お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

総合商社の眼、これから世界はこう動く の記事一覧

総合商社の視点で、経済の今、新興国の今、現地情報などを織りませながら、丸紅株式会社 丸紅経済研究所の研究員の方々によるコラムをお届けします。これからの世界の動きを読んでいくためには必読のコラム。

総合商社の眼、これから世界はこう動く
ドイツ総選挙とポスト・メルケル
ドイツ総選挙とポスト・メルケル
ドイツの選挙制度 総選挙の見通し メルケル氏の残したものとEUの今後
WTO交渉に見るグローバリズム復活の難しさ
WTO交渉に見るグローバリズム復活の難しさ
ルール策定機能の低下に直面するWTO 紛争処理機能の停止も課題に
不透明感を増すイラン核合意の行方
不透明感を増すイラン核合意の行方
イランに保守強硬派の政権が誕生 イラン新政権の至上命題は経済の再生 米国はトランプ前政権が離脱したJCPOAへの復帰を模索 両者とも譲れず膠着、中東地政学リスクは高止まり
立場入れ替わる民主党と共和党。米国の債務上限を巡る攻防
立場入れ替わる民主党と共和党。米国の債務上限を巡る攻防
膨らむ米国の債務上限 財政問題の裏には政治的な計算も
日本銀行のETF買入れ政策の出口はどこにあるのか
日本銀行のETF買入れ政策の出口はどこにあるのか
日本銀行によるETF購入スキームの現在 今後の動きを左右する懸念材料
卸電力価格の高騰は再び起こり得るのか
卸電力価格の高騰は再び起こり得るのか
2020年度冬の振り返り LNGスポット価格上昇の背景 LNGスポット価格上昇から受ける影響を小さくするには
対立する米中、気候変動対策では急接近するか
対立する米中、気候変動対策では急接近するか
声明では「協力の方向性」を確認、今後の課題は具体化 高い目標を掲げる米中がCOP26にどう貢献するか
気候変動に金融政策は関わるべきか
気候変動に金融政策は関わるべきか
気候変動が金融政策になぜ関係するのか 各国金融当局の考え方 基本的な考え方
コロナ禍からの回復が続く中国経済
コロナ禍からの回復が続く中国経済
1~3月期GDP、前年比+18.3%と過去最大 2020年からの反動増を大きく反映 内外需の動向や景気刺激策からの脱却に注視 2021年、6%以上の成長に収束
「制裁」に効果はあるのか?実効性低下をもたらす数々の要因
「制裁」に効果はあるのか?実効性低下をもたらす数々の要因
制裁とは? 成否を左右する「設計」と「強制力」 制裁の効果 制裁解除のハードルは低くない
EUのグリーンディールの見るべきポイント
EUのグリーンディールの見るべきポイント
2021年6月までに政策パッケージが公表予定 米国も検討予定の「炭素国境調整」に注目 炭素価格の「下限値」導入は見送り濃厚 「全会一致」の見直しが政策実現を左右する
アセアン経済のリスクとチャンス
アセアン経済のリスクとチャンス
輸出を中心に経済が持ち直すも、金融市場の変調に注意 ワクチン接種が開始されるも、新型コロナウイルス感染症再拡大リスクが残る RCEP(地域的な包括的経済連携)の批准手続きの進展
電気自動車(EV)VS 燃料電池車(FCV)、勝負の行方は?
電気自動車(EV)VS 燃料電池車(FCV)、勝負の行方は?
2050年ネットゼロに向けた規制 電気自動車(EV)シェア拡大 電気自動車(EV)VS 燃料電池車(FCV) エネルギー効率 勝負のゆくえ
バイデン米政権と「脱トランプ」の行方
バイデン米政権と「脱トランプ」の行方
バイデン米政権は「脱トランプ」に成功するのか? トランピズム―ポピュリズムと反グローバル化の加速 「脱トランプ」の優先度―民主党陣営 「脱トランプ」を巡る錯綜―共和党陣営 トランプを超えたトランピズム
2021年、中東は安定化に向かうのか
2021年、中東は安定化に向かうのか
年初に動いた中東情勢 イスラエルとアラブ諸国の接近 カタール断交問題の解決へ イランの動向とバイデン米新政権 2021年、中東は安定化に向かうのか
世界に広がる「電動キックボードのシェアリングサービス」日本でも普及する?
世界に広がる「電動キックボードのシェアリングサービス」日本でも普及する?
なぜ電動キックボードのシェアリングサービスが注目されているのか 海外における電動キックボードのシェアリングサービスの普及状況 電動キックボードの実用化に向けた日本の課題とは 日本では規制を一部緩和して実証実験を開始 日本でシェアリングサービスの実現に向けて求められること
2021年は例年以上に「米国・英国」に注目を!
2021年は例年以上に「米国・英国」に注目を!
戦後最大の景気変動・政策対応が見られた2020年 2021年は米国・英国が先行指標 最大のリスクはワクチン効果の不発
原油価格の鍵を握るOPECプラス協調減産の行方
原油価格の鍵を握るOPECプラス協調減産の行方
原油は2020年3月の価格を概ね回復 拡大する原油供給量 OPECプラスは段階的な増産容認で合意 原油価格の鍵を握るOPECプラスの協調減産の行方
電力安定供給と温暖化対策を両立する電源構成
電力安定供給と温暖化対策を両立する電源構成
1990年代以降、世界各国で海面上昇や気候変動などをもたらす地球温暖化への対策や二酸化炭素の排出削減が進められています。2020年には、パリ協定が実施段階に入りました。同協定の目標達成に向...
歴史から考える、人と感染症と地球の関係
歴史から考える、人と感染症と地球の関係
感染拡大が止まらない新型コロナウイルス 人の行動制限によって環境への負荷が低減 「人類が地球にとってのウイルス」という見方
前へ 1 2345678910 ... 次へ
丸紅株式会社
丸紅株式会社
丸紅経済研究所
丸紅経済研究所は丸紅株式会社の社内シンクタンク。調査部から業務部経済研究所を経て、2001年に丸紅経済研究所名にて活動を開始。総合商社ならではのグローバル目線で、政治・経済・産業動向の調査・分析・発信を行っている。