お金を学び、マーケットを知り、未来を描く
もしも…のための障害年金と遺族年金
そろそろ、年金を本気で考えてみたい もしも…のための障害年金と遺族年金
公的年金の役割:3つの所得減をカバーする 障害年金:障がいの程度や初診日の働き方で、金額や内容が異なる 遺族年金:遺族基礎年金は子どものため。遺族厚生年金は自身の老齢厚生年金が尊重される
中嶋 邦夫 中嶋 邦夫
業績悪化で広がる株主優待の見直し
アクティビストタイムズ 業績悪化で広がる株主優待の見直し
営業黒字のテーオーホールディングス、なぜ株主優待を中止? 業績悪化の目立つ企業における株主優待の見直し 個人投資家にとって今は注意が必要な時期
(まとめ)	日本市場は米国株安で下落 日経平均は朝方の売り一巡後に下げ渋り8円安
市況概況 (まとめ) 日本市場は米国株安で下落 日経平均は朝方の売り一巡後に下げ渋り8円安
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は小幅に続落となりました。日経平均は117円安の23,376円で寄り付くと取引開始から5分弱で26...
マザーズ市場の調整をどう考えるか?
相場一点喜怒哀楽 マザーズ市場の調整をどう考えるか?
今回は、6月23日付コラムにてテーマとして取り挙げた「マザーズ優位の持続性が試される」について、フォローのお話をさせていた...
東野 幸利 東野 幸利
米国株の下落は一時的か/今考えられる投資スタンスは12:42
ストックボイス 米国株の下落は一時的か/今考えられる投資スタンスは
・欧米でのコロナ感染再拡大-今後のマーケットへの影響は?・企業業績は4-6月期に比べて7-9月期は持ち直しており改善傾向にある...
広木 隆 広木 隆
81回目の決算発表
松本大のつぶやき 81回目の決算発表
今日、マネックスグループは、上半期の決算発表を行いました。マネックス証券が上場して以来、恐らく81回目の四半期決算発表にな...
松本 大 松本 大
テスラが5四半期連続黒字を達成。目指す新たなエネルギー社会とは
石原順の米国株トレンド5銘柄 テスラが5四半期連続黒字を達成。目指す新たなエネルギー社会とは
テスラが過去最高の四半期を達成 パーティーに参加するのは遅すぎるのか? 自動車メーカーの時価総額推移 次なるテスラの野望は事業の垂直統合?テスラが目指す新たなエネルギー社会 石原順の注目5銘柄
石原 順 石原 順
【米国株動向】米国大統領選挙の年に要注目の4銘柄
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】米国大統領選挙の年に要注目の4銘柄
モトリーフール米国本社、2020年10月12日投稿記事より選挙の年は投資家にとって常に厄介な年ですが、当レポートでは今年の大統領...
10月の配当利回りランキング
投資のヒント 10月の配当利回りランキング
株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当や株主優待といった魅力もあります。そこで今回...
金山 敏之 金山 敏之
「米大統領選挙相場」のFX投資戦略
吉田恒の為替デイリー 「米大統領選挙相場」のFX投資戦略
これまでの米大統領選挙相場は、選挙前後から一方向への大相場になることが多かった。そのような相場の場合は、相場観に固執せず、事後的でも流れに乗る、「トレンド・フォロー」戦略が有効だっただろう。 今回の大統領選挙では、開票後もしばらく勝敗が決まらない可能性もありそうだ。その場合株・為替がどう動くか。株価などマーケットの動きが、選挙の決着を催促する可能性もあるだろう。
吉田 恒 吉田 恒
(朝)	米国市場は新型コロナウイルスの感染拡大が過去最多を更新したことで大幅下落 日本市場は米国株安で下落か
市況概況 (朝) 米国市場は新型コロナウイルスの感染拡大が過去最多を更新したことで大幅下落 日本市場は米国株安で下落か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 27,685.38 ▼650.19 (10/26)NASDAQ: 11,358.94 ▼189.35 (10/26)1.概況米...
ゴールドはレンジ相場、米大統領選に備える動き
江守哲のゴールドウィークリーレポート ゴールドはレンジ相場、米大統領選に備える動き
先週のゴールド:小幅続伸の展開 今週のゴールド:底固めから上昇の動きを想定 プラチナ:反発の展開 シルバー:反発の展開
江守 哲 江守 哲
痩せようとすると太る
松本大のつぶやき 痩せようとすると太る
明日は当社グループの上半期決算発表なので、今日は(ま、いつもですが)大忙しにしております。そんな中で、ちょっと一息で緩め...
松本 大 松本 大
(まとめ)日本市場は新たな材料に乏しく様子見 日経平均は22円安
市況概況 (まとめ)日本市場は新たな材料に乏しく様子見 日経平均は22円安
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は小幅に反落となりました。日経平均は4円高の23,520円とほぼ横ばいで寄り付くとまもなくし...
米ドル/円はレンジ下限を再確認、一旦「底割れ」か。豪ドル/円は「戻り売り」のスタンスで
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円はレンジ下限を再確認、一旦「底割れ」か。豪ドル/円は「戻り売り」のスタンスで
米ドル/円  日足週間予想レンジ:103.50~105.50メインストラテジー:戻り売り・レンジ下限を再確認、一旦「底割れ」か・正常...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
7社がソフトバンクグループの目標株価を引き上げ
投資のヒント 7社がソフトバンクグループの目標株価を引き上げ
5社以上が目標株価を引き上げた銘柄は7月下旬からスタートした3月決算銘柄の第1四半期決算発表も8月中旬にほぼ終わりとなりまし...
金山 敏之 金山 敏之
大統領選挙前に投資家がおかす4つの大きな間違い
モトリーフール米国株情報 大統領選挙前に投資家がおかす4つの大きな間違い
モトリーフール米国本社、2020年10月11日投稿記事より政治動向に基づいて投資決定を下すことは避けるべきです。選挙シーズン中に...
先週の米ドル/円「105円割れ」の意味は?
吉田恒の為替ウイークリー 先週の米ドル/円「105円割れ」の意味は?
先週の米ドル/円は105円割れ。この一因は、このところ「小動き過ぎた」ことの反動か。 もう一つ注目されるのは米大統領選挙年の米ドル/円が小動きから大相場へ「豹変」してきた「アノマリー」。 単なる小動きの反動に伴う一時的な米ドル/円急落か、それとも「アノマリー」通りの米ドル一段安大相場の始まりか。見極めの一つの目安は104円割れの有無。
吉田 恒 吉田 恒
豪ドル/円の「米大統領選挙アノマリー」
吉田恒の為替デイリー 豪ドル/円の「米大統領選挙アノマリー」
「コロナ・ショック」で乱高下した豪ドル/円だが、このところ方向感の乏しい小動きとなっている。米ドル/円の小動きの影響が大きいかもしれない。 その米ドル/円は、米大統領選挙年には小動きから大相場へ「豹変」を繰り返してきた。 そのプライス・パターンを豪ドル/円に当てはめると、74円割れが分岐点の可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
日本人の本質とデジタル化
新潮流 日本人の本質とデジタル化
◆三島由紀夫が市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地で自決して今年で50年。日経新聞は先週4回にわたって「三島由紀夫 50年目の遺言」とい...
広木 隆 広木 隆
前へ 1 2345678910 ... 次へ