お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

FX の記事一覧

FXの「5月アノマリー」
吉田恒の為替デイリー FXの「5月アノマリー」
5月の「アノマリー」の代表例として知られるのは「セル・イン・メイ」。また為替市場では、米国債の四半期ごとの大量償還の影響も、「アノマリー」的な扱いとして知られている 株高、米ドル高傾向が続いているが、上述の株売り、米ドル売りの影響も注目。
吉田 恒 吉田 恒
ドル高基調へ復帰
陳満咲杜流 FXプライスアクション ドル高基調へ復帰
米ドル/円日足週間予想レンジ:106.50~109.50メインストラテジー:押し目買い・米ドル全体との連動性を維持、調整完了で上昇へ...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
当面、注目しておきたいのは豪ドル/円の値動き
田嶋智太郎の外国為替攻略法 当面、注目しておきたいのは豪ドル/円の値動き
経済活動再開で強まるリスク選好の動き 経済指標や景気データは材料視されにくい状況 豪ドル/円は強気の展開
「NFP2000万人減でも株高・円安」は続くのか?
吉田恒の為替ウイークリー 「NFP2000万人減でも株高・円安」は続くのか?
8日発表の米雇用統計で、NFPは約2000万人減少、失業率は14.7%となったものの、米国株高で為替も米ドル高・円安に。一時的失業の割合高く、恒久的失業は限られる、要するに経済活動再開後の雇用回復への期待を受けた反応か。 ただここまでの株価反発は、「下がり過ぎ」の反動が基本。過去の似たケースを参考にすると、底を打ったかはなお微妙。為替の方向性は、株反発が一時的か否かが目安になる。
吉田 恒 吉田 恒
メキシコペソを下支える2つの要因
吉田恒の為替デイリー メキシコペソを下支える2つの要因
メキシコペソ/円は一時リーマン・ショックに次ぐ「下がり過ぎ」に。徐々に修正されてきたものの、なお下落余地は限られそう。 産油国通貨、メキシコペソにとって、空前の「下がり過ぎ」の反動に伴う原油上昇はプラス要因として働きそう。
吉田 恒 吉田 恒
対円と対米ドル、「2つの顔」の豪ドル
吉田恒の為替デイリー 対円と対米ドル、「2つの顔」の豪ドル
・豪ドルは、過去一ヶ月余り大きく反発した。ただ、購買力平価との関係で見ると、対米ドルではなお「下がり過ぎ」圏、対円では「...
吉田 恒 吉田 恒
英国2020年GDPは縮小の見通し、EU離脱後に向けた協議次第でさらなる経済悪化の懸念
Kettyが解説 英ポンド概況 英国2020年GDPは縮小の見通し、EU離脱後に向けた協議次第でさらなる経済悪化の懸念
英ポンド/円 (127.50〜135.80)5月7日〜5月13日までアナリシス:皆さん、こんにちは!今週もよろしくお願いします!さて、コロ...
Ketty Ketty
新興国通貨下落は止まらないのか?
吉田恒の為替デイリー 新興国通貨下落は止まらないのか?
足元のメキシコペソ/円は、購買力平価との関係でみると、2001年以降で最大の「下がり過ぎ」となっている可能性がある。 トルコリラも「大暴落」の後は、下がり過ぎ拡大も限定的にとどまる可能性が高かったが、コロナ問題でそんな経験を上回る下落になるのかが試されている。
吉田 恒 吉田 恒
【GW特集】入門者必見 投資のプロのアドバイス:為替の見方、考え方
田嶋智太郎の外国為替攻略法 【GW特集】入門者必見 投資のプロのアドバイス:為替の見方、考え方
FX取引では今から将来に向かっての通貨の強さを見ること 初心者には情報が豊富な米ドル/円がおすすめ レバレッジは1~3倍程度ではじめる 自分の理解の範囲で投資する 一度に手持ちの資金をまとめてつぎ込まない
「異常な原油安」の修正と為替への影響
吉田恒の為替デイリー 「異常な原油安」の修正と為替への影響
WTIは短期的にも長期的にも、「異常」といえるほどに記録的な「下がり過ぎ」。その反動でさらに上昇する可能性もある。 「下がり過ぎ」の反動に伴う原油価格の上昇は、資源国通貨やユーロにプラス要因か。
吉田 恒 吉田 恒
NYダウは回復基調、欧州でも封鎖措置の段階的な緩和を発表
Kettyが解説 英ポンド概況 NYダウは回復基調、欧州でも封鎖措置の段階的な緩和を発表
英ポンド/米ドル (1.2015〜1.2750)4月30日〜5月6日までアナリシス:皆さま、こんにちは!2週間前の英ポンド/米ドルのレポー...
