FOMC の記事一覧

米ドル高円安は、今後どうなるのか
いま、注目のテーマ 米ドル高円安は、今後どうなるのか
最近の円安ドル高の主因は日米の金利差 米国利上げによる米消費者物価指数の動きに注目 日銀は現状維持だが黒田総裁任期終了後は?
宿輪 純一 宿輪 純一
米ドル/円は132~136円中心の展開か
吉田恒の為替ウイークリー 米ドル/円は132~136円中心の展開か
米ドル、米金利とも、短期的な「上がり過ぎ」懸念の強い状況が続いている。その意味では、今週も先週と同様に、132~136円中心に上下ともに振れやすい荒い展開が続きそう。
吉田 恒 吉田 恒
年後半、相場上昇の確信度高まる
ストラテジーレポート 年後半、相場上昇の確信度高まる
今年の前半の市場低迷理由はFEDの引き締めペースの先鋭化 参考:米国の10年債利回りに対する、今のS&P500の理論値 振れるだけ振れた振り子の針は大きく反対に揺り戻される
広木 隆 広木 隆
米0.75%利上げでも米ドル反落の理由
吉田恒の為替デイリー 米0.75%利上げでも米ドル反落の理由
15日のFOMCは0.75%の大幅な利上げを決めたが、米ドルはむしろその後比較的大きく反落した。 これは、短期的な米ドル「上がり過ぎ」の反動に加え、既に今回のFOMCで確認された今後のFFレート3.4%程度までの引き上げは織り込み済みだったためではないか。
吉田 恒 吉田 恒
米FOMCは0.75%利上げを決定。注目集まる日銀の動き
金融テーマ解説 米FOMCは0.75%利上げを決定。注目集まる日銀の動き
大幅利上げ、FOMCメンバーは年内さらに1.75ポイントの利上げ示唆 利上げの背景:インフレへの強い不安・不満 足元の日本の金利動向 長期金利上昇の場合の影響度と日銀の注目点
大槻 奈那 大槻 奈那
続・FOMCと米ドル高・円安の最終到達点
吉田恒の為替デイリー 続・FOMCと米ドル高・円安の最終到達点
15日FOMCで公表された米政策金利の予想平均は、2022年末も2023年末も3.4%。これは、政策金利のFFレートが3.5%程度まで引き上げられるとの見方が基本となっている可能性を示している。 これを参考にすると、FFレートの影響を受ける米2年債利回りは3.5%程度までの上昇の見通しになる。米2年債利回りが4%以上に上昇しなければ、米ドル/円も140円に届くかは微妙。
吉田 恒 吉田 恒
FOMCと米ドル高・円安の最終到達点
吉田恒の為替デイリー FOMCと米ドル高・円安の最終到達点
ここまでの米ドル高・円安は、基本的に米2年債利回り上昇と連動してきた。その米2年債利回りのサイクル・トップは、政策金利のFFレートのピークとほぼ重なるのが普通。 以上の関係を前提にすると、FFレート引き上げが3.5%以下にとどまるなら米ドル高・円安は140円に届かず、140円を超えるためには4%以上へのFFレート引き上げが必要になりそう。
吉田 恒 吉田 恒
FOMC後も米ドル高予想が基本、ただ注意点も
吉田恒の為替ウイークリー FOMC後も米ドル高予想が基本、ただ注意点も
米5月CPI上昇率が高水準となったことなどから、米インフレ懸念は強く、6月FOMC後も、FRBのインフレ対策を受けた米金利上昇・米ドル高の流れは続くとの見方が基本。 ただ、米ドルの短期的「上がり過ぎ」懸念再燃等いくつか注意点もあり。今週の米ドル/円は米ドル高値圏で上下ともに振れやすい、132~136円中心の波乱含みの展開を予想。
吉田 恒 吉田 恒
日経平均の今週の予想レンジは2万7200円~2万8200円
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは2万7200円~2万8200円
主要国の金融政策会合集中週 FRBはインフレのピークは3月として冷静な判断をするだろう 週前半は日本株の底堅さを確かめる試金石
広木 隆 広木 隆
米金利の「6月アノマリー」
吉田恒の為替デイリー 米金利の「6月アノマリー」
米金利には、6月以降の年央に、その年の天底を付ける習性がある。その代表例が、「グローバル・デフレ」がテーマとなった2003年の米金利低下の急反転だった。 最近にかけて「グローバル・インフレ」をテーマとした米金利上昇が続いているが、「アノマリー」通りに急反転に向かう可能性はあるか。米ドルへの影響からも注目。
吉田 恒 吉田 恒
FRBによる量的引き締めの手法とマーケットへの影響
マーケットの羅針盤 FRBによる量的引き締めの手法とマーケットへの影響
毎週月曜21時から開催している「広木隆のMondayNightLive」でいただいたご質問のうち、セミナー内で回答しきれなかったご質問に...
