ECB利上げと米ドル高「終わりの始まり」
吉田恒の為替デイリー ECB利上げと米ドル高「終わりの始まり」
ECBは7月21日、事前の予想以上の0.5%利上げを決めた。約22年ぶりのユーロ/米ドル「パリティ割れ」といったユーロ安の阻止も一因だったのではないか。 一方で、米金利の上昇にも鈍化の兆しがあることからすると、このECB利上げが後から振り返って米ドル高全体の「終わりの始まり」となる可能性にも注目。
吉田 恒 吉田 恒
【米国株動向】eコマース市場への本格参入を図るYouTubeがショッピファイ(SHOP)と提携
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】eコマース市場への本格参入を図るYouTubeがショッピファイ(SHOP)と提携
主なポイント 株価が低迷しているグロース株2銘柄は買い時か? インフルエンサーとの連携強化 強大なアマゾンとの戦い アルファベットとショッピファイの株は買い時なのか?
NTTは3%近い増益で最高益更新へ
投資のヒント NTTは3%近い増益で最高益更新へ
5%未満の一桁増益ながら前期の最高益を更新する見通しの3月決算銘柄は4月下旬からスタートした3月決算銘柄の本決算発表も5月中...
金山 敏之 金山 敏之
(朝)米国市場はハイテク株を中心に買いが続き3日続伸 日本市場は米国株高で堅調なスタートか
市況概況 (朝)米国市場はハイテク株を中心に買いが続き3日続伸 日本市場は米国株高で堅調なスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 32,036.90 △162.06 (7/21)NASDAQ: 12,059.61 △161.96 (7/21)1.概況米国...
米国の個人消費、現状と先行きリスク
総合商社の眼、これから世界はこう動く 米国の個人消費、現状と先行きリスク
米国経済と個人消費 コロナ禍における個人消費の動向 個人消費の減速を招き得るリスク要因
日銀、金融政策維持:秋の動きに注目
金融テーマ解説 日銀、金融政策維持:秋の動きに注目
政策維持を発表。極めて堅固な緩和姿勢を改めて示す 政策委員のコアCPI予想は、マイナス金利導入後初の2%超え 日本の独立独歩が際立つが、現状は実質金利等勘案すれば妥当 想定以上のドル高円安の可能性も
大槻 奈那 大槻 奈那
(まとめ)日経平均は6日続伸 売りが先行するも後場に入り買いが優勢となり122円高
市況概況 (まとめ)日経平均は6日続伸 売りが先行するも後場に入り買いが優勢となり122円高
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は6日続伸となりました。52円安の27,627円で寄り付いた日経平均はまもなくしてプラスに転じ...
夏休み
松本大のつぶやき 夏休み
世間のちびっ子達に夏休みが来たようです。最近私は毎朝電話会議をしながらジョギングをしているのですが、昨日あたりからちびっ...
松本 大 松本 大
オールスター戦は出来るのかな?サンプラザ中野くんだー!
サンプラザ中野くんの株式ロックンロール オールスター戦は出来るのかな?サンプラザ中野くんだー!
新型コロナウイルスの感染者数がまた増えて来ている。プロ野球選手の多くもかかっていて、俺が応援する阪神タイガースは今のとこ...
【米国株動向】アルファベット(GOOGL)が株式分割を実施。個人投資家にとって一段と魅力的に
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】アルファベット(GOOGL)が株式分割を実施。個人投資家にとって一段と魅力的に
主なポイント アルファベットの1株当たりの株価が大幅低下 株式分割は何を意味し、何を意味しないのか 株式分割ではなく、企業を買う 株価は大幅な割安
続・円安終了後の円高「基本シナリオ」
吉田恒の為替デイリー 続・円安終了後の円高「基本シナリオ」
円安が進む中で外貨投資を始めた投資家からすると、円高への反動がどの程度のペースで、さらにどの程度の規模で起こるかは、常に気になるところだろう。 例えば、この円安が終わった後は、再び100円割れまで円高に戻る可能性もあるのか、それとももうそこまで円高にはならないのか。過去の円高トレンドを検証すると、140円から円高に向かった場合、基本的に110円程度まで円高に戻る意識は必要になりそうだ。
吉田 恒 吉田 恒
ダイキン工業は7%を超す増益で最高益更新へ
投資のヒント ダイキン工業は7%を超す増益で最高益更新へ
前期の最高益を5%以上の一桁増益で更新する見通しの3月決算銘柄は4月下旬からスタートした3月決算銘柄の本決算発表も5月中旬に...
金山 敏之 金山 敏之
(朝)米国市場はハイテク株を中心に企業業績を期待した買いが入り続伸 日本市場は軟調なスタートか
市況概況 (朝)米国市場はハイテク株を中心に企業業績を期待した買いが入り続伸 日本市場は軟調なスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 31,874.84 △47.79 (7/20)NASDAQ: 11,897.65 △184.50 (7/20)1.概況米国...
電力供給の取り組みから脱炭素へ、相場への影響とは
市場のテーマを再訪する。アナリストが読み解くテーマの本質 電力供給の取り組みから脱炭素へ、相場への影響とは
電力不足に警戒感 今冬、最大9基の原子力発電所を再稼働 脱炭素も考慮した抜本的な解決策とは カーボンリサイクルにも注目
(まとめ)日経平均は米国株高を受けて大幅に5日続伸 一日を通して上げ幅を広げ718円高
市況概況 (まとめ)日経平均は米国株高を受けて大幅に5日続伸 一日を通して上げ幅を広げ718円高
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は米国株高を受けて大幅に5日続伸となりました。334円高の27,295円でスタートした日経平均は...
専門家
松本大のつぶやき 専門家
半年ちょっと前に、或る禅画の掛け軸を古典籍の入札会で入手しました。古典籍の入札の仕組みは、このつぶやきで何度か書いてきま...
松本 大 松本 大
日経平均27,000円を突破できるかが、6月の窓を埋めるカギ
福永博之のいまさら聞けないテクニカル分析講座 日経平均27,000円を突破できるかが、6月の窓を埋めるカギ
もち合いを形成中だが、その種類と意味とは? 大きなレンジ内での値動きが継続中だが、窓を埋める可能性も
福永 博之 福永 博之
アクティビストによる地銀への株主提案が増加、その背景とは
アクティビストタイムズ アクティビストによる地銀への株主提案が増加、その背景とは
2022年6月の株主総会では株主提案が最多の77社 有力地銀への株主提案も増加傾向 地銀は株主還元策の強化を求められる 業績連動型の株主還元が増加