お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

コロナウイルス の記事一覧

コロナウイルス
新型肺炎の影響で下落トレンドが進むと発生する窓は?
福永博之のいまさら聞けないテクニカル分析講座 新型肺炎の影響で下落トレンドが進むと発生する窓は?
先週末の反発では窓を5つ埋めたが 3連休明けの下落で大きな窓があいたままに 200日移動平均線上を下回り、ランナウェイギャップが発生すると…
福永 博之 福永 博之
緊急レポート この急落は買い場か否か?
ストラテジーレポート 緊急レポート この急落は買い場か否か?
「上げ100日、下げ3日」とは、株価の推移の非対称性をうまく捉えた格言だ。上げる時はじりじりと上げていくが、下げる時はズドン...
広木 隆 広木 隆
(朝)米国市場は新型肺炎の感染拡大への懸念から連日で急落 日本市場は本日も下値模索の展開か
市況概況 (朝)米国市場は新型肺炎の感染拡大への懸念から連日で急落 日本市場は本日も下値模索の展開か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 27081.36 ▼879.44 (2/25)NASDAQ: 8965.61 ▼255.67 (2/25)1.概況米国市...
新型コロナウイルスによる米国市場への影響は?1:43:50
米国株月次オンラインセミナー 新型コロナウイルスによる米国市場への影響は?
新型コロナウイルスと米国株市場 2020年末の予想 決算発表の結果 質疑応答
広瀬 隆雄 広瀬 隆雄
新型肺炎拡大懸念による株価急落 ‐ 今後の見通しは12:44
ストックボイス 新型肺炎拡大懸念による株価急落 ‐ 今後の見通しは
・イタリアを始めとするヨーロッパ株の急落は新型肺炎リスクに対する遅れてきた過剰反応 ・中国での感染者数の拡大ペースは鈍化...
広木 隆 広木 隆
ゴールドは「歴史的な上昇局面」に
江守哲のゴールドウィークリーレポート ゴールドは「歴史的な上昇局面」に
先週のゴールド:大幅続伸の展開 今週のゴールド:高値更新の動きが継続 プラチナ:小幅上昇の展開 シルバー:大幅続伸の展開
江守 哲 江守 哲
(まとめ)世界的な新型肺炎の感染拡大が懸念され日経平均は781円安と大幅に続落して約4か月ぶり安値 一時1,000円超下落する場面も
市況概況 (まとめ)世界的な新型肺炎の感染拡大が懸念され日経平均は781円安と大幅に続落して約4か月ぶり安値 一時1,000円超下落する場面も
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は781円安の2万2605円と大幅に続落しました。TOPIXやJPX日経400、東証2部指数、マザーズ指数...
米株市場急落でも10年先の米国企業の見通しは変わらない
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米株市場急落でも10年先の米国企業の見通しは変わらない
パニック的な売りは、わからないことへの恐れの表れ 大切なのは冷静かつ大局的な視点を失わないこと 最大の投資家である企業による自社株買い ファンダメンタルズを見ている企業アナリストたちの援護射撃 減税2.0の発表とリスク
米ドル/円長期三角保ち合い上放れの可能性
吉田恒の為替ウイークリー 米ドル/円長期三角保ち合い上放れの可能性
米ドル/円は先週の一段高で長期三角保ち合い上放れの可能性出てきた。保ち合い上放れなら、経験的にはもう110円も下回らず125円に向かい一段高となる可能性あり 米ドル/円と米国株の高い相関関係が変わらないなら、米ドル高は株高が手掛かり
吉田 恒 吉田 恒
新型肺炎の米経済・金利・株への影響再検証
吉田恒の為替デイリー 新型肺炎の米経済・金利・株への影響再検証
米株安はさらに拡大するか 今後の米10年債利回りは? 「恐怖指数」VIX指数からわかること
吉田 恒 吉田 恒
コロナ猛威は欧州に。カギは金融政策
アナリスト夜話 コロナ猛威は欧州に。カギは金融政策
新型コロナウィルスの影響が、韓国や欧州で拡大し、昨晩、欧米では、株・債券の同時安となりました。気になるのは、影響が韓国や...
大槻 奈那 大槻 奈那
NYダウ急落、日本株への影響は?
今週のマーケット展望 NYダウ急落、日本株への影響は?
NYダウ急落、週明けの大幅安は避けられないが、その後どこまで戻せるか  中国PMI発表を前にした警戒売りも
広木 隆 広木 隆
(朝)米国市場は新型肺炎の感染拡大を懸念した売りで急落 ダウ平均の下げ幅は過去3番目の大きさ 日本市場は下値模索の展開か
市況概況 (朝)米国市場は新型肺炎の感染拡大を懸念した売りで急落 ダウ平均の下げ幅は過去3番目の大きさ 日本市場は下値模索の展開か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 27960.80 ▼1,031.61 (2/24)NASDAQ: 9221.28 ▼355.31 (2/24)1.概況先週...
中国の緊急金融支援策はどこまで有効か
金融テーマ解説 中国の緊急金融支援策はどこまで有効か
桁違いの中国の新型肺炎金融対策 中国の金融機関の健全性:大規模金融機関はまず大丈夫でも… 世界的な波及はあるか? 今後の焦点:短期的な指標よりも中長期を見据えた投資戦略を
大槻 奈那 大槻 奈那
(まとめ)日経平均は92円安と3日ぶりに反落 ドル円が一時112円台をつけるも新型肺炎への警戒感が根強い
市況概況 (まとめ)日経平均は92円安と3日ぶりに反落 ドル円が一時112円台をつけるも新型肺炎への警戒感が根強い
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は92円安の2万3386円と3日ぶりに反落しました、TOPIXやJPX日経400、東証2部指数なども下落...
足元の円安は「日本売り」なのか?
ストラテジーレポート 足元の円安は「日本売り」なのか?
昨日のMarketTalkである参加者から、足元の円安は「日本売り」なのかと質問を受けた。どこからそんな発想が出てくるのだろうと思...
広木 隆 広木 隆
(朝)米国市場は新型肺炎の感染拡大を懸念した売りで反落 日本市場は円安で買い優勢でのスタートか
市況概況 (朝)米国市場は新型肺炎の感染拡大を懸念した売りで反落 日本市場は円安で買い優勢でのスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 29219.98 ▼128.05 (2/20)NASDAQ: 9750.97 ▼66.22 (2/20)1.概況米国市場...
円急落の理由と「今後の行方」
吉田恒の為替デイリー 円急落の理由と「今後の行方」
2月19日の円急落は、2015年以降、そして年明け以降といった2つの時間軸における米ドル/円値幅狭小化プライス・パターンが崩れたことが主因ではないか 長期三角保ち合い上放れなら、120円超への米ドル高・円安の始まりの可能性も注目
吉田 恒 吉田 恒
新興国債務「第4の波」はどんな波?
世界に貢献する投資 新興国のポテンシャルを見る 新興国債務「第4の波」はどんな波?
先週2月14日金曜日、IMF(国際通貨基金)の専務理事が、新型肺炎の影響から世界各国の中央銀行と政府が連携する必要性について言...