記事一覧

アメリカの個人投資家向け金融メディア「モトリーフール」米国株の一次情報を翻訳した内容を提供します。

週2回程度更新
モトリーフール米国株情報
【米国株動向】注目の人工知能(AI)関連銘柄7選:マイクロソフト[MSFT]、エヌビディア[NVDA]、アマゾン・ドットコム[AMZN]など
主なポイント 強力なAI関連7銘柄でポートフォリオを構築すれば、市場をアウトパフォームできるかもしれない
【米国株動向】ウォーレン・バフェット氏:バークシャー・ハサウェイ[BRK.B]のポートフォリオは、アップル[AAPL]とバンク・オブ・アメリカ[BAC]...
主なポイント ポートフォリオの分散は有益なツールになり得るが、伝説の投資家として大成功しているウォーレン・バフェット氏は分散投資を好んでいないと考えられる バークシャー・ハサウェイのポートフォリオの約48.6%がアップル株 バンク・オブ・アメリカはバフェット氏にとって勝ち組銘柄の1つ
【米国株動向】伝説のパートナーシップを組んでいたチャーリー・マンガー氏が99歳で死去
バークシャー・ハサウェイの副会長であり、ウォーレン・バフェット氏の右腕だったチャーリー・マンガー氏は、長年にわたる遺産と多くの名言を残した マンガー氏の投資キャリア マンガー氏とバフェット氏の出会い 投資に関するマンガー氏の名言 マンガー氏よ、安らかに
【米国株動向】ジェフ・ベゾス氏が2億4,000万ドル相当のアマゾン・ドットコム[AMZN]株を売却し、追加売却も計画している理由とは
主なポイント アマゾン・ドットコムの創業者が最大10億ドル相当の保有株売却を計画 ベゾス氏は株式を売却したのか? アマゾン・ドットコムの株を検討する好機なのか
【米国株動向】「マグニフィセント・セブン」以外で注目のAI関連銘柄3選:サウンドハウンドAI[SOUN]、レモネード[LMND]、NXPセミコンダクターズ...
主なポイント 2023年、マグニフィセント・セブン銘柄は驚異的に株価が上昇 未開拓で可能性を秘めた、目立たないAI銘柄に注目する
【米国株動向】ウォール街はインフレに対する勝利を宣言したのか
主なポイント FRBの金融政策によって、2022年米国のグロース株は急落 ウォール街が待ち望んだCPIデータ 金融市場への影響 弱気相場は終わったのかもしれない
【米国株動向】生成AI企業から選ばれるアンプリチュード[AMPL]
主なポイント AIのスタートアップ企業がアンプリチュード[AMPL]に関心を寄せている アンプリチュードの優位性 アンプリチュードの現状
【米国株動向】2023年に株価が低迷しているNYダウ構成銘柄に注目する:シェブロン[CVX]、3M[MMM]、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス[WBA]
主なポイント NYダウの出遅れ銘柄は注目なのか。2023年のアンダーパフォーム銘柄に注目する シェブロン[CVX]:年初来14.5%下落 3M[MMM]:年初来23.8%下落 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス[WBA]:年初来40.8%下落
【米国株動向】人工知能(AI)に関する大統領令: ホワイトハウスの計画はアマゾン・ドットコム[AMZN]、マイクロソフト[MSFT]、アルファベット[G...
主なポイント バイデン政権は、AI開発の規制に向けた具体的な一歩を踏み出した AI業界のリーダーたちは、AIに莫大な投資をしている 安全性とデータプライバシーに関する規則がAI開発を遅らせる可能性がある ハイテク大手3社の株は、変わらず注目の価値がある
【米国株動向】アマゾン・ドットコム[AMZN]にとって、人工知能(AI)は次の成長ドライバーとなるか
主なポイント アマゾン・ドットコム[AMZN]のアマゾン ウェブ サービス(AWS)はすでに、クラウドコンピューティング・サービスの世界的リーダーである アマゾン・ドットコムとAI ジャシーCEOのAI計画 アマゾン・ドットコムのAI投資は、いつになったら実を結ぶのか
【米国株動向】配当が魅力的なウォーレン・バフェット株:コカ・コーラ[KO]
主なポイント 急成長、潤沢な利益、増配など、嫌いになる理由が見当たらない 新旧ブランド資本の増価 財務面の好調 適正な株価
【米国株動向】ウォルト・ディズニー[DIS]に注目する3つの理由
主なポイント ウォルト・ディズニー[DIS]の株価は下落しているが、未来は明るく見える 資産売却が始まる、インドでの事業の好調 テーマパーク事業は予想以上に好調 価格適正化とコスト削減の成果が利益に表れ始める見通し
【米国株動向】隠れた注目の人工知能(AI)関連銘柄2選:IBM[IBM]、NXPセミコンダクターズ[NXPI]
主なポイント AI投資を検討するなら、隠れた有望銘柄に注目を IBM[IBM]とAIの関わりは想像以上に深い NXPセミコンダクターズ[NXPI]はAI競争のダークホース
【米国株動向】市場をアウトパフォームする可能性があるグロース銘柄3選:アルビマール[ALB]、ネクステラ・エナジー[NEE]、テスラ[TSLA]
主なポイント これらのグロース銘柄は、魅力的なリターンを生み出す可能性がある S&P500を上回る可能性のある魅力的な個別銘柄とその理由
【米国株動向】「人工知能(AI)は過大評価?」 バークシャー・ハサウェイ[BRK.B]の保有する8社のAI関連銘柄
主なポイント ウォーレン・バフェット氏とチャーリー・マンガー氏は、バークシャー・ハサウェイ[BRK.B]を通じて多くのAI関連銘柄を保有している AIに懐疑的な発言もあるなか、多くの投資先がAI関連銘柄となっている理由
【米国株動向】アマゾン・ドットコム[AMZN]への投資判断の材料となる4つのポイント
主なポイント アマゾン・ドットコム[AMZN]をめぐる多くの検討材料 アマゾン・ドットコム[AMZN]が持つ複数の成長エンジン 株価ピークからは13%安の今、利益確定の選択は早計か 成功の代償として矢面に立つリスクは売り材料にも
【米国株動向】割高なバリュエーションのテスラ[TSLA]、今後の利益成長の可能性は?
主なポイント テスラ[TSLA]の株価は2023年に急騰しているものの、過去最高値からは37%安の水準にある 完全自律走行車による更なる利益成長の可能性 新旧の競合参入でEV市場の競争は激化 高騰するバリュエーションをも納得させ続けられるか
【米国株動向】1兆ドルクラブへの復活が期待されるAI関連銘柄:メタ・プラットフォームズ[META]
主なポイント メタ・プラットフォームズ[META]は、すぐに使えるAIでイノベーションをリードする数少ない企業の1つである 優れた企業向けチャットボットの構築 Llama2の拡張 再びの1兆ドルクラブの仲間入りへ
【米国株動向】AI関連2銘柄を比較する:アプライド・デジタル、センチネルワン[S]
主なポイント 見過ごされがちなAI銘柄2社、その投資先としての魅力を比較する どちらか選ぶならアプライド・デジタル
前へ 1 23456789 次へ
モトリーフール
モトリーフールは、ガードナー兄弟によって1993年にアメリカで設立された個人投資家向けの金融メディアです。投資メディアウェブサイトのランキングで、ウォール・ストリート・ジャーナルに次ぎ全米で5位に入りました。アマゾンといった成長株の早期発掘に定評があり、米国株の一次情報を提供します。