お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

アクティビストタイムズ の記事一覧

日本の株式市場に大きな影響を与えるアクティビストの動きを短くまとめて配信していきます。読者の方の投資の一助になれば幸いです。※不定期連載

アクティビストタイムズ
保有株式が公開買付の対象に!どうしたらいい?
保有株式が公開買付の対象に!どうしたらいい?
保有銘柄が公開買付の対象になった場合の売却方法 取引所で売却する場合、株価はどう決まる?
ソフトバンクGがなぜ、非公開化?公開買付制度とは?
ソフトバンクGがなぜ、非公開化?公開買付制度とは?
ソフトバンクGがなぜ、非公開化? 公開買付(TOB)制度とは 公開買付価格はどのように決まる?
ソフトバンクGのように「優良子会社」を保有する会社は?
ソフトバンクGのように「優良子会社」を保有する会社は?
ソフトバンクGは保有株式売却によって株価を回復 親会社株に対して子会社株の価値が高い銘柄 地方銀行に見られる意外な例
優良子会社が親会社のプレッシャーになる理由
優良子会社が親会社のプレッシャーになる理由
注目の公開買付案件のその後 優良子会社が親会社のプレッシャーになる理由
バフェットが次に投資しそうな日本株は?
バフェットが次に投資しそうな日本株は?
バフェット氏がなぜ日本の商社に投資? バフェット氏が次に日本の会社に投資するとしたら
コロナ禍から約半年。マーケットはどう変わった?(2)
コロナ禍から約半年。マーケットはどう変わった?(2)
なかなか変わらない人間の習性 コロナ禍で加速した変化 株価の変動期はアクティビストにとって投資のチャンス!?
コロナ禍から約半年。マーケットはどう変わった?(1)
コロナ禍から約半年。マーケットはどう変わった?(1)
山あり谷ありの半年間 実体経済との乖離 進む二極化
ファミマ子会社化へ、伊藤忠は少数株主の賛成得られるか
ファミマ子会社化へ、伊藤忠は少数株主の賛成得られるか
注目したい公開買付の条件 完全子会社化に向けたシナリオ
伊藤忠のファミマ子会社化、問題視されている点とは?
伊藤忠のファミマ子会社化、問題視されている点とは?
商社が戦略的に小売店を狙うワケ 注目を集める公開買付価格
なぜ、コンビニが再編の対象になったのか
なぜ、コンビニが再編の対象になったのか
コンビニはいまや小売業界の代表 なぜコンビニが再編の対象に?
任天堂は「鬼滅の刃」に匹敵するコンテンツを生み出せるか
任天堂は「鬼滅の刃」に匹敵するコンテンツを生み出せるか
驚異の決算にも関わらず、株価はやや期待外れ 決算で見る任天堂の課題 今後の任天堂株の注目ポイント
任天堂が好決算を発表。真価はまだこれからか
任天堂が好決算を発表。真価はまだこれからか
任天堂は8月6日にかなり強い第1四半期決算を発表、株価は翌8月7日時点で4%程度上昇するなど、マーケットでも好感をもって受け止められています。5月15日付の記事でお伝えした通り、世界トップク...
東芝株主総会の結果とアクティビストの動き
東芝株主総会の結果とアクティビストの動き
東芝の提案がいずれも可決 会社側が見せた株主への歩み寄り アクティビストが提案を続ける意義
三陽商会、アクティビストからの圧力を経て、再建なるか
三陽商会、アクティビストからの圧力を経て、再建なるか
圧力により再編が進んだ百貨店業界 投資家が注目する業績低迷企業の優良資産 三陽商会は今後、再建なるか
バーバリーを失った三陽商会に投資するアクティビストの狙いとは
バーバリーを失った三陽商会に投資するアクティビストの狙いとは
「村上ファンド」が一躍有名になった東京スタイル事件村上世彰氏が名を馳せたのは2002年の東京スタイルに対する株主提案でした。東京スタイルはアパレルメーカーの大手で「ナノ・ユニバース」、...
コロワイドの公開買付にみるアクティビストの新旧手法
コロワイドの公開買付にみるアクティビストの新旧手法
会社は誰のものか 大戸屋株取得に多額の資金を投じたコロワイド コロワイドのアプローチの変化
「島耕作」に見るアクティビストへの理解の変化
「島耕作」に見るアクティビストへの理解の変化
2020年3月決算会社の株主総会では、株主側の動きが目立ちます。株主提案が提出された会社の数は過去最大だったようです。特にアクティビストとされるような株主からの提案が大きく増えています...
株主提案をめぐる東芝vsアクティビストの対立。その背景は?
株主提案をめぐる東芝vsアクティビストの対立。その背景は?
東芝に取締役選任を提案 アクティビストが着目する東芝の価値 窮地の東芝に投資したアクティビスト
経営再建中の東芝に投資するアクティビスト
経営再建中の東芝に投資するアクティビスト
コロナ禍で延期される株主総会・決算発表 経営再建途上にある東芝 東芝にアクティビストが株主提案
大戸屋VSコロワイドにみる「アクティビズム2.0」の動きとは?
大戸屋VSコロワイドにみる「アクティビズム2.0」の動きとは?
前回に引き続き、注目を集めた大戸屋ホールディングスの株主総会を例に、アクティビズムの動きについてお伝えしたいと思います。コロワイド提案は否決「甘太郎」「北海道」など居酒屋チェーンを...
前へ 1 23 次へ
マネックス証券 アクティビスト情報発信チーム
マネックス証券 アクティビスト情報発信チーム
マネックス証券の「マネックス・アクティビスト・フォーラム」の一環として、アクティビストファンド運用者、企業価値向上に取り組む有識者などが執筆を担当。
個人投資家と日本企業のコミュニケーションを改善し、企業の株主還元の見直しや個人投資家の企業理解を進め、日本株の評価を高めることを目的としています。個人投資家の株主権利や会社への理解を深め、適切な権利行使を促進していけるよう努めてまいります。