お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

まるっと週刊ビットコイン予想 の記事一覧

マネックス仮想通貨研究所(マネックスクリプトバンク株式会社運営)が、ビットコインなどの仮想通貨に関する相場予想をウィークリーでお届けします。価格情報を含む今週の振返りと、来週の相場予想をぜひご覧ください。

まるっと週刊ビットコイン予想
BTC(ビットコイン)は年初来高値を更新、調整をこなしつつ買い継続となるか
BTC(ビットコイン)は年初来高値を更新、調整をこなしつつ買い継続となるか
BTCは米国株下落の場面でも強い買いが続き年初来高値を更新、米決済大手PayPalの参入を受けてさらに高騰し、週足で10%超の大幅上昇 来週はボラティリティの高まるなかで一時は調整売りが強まるか、しかし、調整をこなしつつ買いが継続することも、直近上値として2019年に記録したBTC=144万円(13,800ドル)付近、下値としてBTC=125万円(12,000ドル)を意識
企業によるBTC(ビットコイン)購入の動きは続くか、米国企業決算にも注目
企業によるBTC(ビットコイン)購入の動きは続くか、米国企業決算にも注目
BTCは、米SquareによるBTC購入を受けてBTC=116万円(11,000ドル)を上抜け、ETH急騰もあり一時はBTC=123万円(11,700ドル)まで高騰、その後は過熱感から急落し、米追加経済対策への失望から米国株も下落するなか軟調な推移 XRPは、Ripple主催のイベント「SWELL」に注目が集まったが、軟調な推移が継続 BCHは、11月のハードフォークで再び分裂する可能性が懸念され軟調な推移が続いていたが、急反発しBTC建てで上昇 来週は企業によるBTC購入の動きは続くか、米国企業決算にも注目、直近上値としてBTC=127万円(12,000ドル)、下値としてBTC=116万円(11,000ドル)を意識
米トランプ大統領の一挙手一投足に相場は反応、立ちはだかるBTC(ビットコイン)=11,000ドルの壁
米トランプ大統領の一挙手一投足に相場は反応、立ちはだかるBTC(ビットコイン)=11,000ドルの壁
BTCは米トランプ大統領の新型コロナ感染から回復まで、米追加経済対策協議の停止発表、一転して航空業界や中小企業などへの支援策への言及などに反応、米SquareによるBTC購入が相場を支え、週足では横ばい 来週も先行き不透明な状況は継続、立ちはだかるBTC=117万円(11,000ドル)の壁、直近下値としてはBTC=106万円(10,000ドル)を意識
米大統領選を前に先行き不透明な状況が継続、BTC(ビットコイン)は上値の重い展開を予想
米大統領選を前に先行き不透明な状況が継続、BTC(ビットコイン)は上値の重い展開を予想
BTCは、KuCoinハッキング事件や、米追加経済対策と米大統領候補討論会の動向などに一喜一憂するも、もみ合いの展開 来週は米大統領選を前に先行き不透明な状況が続くなか上値の重い展開を予想、直近上値としてBTC=118万円(11,200ドル)、下値としてBTC=106万円(10,000ドル)を意識
BTC(ビットコイン)は米国株次第ではさらなる上昇期待も、先行き不透明な状況は継続
BTC(ビットコイン)は米国株次第ではさらなる上昇期待も、先行き不透明な状況は継続
BTCは米FOMCへの期待から米国株や金相場とともに堅調に推移し一時BTC=(11,100ドル)まで上昇、米FOMC後には利益確定売りが優勢 来週は米国株次第ではさらなる上昇期待も、先行き不透明な状況は継続、直近上値としてBTC=120万円(11,400ドル)、下値としてBTC=110万円(10,500ドル)を意識
米FOMCに注目、BTC(ビットコイン)は米国株の動向に左右される展開か
米FOMCに注目、BTC(ビットコイン)は米国株の動向に左右される展開か
BTCは先週の暴落後も軟調な推移となったが、BTC=106万円(10,000ドル)付近では底堅く推移し、週末にかけては米国株と金相場、そしてETHの急反発とともに買い戻し優勢の展開 来週は米FOMCに注目、BTCは米国株の動向に左右される展開か、直近上値としてBTC=117万円(11,000ドル)、下値としてBTC=102万円(9,600ドル)を意識
流動性相場の反動が現れる、BTC(ビットコイン)は底値を固めることができるか
流動性相場の反動が現れる、BTC(ビットコイン)は底値を固めることができるか
