お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

マネックス人生100年デザイン の記事一覧

人生100年時代を最大限楽しむために必要な資産運用、資産活用に役立つ考え方などをさまざまなコンテンツを通じてお伝えしてまいります。

マネックス人生100年デザイン
認知症になる前に知っておくべき「成年後見制度」「家族信託」の問題点と事前対策
認知症になる前に知っておくべき「成年後見制度」「家族信託」の問題点と事前対策
成年後見制度の意外な落とし穴 家族信託のメリット・デメリット 元気なうちなら選択肢も広い「認知症の事前対策」
親や配偶者が突然、認知症に!家族間トラブルへの備え
親や配偶者が突然、認知症に!家族間トラブルへの備え
理不尽な遺産相続で家族が疎遠に 成年後見人は「家族の後見人」ではない 頭脳明晰な今のうちに対策を
家族と考える認知症と相続の対策(2)認知症への対処(信託制度)
家族と考える認知症と相続の対策(2)認知症への対処(信託制度)
信託制度の仕組みとは 家族信託を利用するメリットと留意点 相続への準備を見据えた「終活」とは 相続対策で考慮すべき5つのポイント
家族と考える認知症と相続の対策(1)
家族と考える認知症と相続の対策(1)
高齢者が抱える3つのリスク 認知症の発症は身近な問題 認知症に対処する制度 成年後見制度のメリットと留意点
シニア投資家が考えておきたい3つのリスク
シニア投資家が考えておきたい3つのリスク
今後投資を続けていく上で注意したいお金のリスク 65歳以上の5人に1人が認知症に罹患する可能性 認知症と診断された場合、金融機関の口座はどうなる? 「成年後見制度」を利用 認知症と診断された後では打つ手は限られる
親の介護と相続、未然に「争族」を防ぐ対策とは?
親の介護と相続、未然に「争族」を防ぐ対策とは?
「争族」の回避策 相続人全員で事前に話し合いを
民事信託とは?メリット・デメリットを解説します!
民事信託とは?メリット・デメリットを解説します!
民事信託とは? 民事信託のメリット 民事信託のデメリット 民事信託は柔軟な財産管理が可能 民事信託と他の制度との違い
遺贈と生前贈与のメリット・デメリット比較
遺贈と生前贈与のメリット・デメリット比較
遺贈とは? 生前贈与とは 遺贈と生前贈与の比較
定年退職前にやっておくべきこと
定年退職前にやっておくべきこと
受け取り方によって金額が変わる退職金 退職前後の大きな出費についての考え方 定年後も2年間は会社の健康保険を任意継続できる
リモートワーク普及で需要拡大!マイホーム購入時に活用したい住宅ローン減税制度
リモートワーク普及で需要拡大!マイホーム購入時に活用したい住宅ローン減税制度
シングルの住宅ローンを使ったマイホーム購入を後押し 医療費控除などより節税効果が大きい「税額控除」 来年度の税制改正で控除幅が縮小する可能性も
証券取引の確定申告について知っておこう!
証券取引の確定申告について知っておこう!
証券取引の確定申告が必要なケースと不要なケース 各種報告書の添付は不要 損失が生じたら「毎年」確定申告を
2024年から新NISA制度がスタート、最大限活用するには?
2024年から新NISA制度がスタート、最大限活用するには?
NISAのメリット 一般NISAが大きくモデルチェンジする NISAの非課税枠を最大限に活かすには?
年金受給者必見! 「配当」を受け取っていたら申告して節税しよう
年金受給者必見! 「配当」を受け取っていたら申告して節税しよう
総合課税にすると源泉徴収時より税率が低くなる可能性大! 「住民税は申告不要」なら国保の保険料に影響しない
定年退職後の年末調整「損しないために」知っておきたい4つのパターン
定年退職後の年末調整「損しないために」知っておきたい4つのパターン
年末以外の定年退職で年末調整をしたほうがいい理由 退職金の確定申告は原則的にしなくてOK。ただし例外もあるので要確認を 定年退職後の年金収入に対する確定申告は400万円が一つの目安 定年退職後に2ヶ所の会社で勤務した場合の確定申告は再就職先が行うもの
2020年の年末調整、注意すべき点とは?
