ビットコイン の記事一覧

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は20000ドル付近では底堅いが、インフレやDeFi等への懸念は消えず
ビットコインは米暗号資産レンディング会社のセルシウスなどの財務状況に対する懸念が広がるなかで大きく下落した。米国株も下落が続いたことでさらに売りが強まった。米FOMCにかけてはFRBによる金融引き締め加速への懸念が強まり、BTC=268万円(20000ドル)付近まで下落した。当日は約27年ぶりとなる0.75ポイントの利上げが発表されたが、イベント通過後には米国株とともに買い戻しが強まった 来週のビットコインはBTC=268万円(20000ドル)付近では底堅いだろうが、インフレやDeFi等への懸念が悪化した場合にはさらに価格を下げる可能性もある。直近上値としてはBTC=335万円(25000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 米インフレさらに加速、暗号資産市場の重しに
BTC(ビットコイン)、年初来安値に急接近 ETH(イーサリアム)は底割れ開始
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか
ビットコインは10週連続陰線を回避したことを確認すると買い安心感からBTC=416万円(31500ドル)付近まで急上昇したが、米国株先物の急落やイーサリアムのアップデート前の下落により、たちまちBTC=391万円(29500ドル)付近まで下落した。その後もインフレ懸念が強まるなかで値動きが荒くなった イーサリアムのテストネットでPoS移行に向けたアップデートが無事に完了した 来週のビットコインは米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか、直近上値としてBTC=427万円(32000ドル)、下値としてBTC=374万円(28000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 反発力弱い暗号資産市場、出遅れの巻き返しなるか
BTC(ビットコイン)、1ヶ月移動平均線と並ぶ ETH(イーサリアム)、25万円が大きな節目か
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)はイベント内での大きな発表に期待、ETHアップデートも控える
ビットコインはトロン(TRX)上のDeFi人気急上昇を受けて一時はBTC=416万円(32000ドル)付近まで上昇した。しかし、トロン(TRX)上で主に流通するステーブルコインUSDDはテラUSDの模倣であるとの懸念もあり、たちまちBTC=390万円(30000ドル)を割り込むまでに下落した 来週のビットコインは重要な経済イベントと経済指標の発表を控え、これらの内容を受けて世界的な金融引き締めが意識されることで市場全体の売りが強まることは考えられる。一方で、大型イベント「Consensus 2022」での暗号資産関連企業による大きな発表や、イーサリアムのPoS移行に向けたアップデートがポジティブ材料としてある。直近上値としてはBTC=416万円(32000ドル)、下値としてはBTC=364万円(28000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)は底を打ち、反発調整局面に入るか
BTC(ビットコイン)、今週から反発の地合いか ETH(イーサリアム)、ダイバージェンス発生中
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)はもみ合いが続く、米雇用統計次第ではさらなる下落も
ビットコインはもみ合いの展開となった。米FOMC議事要旨も無難に通過し、方向感に乏しい値動きとなったが、週末にかけてはステップン(STEPN)が大きく下落するなかで売りが強まった 来週のビットコインは、イベント通過後の買いが強まることも考えられる一方で、米雇用統計で賃金の伸びが鈍化した場合には景気後退懸念とともに売りが強まることもあるだろう。直近上値ではBTC=394万円(31000ドル)付近、直近下値ではBTC=330万円(26000ドル)付近を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)、安値圏での推移続く見込み
BTC(ビットコイン)、買い場の狙いは300-350万円 ETH(イーサリアム)、19-21万円を意識する展開
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 米国で強まる景気後退懸念、BTC(ビットコイン)ではDeFi関連で投資環境整備の動きも
ビットコインは、先週に一時BTC=335万円(26000ドル)付近まで暴落してから大きく反発し、BTC=387万円(30000ドル)を挟んでもみ合いの展開となった。テラ騒動に伴う売り懸念の後退によってやや買い戻しが進んだが、米国における景気後退懸念が強まるなかで米国株とともに売りが強まった 来週のビットコインは重要な米経済指標やFOMC議事要旨の発表などによってインフレや景気後退が意識された場合には株式とともにさらに下落することは考えられる。DeFi関連で投資環境整備の動きもある。直近上値としてBTC=413万円(32000ドル)、下値としてBTC=335万円(26000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)は下落に一服感。5月後半にボトムレンジ形成か
今年の最安値を割り込んだBTC(ビットコイン) ETH(イーサリアム)はボトム圏で大きなレンジを予想 今年秋頃には上昇の可能性も?
