お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

アクティビストタイムズ の記事一覧

日本の株式市場に大きな影響を与えるアクティビストの動きを短くまとめて配信していきます。読者の方の投資の一助になれば幸いです。※不定期連載

アクティビストタイムズ
買収報道も出た、東芝を巡る動きが注目されるわけ
買収報道も出た、東芝を巡る動きが注目されるわけ
時価総額で見ると今の日本市場は過去最高 東証33業種で最も時価総額が高い業種は? 東芝とアクティビストの対峙が再燃
スクリーニングで探した銘柄を分析する方法
スクリーニングで探した銘柄を分析する方法
3月12日の記事以降、これまでに5回にわたってスクリーニング機能の活用法をご紹介してきました。第5回目の記事で以下のスクリーニング条件にて検索したところ、はごろもフーズ(2831)、ピック...
穏健派アクティビストの英シルチェスターはどのような企業に投資しているのか
穏健派アクティビストの英シルチェスターはどのような企業に投資しているのか
機動的な売買をするシルチェスター 地銀再編による株価上昇を期待 株主提案とアクティビストの行動
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(5)
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(5)
本コラムでは「注目の銘柄を探す『スクリーニング機能』の活用法」と題して、第1回目と第2回目では自分が投資したい条件に合った会社を探すためのスクリーニング機能をご紹介しました。その中...
「国内最強のアクティビスト」と呼ばれるエフィッシモ・キャピタル・マネジメントの投資手法とは?
「国内最強のアクティビスト」と呼ばれるエフィッシモ・キャピタル・マネジメントの投資手法とは?
エフィッシモとは クリーピング・テイクオーバーで川崎汽船を追い込んだエフィッシモ 東芝が臨時総会でエフィッシモの株主提案を可決
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(4)
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(4)
これまでの連載でスクリーニング機能の活用方法を確認してきました。3月19日付の記事では、「食料品」業種の時価総額の低い企業のPERとPERを一覧する方法について解説しています。PERとPBRを認...
日本市場に狙いを定める「アクティビスト」の存在とは
日本市場に狙いを定める「アクティビスト」の存在とは
アクティビストはイベント・ドリブン型のヘッジファンド アクティビストとプライベート・エクイティとの違い 2020年の株主総会ではアクティビストの提案が過去最高に なぜ海外のアクティビストは日本市場を狙うのか 現在のアクティビストは対話型の交渉が中心に
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(3)
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(3)
重要な項目を整理 PER・PBRから分かること
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(2)
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(2)
押さえておきたい項目で銘柄を絞り込む 時価総額について知っておきたい2つのポイント 「単推し」に近い企業を探すことが自分の投資アイデアを実現することに
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(1)
注目の銘柄を探す「スクリーニング機能」の活用法(1)
東証の市場改革で注目したい銘柄選び スクリーニング機能とは何か? スクリーニング機能の活用例
日本株に積極的に投資するダルトン・インベストメンツは日本市場をどう見ているのか
日本株に積極的に投資するダルトン・インベストメンツは日本市場をどう見ているのか
ダルトン・インベストメンツは日本株に積極的に投資 現在のアクティビストはエンゲージメント(対話)を重視 新生銀行に報酬1円で社外取締役の選任を要求 ダルトン・インベストメンツはコロナ禍においても積極的に日本株に投資 ダルトン・インベストメンツは日本市場をどう見ているのか
東証の市場改革で狙い目の銘柄は?【後編】
東証の市場改革で狙い目の銘柄は?【後編】
制度変更を投資に活かすには? 政策保有株式を多数保有している企業の探し方
東証の市場改革で狙い目の銘柄は?【前編】
東証の市場改革で狙い目の銘柄は?【前編】
「流通株式数」の定義の変更 なぜ固定株と流通株(浮動株)を分けるのか 変更によって新たな投資機会も?
マイクロソフト、オリンパス、任天堂などに投資するバリューアクトの投資手法とは?
マイクロソフト、オリンパス、任天堂などに投資するバリューアクトの投資手法とは?
マイクロソフトの経営改革に一役 オリンパスに取締役を送り込んだバリューアクト バリューアクトはJSR、任天堂にも投資 株価に影響を与えるバリューアクト
ソニーやインテルなど大企業に狙いを定めるサード・ポイントの投資手法とは?
ソニーやインテルなど大企業に狙いを定めるサード・ポイントの投資手法とは?
ソニーの株価にも大きな影響を与えたサード・ポイント アクティビストの手法の変化 アクティビストの変化の背景は?
東証の市場改革で株主優待が見直される?
東証の市場改革で株主優待が見直される?
東証の市場改革で何が変わる? プライム市場上場への形式基準から今後予想されること 注目したいポイント
アフターコロナで企業、アクティビストはどう動く?
アフターコロナで企業、アクティビストはどう動く?
アフターコロナを見据えた動き 働き方の変化は止まらない? 逆風の鉄道各社に求められる変化
コロナ禍から1年、勝ち組銘柄・負け組銘柄の逆転に見える変化の兆し
コロナ禍から1年、勝ち組銘柄・負け組銘柄の逆転に見える変化の兆し
コロナ禍の1年でマーケットはどう変化したのか 半年前の勝ち組銘柄・負け組銘柄はどうなった?
ソフトバンクG、ツイッターに投資する世界最大のアクティビストの投資手法とは?
ソフトバンクG、ツイッターに投資する世界最大のアクティビストの投資手法とは?
世界最大のアクティビストの投資手法とは 米国ではAT&Tやツイッターに投資 日本でも存在感を高めるエリオット・マネジメント ソフトバンクGにも出資 今後も日本企業への投資を増やすのか
アクティビストが発行株式37%を握った企業の決断
アクティビストが発行株式37%を握った企業の決断
アクティビストファンドの背後に見られる村上世彰氏の影響力 アクティビストが発行株式の37%を保有するフージャースHDの決断
前へ 1 2345 次へ
マネックス証券 アクティビスト情報発信チーム
マネックス証券 アクティビスト情報発信チーム
マネックス証券の「マネックス・アクティビスト・フォーラム」の一環として、アクティビストファンド運用者、企業価値向上に取り組む有識者などが執筆を担当。
個人投資家と日本企業のコミュニケーションを改善し、企業の株主還元の見直しや個人投資家の企業理解を進め、日本株の評価を高めることを目的としています。個人投資家の株主権利や会社への理解を深め、適切な権利行使を促進していけるよう努めてまいります。

山下耕太郎
山下耕太郎
一橋大学経済学部卒業。証券会社でマーケットアナリスト・デリバティブディーラーを経て個人投資家に転身。現在は、日経225先物を中心に、現物株 、FX、CFDなど幅広い商品に投資しています。投資歴20年以上の豊富な経験で、初心者にもわかりやすい記事の執筆を心がけています。 保有資格:証券外務員1種