モトリーフール米国株情報 【米国株動向】データセンターAIで大勝ちする可能性:ブロードコム[AVGO]
株価は5年で390%上昇 幅広いAI関連製品を網羅 ソフトウェア事業も 補完事業を買収・育成
相場一点喜怒哀楽 決算乱高下の日本株を横目に、米主要指数は高値に近づく
高い期待値から重い展開になった日本株 再び、米国の長期金利に注目 日米共に、半導体関連株が相場を変えるか?
東野 幸利
吉田恒の為替デイリー 【為替】米景気を巡る「正反対」な2つのシナリオ
5月に入ってから発表された米経済指標は、これまでのところ、予想より弱い結果が多い。米景気はいよいよ減速に向かい始めたのか。ただ一部には、それとは正反対に4~6月期GDPが4%超の高い数値になるとの予想も流れている。 米ドル/円の行方も左右しそうな、米景気を巡るほぼ正反対の2つのシナリオを検証する。
吉田 恒
米国株決算レポート 【決算結果】シェブロン[CVX]、アッヴィ[ABBV]、ウォルト・ディズニー[DIS]
シェブロン[CVX]決算:1株利益は2.93ドルで市場予想を上回る アッヴィ[ABBV]決算:1株利益は2.31ドルで市場予想を上回る ウォルト・ディズニー[DIS]決算:1株利益は1.21ドルで市場予想を上回る
マネックスみんなのつぶやき 遅れた新幹線と太陽フレア
先週末、高岡へ仕事で出向いた時のこと。新高岡から帰りの新幹線発車時刻が17:07。疲れてぼんやりしていたのですが、どうやら新...
市況概況 (朝)米国市場は小幅に高安まちまち ダウ平均は81ドル安 日本市場は小動きでのスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 39,431.51 ▼81.33 (5/13)NASDAQ: 16,388.24 △47.37 (5/13)1.概況米国市...
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 暗号資産市場は上値重いまま、 BTC(ビットコイン)は少しずつ価格回復
BTC(ビットコイン)、待ちの状態で 押し目買いの体制を整える時間帯 ETH(イーサリアム)は地合い悪し、44万円割れから41万円前後か?
加藤 宏幸
投資のヒント 東洋水産は決算発表を受けて上場来高値を更新
3月決算企業の本決算発表集計大型連休が明けたこともあり3月決算企業の本決算発表が一段と本格化しています。10日も取引時間中や...
金山 敏之
市況概況 (まとめ)日経平均は反落 一時260円近く下落するも下げ渋り49円安
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は反落となりました。17円安の38,211円で寄り付いた日経平均は10時20分前に259円安の37,969...
ゴールドマーケット解説 ニューヨーク金先物価格の方向感試す4月CPIの結果
先週の動き:週末に想定外の買い ニューヨーク金先物価格3週間ぶり高値 国内金価格はNY金上昇を映し終値ベースでの最高値接近 FRB高官発言 高金利長期維持を示唆も温度差 今週の見通し:NY金調整に一巡感、米CPI、小売売上高に注目 NY金2,348~2,408ドル、国内金価格1万1750~1万2000円を想定
米国株決算レポート 【決算結果】メタ・プラットフォームズ[META]、マイクロソフト[MSFT]、アマゾン・ドットコム[AMZN]など
メタ・プラットフォームズ[META]決算:1株利益は4.71ドルで市場予想を上回る マイクロソフト[MSFT]決算:1株利益は2.94ドルで市場予想を上回る アマゾン・ドットコム[AMZN]決算:1株利益は0.98ドルで市場予想を上回る マクドナルド[MCD]決算:1株利益は2.70ドルで市場予想を下回る アルファベット[GOOGL]決算:1株利益は1.89ドルで市場予想を上回る
陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円、豪ドル/円はともに頭の重い展開か
米ドル/円当局の為替介入が成功した公算が高く、切り返しの先行があっても頭の重い展開週間予想レンジ:153.00~156.50※4月29...
陳 満咲杜
マネックスみんなのつぶやき 夜に駆け巡る
一時滞在しているアメリカの友人に会いました。彼の周りではYOASOBIが流行っているそうで、外国から見える日本の印象などを聞き...
塚本 憲弘
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】5/13~5/17の米ドル/円を予想する
介入とみられる動きをきっかけに米ドル急落となった前週から一転、先週は「3回目の介入は出来ない?」との見方から155円台まで米ドル高・円安へ戻す展開となった。 先週の米ドル/円上昇は金利差からかい離が目立った。また米ドル買い・円売りも「行き過ぎ」懸念がある。 今週も3回目の介入をにらむ展開となりそうだが、米ドル買い・円売り「行き過ぎ」懸念もあり、徐々に目先的な米ドル高・円安の限界感が浮上する可能性もありそうだ。今週の米ドル/円は153~158円中心のレンジで予想。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「3回目の米ドル売り介入」はあるか?
日本の通貨当局は、これまで4月29日と5月1日の2回、米ドル売り・円買い介入を行った可能性が高いと見られている。こうした動きに対して、イエレン米財務長官からけん制ともとれるような発言があったが、では3回目の介入はあるのか? 前回、2022年の介入と比較しながら考えてみる。
吉田 恒
最新クリプト事情 米国で暗号資産規制の動きが再び、大統領選でも立場が分かれる
米国で証券取引委員会(以下、SEC)による暗号資産関連企業の取り締まりが再び強化されている。2024年4月にはSECが分散型取引所...
松嶋 真倫
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは3万7500円~3万8700円
注目材料は15日発表の米CPI ダウ平均の上昇に日本株がついていけていないのは企業業績の見通しの違い 佳境の国内決算発表に加え、22日のエヌビディアの決算にも注目
広木 隆
市況概況 (朝)米国市場は高安まちまち ダウ平均125ドル高 日本市場は小動きでのスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 39,512.84 △125.08 (5/10)NASDAQ: 16,340.87 ▼5.40 (5/10)1.概況先週末...
日本とアメリカの重要な経済指標を分かりやすく解説 【日本】2024年4月の景気ウォッチャー調査は現状・先行きの2指標ともに低下
【1】結果:現状・先行きともに低下 【2】内容・注目点:円安への懸念コメントが散見 【3】所感:現状の円安水準は、やはり懸念感が大きい
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米CPI次第で買い支えられる展開を予想、悪材料相次ぐ中で上値は重いか 
ビットコインは、米国の利下げ観測で一時は上昇するも、暗号資産関連企業の取り締まりなども懸念される中で上値の重い展開となった。 来週のビットコインは米CPI次第で買い支えられる展開を予想するも悪材料が相次ぐ中で上値は重いか。直近、上値としてBTC=1,014万円(65,000ドル)、下値としてBTC=858万円(55,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