加藤 宏幸
アナリスト夜話 暗号資産:暴落で明らかになった「新たな顔」
先週は、暗号資産市場が相次いで厳しいニュースに見舞われ、ビットコインの1週間の下落率は14%に達しました。米ドルと連動する...
大槻 奈那
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 金融市場と暗号資産市場で広がる懸念、BTC(ビットコイン)は2021年底値を大きく割り込む可能性も
ビットコインは金融引き締めと景気後退への懸念が強まるなか米国株とともにBTC=387万円(30000ドル)付近まで大きく下落した。その後、人気ステーブルコインであるテラUSDの崩壊とコインベース株の急落によって市場ではさらに懸念が広がり、4月の米消費者物価指数が市場予想を上回ったことも影響し、12日には米国株も続落するなかで2021年の最安値であるBTC=355万円(27500ドル)付近までも割り込んだ 来週のビットコインは、金融市場と暗号資産市場で複合的に懸念が広がるなか、さらに売りが加速した時にはBTC=310万円(24000ドル)やBTC=258万円(20000ドル)といった水準が下値として意識されるだろう。直近の上値としてはBTC=413万円(32000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 米国株式市場続落でBTC(ビットコイン)も連れ安
BTC(ビットコイン)、更なる下落に警戒 ETH(イーサリアム)、並行チャネルを下抜け
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米FOMC前後で乱高下する展開、米消費者物価指数に要注目
ビットコインは、米FOMCを前にFRBが大幅な利上げに踏み切るとの懸念が強まり、米国株とともに大きく下落した。米FOMCでは、利上げ幅を0.5%に留めるとともにパウエルFRB議長が今後の0.75%の利上げについては慎重な姿勢を示したことで、過度な金融引き締め懸念が後退し、BTC=520万円(40000ドル)付近まで急回復した。しかし、5日には前日の大幅高の反動もあって米国株とともに前日の上昇分を打ち消した 来週のビットコインはインフレ懸念の高まりによってさらに売りが強まることも。イーロン・マスク氏の発言には要警戒、直近上値としてはBTC=520万円(40000ドル)、下値としてはBTC=455万円(35000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ BTC(ビットコイン)、地合いは悪化傾向か
BTC(ビットコイン)、下値の目安は435-475万円 ETH(イーサリアム)、2つのポイントに絞った押し目買い戦略
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は過度なインフレ懸念の和らぎとともに買いが戻るか、日銀黒田総裁の発言に注目
ビットコインはウクライナ情勢の緊迫化や、それに伴う原油価格の上昇により、インフレ懸念から株式市場とともにBTC=499万円(39000ドル)付近まで下落した。しかし、節目割れを契機にたちまち急反発し、原油価格上昇の一服や米国企業の好決算を受けて一時BTC=537万円(42000ドル)付近まで上昇した 来週のビットコインは過度なインフレ懸念の和らぎとともに買いが戻るか、日銀黒田総裁の発言に注目、直近上値としてBTC=563万円(44000ドル)、下値としてBTC=499万円(39000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ 米長期金利とBTC(ビットコイン)の動きに見られる逆相関
今週のBTC(ビットコイン)相場予想:435-475万円の水準 今週のETH(イーサリアム)相場予想:33-35万円の水準
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)はもみ合いを予想、パウエルFRB議長発言やテスラ決算発表に注目
ビットコインは、米国における金融引き締め加速への警戒感が強まるなか、一時BTC=490万円(39000ドル)付近まで価格を下げたが、米長期金利の上昇が一服すると、株式市場とともに反発した 来週のビットコインはもみ合いを予想、パウエルFRB議長発言やテスラ決算発表に注目、直近上値としてはBTC=540万円(43000ドル)、下値としてはBTC=490万円(39000ドル)を意識する
松嶋 真倫
ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ ETH(イーサリアム)のドミナンス上昇、シェアが再び拡大?
BTC(ビットコイン)、525万円が正念場 ETH(イーサリアム)は天井圏でのもみ合いか
加藤 宏幸
ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想 BTC(ビットコイン)は米金融引き締め加速への懸念から売られるも、底堅い展開を予想
ビットコインは米雇用統計の改善を受けて株式市場とともに堅調に推移したが、BTC=580万円(47000ドル)付近では上値が重くなった。その後、米ブレイナードFRB理事の発言などを受けて金融引き締め加速への懸念から急速に売りが強まった。タカ派的な米FOMC議事要旨の内容を受けて一時BTC=531万円(43000ドル)を割り込んだ 来週のビットコインは米金融引き締め加速への懸念から売られるも、底堅い展開を予想、直近上値としてはBTC=580万円(47000ドル)、下値としてはBTC=494万円(40000ドル)を意識する
松嶋 真倫