お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

アクティビストタイムズ の記事一覧

日本の株式市場に大きな影響を与えるアクティビストの動きを短くまとめて配信していきます。読者の方の投資の一助になれば幸いです。※不定期連載

アクティビストタイムズ
東芝や東京ドームのTOBで存在感を示したオアシス・マネジメントとは
東芝や東京ドームのTOBで存在感を示したオアシス・マネジメントとは
オアシス・マネジメントとは 東芝の増資を引き受けたオアシス CVCの東芝買収提案は「安すぎる」との見解を表明 三井不動産の東京ドームへのTOBはオアシスへの対抗 東洋製罐に脱炭素関連の株主提案
中国発のショック?株価チャートから見えること
中国発のショック?株価チャートから見えること
今回の下落は本格的な調整レベルではない!? チャート分析によって判断や取引タイミングが明確に 中国版リーマン・ショックはあり得るのか
リム・アドバイザーズがニチイ学館、平和不動産に株主提案した内容とは
リム・アドバイザーズがニチイ学館、平和不動産に株主提案した内容とは
ニチイ学館の「創業者利益」を問題視 東証出身者の「天下り」が続く平和不動産に対する株主提案 平和不動産の買収防衛策は廃止に
急騰の日経平均、この半年間のパフォーマンスは欧米指数に勝っている?
急騰の日経平均、この半年間のパフォーマンスは欧米指数に勝っている?
日経平均は菅首相の退陣表明前から上昇していた!? 日経平均は8月中旬から欧米の指数を急激にキャッチアップ 日経平均の急回復は低迷からの反発か
買収報道に伴う関西スーパーの株価推移、投資機会をどう探す?
買収報道に伴う関西スーパーの株価推移、投資機会をどう探す?
オーケーの買収意向によって関西スーパー株は急上昇 H2Oによる子会社化が実現したら株主の持ち分はどうなる? 関西スーパーは意外と割安だった!?
H2O、オーケーが関西スーパー買収に名乗り!次に注目したい小売業は?
H2O、オーケーが関西スーパー買収に名乗り!次に注目したい小売業は?
大阪キタ・ミナミを代表する百貨店業界の再編 百貨店を軸にした戦略の高島屋、ドミナント獲得を主眼としたH2O 関西スーパー買収が争奪戦に 小売業界で買収劇が相次ぐ背景とは 次なるターゲットになりそうな小売業の企業は?
金融分野のニッチビジネスでダブルテンバガーを達成した企業とは?
金融分野のニッチビジネスでダブルテンバガーを達成した企業とは?
会社四季報の情報から意外な気づきも 証券欄の「株主名簿管理人」に信託銀行の名前が多いワケ 証券代行業務に参戦しているIRジャパンがダブルテンバガーを達成 IRジャパンがSMBC信託銀行と証券代行業務で業務提携契約を締結
アクティビストが語る「正論」とは何か、「島耕作」で考えてみると?
アクティビストが語る「正論」とは何か、「島耕作」で考えてみると?
アクティビストは「正論」であるという見方 アクティビストの認知の変化がトレンドに アクティビストの活動は国内経済にも影響 「島耕作」でアクティビストの描かれ方に更なる変化が
日本企業へ積極的に株主提案をする「RMBキャピタル」の投資手法とは
日本企業へ積極的に株主提案をする「RMBキャピタル」の投資手法とは
RMBキャピタルとは 事例その1:伊藤忠商事(ファミリーマート)への提案 事例その2:フェイスへの提案 アクティビストによる要求や提案が増加傾向 アクティビストからの株主提案内容の変化
個人投資家が投資する企業へ抱く思いとは
個人投資家が投資する企業へ抱く思いとは
株主還元に対する個人投資家からの意見 企業のあり方やESGなど、企業への愛着を感じる意見も 個人投資家の声を反映した実際の事例
個人投資家を戦国大名に例えると?
個人投資家を戦国大名に例えると?