Ketty Ketty
重大岐路に近付いてきた豪ドル
吉田恒の為替デイリー 重大岐路に近付いてきた豪ドル
豪ドル/米ドルの反発が続き、足元0.67ドル程度の52週MAに近付いてきた。経験的には、一時的反発なら52週MA前後までがせいぜい。逆に52週MAを大きく超えるなら、すでに底を打って、上昇トレンドが展開している可能性が高まる。重大岐路を迎えた可能性。
吉田 恒 吉田 恒
アフターコロナ相場を見据えた投資テーマは12:11
ストックボイス アフターコロナ相場を見据えた投資テーマは
・ハードウェアへの投資からソフトウェアへの投資へ・旅行、エンターテインメントなど抑制されていたリアルなものの需要がV字回...
広木 隆 広木 隆
各均衡表を整理――5月1日、5月6日に注目
細田哲生のテクニカルトレード分析 各均衡表を整理――5月1日、5月6日に注目
今週(2020年4月30日)で4月の月足が確定するため、まずは各均衡表の整理から始めます。以下の米ドル/円月足均衡表をご覧くださ...
細田 哲生 細田 哲生
長期三角保ち合いブレークに再注目
吉田恒の為替デイリー 長期三角保ち合いブレークに再注目
米ドル/円は2015年以降長期三角保ち合いが続いてきた。今年に入り、それをブレークした動きは「ダマシ」となった。 それが「コロナ・ショック」関連の特殊需給の影響なら、「コロナ・ショック」が落ち着く気配となる中で、改めて三角持ち合い、106~109.5円ブレークで大相場が始まる可能性に注目。
吉田 恒 吉田 恒
少し長い目で最も強みを発揮する通貨は?
田嶋智太郎の外国為替攻略法 少し長い目で最も強みを発揮する通貨は?
市場は原油価格急落による不穏なムードから落ち着きを取り戻す VIX指数は40前後の水準まで低下 経済再開ガイドライン公表の米国が一歩リードか
米ドル/円はブレイクのきっかけ待ち、豪ドル/円は切り返しの基調を示唆
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円はブレイクのきっかけ待ち、豪ドル/円は切り返しの基調を示唆
米ドル/円日足週間予想レンジ:107.00~109.00メインストラテジー:押し目買い・ドル全体との連動性を維持しながらも値動き限定...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
「金融政策ウィーク」後に株・為替は再始動?!
吉田恒の為替ウイークリー 「金融政策ウィーク」後に株・為替は再始動?!
米ドル/円も株も先週は小動きに終始。これは、今週の日米欧の金融政策ウィークを控えていたこと、そしてより大きな流れでは「下がり過ぎ」、「動き過ぎ」反動が続いたためか。 経験的には、「下がり過ぎ」反動は終盤の可能性。金融政策ウィークを経て、株価の同意が再燃するか。為替の動意再燃はそれが手掛かりか。
吉田 恒 吉田 恒
「異常な原油安」に為替が連動しなかった理由
吉田恒の為替デイリー 「異常な原油安」に為替が連動しなかった理由
先週、WTIが一時マイナスになるなど、前代未聞の原油相場暴落。これを受けて、90日MAからのかい離率はマイナス120%超に拡大、異常な「下がり過ぎ」に。 この原油暴落に、為替相場は連動せず。原油の特殊事情による「異常な原油安」との判断からか。「異常な原油安」修正で予想以上の原油反発なら、資源国通貨、ユーロの反応注目。
吉田 恒 吉田 恒