ビットコイン の記事一覧

今週、米CPI発表でBTC(ビットコイン)は上昇となるか
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 今週、米CPI発表でBTC(ビットコイン)は上昇となるか
BTC(ビットコイン)、三角保ち合いブレイクに期待 ETH(イーサリアム)、ショートカバー期待で更なる上昇狙えるか
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)は米中対立が新たな懸念だが、米インフレ・ピークアウトなら再浮上も
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米中対立が新たな懸念だが、米インフレ・ピークアウトなら再浮上も
ビットコインは、米ペロシ下院議長の台湾往訪を巡って米中関係の緊張が高まり、米国株とともに売りが強まった。DeFi関連サービスやソラナウォレットでハッキング事件も起こり、軟調な推移となった 来週のビットコインは米中関係が緊迫化した場合には株式とともに売りが強まることが考えられる。一方で米7月消費者物価指数を受けてインフレのピークアウトが示唆された場合には再浮上も。直近上値としてBTC=335万円(25,000ドル)、BTC=268万円(20,000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)上値重いが堅調な推移
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)上値重いが堅調な推移
BTC(ビットコイン)は335万円突破がボトムアウトの条件か ETH(イーサリアム)は重要抵抗帯を突破しつつある
加藤 宏幸 加藤 宏幸
過度な利上げ懸念が後退、BTC(ビットコイン)は買い優勢となる可能性も上値は限定的か
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 過度な利上げ懸念が後退、BTC(ビットコイン)は買い優勢となる可能性も上値は限定的か
ビットコインはイーサリアムとともに軟調に推移し、世界的な景気後退懸念も意識されるなかでBTC=285万円(21,000ドル)付近まで価格を下げた。しかし、FOMCで予想通り0.75ポイント利上げが決定されると、市場では安心感が広がり、米国株とともにBTC=325万円(24,000ドル)付近まで急回復した 来週のビットコインは過度な利上げ懸念が後退するなか米国株とともに買い優勢となる可能性はあるが、上値は限定的か。直近上値としてBTC=339万円(25,000ドル)、下値としてBTC=271万円(20,000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
ビットコインが法定通貨になった国 エルサルバドル駐日大使インタビュー【後編】
いま、注目のテーマ ビットコインが法定通貨になった国 エルサルバドル駐日大使インタビュー【後編】
ビットコインを法定通貨として採用することで得られる3つのメリット エルサルバドルのデジタル戦略とは ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する技術 なぜ、他の暗号資産ではなくビットコインだったのか? 暗号資産の未来に期待すること
ビットコインが法定通貨になった国 エルサルバドル駐日大使特別講演【前編】
いま、注目のテーマ ビットコインが法定通貨になった国 エルサルバドル駐日大使特別講演【前編】
3年前、小さな村から始まったビットコイン・プロジェクト ビットコインを導入した3つの理由 「ビットコイン法」の成立 「デジタル国家プロジェクト」で国際競争力を強化 CO2排出ゼロの未来都市「ビットコイン・シティ」の建設へ
BTC(ビットコイン)FOMC後から上昇再開か、ETH(イーサリアム)The Mergeアップデートに期待
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)FOMC後から上昇再開か、ETH(イーサリアム)The Mergeアップデートに期待
BTC(ビットコイン)はFOMCまで調整局面が続く見通し ETH(イーサリアム)は大型アップデート「The Merge(ザ・マージ)」期待で上昇
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)は米FOMCを前に積極的な買いに動きづらいが、あく抜けは近いか
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米FOMCを前に積極的な買いに動きづらいが、あく抜けは近いか
ビットコインはイーサリアムがPoS移行への期待から強い値動きとなったことを受けて連れ高した。7月19日の米国株が企業の好決算により大幅高となると、イーサリアムの上昇も続くなかBTC=332万円(24,000ドル)付近まで上昇した。その後、テスラが2022Q2で保有するビットコインの75%を売却していたことが伝わり、やや売り優勢となった 来週のビットコインは米FOMCを前に積極的な買いに動きづらいが、あく抜けは近いか。直近上値としてはBTC=346万円(25,000ドル)、下値としてはBTC=277万円(20,000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
ETH(イーサリアム)急反発!悪材料は出尽くしたか
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ ETH(イーサリアム)急反発!悪材料は出尽くしたか
BTC(ビットコイン)、400万円近くまで回復する可能性 ETH(イーサリアム)は一気に急反発
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)はインフレ動向次第では売りが強まることも、日欧金融政策決定会合に注目
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)はインフレ動向次第では売りが強まることも、日欧金融政策決定会合に注目
ビットコインは新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格の下落などを受けて景気後退懸念が再燃し、米国株とともに下落し、BTC=278万円(20,000ドル)を割り込んだ。7月13日には米6月消費者物価指数の伸びが加速したことなどを受けて一時はBTC=264万円(19,000ドル)付近まで大きく下落した。しかし、イベント通過後には買い戻しが強まりBTC=278万円(20,000ドル)を回復した 来週のビットコインはインフレ動向次第では売りが強まることも考えられる。日欧金融政策決定会合に注目する。直近上値としてはBTC=306万円(22,000ドル)、下値としてはBTC=250万円(18,000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)は上値重い展開か
