準備不足 「変われない」日本は「買われない」
買われる銘柄にはしっかり買いが入っている
買われる銘柄にはしっかり買いが入っている
大型株はしっかり、TOPIXコア30と日経平均のパフォーマンス格差は年初来で6%超 7月19日週から3月決算企業の4-6月期決算発表が開始、注目は日本電産
米国の長期金利低下はポジティブ
米国の長期金利低下はポジティブ
金利低下は米国株をサポート、上値を追える状況に ゴルディロックス相場再来なら株は買われる 日経平均は目先底入れシグナルも、戻りはコロナ次第
下旬からの出遅れ修正を期待
下旬からの出遅れ修正を期待
日本株の重石はコロナリバウンドの懸念の台頭か 日本の景気再開期待が欧米に遅れて高まれば、出遅れた日本株の物色につながる グロース株のアンダーパフォーム底入れは朗報
リスクはもうない アクセル全開で行ける!はずなのに…
リスクはもうない アクセル全開で行ける!はずなのに…
市場は懸念材料を消化 日本株の上値が重い理由 市場は間違う 年後半の物色傾向
状況が良くなってきた
状況が良くなってきた
ワクチン接種進展で景気見通しも改善 日経平均は頭が重いが主力銘柄は軒並み高値圏 米国長期金利のピークアウトはグロース株の追い風に
悪材料後退で持ち直しの動きが鮮明に
悪材料後退で持ち直しの動きが鮮明に
ワクチン接種状況は前進 足元のインフレは一時的 テーパリング開始はあるとしても2022年第2四半期以降か
下値が固まってきたところで推奨5銘柄
下値が固まってきたところで推奨5銘柄
ガッキー・ショックを覚悟もスルー 日本株のバリュエーションは妥当なレベルにランディング 今夜「ニュース・プラス9」で取り上げる期待の5銘柄
市場は間違う ‐ 最低の世の中で僕らは何をするべきか
市場は間違う ‐ 最低の世の中で僕らは何をするべきか
日本ダメ≠日本企業ダメ 日本株はグローバル景気敏感 円安も追い風に
相場は底入れから反騰へ
相場は底入れから反騰へ
下値が固まったことによる不安心理の後退 22日に決算を発表した銘柄に対するマーケットの反応 緊急事態宣言の発出
円安にもかかわらず日本株の上値が重い理由
円安にもかかわらず日本株の上値が重い理由
為替は「ドル高」ではなく「円安」、その理由は... 個別では為替感応度によってパフォーマンス格差が明白
調整完了 年度明けから反騰へ
調整完了 年度明けから反騰へ
期末に絡む整理も一巡 米国長期金利の上昇も一服 例年、4月は強い月
米国金利上昇は日本株にプラス
米国金利上昇は日本株にプラス
日本株のパフォーマンスはグローバル経済に左右される グローバル経済の中心、米国経済の「体温計」である米国金利との連動性は極めて高い
調整完了 期末要因剥落すれば再度上昇基調へ回帰
調整完了 期末要因剥落すれば再度上昇基調へ回帰
これ以上、国債利回りが上がる材料はない 米国10年債利回りは1.5%台が定着、ナスダックも調整完了 TOPIXはゴールデンクロス、ダウ平均の追撃態勢は整った
オービック、キーエンス他、グロース株に底入れの兆し
オービック、キーエンス他、グロース株に底入れの兆し
深刻なインフレになんかならない インフレは注意しておく必要があるが、いまその懸念はない グロース株の一部に底入れの兆し
金利上昇でも株は売られない 米国長期金利の上昇はここまで その根拠
金利上昇でも株は売られない 米国長期金利の上昇はここまで その根拠
株のデュレーション 今の局面は本格的な調整局面ではない 米国の長期金利はざっくり1.7~1.8%が上限と推察する
日経平均は3万9000円になる
日経平均は3万9000円になる
最高値更新の原動力 昨秋からの相場上昇の背景 調整のトリガーは?
グロース株の押し目買い 推奨リスト15銘柄+10銘柄
グロース株の押し目買い 推奨リスト15銘柄+10銘柄
足元のグロース株の調整は一時的 エムスリー、日本ペイント他、エントリーチャンス銘柄を提示 米国のイールドスプレッドには要警戒
待望の押し目買い好機とその理由
待望の押し目買い好機とその理由
今回の下落要因は、米国株式市場固有の混乱を嫌気したもので 日本株にはほとんど関係ない 日経平均の調整は充分、足元の決算発表は想定通り上方修正ラッシュ 為替相場も好材料
金融緩和縮小より危惧されるリスク
金融緩和縮小より危惧されるリスク
テーパータントラムの再来がない理由 株式市場が見ている「実体経済」 マシンが人間の仕事を奪う 仕事がなくても消費できる理由 疑似ベーシックインカムが終わる時
前へ 1 2345678910 ... 次へ
広木 隆
広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
マネックス証券株式会社 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒業。
国内銀行系投資顧問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
長期かつ幅広い運用の経験と知識に基づいた多角的な分析に強み。
2010年より現職。青山学院大学大学院(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレ東「日経プラス10」、日テレNEWS24「まーけっとNAVI」、J-WAVE「JAM THE WORLD」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。
マネックス証券オウンドメディア「マネクリ」が閲覧可能。
著書:
「ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論」(ゲーテビジネス新書)
「9割の負け組から脱出する投資の思考法」(ダイヤモンド社)
「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)
「ROEを超える企業価値創造」(日本経済新聞出版社)(共著)
「2021年相場の論点」(日本経済新聞出版社)