岡元兵八郎の米国株マスターへの道 ウクライナ情勢に進展なしも米国株は2週連続上昇
先週S&P500、ナスダック総合ともに上昇 米国企業の決算発表で事前予想を上回れるかに注目
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 軍事侵攻続くも米国株は上昇、アノマリーが示唆するものとは
先週、米国株式市場は上昇。ハイテク銘柄が牽引 米国株のアノマリーが示唆するもの
13:04
ストックボイス 【米国株展望】過去の地政学リスクイベントでの相場動向を検証
・過去の地政学リスクイベントによる下落は一時的で終わったケースが多い・ナスダック市場はベアマーケットに入ったがそれほど悲...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 VIX(恐怖指数)が30を超えた米国株、その後は?
ウクライナ情勢が激化するなかVIX指数が高騰 過去にVIX指数が7日間以上連続30を超えた後、S&P500は高い確率で上昇
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 ナスダック20%下落でベアマーケットに突入。歴史から考察する今後の行方
ウクライナ情勢の影響でナスダックはベアマーケットに突入 ナスダックはベアマーケット入り後、時間の経過とともに高い確率で上昇 下落局面における投資の考え方
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株長期投資家のための、過去約40年の間で起きた戦争から学ぶ教訓
マーケットはSell on the rumor, buy on the fact (噂で売って、事実で買う)という展開に 過去約40年の戦争開始後の株価を検証する ここで投資を検討するのであれば
ウォール街を知るハッチの独り言 全米で1億人が観るスーパーボウルの経済学 30秒のCMが8億円 その経済効果は最大で約550億円
アメリカで最も人々を団結させるスポーツイベントがスーパーボウルと言われています。スーパーボウルは、アメリカ最大のスポーツ...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 特別インタビュー【2】プライベートエクイティ市場の変化、フィンテック分野の注目ポイントとは
プライベートエクイティ市場に見られる変化 フィンテックを活用した「組込型金融」「モバイルバンキング」 2022年に注目したいテーマ・テクノロジーとは 世界各地に広がるスタートアップ企業の波 AR・VR技術の活用の広がり
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 特別インタビュー【1】米国ハイテク企業の聖地シリコンバレーはなぜ強いのか
シリコンバレー急成長の背景 今のシリコンバレーはバブルなのか 米国企業がイノベーションを生む強さ
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株は下落、いつ何が起きても不思議でないウクライナ情勢で
不安定な状況が続く米国株式市場 緊張高まるウクライナ情勢 米国株のバリュエーションは下落の方向へ
12:00
ストックボイス 【米国株展望】2月前半のマーケットを振り返る
・GAFAMの決算発表、ウクライナ情勢、FRB利上げ -マーケットの反応・ウクライナ侵攻が起きた場合のマーケットへの影響は?・今...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 先週の米国株式市場テーマは「インフレ」と現実の危機となるかもしれない「地政学リスク」
先週の米国株式市場は主要株価指数が下落、石油関連企業と防衛関連企業が上昇 現在のウクライナ情勢は1962年のキューバ危機の再来か
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 メタ(FB)にめためたにされ、アマゾン(AMZN)に救われた米国株
試練の1月に続き、2月1週目も波乱が続いた米国株式市場 米国の個人投資家のセンチメントは最悪の領域に GAFAMのGFAの決算発表に一喜一憂した今週のマーケット アマゾンの好決算が生んだ好センチメントを打ち消そうとした雇用統計、悪材料はほぼ織り込み済みか
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 アップルの好決算に救われた米国株式市場、ジェットコースター相場は続く?
週間ではプラスだが、引き続き乱高下の続いた米国株式市場 現在の米国株式市場は不確実性が高い マーケットの下げを止めたのはアップルの好決算 まだまだ続く第4四半期の決算発表
ウォール街を知るハッチの独り言 米国の家事代行事情とは
昨今、日本でも家事代行サービスを使う人が増えているようです。米国では一般家庭でもこの手のサービスは普通に活用され続けてき...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株式市場は最悪の事態に。果たしてGAFAM+Tが救世主となるか
投資家にとってしんどいマーケットが続く マーケットの運命を左右するのは今週から始まるGAFAM+Tの決算発表
11:58
ストックボイス 【米国株展望】本格化する決算発表に注目
・実際に利上げが始まるまでは今の高いボラティリティが続くだろう・今後数週間はインフレのデータ、利上げを示唆するニュースの...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 3月の利上げを織り込み始めた米国株、バリューがグロースをリードする環境が整う
先週は米10年債利回り上昇で、米国株式市場は下落 年初のナスダックの下げは今後の下げを示唆するものか? 顕著なグロース銘柄からバリュー銘柄へのローテーションの動きが始まった グロース銘柄が全く上がらないということではない 金利上昇による株式市場へのダメージを救えるのは企業業績
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 3年連続勝ち星の米国株、今年は?
2022年も米国株は上昇するのか 2022年の年末のS&P500のターゲットは5,150ポイント もうすぐ始まる2021年第4四半期の決算発表