2020年の年末調整、注意すべき点とは?
給与所得控除から基礎控除への振替 給与所得控除の改正 基礎控除の適正化 ひとり親控除の創設 年末調整手続きの電子化
iDeCoの商品選びで意識すべきことは?
iDeCoの商品選びで意識すべきことは?
自分のリスク許容度を知る 分散投資を考える 期待リターンの高いものを優先する コストの安い商品を選ぶ
わたしはiDeCoに加入できる?法改正で変わること
わたしはiDeCoに加入できる?法改正で変わること
国民年金加入者なのにiDeCoに加入できないパターンとは? iDeCo制度の改正で、より利用しやすく
シニアこそ注目したい高配当株投資! 配当を「上乗せ年金」として利用するためのヒント
シニアこそ注目したい高配当株投資! 配当を「上乗せ年金」として利用するためのヒント
超低金利時代に配当利回り6~7%の企業も インカムゲイン投資でも銘柄分散、時間分散が重要
相続手続きの進め方‐相続人の確定には意外と労力も
相続手続きの進め方‐相続人の確定には意外と労力も
相続人の調査・確定(戸籍の取得~法定相続情報一覧図の作成) 遺言書の有無の確認 銀行への死亡連絡と死亡日前後の払い出し
相続手続きって何からすればいいの?期限に要注意!
相続手続きって何からすればいいの?期限に要注意!
相続手続きの全体の流れ 知っておきたい期限
前へ 1 2345 次へ
「マネックス人生100年デザイン」編集部
「マネックス人生100年デザイン」編集部
人生100年時代を最大限楽しむために必要な資産運用、資産活用に役立つ考え方などをさまざまなコンテンツを通じてお伝えしてまいります。
大江 英樹
大江 英樹
経済コラムニスト、オフィス・リベルタス代表
大手証券会社で25年間にわたって個人の資産運用業務に従事。独立後は、「サラリーマンが退職後、幸せな生活を送れるよう支援する」という信念のもと、経済やおカネの知識を伝える活動を行う。CFP、日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『定年前 50歳から始める「定活」』(朝日新聞出版)、『知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生』(東洋経済新報社)などがある。
森田 聡子
森田 聡子
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。日経ホーム出版社、日経BP社にて日経おとなのOFF編集長、日経マネー副編集長、日経ビジネス副編集長、日経ビジョナリー経営研究所上席研究員などを歴任。2019年1月末に日経BP社を退社。
日本FP協会AFP認定者。
金野 和子
金野 和子
マネーライター
「日経マネー」で記者として13年働いた後、フリーのマネーライターとして独立。マネー雑誌や女性誌などで金融全般の記事を執筆。また、保険の新書、クレジットカードのムック本、WEBなど幅広い媒体で活動中。
高山 一恵
高山 一恵
ファイナンシャル・プランナー(CFP)/(株)Money&You取締役
2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Café ®』を運営。「日経ウーマンオンライン」「OTONA SALONE」「東洋経済オンライン」等のウェブ媒体での連載、「プレジデントウーマン」「日経ウーマン」「Oggi」「VERY」などの女性誌にも多数出演。主な著書に「やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「金融機関が教えたがらない年利20%の最強マネー術」(河出書房新社)、「一番わかる確定拠出年金の基本のき」(スタンダーズ)、「パートナーに左右されない自分軸足マネープラン」(日本法令)、「史上最強のFP2級AFPテキスト」「史上最強のFP3級テキスト」(ナツメ社)など、お金の分野での著書は数十冊に及ぶ。
後藤 順一郎
後藤 順一郎
アライアンス・バーンスタイン 運用戦略部マネジング・ディレクター/AB未来総研所長兼DC・NISA推進室長
