脱炭素 の記事一覧

電力供給の取り組みから脱炭素へ、相場への影響とは
市場のテーマを再訪する。アナリストが読み解くテーマの本質 電力供給の取り組みから脱炭素へ、相場への影響とは
電力不足に警戒感 今冬、最大9基の原子力発電所を再稼働 脱炭素も考慮した抜本的な解決策とは カーボンリサイクルにも注目
ホンダ(7267)、700億円で中国にEV新工場建設、2024年に2拠点稼働を目指す
ストレイナー決算・ビジネスニュース解説 ホンダ(7267)、700億円で中国にEV新工場建設、2024年に2拠点稼働を目指す
ホンダは中国の南部にある広東省広州市で、EV(電気自動車)の新工場の建設を始めた。34.9億元(約700億円)を投じ、2024年の稼...
電気自動車と並ぶゼロ・エミッション車、燃料電池車の行方
いま、注目のテーマ 電気自動車と並ぶゼロ・エミッション車、燃料電池車の行方
長距離トラック用途で電気自動車は課題を抱える 余剰電力の貯蔵手段として水素が有望視 エネルギー多様化の観点でも水素は再注目される可能性あり トヨタが軸となりFCトラックの普及に取り組む FCトラックの本格普及は2030年前後と予想
電気自動車の動力源イーアクスルで受注獲得競争激化
いま、注目のテーマ 電気自動車の動力源イーアクスルで受注獲得競争激化
イーアクスル市場にメガサプライヤーが相次いで参入 日本電産がBEV時代の台風の目に トヨタ系列のアイシンも電動ユニットの生産能力を拡大へ
低価格電気自動車は新興国中心に拡大へ
いま、注目のテーマ 低価格電気自動車は新興国中心に拡大へ
「宏光ミニEV」の導入成功が発火点に 安全基準厳しく先進国での需要拡大は限定的とみる
電気自動車の普及で自動車産業の水平分業化が進むか
いま、注目のテーマ 電気自動車の普及で自動車産業の水平分業化が進むか
受託生産ビジネスの拡大進めるマグナ ホンハイが電気自動車用プラットフォームに本格参入 商用車向けプラットフォームに特化するREEオートモーティブ 大規模な受注獲得がビジネス成立の鍵に
電気自動車時代ではソフトウェアが収益源に
いま、注目のテーマ 電気自動車時代ではソフトウェアが収益源に
ハードウェアとソフトウェアが分離。ソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)へ ソフトウェアの分離が新規参入を促す ビークルOSは既存自動車メーカーが死守する姿勢 既存自動車メーカーもソフトウェアを収益源と位置付ける 車載用ソフトウェアの関連銘柄
全固体電池など次世代バッテリー開発競争に注目
いま、注目のテーマ 全固体電池など次世代バッテリー開発競争に注目
現状の電気自動車用バッテリーは中韓勢のシェアが高い 全固体電池の開発で巻き返し余地あり BASC旗揚げ。日系サプライヤーの追い上げなるか サブスクリプション形式の支払いに対応するバッテリー交換式の動きにも注目
電気自動車はレッドオーシャン化、日本の自動車メーカーは生き残れるのか
いま、注目のテーマ 電気自動車はレッドオーシャン化、日本の自動車メーカーは生き残れるのか
中国と欧州の電気自動車(BEV)販売拡大は奨励策の効果大 安全保障優先によるエネルギー政策転換リスクに注意 BEV時代到来で付加価値の源泉は別の場所に 日本企業がBEV市場に参入する理由とは
テスラ(TSLA)純利益は8.6倍!決算からみる次の戦略、不可能を可能にするイーロン・マスクの野望
石原順の米国株トレンド5銘柄 テスラ(TSLA)純利益は8.6倍!決算からみる次の戦略、不可能を可能にするイーロン・マスクの野望
テスラにとって重要なマイルストーンとなった2021年 次のギガファクトリーの建設も視野に!生産は50%以上増加する見通し テスラが自社開発するスーパーコンピューター「Dojo(ドージョー)」 「人に投資する」のも相場の1つの考え方 石原順の注目5銘柄
石原 順 石原 順
特別インタビュー【2】印IT大手ウィプロ(WIT)のESGへの取組み、人材戦略、2022年のビジネス展望とは?
