お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

米ドル の記事一覧

米ドル/円は円売り加速、豪ドル/円は反落基調
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は円売り加速、豪ドル/円は反落基調
米ドル/円 週間予想レンジ:105.50~108.00メインストラテジー:押し目買い・米ドル高の流れが強まる・受動的な円売り加速・米...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
極端な米国債利回りの上昇は続かない
田嶋智太郎の外国為替攻略法 極端な米国債利回りの上昇は続かない
米国債利回り上昇の背景 米ドル/円は底堅い推移を継続
米金利上昇と米ドル相場
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 米金利上昇と米ドル相場
ボトムをつけた米長期金利 日本の政策金利 菅政権の為替政策 ワクチン相場としての円安
米ドル/円は押し目買いを維持、豪ドル/円は高値追いの展開
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は押し目買いを維持、豪ドル/円は高値追いの展開
米ドル/円 週間予想レンジ:105.00~107.00メインストラテジー:押し目買い・モメンタム強まる・段階的な切り返し・米ドル全体...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
「米ドル高」一服の背景と今後のシナリオ
吉田恒の為替ウイークリー 「米ドル高」一服の背景と今後のシナリオ
先週の米ドル/円は一時106円を上回ったものの、その後は米金利上昇が続く中、上値重い展開となった。これは、金利上昇が悪材料となり、米国株の上値も重くなったことが一因か。 対豪ドルなどでは米ドル安値更新となり、これも対円での米ドル高にとって足かせとなった可能性。豪ドル高・米ドル安の背景には、コモディティー相場上昇の影響がありそうだが、コモディティー相場も短期的な「上がり過ぎ」懸念が強くなっている。
吉田 恒 吉田 恒
為替と株式と金利の関係
廣澤知子のやさしいマネー講座 為替と株式と金利の関係
為替、株式、金利の各市場は密接な関係がある 景気循環と各市場の関係における基本 現在の株価上昇の理由は? 米ドル安の背景
廣澤 知子 廣澤 知子
為替の株離れ、金利への回帰の意味
吉田恒の為替デイリー 為替の株離れ、金利への回帰の意味
コロナ後の為替は、米ドル安・株高といった具合に、株価との相関関係が続いてきた。しかし、最近ではそれが変わり、為替と金利差との相関性が強くなってきた。 「為替は金利で決まる」という基本に戻ったのであれば、米ドルの場合、米金利の短期的な「上がり過ぎ」をこなしながら一段と上昇する見通しのもとでは、米ドル高の可能性が高いか。
吉田 恒 吉田 恒
米国債利回り一段高で米ドルは基本的に底堅い
田嶋智太郎の外国為替攻略法 米国債利回り一段高で米ドルは基本的に底堅い
ワクチン接種率が株価に影響 米国債利回りは上昇 米ドル/円は底堅い展開 ユーロの動向はワクチン接種拡大懸念の影響があるか
米ドル高の理由と今後の行方
吉田恒の為替ウイークリー 米ドル高の理由と今後の行方
米ドル/円は先週にかけて一段高となった。半年以上超えられなかった90日MAを上回ったといったテクニカルな事情が大きかったのではないか。 長く続いた小動きを上放れしたことで、目先的に米ドル高の余地を探る動きが続く可能性が高そう。株高から株安へ転換、それが本格化するまでは、米ドル高が続きそうだ。
吉田 恒 吉田 恒
暗号資産暴落の類似が示す「未来チャート」
吉田恒の為替デイリー 暗号資産暴落の類似が示す「未来チャート」
「止まらない上昇」から一転暴落となった先週の株式相場だったが、それに先行したのはビットコイン(BTC)など暗号資産だった。 その暗号資産、過去の暴落にはプライスパターンに一定の類似性があった。それを参考にすると、4月にかけて続落するリスクあり。株、為替への影響も注目される。
吉田 恒 吉田 恒
当面は各国・地域間のワクチン接種の拡大スピード差がモノを言う
田嶋智太郎の外国為替攻略法 当面は各国・地域間のワクチン接種の拡大スピード差がモノを言う
「2月警戒論」が現実のものとなるか 景気回復の行方を左右する新型コロナワクチン接種の拡大スピード
2月の為替を予想する
吉田恒の為替ウイークリー 2月の為替を予想する
米ドル/円は先週、過去半年以上も続いた90日MAを上放れ。テクニカルには、米ドル高・円安トライが続く可能性が高まった。 ただ気になるのは株価の動向。経験的に株安が本格化すると米ドル/円は下落する可能性が高い。3年前の「暗号資産暴落→株安本格化」ケースとの類似も注目。
吉田 恒 吉田 恒
豪ドル高一段落後のシナリオとは?
