お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

ウクライナ情勢 の記事一覧

ウクライナ情勢
ロシアのデフォルトで、東西の関係は「定常化」へ
アナリスト夜話 ロシアのデフォルトで、東西の関係は「定常化」へ
先週末、格付会社は、ロシアを「選択的デフォルト(一部の債券をデフォルトとすること)」とするとともに、異例の格付け取り下げ...
大槻 奈那 大槻 奈那
ロシア制裁の長期化を覚悟すべき理由
総合商社の眼、これから世界はこう動く ロシア制裁の長期化を覚悟すべき理由
制裁の根深さは規範の重さ 2014年と比べてはるかに厳しい米欧政府・企業の対応 戦闘は止まっても制裁は続く
ウクライナ危機がユーロ圏の金融・財政政策に与える影響
総合商社の眼、これから世界はこう動く ウクライナ危機がユーロ圏の金融・財政政策に与える影響
ECBの金融政策は難しい舵取りを迫られる エネルギーの脱ロシア依存で財政負担は増大 今次危機の財政運営は拡張的にならざるを得ない
日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7600円
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは2万6800円~2万7600円
株式相場は戻りを試す局面 日本株相場の焦点は2万7500円を突破できるか 経済指標の発表は少ないがアップサイドに備えたい
広木 隆 広木 隆
BTC(ビットコイン)は買いが戻る可能性はあるも、ウクライナ情勢の先行きはなお不透明
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は買いが戻る可能性はあるも、ウクライナ情勢の先行きはなお不透明
ビットコインはウクライナ情勢への警戒が続くなか、週初より薄商いで方向感に乏しい展開となった。米FOMCでは2018年以来となる利上げを決定したが、FRB議長が景気見通しに強気の発言をしたこともあり、通過後には安心感から上昇した。第四回目の停戦交渉で一定の進展が見られたことなども相場を後押しした 来週のビットコインは買いが戻る可能性はあるも、ウクライナ情勢を巡り先行きはなお不透明、直近上値としてBTC=498万円(42000ドル)、下値としてBTC=438万円(37000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
BTC(ビットコイン)は横ばい、ウクライナ情勢を注視
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)は横ばい、ウクライナ情勢を注視
BTC(ビットコイン)はトレンドレスな展開 ETH(イーサリアム)は堅調さを回復したか
加藤 宏幸 加藤 宏幸
ロシアのウクライナ侵攻:「ブロック経済化」への備え
アナリスト夜話 ロシアのウクライナ侵攻:「ブロック経済化」への備え
ロシアのウクライナ侵攻の痛ましい報道が続いています。過去の紛争と異なり、生の映像がSNSを通じて世界に届けられることで、市...
大槻 奈那 大槻 奈那
VIX(恐怖指数)が30を超えた米国株、その後は?
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 VIX(恐怖指数)が30を超えた米国株、その後は?
ウクライナ情勢が激化するなかVIX指数が高騰 過去にVIX指数が7日間以上連続30を超えた後、S&P500は高い確率で上昇
日経平均の今週の予想レンジは2万4000円~2万6000円
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは2万4000円~2万6000円
15日からのFOMCの注目は政策金利見通しとQT開始時期 円安状況下、16日の貿易統計が相場の材料か ウクライナ情勢は予見不能。いざという時の投資方針と投資行動は要確認
広木 隆 広木 隆
リスクオフが継続、BTC(ビットコイン)はウクライナ情勢と米FOMC次第でさらなる売りも
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 リスクオフが継続、BTC(ビットコイン)はウクライナ情勢と米FOMC次第でさらなる売りも
