米国市場 の記事一覧

マクロテーマ解説 【マクロ経済動向3月】米国経済はこれまでと異なる景気サイクル、変化にどう備えるか?
改善が期待される企業景況感、先行きを占う意味で注目 商業銀行の融資態度は2四半期連続で改善 物価上昇率の落着きも一巡、2%に向かっていくか? 米国株式市場は銘柄物色が広がるか?上値が重い展開も予想 米国はグロース中心で日本はバリュー中心、日本株は上値追いに期待
塚本 憲弘
13:04
ストックボイス 【米国市場】ノーランディングもあり得る米国景気、意識しておきたい投資戦略とは?
・米国では物価が上昇し政策金利も引き締められたものの、現状は景気後退に入っておらず、これまでとは異なる景気サイクルと言え...
塚本 憲弘
13:05
ストックボイス 【米国株】米国市場はS&P500、NASDAQ100とともに小型株ラッセル2000指数も上昇し理想的な展開で市場の裾野を拡大
・米国株は堅調で、グッドニュースが素直に受け入れられるようになってきている。景気が良いとインフレに繋がり金利が上がる=バ...
12:57
ストックボイス 【米国株】経済は堅調に推移、企業決算に要注意
・米国は景気サイクルで成熟した段階にあるが、経済は堅調に推移している。市場では景気後退よりソフトランディングのコンセンサ...
塚本 憲弘
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】人工知能(AI)関連グロース株:マイクロソフト[MSFT]成長性とは
主なポイント マイクロソフトはクラウドサービスとソフトウェアを通じて、人工知能(AI)から莫大な収益が見込まれる マイクロソフトについて押さえておくべき2つの重要ポイント マイクロソフトは2030年にかけて10%台前半の売上成長を達成する可能性 AI関連銘柄は、分散投資を検討するのが賢明か
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 【米国株】2023年振り返りと2024年米国大統領選挙の年の米国株展望
2023年は様々な逆境のなか、世界的に株式が上昇した1年 2024年は米国大統領選挙の年。年前半はマーケットの調整がある可能性
13:08
ストックボイス 【米国株】「Stay invested」投資を継続することが大切/2024年の米国株式市場見通し
・12月の米国株のマーケットは感謝祭から年末まで非常に強く、S&P500は4.4%上昇しており、クリスマスラリーが起きている状況。S&...
12:56
ストックボイス 2024年の米国長期金利の見通しについて
・12月のFOMCでは、金利が据え置かれるといわれていた中で、反転して利下げを議論したということで、かなりハト派な印象は強かっ...
塚本 憲弘
相場一点喜怒哀楽 年末ラリーを意識し始めた米国株
米国株式市場は、主要3指数で年初来高値を更新 マグニフィセント・セブンの中でも強気はエヌビディア。その他モメンタム銘柄の動きにも注目
東野 幸利
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 【米国株】12月に入り順調な推移を続ける米国株市場、年末ラリーの行方は今週のイベントにかかっている
強い経済指標に素直に反応し株価が上昇 米国市場は小型株も買われ始め、市場の裾野を広げている 今週の注目はCPIの発表と今年最後のFOMC
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 【米国株】金利低下に伴い米国株は小型株を中心に上昇、12月のアノマリー通り年末にかけて更なる上昇に期待
11月はS&P500、ナスダック100ともに年初来高値を更新 小型株が相対的に上昇し、イコールウエイト指数のパフォーマンスが良くなっている アノマリーで見る12月の米国株
ストラテジーレポート 【日本株】日経平均、2024年年末予想は4万2000円
米国の利上げ打ち止め・米国景気はソフトランディング。 相場サイクルとしては「逆業績相場」と「金融相場」が同時進行するイメージ。 日本の景気は①マイルドなインフレの定着、②インバウンド、③経済対策、④円安の持続等で緩やかな成長維持。 日銀の緩和策修正はむしろデフレ脱却=金融政策正常化とポジティブに受け止められるだろう。 今期の業績は15%増益で着地。来期は前半2%、後半7%増益がコンセンサスに。PERは16倍台半ばに上昇、日経平均は2024年年末に4万2000円を予想。
広木 隆
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】伝説のパートナーシップを組んでいたチャーリー・マンガー氏が99歳で死去
バークシャー・ハサウェイの副会長であり、ウォーレン・バフェット氏の右腕だったチャーリー・マンガー氏は、長年にわたる遺産と多くの名言を残した マンガー氏の投資キャリア マンガー氏とバフェット氏の出会い 投資に関するマンガー氏の名言 マンガー氏よ、安らかに
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル/円の「米大統領選アノマリー」
2024年は4年に1度の米大統領選挙が予定されている。大統領選挙年の米ドル/円は、選挙前は比較的狭い値幅での小動きが続くものの、選挙前後からは一転一方向への大相場に向かうパターンが続いてきた。 論理的に説明するのは難しいものの、繰り返されてきたパターン、つまり「米大統領選挙アノマリー」と言って良いだろう。
吉田 恒
12:53
ストックボイス 【米国株】2024年に向けての高成長を織り込んだ米国市場。年末ラリーに期待
・S&P500は10月27日の安値から堅調に推移しており、上値抵抗線を抜けてここまで11%上昇している。・マーケットの成長は、金利は...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 【米国株】エヌビディアの株価は史上最高値を更新も、政府の輸出規制次第に。クリスマスラリーはS&P500の年末ターゲット予想4,800ポイントへの現実味...
感謝祭の週は下がりやすいというアノマリーを上昇で乗り越えたマーケット。注目のエヌビディア第3四半期決算は予想を大きく上回る ウォール街のアナリストはエヌビディアの目標株価を上方修正も、輸出規制への懸念に市場は反応せず 米国市場は年末ラリーへ突入、S&P500の年末のターゲット予想4,800ポイントに現実味
13:09
ストックボイス 利下げ期待に要注意、2024年を見据えたリスク資産の考え方
・米国の状況を見ると、米利上げはほぼないだろう。今後は利下げが期待されており、2024年夏ごろまでには2回程度の利下げが予想...
塚本 憲弘
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 【米国株】市場の裾野が広がり始めた米国株。歴史的に下がりやすいアノマリー週を、エヌビディアの決算発表が変えられるか?
​10月のインフレ指数は予想を下回り、利下げ期待高まる 小型株が買われ、市場の裾野が広がりを見せる米国株市場 目先の市場の方向性を決めるのはエヌビディア[NVDA]の決算発表 アノマリーが示唆する感謝祭の週と翌週のS&P500の推移
吉田恒の為替デイリー 【為替】為替の主テーマは「インフレ→景気」の可能性
CPIなど米インフレ指標の発表を受け、米ドル/円は一方向へ3円以上と大きく動くケースが続いたが、それに比べると徐々に反応は限られるようになってきた。 11月初めの米10月雇用統計発表を受けて米ドル/円が1円以上急落したように、米ドル/円はインフレ指標より景気指標への反応が大きくなってきた可能性がある。
吉田 恒
前へ 1 2345678910 ... 次へ