田嶋智太郎の外国為替攻略法の記事一覧

株式会社アルフィナンツ 経済アナリスト 田嶋智太郎氏が、外国為替市場の動向や、為替市場への投資の考え方について解説します。

隔週月曜日に更新
田嶋智太郎の外国為替攻略法
非常に重要な節目に到達した豪ドル/円
非常に重要な節目に到達した豪ドル/円
トランプ次期米大統領の経済改革に対する期待はなおも冷めやらず、昨日(12月13日)も米株市場では主要3指数が揃って史上最高値を更新する展開となりました。NYダウ平均に至っては、もはや2万ド...
ついにドル/円は31カ月線を上抜けた!
ついにドル/円は31カ月線を上抜けた!
11月30日のNY時間の終値ベースで、ついにドル/円の月足ロウソクは31カ月移動平均線(31カ月線)を上抜けることとなりました。前回更新分でも月足チャートの重要性については触れていますが、こ...
中期的なドル高基調は継続する!?
中期的なドル高基調は継続する!?
先週25日にドル/円は一時113.90円まで上値を伸ばし、そこで一旦「上げ一服」といった状況になっています。以前から本欄では「ドル/円の月足に注目」と繰り返し述べてきましたが、あらためて月...
トランプノミクスでドル高・円安へ!?
トランプノミクスでドル高・円安へ!?
米国第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任する運びとなりました。選挙前の段階では、同氏が勝利すれば世界の株価は急落し、ドルは徹底的に売り叩かれると見る向きも少なくはありませんでし...
潜在的に存在する
潜在的に存在する"円安の芽"とは?
ついに米大統領選の投開票がスタートしました。ニューヨーク・タイムズ紙の分析によりますと、一つの山場は日本時間の9日午前11時(米国東部時間の午後9時)とされていますが、本稿はスケジュー...
米大統領選前後のドル/円をどう見るか?
米大統領選前後のドル/円をどう見るか?
昨日(1日)、米ワシントンポスト紙とABCテレビが実施した世論調査でトランプ候補の支持率がクリントン候補のそれを上回ったと伝わり、市場には一気にリスクオフのムードが拡がることとなりまし...
米大統領選後のドル/円は上値余地を拡げる!?
米大統領選後のドル/円は上値余地を拡げる!?
この一週間は、とくにユーロ/ドルの下げが目立つ相場展開となりました。本欄の10月12日更新分で想定したとおり、先週20日にECB理事会が行われる前の段階で1.0950ドルの水準まで下押し、さらにE...
当面はドルの上値が押さえられがち...
当面はドルの上値が押さえられがち...
前回更新分の本欄で、筆者はユーロ/ドルについて「行く行くは大節である1.1000ドルや7月25日安値が位置する1.0950ドル前後の水準を試す可能性もあり得るものと、一応は心積もりしておくことも...
ユーロ/ドルは下値余地拡大の可能性が高まってきた!?
ユーロ/ドルは下値余地拡大の可能性が高まってきた!?
本欄の前回更新分で、筆者はドル/円について「89日移動平均線(89日線)と一目均衡表の日足『雲』上限の両方を上抜ければ、チャート・フェイスから受ける印象は大きく変わる」と述べました。そ...
今まさにドル/円は上放れするかどうかの正念場!
今まさにドル/円は上放れするかどうかの正念場!
9月27日から昨日(10月4日)まで、ドル/円は6営業日連続で上昇し、足下では103円近くまでの戻りを見せる展開となっています。その要因は複合的なものですが、まずは米大統領選の第1回TV討論会...
頼もしく思えた!?イエレン議長の会見内容
頼もしく思えた!?イエレン議長の会見内容
ちょうど一週間前に9月の日銀金融政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)という2大イベントを通過しましたが、その後の相場からは当面の方向感が非常に見出しにくくなっています。どうやら...
ユーロ/ドルの下値余地は拡がるか?
ユーロ/ドルの下値余地は拡がるか?
周知のとおり、本日(9月21日)は日銀金融政策決定会合と米連邦公開市場委員会(FOMC)が同じ日に行われるということで、其々の結果が判明した後には相場に一定の波乱が生じるものと見込まれま...
米求人の過去最高更新はドルにとってポジティブ!
米求人の過去最高更新はドルにとってポジティブ!
今週12日、米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事が講演で米国の早期利上げにネガティブな見解を示したことから、市場の早期米利上げ観測は大きく後退することとなりました。実際、この9月...
安易なドル売りには多少の違和感
安易なドル売りには多少の違和感
昨日(9月6日)発表された8月のISM非製造業景況指数や米労働市場情勢指数(LMCI)が市場の事前予想を大きく下回る結果となったことで、8月中旬以降、一定の盛り上がりを見せていた9月米利上げの...
ついにドル/円は複数の上値抵抗を突き破るか?
ついにドル/円は複数の上値抵抗を突き破るか?
周知のとおり、米ワイオミング州のジャクソンホールで催された経済シンポジウムにおいて、イエレンFRB議長が「この数カ月で追加利上げへの説得力が増した」と講演し、後にフィッシャーFRB副議長...
ドル/円は底入れの時期が近づいてきている!?
ドル/円は底入れの時期が近づいてきている!?
8月に入ってからというもの、多くの市場関係者は「夏季休暇中は手かがり材料不足で閑散とした相場展開が暫く続く」、「次の目ぼしい材料と言えば、8月下旬にジャクソンホール(ワイオミング州)...
なおもユーロ/ドルの戻りは続くのか?
なおもユーロ/ドルの戻りは続くのか?
欧米の政府機関・関係機関などが長い夏季休暇に入っていることもあり、外国為替相場が薄商いに終始するなか、一部のファンド勢が仕掛けたと見られるドル売りによって、昨日(16日)はドル/円が...
世界的な長期停滞の悲観論はいずれ覆される!?
世界的な長期停滞の悲観論はいずれ覆される!?
先週5日に発表された7月の米雇用統計が事前の市場予想を上回る好結果であったことから、発表前の8月2日に一時100.68円まで下押したドル/円が今週8日には一時102.65円まで値を戻す場面もありま...
ドル/円の月足は一体何を物語る?
ドル/円の月足は一体何を物語る?
米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合、第2四半期の米GDP(速報値)発表など複数の重要イベントを次々に通過した先週、ドル/円は週を通じて大きく値を切り下げ、弱気ムードを引...
なおもユーロ/ドルの下値リスクには要警戒!?
なおもユーロ/ドルの下値リスクには要警戒!?
前回の本欄では、ドル/円の上方に控える複数の重要な節目に注目しました。それは、今年の年初から形成されている「中期下降チャネル」の上辺(1月29日高値と5月30日高値を結ぶレジスタンスライ...