岡元兵八郎の米国株マスターへの道 40年来のインフレを受けて今週の利上げはどうなるか
先週の米国株式市場は大幅下落 過去のデータを見ると必ずしも悲観的なものではない 今週のハイライトは15日水曜日のFOMC
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 疑心暗鬼の米国株式市場、悪材料出尽くしでリバウンドの動きも
企業トップによって見方が分かれる米景気後退の可能性 従業員10%削減を発表したテスラだが 株価が悪いニュースに反応しなくなってきている
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株はリバウンド、エヌビディア決算で悪材料出尽くしたか
S&P500は7週連続下落で底打ち エヌビディア(NVDA)は決算発表を受けて株価は下落、その後一転して上昇
ウォール街を知るハッチの独り言 アメリカはチャンスの国だと改めて思った話
私は4月末に渡米する機会を得ました。コロナ禍であった為、ほぼ2年半ぶりのことです。その時に、改めてアメリカがチャンスの国な...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株、「ターゲット・ショック」で暴落。ベアマーケット寸前の攻防
先週、米国株式市場を下げた要因とは 引値ベースではベアマーケット入りを回避したが 5月20日の安値は今回の下げのボトムなのか
13:07
ストックボイス 【米国株決算】S&P500採用銘柄のうち458社の決算状況、76%が事前予想を上回る
・5月11日(現地時間)に発表された米CPI(消費者物価指数)は事前予想を上回り、市場の期待ほどインフレは改善されていない状況...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株は6週連続下落、先週金曜日のラリーは今後の方向性を変えるのか
株価は長期金利との綱引き 先週金曜日のラリーはアノマリー的にポジティブ 決算発表の終盤戦は大手小売企業に注目
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 バフェット率いるバークシャー3年ぶりの対面株主総会、現地レポート【後編】
2022年第1四半期には510億ドル(約6.6兆円)を株式に投資 バフェットの投資タイミングの考え方 インフレ局面で何に投資をすべきか 中国の政治リスクと、魅力的な株価の安さ バークシャー子会社のサービス・製品に触れて気づいたこと
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 バフェット率いるバークシャー3年ぶりの対面株主総会、現地レポート【前編】
バフェットの故郷オマハは、どんな場所か バークシャーの年次株主総会はバフェットファンの一大イベント 地元の人から伝わるバフェットの人柄 1958年に3万ドルで買ったバフェットの自宅 株主を笑わせ続けるバフェットとマンガーの絶妙な掛け合い
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 投資家のセンチメントが悪化しボラティリティの高い米国株相場、今週の注目は水曜日のCPI
米国の企業業績は堅調だが、利上げ・金利上昇・リセッションへの懸念が足かせに これまでの金利の急上昇は、債券が売られ過ぎであることをも意味する 今週水曜日発表のCPIでインフレがピークを付けたのかを見極める CPIは株価にとって応援材料になるか
大切なものに投資をしよう 大切なものに投資をすることで、より賢く、より洗練された自分になれる(マネックス証券 チーフ・外国株コンサルタント 岡元 兵八郎)
ラジオと留学で開けた海外への扉 金融の面白さに芽生えて お客様から届く声は自分にとってのビタミン お金は人を幸せにするもの。しかし、手段であって最終目的ではない
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 2年4ヶ月ぶりの米国、気づいた変化とは【前編】
米国への入国者は回復傾向 ダウンタウンでの意外な経験 州法が変わり、万引き多発のサンフランシスコ事情
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株式市場はFRB議長発言を受けて下落、今週はGAFAM決算発表に注目
企業経営陣によるガイダンスから見えてくる今後の見通し 今週はS&P500の時価総額のほぼ22%を占めるGAFAMの決算発表
ウォール街を知るハッチの独り言 世界最大の証券取引所の話
世界でも最も知られている証券取引所は間違いなくニューヨーク証券取引所でしょう。1987年の夏のことです。大学卒業後、米国の証...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国1Q決算から見る今後の見通し、米国経済の行方
企業経営陣によるガイダンスから見える今後の見通し 米国企業におけるテクノロジーの進化 インフレへの懸念があるものの個人消費は堅調
13:05
ストックボイス 【米国株展望】本格化する決算発表に注目
・今後数週間のマーケットの注目点はマクロ的なニュースから企業業績へとシフト・決算の中身も重要だがマーケットがより注目する...
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 今週から米企業決算発表、投資家のフォーカスはマクロから業績へシフトか
今週は大手金融機関が決算発表予定 2022年第1四半期のS&P500の決算は5.52%の増益予想 決算発表の注目は企業のガイダンスやマネジメントによる今後の見通し
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 米国株、第1四半期は2020年来の下げ。グロース銘柄が買われそうな兆し
グロース銘柄が下落し、割高感が解消 グロース銘柄がバリュー銘柄を超えて成長する見通し
ウォール街を知るハッチの独り言 競争激化の米国の動画ストリーミングサービスの現状
「えっ、あなたの国でもネットフリックスが観れるのですか!」私が驚いたのは、2017年、アフリカ西部のセネガルの首都ダッカで、...