お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

ストックボイス の記事一覧

毎週原則火曜日、マネックス証券のアナリスト陣のストックボイス出演動画を掲載します。

ストックボイス
米国株展望‐マーケットは業績相場に移行するか12:45
米国株展望‐マーケットは業績相場に移行するか
・実体経済が回復してくるのはこれから。米国株は今は期待先行で動いている。・米国については秋ごろから実体経済が回復、株式相場も活況となるのではないか。・今後の米国株相場で業績の他に押...
日本株は業績の裏付けを伴った「意味のある値ごろ感」が出始めている12:23
日本株は業績の裏付けを伴った「意味のある値ごろ感」が出始めている
・先週の下落の背景は?・トヨタなどグローバルに活躍する企業は現在の日本の冴えない状況にも関わらず業績を伸ばしている。・コロナ感染者の減少、ワクチン接種が進んでくれば日本株相場も明る...
米国株市場展望 セルインメイは当てはまる?12:57
米国株市場展望 セルインメイは当てはまる?
・S&P500採用銘柄の内、90%の企業が決算発表を終え、この内86%の企業が事前予想を上回っている。・グロース株がボトムアウトするタイミング‐今後の動向を注視・セルインメイは当てはまる?...
連休明けにかけて注目される材料は12:59
連休明けにかけて注目される材料は
・今週のFOMCは無風か?・バイデン大統領の施政方針演説に注目・連休明けの国内決算発表が本格的に相場の方向を決める材料となるだろう
米銀決算と今後の株価見通し12:41
米銀決算と今後の株価見通し
・米銀大手の21/1-3月決算はここまでの株価上昇を裏付ける内容・資金利益は減少したが、運用可能資金は過去最高の水準・米銀の好材料は出尽くしたのか?
世界景気が回復する中、日本が取り残されるリスク12:56
世界景気が回復する中、日本が取り残されるリスク
・決算発表シーズンを迎え、マーケットの反応をどう見るか-業績、今期の見通しとマーケットの反応のずれ・世界経済がコロナ禍を脱し景気回復に向かう中、日本が取り残されるリスクをマーケット...
米国株市場展望 現在マーケットで起きていること12:53
米国株市場展望 現在マーケットで起きていること
・バリュー株とグロース株がローテーションを組むような形で相互に上昇し株価指数を押し上げている・米国株市場のアノマリー・米国企業の決算発表で注目したいセクター
配当落ち後の即日埋めきり、相場は強い12:18
配当落ち後の即日埋めきり、相場は強い
・3月は需給悪があったが年度明けで軽くなった・アルケゴスについてはリスク要因としては大きくない
S&P500の動きはどうなる?12:30
S&P500の動きはどうなる?
・2020年9月2日からは裾野の広がりが見えている・2021年年末にかけて4,150ポイント
どうなる金利?上昇リスクを検証13:10
どうなる金利?上昇リスクを検証
・金利と株価の長期的な関係・金利上昇は続く?・少なくとも、当面は低下の可能性‐国債利回りのアノマリー
日経平均 3月は3万円台を固める展開12:45
日経平均 3月は3万円台を固める展開
・米金利上昇は一服、今後も上昇基調は続くだろうが急上昇することはないのではないか・3月は大きな値動きはなく日経平均は3万円台を固める展開となるだろう・4月からは新年度入りでニューマネ...
【米国株】今後のマーケット展望 12:47
【米国株】今後のマーケット展望 
・決算発表シーズン終盤‐予想を上回る好決算・今後のマーケットに影響を与えるイベントは?・バリュー株に対する期待‐昨年落ち込みが激しかったバリュー株の業績のリバウンドが今後顕著となる
マーケットは過熱感なし13:06
マーケットは過熱感なし
・上昇ピッチは速いが調整を入れながらの上昇であり、過熱感は感じられない。・上方修正ラッシュの決算発表が終ったあとは、新型コロナワクチン接種や緊急事態宣言の解除による景気回復期待もプ...
大手行3Q決算の評価と今後の見通し12:50
大手行3Q決算の評価と今後の見通し
・会社の通期計画対比の達成率は100%超・しかし株価は一時期の勢いが止まる‐銀行業績の見通しと不安感・株式市場で銀行株の評価が高まるために必要な条件は?
二極化がすすむ株式市場12:55
二極化がすすむ株式市場
・今のマーケットの主役は新しいハイテク企業・米国企業の決算発表と株価の反応・日本企業の決算発表で注目される銘柄は?
日本株の強さの背景12:56
日本株の強さの背景
・新型コロナウイルス感染拡大の影響は?・マーケットは来年度の業績を織り込んでいるのではないか・節分天井・彼岸底となる展開を予想
【米国株】2020年のマーケットの振り返りと今後の見通し13:08
【米国株】2020年のマーケットの振り返りと今後の見通し
・活況が続くIPO市場・個人投資家の商いがマーケットに与える影響・目先の材料は?またリスク要因は?
日経平均2万7000円超え ‐ 2021年もこの流れが続くか13:00
日経平均2万7000円超え ‐ 2021年もこの流れが続くか
・本日のマーケットの動きについて・米国のリスク要因‐年明けのジョージア州の選挙、バイデン氏の増税案など・日本のリスク要因‐菅内閣の支持率急落などによる政治不安
【米国株】S&P500の見通し12:50
【米国株】S&P500の見通し
・S&P500の収益見通し・来年のアメリカの方向性が見えてきた・考えられるリスク要因・S&P500は2021年末で4,100ポイントに到達する展開を予想