FX の記事一覧

陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円はトップアウトの構造が鮮明に、豪ドル/円はじわじわと大台へトライ
米ドル/円週間予想レンジ:147.00~150.00メインストラテジー:戻り売り・トップアウトを確認・下値支持は残存・次の材料待ち【...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】11/27~12/1の米ドル/円を予想する
先週米ドル/円は一時147円台まで急落。感謝祭休暇を前に、大量に米ドル買い・円売りに傾斜したポジション手仕舞いが広がったことが主因との見方。 米ドル買い・円売りポジションへの傾斜は続いていると見られることから、年末にかけて新たな米ドル買い・円売りの動きは限られ、きっかけ次第では米ドル売り・円買いが広がるリスクあり。 今週の米ドル/円は147~151円中心で想定。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】実質実効レートで考える円反発の可能性
円の総合力を示す実質実効レートは、10月まで3ヶ月連続で5年MAを2割以上下回った。これは、5年MAとの関係で見ると、2014年10月の「黒田バズーカ2」を受けた「異例の円安」に次ぐ円安長期化だ。 逆に言えば、円反発が近づいている可能性とも言えるのではないか。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】金利差で考える米ドル/円の行方
今週に入り、米ドル/円は一時147円割れ近くまで急落した。これは大きく米ドル買い・円売りに傾斜したポジションの調整が感謝祭休暇前に入った影響が大きかったとの見方が多かった。 もう一つの要因は、金利差から見て行き過ぎた米ドル高・円安の修正が入ったことだったのではないか。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】続・やはり1年前に似ている米ドル/円
10月までの一本調子の米ドル/円上昇が、11月に入ってから下落に転じたのは1年前と同じだった。1年前はすぐに米ドル急落に向かったが、今回はどうか? 11月以降米ドル安に転じた理由と、それが急落に向かうリスクについて考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】ユーロ高・米ドル安が復活した理由
一時1.04米ドル台まで下落したユーロ/米ドルだったが、最近にかけて1.1米ドル近くまで反発してきた。ユーロ高・米ドル安が「復活」した理由と、今後の見通しについて考えてみる。
吉田 恒
陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円は頭の重い構造が一段と鮮明に、豪ドル/円は上値志向が強く、大台照準も
米ドル/円週間予想レンジ:148.00~150.00メインストラテジー:レンジ取引・トップアウトの公算が大きい・日米金利差は縮小・下...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】11/20~11/24の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は、2022年以降の米ドル高値更新目前のところから、11月17日(金)には149円割れ近くまで急反落となった。 この主因は米長期金利、10年債利回りなどの低下が続いていることか。 米金利に主に注目しながら、当面は米ドル上値が限られ、下落拡大のリスクに要注意。今週の米ドル/円予想レンジは148~151円中心を予想。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】続・米ドル買いポジション調整の影響
一部のデータによると、投機的な米ドル買い・円売りが急増している模様。円売り運用、「円キャリー」の全盛期に近いとの見方もある。 一方で、円売りの前提と見られる「強すぎる米景気」と、それを受けた米金利上昇にも変化の兆し。大量の米ドル買い・円売りポジション調整が、米ドル安・円高をもたらす可能性にも注目。
吉田 恒
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 【為替】円キャリー取引と原油安に注目
米ドル/円相場は上昇。リスク選考が強い相場展開へ 原油価格は下落傾向へ。米ドル需要は減少するのか
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル買いポジション調整の影響を考える
米ドル/円の上昇相場が続く中、投機筋は米ドル買い・円売りポジションに大きく傾斜している可能性が高そうだ 1年前は、そんなポジションの年末にかけての損益確定が米ドル安・円高を加速させた一因と見られたが、今回はどうか?
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル/円「CPIミニショック」の背景
11月14日発表された米10月CPI(消費者物価指数)が予想より弱い結果となると、米金利が大きく低下、そして米ドル/円も151円台後半から150円割れ近くまで急落した。 2022年も、同じように米10月CPI発表をきっかけに146円から140円まで米ドルが急落する「CPIショック」が起こったが、それに例えるなら今回は「CPIミニショック」ということになるのか。この背景と今後の影響について考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】ユーロ/円の上昇はまだ続くのか?
ユーロ/円の上昇が止まらず、年初来のユーロ高値の更新が続き、160円の大台も大幅に上回ってきた。 移動平均かい離率などで見ると、ユーロ高・円安はすでに限界に達している可能性がある。また金利差からのかい離なども気になる。そこで今回は、このユーロ/円の上昇がまだ続くものになるかを考えて見る。
吉田 恒
13:07
ストックボイス 【為替】円安が終わる理由とは?
・2022年秋のCPIショックでは151円から127円まで20円ほど戻った。しかし、今年は昨年と位置づけが違うのでCPIはそれほどのボラテ...
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】為替の主テーマは「インフレ→景気」の可能性
CPIなど米インフレ指標の発表を受け、米ドル/円は一方向へ3円以上と大きく動くケースが続いたが、それに比べると徐々に反応は限られるようになってきた。 11月初めの米10月雇用統計発表を受けて米ドル/円が1円以上急落したように、米ドル/円はインフレ指標より景気指標への反応が大きくなってきた可能性がある。
吉田 恒
陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円はアノマリー要素に注意、豪ドル/円は速度調整後に再上昇
米ドル/円週間予想レンジ:149.50~152.00メインストラテジー:レンジ取引・日銀介入のリスク・アノマリー要素を重視・下値支持...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】11/13~11/17の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は5営業日続伸で151円台後半まで上昇。 151円台後半はテクニカルな重要分岐点。米ドル高・円安がここで止まるか一段と広がるかは、米景気減速を受けた米金利低下、そして円安阻止介入の有無などが鍵となる。 今週の米ドル/円は147~153円中心で米ドル高値波乱含みの展開を予想。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル/円「介入相場」のシナリオ
米ドル高・円安が150円を大きく超える中でも、これまでのところ日本の通貨当局による円安阻止介入は行われていないようだ。 日本の円安阻止介入は、2022年には145~151円で3回行われた。それから1年経過したところで、円安阻止介入をやらないorやれないとなったということはあるかと言えば、その可能性は低いのではないか。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル/円「CPIショック」の振り返り
1年前、2022年11月10日は「CPIショック」が起こった日だ。この日を境に、米ドル高・円安トレンドが転換したとの見方が一気に広がるところとなった。 改めて1年前の「CPIショック」について振り返ってみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】なぜ外貨買い・円売りはこれほど根強いのか?
根強い外貨買い・円売りが続いている。今週は米金利が低下する局面でも米ドル/円の下落は限られ、金利差からかい離する形で米ドル/円が上昇する場面もあった。 根強い外貨買い・円売りの背景と、今後の見通しについて考えてみる。
吉田 恒