吉田恒の為替ウイークリーの記事一覧

チーフ・FXコンサルタントの吉田恒による週間為替展望です。注目通貨ペアの相場動向を解説します。

週の第1営業日に更新
吉田恒の為替ウイークリー
【為替】7月の米ドル/円を予想する
6月の米ドル/円は、FOMCの利上げ見通し上方修正を受けて「米金利上昇=米ドル高」が一段と広がり、一時145円台を記録した。 7月の焦点は、月末のFOMCをにらみ「米金利上=米ドル高」がどこまで続くか。一方で円安阻止介入の可能性、そして円安の循環的「行き過ぎ」懸念も出てきた。 7月の米ドル/円は、140~148円中心に円安、円高双方に荒れるリスクのある展開を予想。
【為替】6/26~30の米ドル/円を予想する
先々週の予想以上にタカ派のFOMCを受けた「米金利上昇=米ドル高」は先週も続き、米ドル/円は144円近くまで続伸した。 ただ急ピッチの米ドル高・円安で、いくつかのシグナルには短期的「行き過ぎ」の兆しもあり。 145円前後では円安阻止介入再開の可能性もあり。今週の米ドル/円は141~146円中心の展開を想定。
【為替】6/19~23の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は「タカ派」FOMCを受けてこの間の米ドル高値更新。 140円を大きく超え始めたことで、円安阻止介入再開も注目。また6月21、22日予定のパウエルFRB議長の議会証言にも注目が集まりそうだ。 今週の米ドル/円は139~144円中心で高値波乱含みの展開を想定。
【為替】6/12~16の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は手掛かり材料難で139円台中心の小動きに終始。 今週は一転して注目材料が目白押し。特にFOMCの結果次第では波乱含みが予想される。 難しいところだが、FOMCを受けて米金利上昇が限られると予想。今週の米ドル/円は137~142円中心に米ドル高・円安が行き詰る展開を想定。
【為替】6/5~9の米ドル/円を予想する
先週はそれまでの「米金利上昇=米ドル高」が反転し、米ドル/円は141円手前から、一時138円台まで反落となった。 米金利上昇が一巡したのは、6月FOMCで利上げ見送りの可能性が高まったことが一因。これには米債務上限交渉で歳出削減が決まった影響もあるのではないか。 今週は翌週にFOMCを控える中で、利上げ見送り観測が強まるようなら、米ドル/円も反発は限られる展開となりそうだ。米ドル/円は137~142円中心での展開を想定。
【為替】6月の米ドル/円を予想する
5月の米ドル/円は、年初来の米ドル高値更新となった。米利下げ予想の修正で米金利が大きく上昇したことに引っ張られた面が大きいだろう。 米ドル/円は120日MAや52週MAとの関係から下落トレンドが展開している可能性が高く、その意味では上昇は一時的な動きと考えられる。徐々に過去の「一時的な上昇」を超えそうな動きになってきたが、米金利との関係からそれにも自ずと限度がありそう。 以上を踏まえ、6月の米ドル/円は135~145円で上昇が行き詰まる展開を想定。
【為替】5/22~26の米ドル/円を予想する
先週は、米6月利上げ予想再燃などをきっかけに、米金利が保合い上放れ、それに連れる形で米ドル/円も年初来高値更新となった。 この間の上限を突破した直後のため、米金利、米ドルとも上昇余地を探る展開が続きそうだ。ただ移動平均線や金利との関係からすると、140円以上は行き過ぎ懸念も強まる可能性あり。 以上を踏まえ、今週は136~141円中心の展開を想定。
【為替】5/15~19の米ドル/円を予想する
先週は5月12日発表の期待インフレ率という指標を受けて、米金利と米ドルは反発。 今週は徐々に注目度が高くなってきた米債務上限問題の動向に要注意。 米ドル/円は上値重く、132~137円中心での展開を想定。
【為替】5/8~12の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は、一時は年初来米ドル高値に接近した。しかし、その後は金融システム不安再燃、米債務上限問題への懸念などから米金利が大きく低下すると、それに連れて米ドル/円も急落するといった具合に上下に不安定な展開となった。 米債務上限問題について、金融市場は2011年の株・金利・米ドル「トリプル安」再現を警戒。今週~来週にかけてさらに注目が高まりそうだ。 米金利、米ドルの上値は重く、今週の予想レンジは132~137円を想定。
5月の米ドル/円を予想する
4月は米ドル反発、特に28日の日銀会合後は米ドル高・円安が急加速。ただ米金利からのかい離など、米ドル高・円安には「行き過ぎ」懸念あり。 5月FOMC控え、米金利はテクニカルに見るとトレンド転換巡る重要な攻防が続いている。 以上を踏まえ、5月米ドル/円の予想レンジは132~139円中心で想定。
