お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

総合商社の眼、これから世界はこう動く の記事一覧

総合商社の視点で、経済の今、新興国の今、現地情報などを織りませながら、丸紅株式会社 丸紅経済研究所の研究員の方々によるコラムをお届けします。これからの世界の動きを読んでいくためには必読のコラム。

総合商社の眼、これから世界はこう動く
米大統領選がFRBと金融政策に与える影響
米大統領選がFRBと金融政策に与える影響
トランプ米政権下での金融政策運営と議会に与えた「政治利用の可能性」 新型コロナウイルス対策で空前の金融緩和へ突入 米大統領選候補者のFRBに関する主張 米大統領選の結果が金融政策・株式市場に与える影響
中国、コロナ禍でも「爆買い」?
中国、コロナ禍でも「爆買い」?
中国の輸入を支える4つの要因 実需の回復 感染症の拡大や自然災害による農畜産物不足 安値の機会を狙った戦略備蓄の拡充 米制裁への駆け込み需要
米民主党の副大統領候補カマラ・ハリス氏への期待と不安
米民主党の副大統領候補カマラ・ハリス氏への期待と不安
大統領候補から副大統領候補に転じたハリス氏とは 政界・法曹界での豊富なキャリアが弱点になる可能性も 主役たちが出揃い、本格化する米大統領選
緊張高まる米EU貿易摩擦の行方
緊張高まる米EU貿易摩擦の行方
トランプ米政権の次の交渉ターゲットはEU デジタルサービス税や国境炭素税が新たな火種 米大統領選が今後の米EU貿易摩擦の行方を左右
米中対立下で苦悩する香港
米中対立下で苦悩する香港
低迷を続ける香港経済 米中対立の最前線に立つ香港 9月の立法会選に向け、香港情勢に注目
米国政治と感染症、そしてワクチン開発競争~歴史の教訓から学ぶべきこと
米国政治と感染症、そしてワクチン開発競争~歴史の教訓から学ぶべきこと
経済活動とワクチン ワクチン開発競争と米大統領選挙 米国における感染症の流行 ― ポリオ ワクチン開発の成功と急かされた製造承認 歴史の教訓
バランスシートの劣化~「リーマン」と「コロナ」の違い
バランスシートの劣化~「リーマン」と「コロナ」の違い
金融資産の毀損が破壊的だったリーマンショック 現在のところB/Sの毀損は緩やか 長期化こそがリスク
逆風が吹くサブサハラアフリカに可能性はあるのか
逆風が吹くサブサハラアフリカに可能性はあるのか
世界同時不況がアフリカ経済への下押し圧力を加速全世界に広がる新型コロナウイルス感染拡大による景気の悪化は成長市場として期待が高いアフリカでも例外ではない。2月末にナイジェリアで初め...
今見るべき経済指標から、今後の景気を予測する
今見るべき経済指標から、今後の景気を予測する
伝統的な経済指標が追い付かない大不況新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、世界中で感染拡大防止策が採られたことから、凄まじい速さ・規模で景気が悪化しています。我々総合商社社員は...
OPECプラスが減産合意、原油価格は上がるのか?
OPECプラスが減産合意、原油価格は上がるのか?
OPECプラスが過去最大の原油協調減産で合意4月12日、OPECプラスは2020年5月から2ヶ月間、最大日量970万バレルの協調減産で最終合意した。OPECプラスはサウジアラビアやロシアら20カ国で構成され...
新型コロナウイルスの感染拡大、アメリカ大統領選において民主党を不利にするか
新型コロナウイルスの感染拡大、アメリカ大統領選において民主党を不利にするか
民主党予備選挙の遅れ:長期化は民主党結束にネガティブな影響 争点の限定:危機対応能力が最大の争点か
米大統領選挙のキーワードは「弾劾」
米大統領選挙のキーワードは「弾劾」
スーパー・チューズデーでバイデン前副大統領が躍進 バイデン氏の息子のウクライナ疑惑があったが… バイデン氏が民主党指名候補となれば弾劾裁判が蒸し返される
米大統領選と資本主義の行方
米大統領選と資本主義の行方
株主至上主義は変わるのか 米国の資本主義の変遷 ステークホルダー資本主義の考え方 各候補が思い描く資本主義のあり方に注目
新型肺炎が中国・世界経済に与える影響
新型肺炎が中国・世界経済に与える影響
感染状況・政策対応 中国経済・世界経済への影響 今後の留意点
その時、株価は動いたか―地政学リスクと株式市場の関係
その時、株価は動いたか―地政学リスクと株式市場の関係
地政学リスクはどのように株価を動かすのか? 過去のリスクイベント後、株価は下落基調 いくつかの例外:キューバ危機と湾岸戦争
危機に瀕する自由貿易の国際ルール   最重要機能の喪失に直面したWTO
危機に瀕する自由貿易の国際ルール 最重要機能の喪失に直面したWTO
「鍵はグローバリゼーション」 WTOの基本原則 協定の根幹を成す紛争解決機能 上級委員会の欠員で紛争解決機能が不全に
気候変動対策の現状と今後の注目点~COP25を終えて~
気候変動対策の現状と今後の注目点~COP25を終えて~
世界のCO2排出量の現状 COP25の成果と今後の注目ポイント
「恥じ」ないフライトへ
「恥じ」ないフライトへ
「飛び恥」 増加する航空需要と「持続可能な航空燃料」 バイオジェット燃料の歴史とその課題
正念場を迎えるEUの気候変動政策
正念場を迎えるEUの気候変動政策
新欧州委員長は野心的な気候変動政策を公約に掲げた 気候変動と同時に格差や財政などの問題にも対処必要
輸出でダブルパンチを受ける韓国経済と今後の日韓関係
輸出でダブルパンチを受ける韓国経済と今後の日韓関係
減速する韓国経済 中国依存度とエレクトロニクス産業依存度は上昇 日韓関係は年明け以降に動く可能性も
前へ 1 2345678910 ... 次へ
丸紅株式会社
丸紅株式会社
丸紅経済研究所
丸紅経済研究所は丸紅株式会社の社内シンクタンク。調査部から業務部経済研究所を経て、2001年に丸紅経済研究所名にて活動を開始。総合商社ならではのグローバル目線で、政治・経済・産業動向の調査・分析・発信を行っている。