ビットコインは、ロシアによるウクライナ侵攻が日に日に激しさを増すなか、株式市場とともに売り優勢の展開が続いた。暗号資産に関する米大統領令への思惑から一時急回復する場面も見られたが、発表後はセルザファクトが意識されて再び売りが強まった 来週のビットコインはリスクオフの状況が続くなかウクライナ情勢と米FOMC次第でさらなる売りも、直近上値としてはBTC=497万円(43000ドル)、下値としてはBTC=404万円(35000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
「異常値」続出の原油相場などで強まる「上がり過ぎ」懸念
吉田恒の為替デイリー 「異常値」続出の原油相場などで強まる「上がり過ぎ」懸念
90日MA、5年MAなどとの関係で見ると、原油相場などは短期、中長期的とも記録的な「上がり過ぎ」懸念が強くなっている。 似たような状況だった2008年には、原油相場などで急騰から暴落への大転換が起こった。
吉田 恒 吉田 恒
ロシアのウクライナ侵攻によるJ-REIT市場への影響
J-REIT投資の考え方 ロシアのウクライナ侵攻によるJ-REIT市場への影響
直近のJ-REIT価格動向 今後のJ-REIT価格への影響
関 大介 関 大介
ナスダック20%下落でベアマーケットに突入。歴史から考察する今後の行方
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 ナスダック20%下落でベアマーケットに突入。歴史から考察する今後の行方
ウクライナ情勢の影響でナスダックはベアマーケットに突入 ナスダックはベアマーケット入り後、時間の経過とともに高い確率で上昇 下落局面における投資の考え方
ユーロ安・円高へトレンド転換巡る攻防
吉田恒の為替デイリー ユーロ安・円高へトレンド転換巡る攻防
ウクライナ情勢への懸念が続く中、為替相場で最も目立ったのがユーロ急落。ユーロ/円で見ても、一時的なユーロ安かユーロ安へのトレンド転換か、注目される段階に入ってきた。 似たようなことは、米国株、NYダウなどにも該当しそう。52週MAとの関係を参考にすると、NYダウも一時的下落か、下落トレンドへの転換かの分岐点を迎えている可能性がある。
吉田 恒 吉田 恒
「ウクライナ相場」ユーロの反発リスクは?
吉田恒の為替デイリー 「ウクライナ相場」ユーロの反発リスクは?
ウクライナ情勢への懸念に伴い為替市場ではユーロが急落した。一方、今後のウクライナ情勢の動向によるユーロ反発リスクも気になるところ。 この間のユーロ急落は、米金利に対する独金利の相対的に大幅な低下と連動。その意味では、ユーロ反発リスクは独金利が米金利以上に上昇するかが鍵になるが、米インフレ懸念の強い状況が続く中で、それは限定的か。
吉田 恒 吉田 恒
日経平均の今週の予想レンジは2万4500円~2万7000円
今週のマーケット展望 日経平均の今週の予想レンジは2万4500円~2万7000円
ウクライナ情勢を受けてボラティリティが高まる局面 各種経済指標の数値は改善、経済は好調を維持 有事で投資環境の改善という好材料が無視されている
広木 隆 広木 隆
深まるロシア・ウクライナの混迷:今後の3つのシナリオと市場への影響
金融テーマ解説 深まるロシア・ウクライナの混迷:今後の3つのシナリオと市場への影響
<楽観シナリオ>早期に停戦協議成立。ロシアはウクライナから撤退 <メインシナリオ> 停戦協議が長引く。戦闘は徐々に激化するが、西側諸国の軍事関与はなく長期化 <リスクシナリオ>ロシアが極端な戦略を取り、西側諸国の関与が高まる
大槻 奈那 大槻 奈那
「銃声」から1週間
ストラテジーレポート 「銃声」から1週間
物事には常に二つの側面がある 景気、インフレ、FRBの金融政策がバランスよく収まる局面は年半ば 当面の焦点は原油価格の動向
広木 隆 広木 隆
大荒れ原油、金利「ウクライナ相場」の考え方
吉田恒の為替デイリー 大荒れ原油、金利「ウクライナ相場」の考え方
「ウクライナ・ショック」で最も大きな動きとなったのは原油などエネルギー相場。WTIは100米ドルを大きく上回ってきたが、経験的には110米ドル前後で目先的なクライマックスを迎える可能性あり。 もう1つの注目は米金利の大幅な低下。異常なほどの短期的な「上がり過ぎ」反動といった意味では、さらに続くと考えられる。
吉田 恒 吉田 恒
ロシアのウクライナ侵攻の深刻度12:39
ストックボイス ロシアのウクライナ侵攻の深刻度
・ロシアをSWIFT、その他決済機関から締め出し。金融システムへの影響は?・日本への影響は資源高。企業物価指数は原油価格と相...
大槻 奈那 大槻 奈那
前へ 1 2 次へ