広木 隆 広木 隆
FRBが「間違える」という可能性
吉田恒の為替デイリー FRBが「間違える」という可能性
2003年、「グローバル・デフレ」論が広がる中で大きく低下していた米金利は、6月FOMCをきっかけに、行き過ぎた悲観論の修正が本格化し、米金利は急反騰となった。 その時とは方向が反対だが、最近にかけてのFRBインフレ対策が「行き過ぎ」だったとなるようなら、金利や為替にも大きく影響する可能性があるだけに要注意。
吉田 恒 吉田 恒
予め考える、米ドル高が終わる「条件」
吉田恒の為替デイリー 予め考える、米ドル高が終わる「条件」
記録的ペースで展開した米ドル高・円安が一服となった。一服にとどまらず、米ドル高終了となる「条件」を予め考えてみる。 米ドル/円の上昇が終了、下落への転換となる条件は、米金利の低下であり、その鍵を握るのは米インフレ動向を受けた米利上げ見通しということになるのではないか。
吉田 恒 吉田 恒
FOMC利上げ、0.5%と0.75%の違い
吉田恒の為替デイリー FOMC利上げ、0.5%と0.75%の違い
FOMCは4日、0.5%の利上げを決定した。前回の0.5%利上げは、22年前の2000年5月で、結果的にはITバブルの株高是正をダメ押しした役割となった。 0.75%利上げは、1990年以降では1994年11月のたった一度しか行われていない。当時はいわゆる「超円高」局面。その意味では、当時の0.75%利上げは、「超米ドル安」阻止といった「特別な利上げ」だった可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
「怒涛の円安」で迎えるGW円高アノマリー
吉田恒の為替デイリー 「怒涛の円安」で迎えるGW円高アノマリー
GWには、「円高パニック」のアノマリーがある。薄商いの間隙をついて、米ドル買い・円売りに傾斜したポジションの逆流が起こったことが基本だった。 最近にかけて記録的なペースでの米ドル高・円安、「怒涛の円安」が展開する中、円の「売られ過ぎ」懸念も高まっている可能性があるだけに、GW前後のその反動リスク拡大には一応要注意か!?
吉田 恒 吉田 恒
日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは2万6500円~2万7500円
FOMC前にポジションをニュートラルに戻す買い戻しで堅調な推移か 波乱材料は27~28日の日銀金融政策決定会合 緩和策継続の現状維持の場合、円安が進み130円突破もあり得るだろう
広木 隆 広木 隆
黒田日銀総裁と22年前の「黒田財務官」
吉田恒の為替デイリー 黒田日銀総裁と22年前の「黒田財務官」
1999年9月G7声明では、「日本の円高懸念の共有」が異例の形で言及されたが、それは結果的に当時の日銀のゼロ金利解除という金融緩和見直しへの「制約」となった。 現在の日本では「円安懸念の共有」をG7に求めたいくらいかもしれないが、それは黒田緩和見直しにつながりかねない。22年前は財務官として、現在は日銀総裁としての黒田氏の関わりを振り返る。
吉田 恒 吉田 恒
「トランプ・ラリー」米ドル高値の更新
吉田恒の為替デイリー 「トランプ・ラリー」米ドル高値の更新
3月16日のFOMCは0.25%の利上げを決定するなど、ほぼ事前の予想通りの結果となった。 為替相場の米ドル買いも限定的にとどまったものの、米ドル/円はテクニカルに注目された「トランプ・ラリー」の米ドル高値を更新したことから、120円の大台が次の目標となった。
吉田 恒 吉田 恒
FOMCと120円までの米ドル高・円安シナリオ
吉田恒の為替ウイークリー FOMCと120円までの米ドル高・円安シナリオ
米ドル/円は先週、長く続いてきた小動きのレンジを「上放れ」したことから、しばらくこれまでのレンジの上限だった116円以下に下落せず、上値を模索する展開が続きそう。 ただ、米金利は短期的な「上がり過ぎ」懸念が強く、今週のFOMCなる米金利上昇は限られる可能性がある。次の米ドル高・円安の目標、118円台、120円を超えていくのも意外に時間がかかる可能性あり。 
吉田 恒 吉田 恒
前へ 1 23456 次へ