個人投資家が戦国大名に通ずる点 戦国大名の中で最も個人投資家に近いのは? 個人投資家の想いを活かす取り組みも
意外な不動産資産の保有会社は?
意外な不動産資産の保有会社は?
テーオーシーとニュー・オータニとの歴史的な深い関係 テーオーシーはMBO失敗などを経て安定株主作りに注力 不動産資産を保有する意外な企業とは
企業とのエンゲージメントを重視する「ひびき・パース・アドバイザーズ」
企業とのエンゲージメントを重視する「ひびき・パース・アドバイザーズ」
中小型ファンドへの運用資産を拡大 知的財産(IP)の価値を数値化 経営陣の年齢が若い企業にも投資 「Hibiki Investment News」の運営開始 ひびきは情報開示にも積極的
不動産会社の含み益の状況と、賃貸不動産が目立つ企業は?
不動産会社の含み益の状況と、賃貸不動産が目立つ企業は?
ストラテジックキャピタルが京阪神ビルディングに着目したポイント 中小型不動産会社の賃貸等不動産の状況
注目高まる賃貸不動産資産、大手不動産会社の含み益は?
注目高まる賃貸不動産資産、大手不動産会社の含み益は?
不動産会社の賃貸用の物件保有に注目する理由 不動産会社の賃貸用物件の保有状況を確認するポイント 含み益の多い賃貸不動産を保有している企業は?
ストラテジックキャピタルの投資手法とは
ストラテジックキャピタルの投資手法とは
ストラテジックキャピタルの投資方針 京阪神ビルディングへのTOBは不成立 ESG投資にも注力 ストラテジックキャピタルの株主総会での提案
J-REITと不動産会社のマーケット評価の格差、不動産会社はどう動く?
J-REITと不動産会社のマーケット評価の格差、不動産会社はどう動く?
新興不動産系のJ-REITが増加傾向 なぜ同じ資産なのに、保有している企業によってマーケット評価が異なるのか? J-REITと不動産会社のマーケット評価の違い 新興不動産会社が開発事業を賃貸に切り替える背景
買収防衛策を廃止する企業が増加!その理由とは?
買収防衛策を廃止する企業が増加!その理由とは?
買収防衛策とは 買収防衛策を廃止する企業が増加 買収防衛策としての株式持ち合い 変わる株主総会 持ち合い株式はアクティビスト対策として、もはや有効でない?
好調のJ-REIT銘柄に比べ、冴えない不動産株の気になる動きとは?
好調のJ-REIT銘柄に比べ、冴えない不動産株の気になる動きとは?
好調なJ-REIT、9ヶ月連続で上昇 コロナ禍における不動産マーケットの変化 低金利が住宅売買に大きく影響 開発事業を賃貸に切り替える動きも
「この木なんの木、気になる木」に見る日立製作所の変化
「この木なんの木、気になる木」に見る日立製作所の変化
日立製作所が過去最高益を達成したワケ 「日立の樹」で流れた企業は今、どうなっている? 中西宏明氏の功績とアクティビズムが通ずる点
前へ 1 234567 次へ
マネックス証券 アクティビスト情報発信チーム
マネックス証券 アクティビスト情報発信チーム
マネックス証券の「マネックス・アクティビスト・フォーラム」の一環として、アクティビストファンド運用者、企業価値向上に取り組む有識者などが執筆を担当。
個人投資家と日本企業のコミュニケーションを改善し、企業の株主還元の見直しや個人投資家の企業理解を進め、日本株の評価を高めることを目的としています。個人投資家の株主権利や会社への理解を深め、適切な権利行使を促進していけるよう努めてまいります。

山下耕太郎
山下耕太郎
一橋大学経済学部卒業。証券会社でマーケットアナリスト・デリバティブディーラーを経て個人投資家に転身。現在は、日経225先物を中心に、現物株 、FX、CFDなど幅広い商品に投資しています。投資歴20年以上の豊富な経験で、初心者にもわかりやすい記事の執筆を心がけています。 保有資格:証券外務員1種