新着 の記事一覧

相場一点喜怒哀楽 ソフトバンクグループ(SBG)、久しぶりの活況を見せる
日経平均は大幅続伸、ソフトバンクグループやトヨタ自動車が躍進 ソフトバンクグループがプライム市場売買代金トップとなった、その要因とは
東野 幸利
米国株決算レポート 【決算結果】マイクロソフト[MSFT]、ロイヤル・カリビアン・クルーズ[RCL]、サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック[TMO]など
マイクロソフト[MSFT]決算:1株利益は2.93ドルで市場予想を上回る クォルボ[QRVO]決算:1株利益は2.10ドルで市場予想を上回る ロイヤル・カリビアン・クルーズ[RCL]決算:1株利益は1.25ドルで市場予想を上回る サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック[TMO]決算:1株利益は5.67ドルで市場予想を上回る スカイワークス・ソリューションズ[SWKS]決算:1株利益は1.97ドルで市場予想を上回る
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは3万6250円~3万7750円
焦点は日経平均3万7000円台固め 相場の好材料となるか米国CPIに注目 日経平均の限られた銘柄のみの物色で過熱感はなし
広木 隆
新潮流 最後のとき
◆「最後のときが最後のときだとわかる人間は誰もいない。かならず手遅れになる。おまえだけじゃないさ。だからときに生きるのが...
広木 隆
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】2/13~2/16の米ドル/円を予想する
先週は日銀副総裁発言などを材料に米ドル/円は149円半ばまで一段高となった。相場が大きく動きやすい日銀関連の材料で、米ドルの保合い「上放れ」が実現したということだろう。 副総裁発言後も円金利の低下は限定的なので、米金利上昇により米ドル「上放れ」を裏打ちできるかに注目。米金利上昇が限られるようなら、米ドル高も限定的か。 今週の米ドル/円の予想レンジは148~151円。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】円安が金利差からかい離する理由
米ドル/円や英ポンド/円の円安への動きで、金利差からのかい離が目立ってきた。これは、大幅な金利差を収益機会とした投機の外貨買い拡大の影響が大きいのではないか。 金利差で正当化される以上に外貨買いが拡大しているなら、円高に反転した場合はこれまでと逆に、金利差以上に円高が広がるリスクもあるのではないか。
吉田 恒
市況概況 (朝)昨日の米国市場は高安まちまち ダウ平均は史上最高値を更新 日本市場は堅調なスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 38,797.38 △125.69 (2/12)NASDAQ: 15,942.55 ▼48.12 (2/12)1.概況先週...
いま、注目のテーマ NISA制度を利用した投資信託買付額は前年比6.5倍、投資信託の平均積立額は前年同月比2倍に――「NISA」アンケート
個人投資家は新NISAの制度改正を高評価、約8割が投信積立の増額を予定 NISA口座での投資信託の平均積立額は約2倍に増加、投資信託買付額は前年比6.5倍に 新NISAで購入された銘柄人気ランキングTOP10(日本株・米国株・投資信託)
米国株決算レポート 【決算結果】クアルコム[QCOM]、AT&T[T]、メルク[MRK]など
クアルコム[QCOM]決算:1株利益は2.75ドルで市場予想を上回る ハネウェル・インターナショナル[HON]決算:1株利益は2.60ドルで市場予想を上回る Tモバイル[TMUS]決算:1株利益は1.67ドルで市場予想を下回る AT&T[T]決算:1株利益は54セントで市場予想を下回る メルク[MRK]決算:1株利益は0.03ドルで市場予想を上回る
米国株決算レポート 【決算結果】ビザ[V]、フリーポート・マクモラン[FCX]、アメリカン・エキスプレス[AXP]など
ビザ[V]決算:1株利益は2.41ドルで市場予想を上回る ケーエルエー・コーポレーション[KLAC]決算:1株利益は6.16ドルで市場予想を上回る ウェスタン・デジタル[WDC]決算:1株損失は69セントで市場予想を上回る フリーポート・マクモラン[FCX]決算:1株利益は0.27ドルで市場予想を上回る アメリカン・エキスプレス[AXP]決算:1株利益は2.62ドルで市場予想を下回る
米国株決算レポート 【決算結果】サウスウェスト航空[LUV]、アボット・ラボラトリーズ[ABT]、コムキャスト[CMCSA]など
サウスウェスト航空[LUV]決算:1株利益は0.37ドルで市場予想を上回る アボット・ラボラトリーズ[ABT]決算:1株利益は1.19ドルで市場予想と一致 サービスナウ[NOW]決算:1株利益は3.11ドルで市場予想を上回る ネクステラ・エナジー[NEE]決算:1株利益は0.52ドルで市場予想を上回る コムキャスト[CMCSA]決算:1株利益は0.84ドルで市場予想を上回る
ストラテジーレポート 株は上がるもの - S&P500の5,000ポイントに寄せて
株はただ買って持ち続けるに限る GDPが成長し、インフレがある経済なら株価も高くなる 日経平均が4万円になるタイミング
広木 隆
投資のヒント SUBARUは上方修正を受けて大幅高
3月決算企業の第3四半期決算発表集計3月決算企業の第3四半期決算発表が先週から本格化しています。2月8日も取引時間中や昼休み時...
