お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

田嶋智太郎の外国為替攻略法 の記事一覧

株式会社アルフィナンツ 経済アナリスト 田嶋智太郎氏が、外国為替市場の動向や、為替市場への投資の考え方について解説します。

田嶋智太郎の外国為替攻略法
極端な米国債利回りの上昇は続かない
極端な米国債利回りの上昇は続かない
米国債利回り上昇の背景 米ドル/円は底堅い推移を継続
米国債利回り一段高で米ドルは基本的に底堅い
米国債利回り一段高で米ドルは基本的に底堅い
ワクチン接種率が株価に影響 米国債利回りは上昇 米ドル/円は底堅い展開 ユーロの動向はワクチン接種拡大懸念の影響があるか
当面は各国・地域間のワクチン接種の拡大スピード差がモノを言う
当面は各国・地域間のワクチン接種の拡大スピード差がモノを言う
「2月警戒論」が現実のものとなるか 景気回復の行方を左右する新型コロナワクチン接種の拡大スピード
ドル・ショートの解消続き、ユーロ/米ドルに一段の下値リスク?
ドル・ショートの解消続き、ユーロ/米ドルに一段の下値リスク?
「ユーロ安・米ドル高」の背景 欧州経済の先行き不安の高まりによるユーロ売り 次期米財務長官のイエレン氏の発言に注目
2021年は時代のフェーズが一変し、ビッグ・チャンスが巡ってくるか
2021年は時代のフェーズが一変し、ビッグ・チャンスが巡ってくるか
年明け後の調整リスクに警戒 年内に時代のフェーズが「コロナ後」に一変する 中央銀行の政策方針の変化に注目
米株価とユーロ/米ドルは近く「一旦お休み」の可能性!?
米株価とユーロ/米ドルは近く「一旦お休み」の可能性!?
FOMC後も米ドル安が続く 株高により個人消費は活発化するか 米株価が一旦調整入りする可能性に要注意
問われる「リスクオンでドル売り」の持続性
問われる「リスクオンでドル売り」の持続性
ユーロ/米ドルが一時強気の展開 強気トレンドがなおも継続する? 「リスクオンでドル売り」に持続性があるのか 相場変動パターンが一気に変化する可能性も
そろそろ「リスク選好のドル安」も一服?
そろそろ「リスク選好のドル安」も一服?
懸念材料を抱えるユーロ圏 世界的な株高による「リスク選好のドル安」 イエレン氏の米財務長官起用でどう変わる?
リスク選好の円安一巡で米ドル/円は一つの正念場
リスク選好の円安一巡で米ドル/円は一つの正念場
株高による「リスク選好の円安」 米ドル/円にとっての正念場は? 米大統領選の行方など懸念材料も
米大統領選の開票状況次第で少々ボラタイルな展開も
米大統領選の開票状況次第で少々ボラタイルな展開も
リスク回避の円買いへとなびきやすいムード 対米ドルでの中国人民元とユーロの上昇が一服 米大統領選「激戦州」の結果に注目。少々ボラタイルな展開も
当面、英ポンドの動きから目が離せない
当面、英ポンドの動きから目が離せない
英国・EUのFTA交渉の難航による相場への影響 懸念されるユーロの弱気材料 米ドル/円は一定レンジ内の動きに
トランプ米大統領の容体を気にかけつつ、米追加経済対策の行方にも注目!
トランプ米大統領の容体を気にかけつつ、米追加経済対策の行方にも注目!
トランプ米大統領の容体が相場に影響 米追加経済対策を巡る協議 RBA政策会合は利下げを見送る公算 今週、ECBラガルド総裁の発言にも注目
「実質金利マイナスの米ドル売り」と「リスク選好の円売り」が綱引き
「実質金利マイナスの米ドル売り」と「リスク選好の円売り」が綱引き
先週、米国株は「当然あるべき調整の場面」を迎えた 今後も「リスク選好の円売り」がモノを言う場面は少なくはない 21日移動平均線が強い下値支持として機能し続けるかどうかに注目
FRBの新指針で基本リスクオンのムードは継続
FRBの新指針で基本リスクオンのムードは継続
FRBの新指針発表で米株価は強気の展開に 首相の辞任による相場への影響 豪ドル/円は依然強気の展開 ユーロ/米ドルは当面レンジ内での動きが続く見通し
なおも米債利回りの上昇が続くかどうかに注目!
なおも米債利回りの上昇が続くかどうかに注目!
米ドル安の流れが一服 米ドル/円は一段の上値を追う展開になるか
なおもドル安の流れが継続するのかを見極めたい!
なおもドル安の流れが継続するのかを見極めたい!
先週末にかけてリスク回避の円買いが優勢 ドル安要因に変化が起こる可能性 今週はクロス円が強含みの展開を続けるかに注目
そろそろリスク選好ムードも一服か?
そろそろリスク選好ムードも一服か?
米国株は楽観的なムードの一服からやや後退へと変化 豪ドル/円と日経平均株価の相関関係
中国株高の持続力に注視
中国株高の持続力に注視
中国景気の回復基調が一層強まると、どうなるか 新型コロナウイルス感染拡大の警戒から低調の米金利 今後の見通しは
トランプ氏による起死回生の政策行動は「吉」と出るか!?
トランプ氏による起死回生の政策行動は「吉」と出るか!?
新型コロナウイルス第2波への警戒は米国市場にどう影響するか トランプ氏による起死回生の政策行動がもたらすもの
米・日株価の調整が僅かなら米ドル/円、クロス円の下値も限られる
米・日株価の調整が僅かなら米ドル/円、クロス円の下値も限られる
先週6月10日(水)、米株市場でナスダック総合指数が10,000ポイントの大台に乗せて史上最高値を更新しました。思えば、このことが米株価の上げ一服から一時調整局面入りのひとつのきっかけにな...
前へ 1 2345678910 ... 次へ
田嶋 智太郎
田嶋 智太郎
経済アナリスト 株式会社アルフィナンツ 代表取締役
1964年東京都生まれ。1988年慶応義塾大学卒業後、(現)三菱UFJモルガン・スタンレー証券勤務を経て独立転身。名古屋文化短期大学にて「経営学概論」「生活情報論」の講座を受け持った後、経済ジャーナリストとして主に金融・経済全般から戦略的な企業経営、引いては個人の資産形成、資金運用まで幅広い範囲を分析・研究してきた。民間企業や金融機関、新聞社、自治体、各種商工団体等の主催する講演会、セミナー、研修等の講師を数多く務め、これまでの累計講演回数は3000回前後に上る。新聞・雑誌・WEB等の連載も数あり、現在は、日経BizGate(https://bizgate.nikkei.co.jp/)にて「先読み&深読み 経済トレンドウォッチ」などの執筆を担当。ほかに、自由国民社『現代用語の基礎知識』の「貯蓄・投資」欄の執筆も手掛ける一方、定期的に日経CNBCコメンテーターも務める。