暗号資産 の記事一覧

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)は反落するも、ETH(イーサリアム)はETF報道で反発
BTC(ビットコイン)は再上昇局面ではない可能性 ETH(イーサリアム)は現物ETFの話題で反転上昇か
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)はFOMC後の短期的な売りに警戒だが底堅い推移を予想、トランプ前大統領発言が注目を集める
ビットコインは、米国で主要経済指標およびFOMCの結果を受けて利下げ観測が後退し、売り優勢の展開となった。 来週のビットコインはFOMC後の短期的な売りに警戒だが底堅い推移を予想する。米国大統領選挙に関連して暗号資産への注目が高まり、相場にもポジティブな影響が及ぶ可能性はある。直近、上値としてBTC=1,099万円(70,000ドル)、下値としてBTC=1,020万円(65,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 暗号資産市場は一時急落、インフレの見通し次第で上昇か?
BTC(ビットコイン)、1100万円に乗せてからの押し目買い狙い ETH(イーサリアム)のエントリーはCPIなどの結果を見て週後半から
加藤 宏幸
最新クリプト事情 米国でイーサリアム現物ETFが進展、暗号資産の現物ETFは広がるのか
2024年5月、米国でイーサリアム現物ETFの承認が大々的に報じられた。実際には一部の規則変更に関するフォームが承認されただけだ...
松嶋 真倫
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)はFOMC次第で米ドル建ての史上最高値をトライするか
ビットコインは、米国で利下げ観測が高まる中、米国株とともに堅調に推移した。米国、香港、英国に続いて豪州でも現物ETFの取扱いがスタートし、投資家参入の期待が高まった。 来週のビットコインはFOMC(米連邦公開市場委員会)次第で米ドル建ての史上最高値をトライする可能性がある。直近、上値としてBTC=1,154万円(74,000ドル)、下値としてBTC=1,061万円(68,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)は買い場を意識する時間帯か
BTC(ビットコイン)は1040-1090万円レンジで推移か? ETF(イーサリアム)は現物ETFの進捗待ち
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米雇用統計等次第で相場が左右される、ブラックロックのイーサリアム現物ETFは承認なるか
ビットコインは、現物ETFの資金流入が回復する中、一時はBTC=1,095万円(70,000ドル)を突破したが上値の重い展開となった。 来週のビットコインは米雇用統計等次第で相場が左右される。ブラックロックのETH現物ETFが承認されるかにも注目。直近、上値として史上最高値付近であるBTC=1,158万円(74,000ドル)、下値としてBTC=1,017万円(65,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ イーサリアム現物ETF、上場期待で断続的に上昇か?
イーサリアム(ETH)、円建てで史上最高値を更新 ビットコイン(BTC)は横ばいレンジを予想
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は日本円建てで史上最高値を更新、米国におけるイーサリアム現物ETFの承認でさらなる上昇に期待
ビットコインは、米国金利の低下が一服し、もみ合いとなった。しかし、米国でイーサリアム現物ETFの承認期待が急速に高まり、イーサリアムが高騰する中で、日本円建てで史上最高値を更新した。 来週のビットコインは米国でイーサリアム現物ETFが承認されればさらなる上昇に期待。PCE指数の結果にも要注目。直近、上値としてBTC=1,158万円(74,000ドル)、下値としてBTC=1,049万円(67,000ドル)を意識する。 5月24日早朝に米国でブラックロック等を含む8銘柄のイーサリアム現物ETFが承認された。
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 暗号資産市場は上昇トレンド再開、BTC(ビットコイン)は連れ高相場に
BTC(ビットコイン)は1000-1010万円の押し目を意識 ETH(イーサリアム)は下降トレンドライン突破が鍵か
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米国金利の低下が続けば買いが強まると予想、現物ETFの資金フローにも注目
ビットコインはもみ合いの展開が続いていた。しかし、米国の主要インフレ指標の鈍化を受けて利下げ観測が高まり、米国株とともに急上昇した。S&Pとナスダックが過去最高値を更新する中、BTC=1,026万円(66,000ドル)付近まで高騰した。 来週のビットコインは米国金利の低下が続けば買いが強まると予想する。米国株の上昇を受けて現物ETFの資金流入が強まるかにも注目。直近、上値としてBTC=1,120万円(72,000ドル)、下値としてBTC=933万円(60,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 暗号資産市場は上値重いまま、 BTC(ビットコイン)は少しずつ価格回復
BTC(ビットコイン)、待ちの状態で 押し目買いの体制を整える時間帯 ETH(イーサリアム)は地合い悪し、44万円割れから41万円前後か?
加藤 宏幸
最新クリプト事情 米国で暗号資産規制の動きが再び、大統領選でも立場が分かれる
米国で証券取引委員会(以下、SEC)による暗号資産関連企業の取り締まりが再び強化されている。2024年4月にはSECが分散型取引所...
松嶋 真倫
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米CPI次第で買い支えられる展開を予想、悪材料相次ぐ中で上値は重いか 
ビットコインは、米国の利下げ観測で一時は上昇するも、暗号資産関連企業の取り締まりなども懸念される中で上値の重い展開となった。 来週のビットコインは米CPI次第で買い支えられる展開を予想するも悪材料が相次ぐ中で上値は重いか。直近、上値としてBTC=1,014万円(65,000ドル)、下値としてBTC=858万円(55,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 為替介入警戒でBTC(ビットコイン)は乱高下、GWの予想レンジは920-1020万円
BTC(ビットコイン)はレンジトレード機会が多い状況 ETH(イーサリアム)は細かいトレードで買い目線継続を意識
加藤 宏幸
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)は900万円割れを防ぎ、しばらくレンジ相場か
BTC(ビットコイン)はコアレンジ980万円-1025万円を意識 ETH(イーサリアム)は40万円前半が下値の目安か
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 ビットコインの半減期とは?過去のアノマリーを振り返り相場展開を予想
ビットコインの半減期とは? ビットコインの相場を半減期ごとに振り返る ビットコインは半減期アノマリーで3000万円を超える? ビットコインの半減期アノマリーが継続する条件を考える
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)半減期で断続的に上昇基調か
BTC(ビットコイン)は1000万円前後で推移し最終的に上昇か? ETH(イーサリアム)は買いトレード開始の局面か
加藤 宏幸
最新クリプト事情 円安進行の中、日本でも企業によるビットコイン購入の動きが広がるか?
2024年4月8日、東証スタンダード上場企業であるメタプラネット(3350)が新株予約権で調達する約9億円をもとにビットコインを購...
松嶋 真倫
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米国企業決算や香港ETFなど好材料なければ半減期前後の売りに警戒
ビットコインは米国で現物ETFの資金流入が回復し次第に買いが強まった。香港における現物ETFへの期待で一時BTC=1,109万円(72,500ドル)付近まで高騰し、日本円建てでは史上最高値を更新した。しかし、米国で現物ETFが再び流出超過に陥り、米3月消費者物価指数では利下げ観測が後退し、BTC=1,040万円(68,000ドル)付近まで急落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容や香港の現物ETF期待を受けて買い戻しが強まったが上値の重い展開が続いた。 来週のビットコインは米国企業の決算発表や香港における現物ETFの成立など好材料があれば買いの勢いを取り戻す可能性がある。特段材料がなければ半減期前後の売りに警戒。直近、上値としてBTC=1,132万円(74,000ドル)、下値としてBTC=918万円(60,000ドル)を意識する。
松嶋 真倫
前へ 1 2345678910 ... 次へ