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)は上値重い展開か
BTC(ビットコイン)、MACD0.00回帰は下落再開の兆候か ETH(イーサリアム)、アセンディングトライアングルを形成中
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)は悪材料出尽くし感から買い戻しが強まることも、米消費者物価指数に注目
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は悪材料出尽くし感から買い戻しが強まることも、米消費者物価指数に注目
ビットコインは暗号資産関連企業の破綻申請や財務整理が相次いだがBTC=258万円(19,000ドル)付近では底堅い値動きとなった。米国金利の上昇が一服したことを受けて次第に買い戻しが入り、5日にはBTC=272万円(20,000ドル)を回復した。米FOMC議事要旨でサプライズがなかったことから通過後も堅調に推移した 来週のビットコインは悪材料出尽くし感から買い戻しが強まることも、米消費者物価指数に注目、直近上値としてBTC=313万円(23,000ドル)、下値としてBTC=258万円(19,000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
相次ぐ暗号資産業界の経営難報道。次の投資機会を探る
金融テーマ解説 相次ぐ暗号資産業界の経営難報道。次の投資機会を探る
暗号資産業界に相次ぐ悪材料 暗号資産相場への影響 下落の主要因は別にある 今後の見通しと投資戦略:市場がリスクオンに向かうなら、新興市場よりも暗号資産
大槻 奈那 大槻 奈那
BTC(ビットコイン)はボトム圏でしばらく停滞か
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)はボトム圏でしばらく停滞か
BTC(ビットコイン)、日足は並行チャネル内も4時間足は水平レンジ ETH(イーサリアム)、14-15万円での推移継続か
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)は軟調な展開が継続、FOMC議事要旨と米雇用統計に注目
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は軟調な展開が継続、FOMC議事要旨と米雇用統計に注目
ビットコインは、米国金利の上昇が一服したことでインフレ懸念が後退し、米国株ととも買い戻し優勢となった。一時BTC=292万円(21500ドル)付近まで価格を伸ばしたが、6月の米消費者信頼感が低下し、景気後退懸念が高まると米国株とともに再び売りが強まった。週末にかけては5月の米個人消費支出の発表を前に伸び鈍化の予想が強まりBTC=258万円(19000ドル)付近まで下落した 来週のビットコインは軟調な展開が継続、FOMC議事要旨と米雇用統計に注目する。直近上値としてBTC=313万円(23000ドル)、下値としてBTC=245万円(18000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
暗号資産市場、7月はリスクオン相場に傾くか
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 暗号資産市場、7月はリスクオン相場に傾くか
BTC(ビットコイン)はショートカバー狙い、ストップが貯まっているのはどこか ETH(イーサリアム)は下降トレンドラインに到達もファンダメンタルズが悪い
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)は調整局面ながら底打ちの思惑で一時的に買い戻しが強まることも
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は調整局面ながら底打ちの思惑で一時的に買い戻しが強まることも
ビットコインは、暗号資産レンディングサービスの出金停止が相次ぎ、19日には一時BTC=243万円(18000ドル)を割り込んだ。その後は割安感から買い戻しが強まり、これまで節目として意識されてきたBTC=270万円(20000ドル)を回復した 来週のビットコインは調整局面ながら底打ちの思惑で一時的に買い戻しが強まることも考えられる、直近上値としてはBTC=310万円(23000ドル)、下値としてはBTC=243万円(18000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)ともに急落、反転はまだ先か
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)ともに急落、反転はまだ先か
BTC(ビットコイン)、2017年高値で止まったが・・・ ETH(イーサリアム)、2018年1月高値を完全に割り込んだ展開
加藤 宏幸 加藤 宏幸
BTC(ビットコイン)は20000ドル付近では底堅いが、インフレやDeFi等への懸念は消えず
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は20000ドル付近では底堅いが、インフレやDeFi等への懸念は消えず
ビットコインは米暗号資産レンディング会社のセルシウスなどの財務状況に対する懸念が広がるなかで大きく下落した。米国株も下落が続いたことでさらに売りが強まった。米FOMCにかけてはFRBによる金融引き締め加速への懸念が強まり、BTC=268万円(20000ドル)付近まで下落した。当日は約27年ぶりとなる0.75ポイントの利上げが発表されたが、イベント通過後には米国株とともに買い戻しが強まった 来週のビットコインはBTC=268万円(20000ドル)付近では底堅いだろうが、インフレやDeFi等への懸念が悪化した場合にはさらに価格を下げる可能性もある。直近上値としてはBTC=335万円(25000ドル)を意識する
松嶋 真倫 松嶋 真倫
米インフレさらに加速、暗号資産市場の重しに
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 米インフレさらに加速、暗号資産市場の重しに
BTC(ビットコイン)、年初来安値に急接近 ETH(イーサリアム)は底割れ開始
加藤 宏幸 加藤 宏幸
前へ 1 2345678 次へ