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 特別インタビュー【2】印IT大手ウィプロ(WIT)のESGへの取組み、人材戦略、2022年のビジネス展望とは?
デジタルの進化に合わせて人材スキルをアップデート ESG・脱炭素戦略を積極的に推進 更なる能力向上と市場シェア獲得に向けて投資を強化
ついに本格化。中国の温暖化対策と日本への影響
金融テーマ解説 ついに本格化。中国の温暖化対策と日本への影響
中国の新たな温暖化対策の動きが明らかに 中国経済への影響と日本へのインプリケーション
大槻 奈那 大槻 奈那
半導体銘柄はまだ伸びるか
マーケットの羅針盤 半導体銘柄はまだ伸びるか
自動車メーカーの見通しについて ESGが追い風になる銘柄とは? インド株は今後も成長を続けるでしょうか?他
広木 隆 広木 隆
どうなる気候変動情報の開示【ESGレポート/前編】
ストラテジーレポート どうなる気候変動情報の開示【ESGレポート/前編】
気候変動はESGのなかのひとつであるEの、そのまたひとつに過ぎない これまで開示基準設置機関が乱立し国際的な統一基準は確立していなかった 近年はTCFD提言に沿った内容での開示が国際標準になりつつある
広木 隆 広木 隆
どうなる気候変動情報の開示【ESGレポート/後編】
ストラテジーレポート どうなる気候変動情報の開示【ESGレポート/後編】
TCFDが国際標準になりつつあるのは金融機関という情報利用者の視点からの発想がより強く反映されているから 新たな国際サステナビリティ基準審議会ISSBも登場 企業が指針にできるESG情報の世界標準の明示はまだ先
広木 隆 広木 隆
拡大するグリーンボンド市場、国別発行額や石油依存度との関係から見えること
世界に貢献する投資 新興国のポテンシャルを見る 拡大するグリーンボンド市場、国別発行額や石油依存度との関係から見えること
グリーンボンドとは グリーンボンドの調達の資金使途 温室効果ガス排出抑制への取組み 国別グリーンボンドの発行額と石炭依存度との関係性 まとめ
ディスプレーの進化を支えるGaN半導体 真空技術のアルバックが3割強上昇
いま、注目のテーマ ディスプレーの進化を支えるGaN半導体 真空技術のアルバックが3割強上昇
液晶、有機ELに続く次世代のマイクロLEDディスプレー ディスプレー・照明で活用されているGaN マイクロLEDディスプレー関連はソニーグループ、シャープ、アルバック
グロ―バルで広がる太陽光発電 富士電機、上昇トレンド回帰なるか
いま、注目のテーマ グロ―バルで広がる太陽光発電 富士電機、上昇トレンド回帰なるか
普及期に入った太陽光発電 太陽光発電システムで重要なパワーコンディショナー 太陽電池製造装置のエヌピーシー、パワコンの富士電機、安川電機に注目
EVインフラ普及を後押しする化合物半導体 ダイヘン(6622)に見直し買い期待も
いま、注目のテーマ EVインフラ普及を後押しする化合物半導体 ダイヘン(6622)に見直し買い期待も
脱炭素によるEV普及がさらに加速欧州では欧州連合(EU)が脱炭素推進のため、ハイブリッド車を含むガソリン車などエンジンで動く...
高性能のSiC次世代パワー半導体、ロームの株価に出遅れ感も
いま、注目のテーマ 高性能のSiC次世代パワー半導体、ロームの株価に出遅れ感も
デジタルシフトや脱炭素で次世代化合物半導体への期待高まる 省エネ性能が高く、高電圧・高温下にも強いSiC(炭化シリコン) 昭和電工、ローム、富士電機などがSiCに注力
前へ 1 2 次へ