ブレグジット の記事一覧

「合意なき離脱」回避の英ポンドを考える
吉田恒の為替デイリー 「合意なき離脱」回避の英ポンドを考える
英国のEUからの「合意なき離脱」は回避された。では英ポンド反発は続くだろうか。 近年、英ポンドの大幅な反発は、「売られ過ぎ」の反動によってもたらされることが基本だった。その観点でいえば、足元の英ポンドには「売られ過ぎ」懸念もないため、反発は限定的にとどまるのではないか。
吉田 恒 吉田 恒
続・「合意なき離脱」と英ポンドのシナリオ
吉田恒の為替デイリー 続・「合意なき離脱」と英ポンドのシナリオ
英国とEUの貿易協定を巡る協議は今週も続く見通しとなり、すぐに「合意なき離脱」が実現するリスクは後退した。 ただ英ポンドのポジションや金利差などを見ると、英ポンド反発は限定的にとどまり、下落リスクが高い状況に著変ないのではないか。
吉田 恒 吉田 恒
「合意なき離脱」と英ポンドのシナリオ
吉田恒の為替デイリー 「合意なき離脱」と英ポンドのシナリオ
15日は、「合意なき離脱」の分岐点の1つ。では、「合意なき離脱」の可能性が高まった場合と、それが回避される可能性が高まった場合、英ポンドへの影響はどうか? CFTC統計のポジションなどを見る限り、英ポンドは決して「売られ過ぎ」ではない。その意味では後者の場合でも、買い戻しは限られそう。むしろ前者の場合の英ポンド売り余力拡大の可能性が大きそう。
吉田 恒 吉田 恒
「合意なき離脱」でも英ポンド反発の理由
吉田恒の為替デイリー 「合意なき離脱」でも英ポンド反発の理由
「合意なき離脱」の期限として英首相が設定した15日が目前に迫ってきた。なお「合意なき離脱」リスクが残る中で、9月下旬から英ポンドは反発。それはなぜか? 9月からの英ポンド急落再燃、下旬からの反発をある程度説明できたのは金利差。この関係がこの先も続くなら、英ポンドの行方は「合意なき離脱」より、英金利の見極めが鍵。
吉田 恒 吉田 恒
英ポンド「大幅下落リスク」の可能性
吉田恒の為替デイリー 英ポンド「大幅下落リスク」の可能性
「合意なきEU離脱」懸念再燃などをきっかけに、英ポンド急落が再燃している。 英ポンド/円は金利差から見ると「上がり過ぎ」。またポジションも英ポンド売り余力がたっぷりありそう。売り材料が続くようなら、英ポンドは「大幅下落リスク」要注意か。
吉田 恒 吉田 恒
ポンド下落進むか、英EU離脱後の貿易交渉は多難
Kettyが解説 英ポンド概況 ポンド下落進むか、英EU離脱後の貿易交渉は多難
英ポンド/米ドル(1.2545〜1.3360) 2月6日〜2月13日までアナリシス: 皆さま、こんにちは!新型コロナウイルスの影響で相場は...
Ketty Ketty
英ポンド/円下落、BOE金利発表とブレグジットの影響は?
Kettyが解説 英ポンド概況 英ポンド/円下落、BOE金利発表とブレグジットの影響は?
英ポンド/円 (138.00~144.50)1月30日~2月5日までアナリシス:皆さんこんにちは!EU議会(定数751)は1月29日、英国のEU離脱...
Ketty Ketty
英ポンド/米ドルは買いの動きも日足はペナント形成気味、次のブレイクは?
Kettyが解説 英ポンド概況 英ポンド/米ドルは買いの動きも日足はペナント形成気味、次のブレイクは?
英ポンド/米ドル(1.2900〜1.3420)1月23日〜1月29日までアナリシス: 皆さま、こんにちは!英上院は1月20日、EU離脱協定法案の...
Ketty Ketty
英EU離脱は1月末に事実上確定、ポンドの動きは膠着状態に
Kettyが解説 英ポンド概況 英EU離脱は1月末に事実上確定、ポンドの動きは膠着状態に
英ポンド/円(139.20~145.60)1月16日〜1月22日までアナリシス:皆さん、こんにちは!英国のニュースで最近話題になっているのは...