マルチアセット戦略のプロダクト担当。AB未来総研にて顧客向けソリューション業務も兼務。現在、慶應義塾大学理工学部で非常勤講師も務める。
金澤 毅仁
金澤 毅仁
税理士
都内会計事務所を経て、平成 23年朝日税理士法人入社。 上場企業、中堅企業の法人税務業務に従事したのち、相続税、贈与税、譲渡所得税等の個人の税を扱う資産税専門チーム創設に伴い、その立ち上げ期から関わる。現在は資産税部門マネジャーとして相続税申告、遺言作成をはじめとする相続対策等多数の相続案件に関与している。
足立 武志
足立 武志
公認会計士・税理士
一橋大学商学部経営学科卒業。公認会計士、税理士、ファイナンシャル・プランナー(AFP)。足立公認会計士事務所代表、株式会社マーケットチェッカー取締役。
資産運用に精通した公認会計士として、執筆活動、セミナー講師等を通じ、個人投資家が資産運用で成功するために必要な知識や情報の提供に努めている。現在資産運用コラムを連載すると共に、株式会社マーケットチェッカー取締役として株式投資スクリーニングソフト「マーケットチェッカー2」の開発にも関わっている。
著書に『株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書』(ダイヤモンド社)など
野尻 哲史
野尻 哲史
フィンウェル研究所代表
定年後に継続雇用としてフィデリティ退職・投資教育研究所所長として活動しながら、2019年5月に合同会社フィンウェル研究所を立ち上げ、代表に。資産の取り崩し、地方都市移住、雇用継続などの退職後の生活に関する提言を行っている。行動経済学会、日本FP学会などの会員、日本アナリスト協会検定会員、2018年9月からは金融審議会市場ワーキング・グループ委員。著書に『老後の資産形成をゼッタイ始める!と思える本』(扶桑社)、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』『定年後のお金』(いずれも講談社+α新書)、『脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ』(日本経済新聞出版社)など多数。
山崎 俊輔
山崎 俊輔
ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー
1972年生まれ。フィナンシャル・ウィズダム代表。確定拠出年金を中心とした企業年金制度と投資教育が専門。2017年2月からは、厚生労働省の確定拠出年金の運用に関する専門委員会で委員を務め、DC法改正の議論にも参画している。ファイナンシャルプランナーとしては分かりやすく読みやすいお金のコラムが人気で、Yahoo!ニュース、日本経済新聞電子版、東洋経済オンライン、プレジデントオンラインなど、連載12本を
抱える人気FPのひとり。著書に『共働き夫婦 お金の教科書』(プレジデント社)、『スマホ1台で1000万円得する!マネーアプリ超活用術』(PHP出版社)
など。
永井 勝巳
永井 勝巳
相続コンサルタント
1975年 三井信託銀行入社 中央信託・住友信託との合併を経て 2016年 三井住友信託銀行 プライベートバンキング部 上級主席財務コンサルタントを最後に退職。
同年よりファイナンシャルプランナーとして相続を中心にコンサルタント活動開始。
成蹊大学、経済学部、非常勤講師「信託の理論と実際」
著書「財コン!円満相続への案内人!」(幻冬舎)他
司法書士法人リーガル・フェイス
司法書士法人リーガル・フェイス
1998年に個人事務所としてスタートし、2012年に法人化。現在は在籍司法書士数50名以上を誇り、全国5拠点(新宿・横浜・名古屋・大阪・福岡)でサービスを展開する司法書士法人です。近年は相続・生前対策業務にも力を入れ、年間300件近くの相続登記・生前対策(遺言、贈与等)の実績があります。また、行政書士、土地家屋調査士、測量士及び宅建免許を持つ株式会社が同じグループ内に所属しているため、相続登記だけでなく測量や分筆登記、換価のための売却手続きなどをワンストップで行うことが可能です。グループ内の関連士業及び各拠点との緊密な連携を強みに、全国のお客様のご要望に対して迅速・丁寧にお応えしています。