お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

暗号資産 の記事一覧

3月、BTCのパフォーマンスが悪くなる傾向がある。今、考えるべき投資戦略とは
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 3月、BTCのパフォーマンスが悪くなる傾向がある。今、考えるべき投資戦略とは
過去9年で2勝7敗、3月はBTC(ビットコイン)のパフォーマンスが悪くなる傾向 2月26日に米追加経済対策の1.9兆ドル予算案が下院を通過 BTC/JPYは、RSIの水準に注意 BTCよりも調整が深いETH(イーサリアム)
加藤 宏幸 加藤 宏幸
米長期金利上昇と銘柄シフト、BTC(ビットコイン)は底値を固めることができるか
まるっと週刊ビットコイン予想 米長期金利上昇と銘柄シフト、BTC(ビットコイン)は底値を固めることができるか
BTCは先週から強い買いが継続し一時BTC=612万円(58,000ドル)付近まで大きく上昇したが、その後は短期的な利益確定売りも強まり、金利上昇や景気敏感株へのシフトなどによりハイテク株が強く売られるなか一時BTC=475万円(45,000ドル)付近まで暴落した 来週は米長期金利上昇と銘柄シフトが起こるなか底値を固めることができるかに注目、直近上値としてBTC=580万円(55,000ドル)、下値としてBTC=422万円(40,000ドル)を意識
テスラも仲間入り!ビットコイン関連株とビットコインの関係性
まるっと週刊ビットコイン予想 テスラも仲間入り!ビットコイン関連株とビットコインの関係性
2020年末から続くビットコインの価格高騰は、ビットコインそのものだけでなく、ビットコイン関連株への関心も高めている 米国ではマイニング上場企業の台頭や、上場企業によるビットコイン保有が目立つのに対し、日本では上場企業による暗号資産取引所の運営が特徴的である 2020年のパフォーマンスについて、米ナスダックのビットコイン関連株ではマイニング企業であるライオット・ブロックチェーン(RIOT)とマラソン・パテント・グループ(MARA)を中心にビットコイン価格高騰の恩恵を受けて極めて良好。東証一部のビットコイン関連株も全体としてTOPIX指数を上回る値動きとなった ビットコインとビットコイン関連株の間には恒常的な相関はないが、ビットコインが強い値動きをする場合には、短期的にビットコイン関連株との相関が強まる傾向があり、特に企業業績に直結するマイニング事業等を行う銘柄の場合にはその傾向が顕著である
マイクロストラテジー社、BTC(ビットコイン)向け転換社債10億5000万ドルに増額。BTC/JPYは、さらに続伸して600万円に到達!
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ マイクロストラテジー社、BTC(ビットコイン)向け転換社債10億5000万ドルに増額。BTC/JPYは、さらに続伸して600万円に到達!
マイクロストラテジー社、BTC(ビットコイン)向け転換社債の追加募集を実施 BTC、今後の高値上昇の余地とは ETH(イーサリアム)はトレンドラインを割り込むか?