BTCは週初、金相場の一時2000ドル回復、ETHの強い値動きもあり買い優勢となったが、4度目となるBTC=127万円(12,000ドル)トライに失敗、その後、ETHとともに急落しBTC=117万円(11,000ドル)を割り込んだ 来週は底値を固めることができるかが焦点、米国株が続落となればBTC=106万円(10,000ドル)を割り込む可能性、直近上値としてBTC=117万円(11,000ドル)、下値としてBTC=104万円(9,800ドル)を意識
米国で高まる暗号資産への関心、BTC(ビットコイン)は金相場の下げをこなすことができるか
米国で高まる暗号資産への関心、BTC(ビットコイン)は金相場の下げをこなすことができるか
BTCは米国株高が進行するなか、これまで相場を牽引してきたETHの下落もあり、金相場とともに売り優勢の展開、一時BTC=120万円(11,300ドル)を割り込む 来週は金相場とともにさらに下落する懸念は残るも底堅い推移を予想、直近上値としてBTC=127万円(12,000ドル)、下値としてBTC=114万円(10,800ドル)を意識今週の相場動向
金相場とともに乱高下し一時BTC(ビットコイン)=12,500ドル、堅調な展開を予想
金相場とともに乱高下し一時BTC(ビットコイン)=12,500ドル、堅調な展開を予想
BTCは金相場とともに乱高下、一時BTC=133万円(12,500ドル)付近まで上昇したがたちまち下落し、行ってこいの展開 来週は堅調な展開を予想、金相場次第ではさらに下落する懸念も、直近上値としてBTC=133万円(12,500ドル)、下値としてBTC=117万円(11,000ドル)を意識
株式市場へと流れがシフトするなか、3度目トライでBTC(ビットコイン)=12,000ドル上抜けなるか
株式市場へと流れがシフトするなか、3度目トライでBTC(ビットコイン)=12,000ドル上抜けなるか
BTCは2度目となるBTC=128万円(12,000ドル)を試すも上抜けならず、金相場が2000ドルを割り込んで急落すると同様に大きく下落し、その後も金相場とともに下げ止まったが軟調な推移 来週は株式市場へと流れがシフトするなか3度目トライでBTC=128万円(12,000ドル)を上抜けるかに注目、直近下値としてはBTC=117万円(11,000ドル)を意識
金相場が高値を更新し続けるなか、BTC(ビットコイン)=12,000ドルを超えられるかが焦点
金相場が高値を更新し続けるなか、BTC(ビットコイン)=12,000ドルを超えられるかが焦点
BTCは過熱感から10万円幅で急落した後も、DeFi市場が拡大するETHや、2000ドルを超えて高値を更新し続ける金相場とともに堅調に推移 来週は金相場が高値を更新し続けるなかBTC=127万円(12,000ドル)を超えられるかが焦点、直近上値としてBTC=127万円(12,000ドル)、下値としてBTC=116万円(11,000ドル)を意識
金相場とともにBTC(ビットコイン)高騰、過熱による急落には要警戒も堅調な展開を予想
金相場とともにBTC(ビットコイン)高騰、過熱による急落には要警戒も堅調な展開を予想
BTCは週初より金相場とともに堅調な推移となり約6週間ぶりにBTC=105万円(10,000ドル)を突破、その後、金相場が最高値を更新するとBTCも一時BTC=120万円(11,400ドル)付近まで高騰 来週は過熱による急落には警戒も堅調な展開を予想、直近上値としてBTC=120万円(11,400ドル)、下値として110万円(10,500ドル)を意識
海外ではアルトコインの物色が進む、BTC(ビットコイン)=9,500ドルを超えられるか
海外ではアルトコインの物色が進む、BTC(ビットコイン)=9,500ドルを超えられるか
BTCはハッシュレートの最高値更新が確認されると買いが強まり、アルトコインの高騰や金相場の上昇もあって、一時BTC=102万円(9,500ドル)付近まで上昇したが、過熱感から短期売り優勢となり再びBTC=100万円(9,300ドル)割れ 来週は感染再拡大の動きは依然不透明ながらBTC=102万円(9,500ドル)を超えられるかが焦点、直近下値としてBTC=96万円(9,000ドル)を意識 15-16日に控える日銀金融政策決定会合では政策据え置きが大勢、先月同様に現状維持が好感される可能性も
新型コロナ感染第2波が襲来か、BTC(ビットコイン)は上値の重い展開が続くと予想
新型コロナ感染第2波が襲来か、BTC(ビットコイン)は上値の重い展開が続くと予想
BTCは、米国株の反発や金相場の8年8ヵ月ぶり高値記録などにより買い戻しが進んだが、感染再拡大への懸念からBTC=100万円(9,300ドル)回復に向けては上値を重くしている 来週は上値の重い展開が続くか、直近上値としてBTC=102万円(9,500ドル)、下値としてBTC=95万円(8,800ドル)を意識