金山 敏之
市況概況 (まとめ)日経平均は34円高で昨年来高値を更新 一時420円以上上げ節目の37,000円を上回る場面も
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は米国株高を受けて続伸となりました。52円高の36,915円で寄り付いた日経平均は直後にマイナ...
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米国株の最高値更新とともに買いが継続するか、金からビットコインへのシフトも進行か
ビットコインはBTC=638万円(43,000ドル)付近でもみ合いの展開が継続した。米国では強い経済指標を受けて3月利下げ観測が一段と後退し、米国株とともに売りが強まる場面も見られたが、好調な企業決算により底堅く推移した。米国株が史上最高値を伸ばし続ける中、ビットコインはBTC=661万円(44,500ドル)付近まで急騰した イーサリアムは大型アップデート「Dencun」の最終テストを無事に完了し、強い値動きとなった 来週のビットコインは米国株の最高値更新とともに買いが継続するか、金からビットコインへのシフトが拡大すればさらに上昇することも考えられる。直近、上値としてBTC=728万円(49,000ドル)、下値としてBTC=624万円(42,000ドル)を意識する
松嶋 真倫
鈴木一之、次のトレンド銘柄を探る! 【日本株】勢い増すデジタル改革、今後の動向に注目したいDX関連銘柄
加速するDX、事業の根本改革と価値創出がカギを握る 「DXのジレンマ」に試行錯誤しつつも、新たな変革が求められる時 爆発的なスピードで進化する「指数関数的」なビジネスモデルの出現 「製品中心主義」から「顧客中心主義」への方向転換が成功のポイント 積極的な事業転換や業務拡大、時代を見据えた変革に期待したいDX関連銘柄
鈴木 一之
米国株決算レポート 【決算結果】テスラ[TSLA]、アイビーエム[IBM]、インテル[INTC]など
テスラ[TSLA]決算:1株利益は0.71ドルで市場予想を下回る ラム・リサーチ[LRCX]決算:1株利益は7.52ドルで市場予想を上回る アイビーエム[IBM]決算:1株利益は3.87ドルで市場予想を上回る ASMLホールディング[ASML]決算:1株利益は5.20ユーロで市場予想を上回る インテル[INTC]決算:1株利益は0.54ドルで市場予想を上回る
いま、注目のテーマ 【新NISA】日本株・米国株の人気ランキングTOP20
日本の個別株では大型バリュー株が人気 米国株の個別株では大型株が選好も、成長株が選ばれている
マネックスみんなのつぶやき 動き出した日本の個人資産、海外に逃げ出す中国マネー
日本株が堅調です。日経平均は1989年の38,957円が射程圏内に入ってきました。この1月は、中国株の下落に歯止めがかからぬ中、中...
吉田恒の為替デイリー 【為替】過去の円安の終わり方を考察する・後編
前回は1990年以降の主な5回の循環的円安終了について見てみたが、円安終了のきっかけは株価急落を受けた米国の金融政策転換、日本の通貨当局による為替介入など様々だった。 今回は、円安終了において「共通ルール」があるのかについて、米ドル/円、そして円の総合力とも言える実質実効レートの5年MAとの関係を中心に考えてみる。
吉田 恒