Ketty Ketty
英ポンド急騰後に大幅下落、EU離脱協定法案は2020年1月最終承認へ
Kettyが解説 英ポンド概況 英ポンド急騰後に大幅下落、EU離脱協定法案は2020年1月最終承認へ
英ポンド/円 (135.50〜145.60)12月26日〜1月3日までアナリシス:皆さん、こんにちは!英国総選挙も終わり、年末年始の相場の動...
Ketty Ketty
英政府がブレグジットの動きを強行すれば、当面のポンド上昇に影を差す可能性も
Kettyが解説 英ポンド概況 英政府がブレグジットの動きを強行すれば、当面のポンド上昇に影を差す可能性も
英ポンド/米ドル(1.2750〜1.3360) 12月19日〜12月25日までアナリシス: 皆さま、こんにちは!英下院議会の総選挙の結果は、保...
Ketty Ketty
続・英ポンド150円の可能性とは?
吉田恒の為替デイリー 続・英ポンド150円の可能性とは?
英ポンド/円は先週一気に148円に迫る動きに もっと上がってもおかしくないが、月内ならさすがに150円に迫るのがせいぜいか!?
吉田 恒 吉田 恒
英総選挙3つのシナリオに見るポンドの動き
Kettyが解説 英ポンド概況 英総選挙3つのシナリオに見るポンドの動き
英ポンド/円 (135.30~146.50)12月12日~12月18日までアナリシス:皆さん、こんにちは!いよいよ、明日英国下院総選挙が実施...
Ketty Ketty
英総選挙前に知っておきたい4つのデータ
吉田恒の為替デイリー 英総選挙前に知っておきたい4つのデータ
英ポンド高リスクの本質は、金利差の裏付けない短期的「行き過ぎ」懸念 一方、「買われ過ぎ」ではなく、中長期的には「下がり過ぎ」圏で、売り余力に限度!?
吉田 恒 吉田 恒
英総選挙目前、ポンドのストラテジー
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 英総選挙目前、ポンドのストラテジー
年内の2大イベントで為替市場が大きく動く? 12月12日(木)英国総選挙  12月15日(日)米国による対中追加関税発動
英ポンド150円の可能性とは?
吉田恒の為替デイリー 英ポンド150円の可能性とは?
英ポンド/円は、目一杯「上がり過ぎ」を拡大するなら一気に150円を目指す可能性はあるものの、薄商いだけに「大きな反動」が入るリスクも抱えているだろう
吉田 恒 吉田 恒
「ブレグジット相場」終わりの兆し
吉田恒の為替デイリー 「ブレグジット相場」終わりの兆し
英ポンド/円は短期的に「上がり過ぎ」懸念も強くなってきた それは逆に、中長期的には上昇トレンドへ転換したことを示している可能性がある
吉田 恒 吉田 恒
英総選挙の結果が出るまで、英ポンド/米ドルは基本買いの姿勢
Kettyが解説 英ポンド概況 英総選挙の結果が出るまで、英ポンド/米ドルは基本買いの姿勢
英ポンド/米ドル (1.2750〜1.3550)12月5日〜12月11日までアナリシス: 皆さま、こんにちは!膠着状態だった英ポンド/米ドル...
Ketty Ketty
「ブレグジット相場」の具体的シナリオ
吉田恒の為替デイリー 「ブレグジット相場」の具体的シナリオ
英ポンド/円は8月から上昇トレンドが展開しており、総選挙などで一時的に下がったとしても、132円を割れる可能性は低そう ただ短期的に142円以上は「上がり過ぎ」警戒域。短期的に150円を超える可能性は極めて低そう
吉田 恒 吉田 恒
英ポンド/円は保守党が過半数の公算受け上昇するも下落、再度上昇はあるか
Kettyが解説 英ポンド概況 英ポンド/円は保守党が過半数の公算受け上昇するも下落、再度上昇はあるか
英ポンド/円(137.50~144.00)11月28日〜12月4日までアナリシス:皆さん、こんにちは!英国下院総選挙の行方です。本日英世論調...
Ketty Ketty
前へ 1 2345 次へ