レンジ上抜けには材料に乏しいビットコイン、底堅い推移を予想
レンジ上抜けには材料に乏しいビットコイン、底堅い推移を予想
BTCは薄商いのなか、先物・オプションSQを前にさまざまな思惑が交差し乱高下したが、週足ではほぼ横ばい 来週は米国における感染再拡大が懸念されるなか底堅い推移を予想、直近上値としてはBTC=102万円(9,500ドル)、下値としてはBTC=94万円(8,800ドル)を意識
引き続き株式動向を注視、新型コロナ感染第2波への懸念からやや売り優勢か
引き続き株式動向を注視、新型コロナ感染第2波への懸念からやや売り優勢か
BTCは米国株の動向に一喜一憂する展開、BTC=100万円(9,300ドル)付近では底堅さを維持 来週は引き続き株式動向を注視、新型コロナ感染第2波への懸念からやや売り優勢となるか、直近上値としてBTC=103万円(9,600ドル)、BTC=94万円(8,800ドル)を意識
株式市場の動向に左右されながらも、BTC(ビットコイン)は底堅い推移を予想
株式市場の動向に左右されながらも、BTC(ビットコイン)は底堅い推移を予想
BTCは、景気回復期待から株式市場が強い値動きとなるなか、閑散とした相場が続いたが、米FOMCをきっかけに急騰し一時BTC=107万円(10,000ドル)を突破、その後、米国株とともに暴落しBTC=100万円(9,400ドル)割れ 来週は株式市場の動向に左右されながらも底堅い推移を予想、直近、上値としてBTC=107万円(10,000ドル)、下値としてBTC=94万円(8,800ドル)を意識
不安材料を取り払い、次こそBTC(ビットコイン)=10,000ドル突破を試す展開となるか
不安材料を取り払い、次こそBTC(ビットコイン)=10,000ドル突破を試す展開となるか
BTCは、騙し上げで一時BTC=109万円(10,000ドル)を突破、ハッシュレートの回復や、米中対立と米国デモによる逃避需要が意識され、荒い値動きのなかでも堅調さを維持 来週はマイニング難易度調整を通過し、次こそBTC=10,000ドル突破を試す展開となるか、直近下値としてはBTC=100万円(9,200ドル)を意識
マイニング環境と米中関係に注目、動向次第でBTC(ビットコイン)=10000ドル突破の可能性
マイニング環境と米中関係に注目、動向次第でBTC(ビットコイン)=10000ドル突破の可能性
BTCは週初、アルゼンチンのデフォルト報道や国内緊急事態宣言全国解除への期待などにより、2度のBTC=100万円(9,300ドル)回復を試すも失敗、その後、年初来安値を更新したハッシュレートに一喜一憂する展開が続くなか、3度目トライも失敗したが、香港国家安全法制定方針が決定した後の4度目でついにBTC=100万円(9,300ドル)を突破 来週は引き続きハッシュレート動向に左右されながらも堅調な展開を予想、マイニング環境と米中関係の動向次第でBTC=108万円(10,000ドル)回復の可能性も、直近下値としてはBTC=100万円(9,300ドル)を意識
続落するハッシュレート、BTC(ビットコイン)=100万円を割っても下げ幅は限定的か
続落するハッシュレート、BTC(ビットコイン)=100万円を割っても下げ幅は限定的か
BTCは、ハリーポッター作者によるTwitter投稿やBitMEXサーバーダウン、BlockFi顧客情報流出などが話題となり高値圏での揉み合いとなっていたが、マイニング難易度調整後の影響もみられないまま、2009年採掘BTCの移動が伝わると急落し、次第に買い戻しの勢いも弱まってBTC=100万円(9,300ドル)を割り込んだ 来週はハッシュレートが続落となればさらに価格を下げる可能性もあるが下げ幅は限定的か、直近上値としてBTC=100万円(9,300ドル)、下値としてBTC=91万円(8,500ドル)を意識 今日5月22日は初めてビットコインを利用した取引が行われた「ビットコイン・ピザ・デー」です、みんなでお祝いしましょう!
前へ 1 2345 次へ
マネックス仮想通貨研究所
マネックス仮想通貨研究所
マネックスクリプトバンク株式会社運営
所長:大槻奈那。暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに関する最新情報を発信する。ビットコインなどの相場情報については、note「ビットコイン相場【マネックスCB公式】」で。ブロックチェーンなどの技術的な情報については、「Block Insight by MonexCB」でご覧ください。

 


ビットコイン相場【マネックスCB公式】

Block Insight by MonexCB