【為替】4/24~28の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は一時135円台に乗せたものの、その後は米経済指標の弱い結果を受けて反落するなど、米経済指標の結果に一喜一憂する展開が続いた。 今週は28日に日銀の金融政策が発表される。過去3回の日銀金融政策発表日の米ドル/円は3~7円程度に値幅が拡大するなど荒れた値動きになってきたので、今回も要注意。 今週の米ドル/円は132~136円中心での展開を想定。
【為替】4/17~21の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は132~134円中心に方向感の乏しい展開に終始。3月の米経済データは、予想以上にインフレ是正、景気減速を示すものが多かったが、5月米利上げ継続との見方が強まると、「米金利低下=米ドル安」も行き詰まった。 今週も5月米利上げ継続を巡る思惑が交錯する中で、米ドル/円は上下に不安定な展開が続きそうだ。予想レンジは132~135円中心で想定。
【為替】4/10~14の米ドル/円を予想する
先週は金融システム不安を受けた米景気の先行き懸念から、米ドル/円は一時130円割れ近くまで下落した。 今週も米3月CPIなど、引き続き米経済指標の結果に一喜一憂する展開が続くだろう。4月10日の植田新日銀総裁の記者会見にも注目。 今週はまだ米ドル/円の上値が限られ、129~134円中心での不安定な展開を予想。
【為替】4月の米ドル/円を予想する
3月は金融システム不安の急浮上で、米ドル高から米ドル安へ急反転。ただ、金融システム不安を受けた早期の大幅な米利下げ織り込みは「行き過ぎ」の可能性も考えられる。 4月は米金利の動向と、植田新総裁が初の出席となる日銀会合での緩和見直しなどに注目。一方的に円安、円高に動くというより、130~137円中心で上下動を繰り返す展開を想定。
【為替】3/27~31の米ドル/円を予想する
金融システム不安がくすぶる中で、先週も「米金利低下=米ドル安」が続いた。米金利は早期の大幅利下げを織り込むところまでの低下となった 一方、先週開かれたFOMCでは年内の利下げを否定。FRBと市場で金利の先行き見通しが真っ向から対立している。 インフレ懸念が残る中での早期利下げを織り込む米金利低下は「行き過ぎ」ではないか。「米金利低下=米ドル安」には自ずと限界があるとの考え方から、今週の米ドル/円の予想レンジは128~134円中心で想定。
【為替】3/20~24の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は、金融システム不安の拡大を受けて金融政策への見方が大きく揺れたことに振り回され、相場の方向性が日々クルクル変わる「猫の目相場」の様相となった。 今週は22日のFOMCが最大のイベント。米ドル/円も引き続き米金利の動向をにらみながら、荒っぽい展開の中で基本的には米ドル続落リスクのくすぶる展開となりそうだ。予想レンジは130~136円で想定。
【為替】3/13~3/17の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は米金融政策の見方が大きく揺れた影響を受ける結果となった。 週末の米ドル急落で、2月からの米ドル高・円安は一段落した可能性が出てきたが、一方で、「米金利低下=米ドル下落」のさらなる拡大も懐疑的ではないか。 今週の米ドル/円の予想レンジは、米ドルの反発、下落ともに限られるイメージから、133~137円で想定。
【為替】3月第2週の米ドル/円を予想する
「米金利上昇=米ドル高」が続き、先週も米ドルは年初来高値を更新。一時は137円台に乗せた。 今週は10日の米2月雇用統計発表など米経済指標発表と、同じく10日の日銀金融政策決定会合などが要注意だが、基本的には米ドル高・円安が続くと予想。 米ドル/円の予想レンジは134~138円中心で想定。
【為替】3月の米ドル/円を予想する
2月の米ドル/円は、年初来の米ドル高値を更新するなど、大きく米ドル高・円安に戻す展開となっている。主因は米金利が大きく上昇したことだろう。 日銀の新執行部人事、いわゆる「ポスト黒田」を巡る動きも警戒されたほど円高に反応することがなかったことから、米ドル買い・円売りの安心感につながった可能性がある。 3月の米ドル/円は、そうした流れを引き継ぎ、132~140円中心での展開を予想。
【為替】米ドル高・円安は140円を目指すのか?
先週の米ドル/円は大きく上昇した。主因は米金利の上昇。米金利はこれまでの「下がり過ぎ」の反動もあり、さらなる上昇の可能性もありそうだ。 52週MAとの関係からすると、米ドル高・円安はあくまで「一時的」の可能性が高いが、米金利上昇次第ではさらに140円を目指す可能性も考えられる。 今週の米ドル/円予想レンジは132.5~137円中心で想定。