お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

記事一覧

アイビー総研株式会社 関大介氏が、J-REIT投資の考え方について、解説いたします。

隔週木曜日に更新
J-REIT投資の考え方
円安がJ-REITにもたらす影響
円安がJ-REITにもたらす影響
直近の価格動向 円安要因の米国長期金利上昇はやはりJ-REIT価格にはマイナス
インフレとなった場合のJ-REITへの影響について
インフレとなった場合のJ-REITへの影響について
直近のJ-REIT価格動向 インフレとJ-REIT投資
KKRのJ-REIT運用会社買収の背景と投資家への影響
KKRのJ-REIT運用会社買収の背景と投資家への影響
直近のJ-REIT価格動向 KKRによるJ-REIT運用会社買収の概要 投資家への影響とKKR側の背景
米国長短金利フラット化のJ-REIT価格への影響について
米国長短金利フラット化のJ-REIT価格への影響について
直近のJ-REIT価格動向 金利フラット化の影響
ロシアのウクライナ侵攻によるJ-REIT市場への影響
ロシアのウクライナ侵攻によるJ-REIT市場への影響
直近のJ-REIT価格動向 今後のJ-REIT価格への影響
日銀のJ-REIT買入れ再開効果
日銀のJ-REIT買入れ再開効果
直近のJ-REIT価格動向 金融緩和政策堅持の恩恵
J-REIT、高利回り銘柄の投資妙味と注意点
J-REIT、高利回り銘柄の投資妙味と注意点
下落局面でも「値持ち」がいい高利回り銘柄 留意点は分配金減少懸念の材料が多いこと
J-REIT、価格急落後の「狙い目」銘柄とは
J-REIT、価格急落後の「狙い目」銘柄とは
直近の価格動向 中小型オフィス中心の銘柄は割安感強い
2022年初からのJ-REIT価格下落要因について
2022年初からのJ-REIT価格下落要因について
米国債利回りの上昇が下落要因 需給悪化要因も加わり続落傾向
2021年のJ-REIT価格を振り返る
2021年のJ-REIT価格を振り返る
直近のJ-REIT価格動向 年間のJ-REIT価格振り返り
2022年J-REIT相場展望「下落リスクが高く、上値は限定的か」
2022年J-REIT相場展望「下落リスクが高く、上値は限定的か」
J-REIT2021年は、外国人投資家の買越し基調で、コロナ禍以前の水準を回復 2022年の東証REIT指数は下落要素の確度が高く、2,000ポイント以下での推移が大半を占める可能性
J-REIT、ホテル系銘柄の特徴とコロナショックの影響
J-REIT、ホテル系銘柄の特徴とコロナショックの影響
ホテル系銘柄の収益特性 コロナショックがホテルに与えた影響と今後の見通し
リーマンショック時との比較で見るオフィス市場改善の見通し
リーマンショック時との比較で見るオフィス市場改善の見通し
直近のJ-REIT価格動向 J-REIT価格上昇の要件は、オフィス賃貸市場悪化の歯止め
J-REIT、商業施設系銘柄の特徴とコロナショックの影響
J-REIT、商業施設系銘柄の特徴とコロナショックの影響
商業施設系銘柄の収益特性 コロナショックが商業施設に与えた影響と今後の見通し
「異形」とも言える2021年度上半期のJ-REIT投資家売買動向
「異形」とも言える2021年度上半期のJ-REIT投資家売買動向
直近のJ-REIT価格動向 外国人頼みのJ-REIT価格
J-REIT、住宅系銘柄の特徴とコロナショックの影響
J-REIT、住宅系銘柄の特徴とコロナショックの影響
住居系銘柄の収益特性 住居系銘柄に中長期目線で投資する際の注意点 コロナショックが賃貸住宅に与えた影響と今後の見通し
株式市場上昇の余波が懸念されるJ-REIT価格
株式市場上昇の余波が懸念されるJ-REIT価格
直近の価格動向 株式市場上昇がJ-REIT価格に与える影響
J-REIT、物流系銘柄の特徴とコロナショックの影響
J-REIT、物流系銘柄の特徴とコロナショックの影響
直近10年で大幅に増加した物流系銘柄 物流系銘柄の収益特性 コロナショックが物流施設に与えた影響と今後の見通し
J-REIT、オフィス系銘柄の特徴とコロナショックの影響
J-REIT、オフィス系銘柄の特徴とコロナショックの影響
オフィス系銘柄の特徴 コロナショックがオフィスビルに与えた影響と今後の見通し
J-REIT価格と利回りの動向、そして投資の目安について
J-REIT価格と利回りの動向、そして投資の目安について
J-REIT市場スタートからの価格と分配金利回りの推移 投資の目安となる価格水準とは
前へ 1 2345 次へ
関 大介
関 大介
アイビー総研株式会社 代表取締役
早稲田大学法学部卒業。不動産会社財務部、外資系生命保険会社経理部、シンクタンクを経て、2007年2月に不動産証券化コンサルティング及び情報提供を行うアイビー総研を設立し、代表取締役就任。前職では、J-REIT市場創設前となる2001年2月から不動産証券化に関するポータルサイトを5年間運営。2006年5月よりJ-REIT情報に特化したJAPAN-REIT.COM(http://www.japan-reit.com/)の運営を開始し、現在は運営事務局の責任者を兼任する。
日経マネーやマネックス証券などの連載、その他エコノミストなどの経済誌や投資系雑誌にJ-REIT及び不動産市場に関する寄稿を多数行う。著作は『J-REIT格付けデータブック』(秀和システム社)など。個人投資家向けのJ-REITセミナーにおいても2003年から毎年講師を務める。2016年東京証券取引所におけるREIT有識者ミーティング委員。