記事一覧

チーフ・ストラテジスト 広木隆が、実践的な株式投資戦略をご提供します。

毎週金曜日に更新
ストラテジーレポート
上値の重さの払しょくにはまだ時間を要する
日経平均上値の重さが目立つ 日米ともにしばらく方向感のない展開続く
米国株のバリュエーションに懸念
日経平均の本日の下げは調整局面の動き 米国株相場、金利対比の割高感はハイテクバブル当時なみ 足元一番のリスクは利下げの道筋が見えないこと
日本株のエクスポージャーを少し落とす レバレッジをかけないインデックスへ
中央銀行ウィークを乗り切り日米株価は史上最高値更新 さすがに一服、そろそろ戦略変更の時期 ポイントはレバレッジを落とすタイミング
調整一巡感も ファンダメンタルズ面の乖離是正を待つ局面
上値が重い日本株、調整にも一巡感 来週は金融政策決定会合、波乱の相場展開に警戒 調整は年度内いっぱい、春以降の景況感改善に期待
目先ピーク 日柄調整へ
3万9000円~4万円程度の水準でもみ合う日柄調整 いまの相場はどこからでも買える、テーマは盛りだくさん 地合いはよい、積極的に仕込みたい
日経平均4万円のバリュエーション 年末4万4000円を予想
上昇も一服、4万円前後の水準での値固めに移行 4月下旬から5月にかけては4万1000~2000円のレンジ、年末に4万3000円~4万4000円の水準を予想
4万円まで指呼の間
3月入りした初日に売り方もすくむ上昇 3月8日のメジャーSQで大きな動きか 半導体株主導の偏りという見方を払拭する循環物色の様相
日経平均史上最高値更新に寄せて
あしたのために(その1)=ジャブ=攻撃の突破口をひらくためあるいは敵の出足をとめるため左パンチをこきざみに打つことこのさいひじを左わきの下からはなさぬ心がまえでやや内角をねらいえぐり...
日経平均 史上最高値更新は目の前
日本株の上昇は至極当然 偏った相場と言われる懸念 利益が伸びるから株価も上がる
株は上がるもの - S&P500の5,000ポイントに寄せて
株はただ買って持ち続けるに限る GDPが成長し、インフレがある経済なら株価も高くなる 日経平均が4万円になるタイミング
【日本株】押し目買いは言うまでもない
今回のFOMCは株式市場にネガティブなものではない 米国経済の進む方向は利下げ路線が一層、明確に ますます締まってくる日本株
【日経平均】見えてきた史上最高値更新
強気相場が始まっても弱気派が多い 相場の強気度は 専門家<経営者<個人投資家 日経平均3万6000円は通過点、年度内に最高値更新も
日経平均3万5000円について 4万円予想のアップデート
「抜けたら速い」の典型例の相場、利食い売りでさらに拍車がかかる 「高値警戒感も台頭」と報じられるが驚くことではない 史上最高値まであと約1割、3万5000円は通過点に過ぎない
2024年のリスク その2
予測不能のリスクから身を守る術は心構えのみ 国際分散投資の重要性が認知される中、日本株の投資妙味に期待 震災の影響は限定的だがインバウンドの減少には見守りを要するだろう
2024年のリスク その1
2024年米国利下げの織り込みは偏り大 年央まで利下げ開始の目途が立たない場合、市場は動揺するだろう 不透明要素はインフレ率の高止まりと低い失業率
円相場と株価
円高を材料に日本株は続落 急速な円高への巻き戻しに見られる要因 日本株とドル円相場の関係
【日本株】日経平均、2024年年末予想は4万2000円
米国の利上げ打ち止め・米国景気はソフトランディング。 相場サイクルとしては「逆業績相場」と「金融相場」が同時進行するイメージ。 日本の景気は①マイルドなインフレの定着、②インバウンド、③経済対策、④円安の持続等で緩やかな成長維持。 日銀の緩和策修正はむしろデフレ脱却=金融政策正常化とポジティブに受け止められるだろう。 今期の業績は15%増益で着地。来期は前半2%、後半7%増益がコンセンサスに。PERは16倍台半ばに上昇、日経平均は2024年年末に4万2000円を予想。
下方修正した後悔
2023年株価予想 下方修正した後悔 長期視点での日本企業の成長に期待
40年周期
日本の企業決算は最高益更新ペース 予想EPSの上方修正で日経平均3万4000円は射程範囲 40年周期なら上昇基調は続く
株高のシーズンへ オータム・イン・ニューヨーク 2023
米国経済の現状と日本株の評価 市場は利上げ終了予想 株高の季節到来、日本企業の好業績に期待
前へ 1 2345678910 ... 次へ
広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒。神戸大学大学院・経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。社会構想大学院大学教授。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。2010年より現職。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレビ東京「日経プラス9」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。

著書:
『ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論』(ゲーテビジネス新書)
『9割の負け組から脱出する投資の思考法』(ダイヤモンド社)
『勝てるROE投資術』(日本経済新聞出版社)
『ROEを超える企業価値創造』(日本経済新聞出版社)(共著)
『2021年相場の論点』(日本経済新聞出版社)
著書名のリンク先はアマゾン(Amazon)等、マネックス以外の他社のウェブサイトを表示します。