加藤 宏幸 加藤 宏幸
米国の暗号資産トレンドが欧州に波及、BTC(ビットコイン)は買い継続を予想
まるっと週刊ビットコイン予想 米国の暗号資産トレンドが欧州に波及、BTC(ビットコイン)は買い継続を予想
BTCはもみ合いの展開となっていたが、相次ぐ欧米での大手企業の参入や米マイクロストラテジー【MSTR】の追加資金調達計画、北米におけるビットコインETFの動きなどによって買いが強まりBTC=527万円(50,000ドル)を突破、米ブラックロックがいよいよビットコイン投資を検討との報道もあり、その後も上値追いの展開となった 来週は米国の暗号資産トレンドが欧州にも波及するなかで買い継続を予想、直近上値としてはBTC=580万円(55,000ドル)、下値としてはBTC=506万円(48,000ドル)を意識
BTC(ビットコイン)、史上最高値500万円突破、今週は50,000ドルをうかがう展開
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)、史上最高値500万円突破、今週は50,000ドルをうかがう展開
世界最大の暗号資産ファンドGrayScale、BTCの運用額3兆ドルを突破 しばらく、BTCは長期トレード中心がベストか? ETH(イーサリアム)の押し目買いの目途の考え方とは 今後の暗号資産市場について
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)はテスラ追随への期待から買い継続も、急落には警戒が必要か
まるっと週刊ビットコイン予想 BTC(ビットコイン)はテスラ追随への期待から買い継続も、急落には警戒が必要か
BTCは、BTC=418万円(40,000ドル)付近では上値の重い展開となったが、8日のEV大手テスラによるBTC購入の発表を受けてBTC=502万円(48,000ドル)付近まで暴騰、その後一時的に売りが強まったが、マスターカードの暗号資産決済参入やBNYメロンの暗号資産カストディ参入など好材料が相次ぐなかで再び大きく上昇した 米先物取引所CMEでETH先物の提供が開始されるも、直近相場への影響は限定的 来週はテスラ追随への期待から買い継続も、アルトコイン物色に傾くなかで急落には警戒が必要か、直近上値としてBTC=523万円(50000ドル)、下値としてBTC=418万円(40000ドル)を意識
【特別座談会】大槻奈那×松嶋真倫×加藤宏幸「2021年 ビットコイン予想、暗号資産市場のこれから」
いま、注目のテーマ 【特別座談会】大槻奈那×松嶋真倫×加藤宏幸「2021年 ビットコイン予想、暗号資産市場のこれから」
ビットコイン価格高騰の理由は機関投資家の参入と過剰流動性 ビットコイン決済の可能性 2021年、ビットコインは10万ドルに到達する? 5年、10年で暗号資産はどのように変革するか?
テスラがBTC投資、テスラは現代版バークシャー・ハサウェイ?
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 テスラがBTC投資、テスラは現代版バークシャー・ハサウェイ?
テスラがBTC(ビットコイン)15億ドルに投資 株式市場でビットコインの普及、価格の上昇により恩恵を受ける3銘柄
暗号資産の「上がり過ぎ」と為替への影響
吉田恒の為替デイリー 暗号資産の「上がり過ぎ」と為替への影響
テスラ発表などをきっかけに、BTCは再上昇し、経験的には「上がり過ぎ」懸念が強くなってきた。 経験を参考にすると、BTCは1ヶ月以内に5万米ドル前後でピークアウトして下落に転じ、そのタイミングで株安・円高になる可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
ETH(イーサリアム)がCME先物取引に上場!
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ ETH(イーサリアム)がCME先物取引に上場!
ETH(イーサリアム)がCME先物取引に上場 BTC/JPY 、再び高値をうかがう値動きか セル・ザ・ファクトなるか?
加藤 宏幸 加藤 宏幸
米ドル高の理由と今後の行方
吉田恒の為替ウイークリー 米ドル高の理由と今後の行方
米ドル/円は先週にかけて一段高となった。半年以上超えられなかった90日MAを上回ったといったテクニカルな事情が大きかったのではないか。 長く続いた小動きを上放れしたことで、目先的に米ドル高の余地を探る動きが続く可能性が高そう。株高から株安へ転換、それが本格化するまでは、米ドル高が続きそうだ。
吉田 恒 吉田 恒