吉田恒の為替デイリー 豪ドル高一段落後のシナリオとは?
豪ドル/米ドルは年末年始で一段高となり、最近も高値圏での推移となっている。これをうまく説明できるのは、資源価格などコモディティーの総合指数であるCRB指数。 ただCRB指数は、「上がり過ぎ」懸念が強くなってきた。経験則通りに、CRB指数が「上がり過ぎ」修正で反落、それに豪ドルも連動するなら、0.75米ドルを大きく割り込む可能性も!?
吉田 恒 吉田 恒
円、ユーロ、豪ドル「脱・小動き」の鍵は?
吉田恒の為替ウイークリー 円、ユーロ、豪ドル「脱・小動き」の鍵は?
先週は、米ドル/円に加え、ユーロ、豪ドルも方向感を欠いた小動き。為替相場が全体的に小動きとなったが、「小動きの理由」はそれぞれ、三者三様か。 脱小動きの手掛かり、米ドル/円は、昨年6月以降続くレンジ相場、足元なら102.3~104.4円のレンジ・ブレーク、ユーロは米金利上昇再燃、豪ドルはコモディティー相場上昇終了が鍵か。
吉田 恒 吉田 恒
ユーロ/米ドルが示す「コロナ後」相場の変化
吉田恒の為替デイリー ユーロ/米ドルが示す「コロナ後」相場の変化
ユーロ/米ドルは、連動の対象が「コロナ後」の株価から、今年に入り金利差に変わってきた。 その金利差、とくに米金利には過去の経験を参考にすると大幅上昇リスクもありそう。また、ポジションもユーロ買い・米ドル売りに大きく傾斜している可能性があるため、米金利上昇などの米ドル買い戻し材料に過敏な反応となる可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円は103円後半で小動き、豪ドル/円は反落もブル基調を維持
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は103円後半で小動き、豪ドル/円は反落もブル基調を維持
米ドル/円週間予想レンジ:103.50~105.00メインストラテジー:押し目買い・ドル指数との連動・米長期金利との連動・モメンタム...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
ドル・ショートの解消続き、ユーロ/米ドルに一段の下値リスク?
田嶋智太郎の外国為替攻略法 ドル・ショートの解消続き、ユーロ/米ドルに一段の下値リスク?
「ユーロ安・米ドル高」の背景 欧州経済の先行き不安の高まりによるユーロ売り 次期米財務長官のイエレン氏の発言に注目
ユーロ/米ドル下落が示す「コロナ後」相場の変化
吉田恒の為替ウイークリー ユーロ/米ドル下落が示す「コロナ後」相場の変化
先週米ドル/円は方向感乏しい展開だったが、ユーロ/米ドルはほぼ一本調子で下落。昨年3月「コロナ・ショック」で発生した金利差とのかい離が是正され、米金利上昇へ素直に米ドル買いで反応しやすくなった可能性。 「コロナ・ショック」で発生した金利差からかい離した高過ぎる米ドルの是正が、「リスクオンの米ドル売り」の本質で、それは終了した可能性。米ドルは「売られ過ぎ」懸念が強くなっているため、買い戻し材料に反応しやすくなる可能性も注目。
吉田 恒 吉田 恒
2021年、「円高ドル安」予想が多いワケ
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 2021年、「円高ドル安」予想が多いワケ
なぜ「円高ドル安」予想が多いのか 貿易収支による実需への影響 日米の金融政策の差
ユーロ安・米ドル高にふれやすい理由
吉田恒の為替デイリー ユーロ安・米ドル高にふれやすい理由
昨年3月「コロナ・ショック」一段落の後から、ユーロ高・米ドル安が続いてきた。ただその中で、ユーロはかなり「買われ過ぎ」懸念が強くなっている。 加えて、昨年末頃から金利差よりユーロ高・米ドル安に転換した可能性がある。以上のように見ると、ポジションに金利差の要因も重なり、きっかけ次第でユーロ安・米ドル高にふれやすくなっている可能性あり!?
吉田 恒 吉田 恒
前へ 1 234 次へ