ETHの動向次第では再びBTC(ビットコイン)=40,000ドルを突破する展開も
まるっと週刊ビットコイン予想 ETHの動向次第では再びBTC(ビットコイン)=40,000ドルを突破する展開も
BTCは、ゲームストップ株の急騰を受けて市場が混乱するなか、一時5000ドル幅で急騰急落する荒い値動き、しかし、混乱収束後にはETHの史上最高値更新とともに強い値動きとなった 混乱のさなか、DOGEやXRPなど一部アルトコインではSNS主導の価格操作が発生 来週はETHの強い値動きが継続すれば再びBTC=418万円(40,000ドル)を突破する展開も期待できるが、付近では相応に売りが強まることも予想される、直近下値としてはBTC=334万円(32,000ドル)を意識
3年前「仮想通貨バブル崩壊」との類似
吉田恒の為替デイリー 3年前「仮想通貨バブル崩壊」との類似
代表的な暗号資産、ビットコイン(BTC)の年末年始の乱高下は、これまでのところ3年前「仮想通貨バブル崩壊」とされた局面と値動きパターンが似ている。 この類似が続くなら、BTC暴落後の最初の反発はそろそろ一巡し、暴落第二幕がいつ始まってもおかしくなさそう。
吉田 恒 吉田 恒
暗号資産暴落の類似が示す「未来チャート」
吉田恒の為替デイリー 暗号資産暴落の類似が示す「未来チャート」
「止まらない上昇」から一転暴落となった先週の株式相場だったが、それに先行したのはビットコイン(BTC)など暗号資産だった。 その暗号資産、過去の暴落にはプライスパターンに一定の類似性があった。それを参考にすると、4月にかけて続落するリスクあり。株、為替への影響も注目される。
吉田 恒 吉田 恒
イーロン・マスクがTwitterプロフィール変更。ビットコインは思惑で一時的に上昇
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ イーロン・マスクがTwitterプロフィール変更。ビットコインは思惑で一時的に上昇
ブロックチェーン業界が発端となっている非中央集権ブームは一段と今後加速か BTC/JPY、揉み合い相場が継続か ETH(イーサリアム)はMACDダイバージェンス継続中
加藤 宏幸 加藤 宏幸
イーサリアムの高騰とコロナ禍で勢いづくDeFi
まるっと週刊ビットコイン予想 イーサリアムの高騰とコロナ禍で勢いづくDeFi
2020年ビットコインを上回るパフォーマンスを見せた第2の暗号資産、ETH(イーサリアム) コロナ禍で行き場を失ったお金は、新たなステーブルコイン市場へ 次世代金融市場DeFiではインカムゲインとキャピタルゲインどちらも期待ができる DeFiの発展とETHの今後
2月の為替を予想する
吉田恒の為替ウイークリー 2月の為替を予想する
米ドル/円は先週、過去半年以上も続いた90日MAを上放れ。テクニカルには、米ドル高・円安トライが続く可能性が高まった。 ただ気になるのは株価の動向。経験的に株安が本格化すると米ドル/円は下落する可能性が高い。3年前の「暗号資産暴落→株安本格化」ケースとの類似も注目。
吉田 恒 吉田 恒
暗号資産暴落、3年前との類似。そして株・為替との関係とは
吉田恒の為替デイリー 暗号資産暴落、3年前との類似。そして株・為替との関係とは
先週、米国株などが何度か急落する場面があった。ところで、暗号資産のビットコイン(BTC)は年明けから間もなく暴落していたが、結果的に暗号資産暴落を後追いする形で株急落となったのは、基本的に3年前と同じだった。 じつは、そんな3年前の暗号資産暴落と最近の暴落の値動きパターンはこれまでのところとてもよく似ている。この先も似た動きが続くなら、暗号資産は続落リスクがあるので、3年前のような暗号資産下落・株安が続き、為替も円高に転換する可能性にも注目!?
吉田 恒 吉田 恒
金融市場全体で売り懸念が広がる、BTC(ビットコイン)は米国株次第ではさらなる下落も
まるっと週刊ビットコイン予想 金融市場全体で売り懸念が広がる、BTC(ビットコイン)は米国株次第ではさらなる下落も
BTCはMicroStrategyによる追加購入などもあり反発上昇してスタート、DeFi高騰に伴うETHの最高値更新やNASDAQ上場会社による新規購入などを受けて一時はBTC=362万円(35,000ドル)付近まで上昇したが、その後はETHとともに下落し、FOMC後には米国株の大幅下落を受けて一時BTC=311万円(30,000ドル)を割り込んだ 来週は金融市場全体で売り懸念が広がるなか米国株次第ではさらに下落することも、直近上値としてBTC=362万円(35,000ドル)、下値としてBTC=290万円(28,000ドル)を意識
前へ 1 234567 次へ