お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

マネックス の記事一覧

ウォーレン・バフェットと私
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 ウォーレン・バフェットと私
キング・オブ・ウォールストリート(ウォール街の王様 )、ソロモンの倒産危機 ソロモンを倒産の危機から救おうとしてくれたウォーレン・バフェット 1996年、バークシャー・ハサウェイ B株の公募増資
(まとめ)日本市場は米国株高を受けて上昇 日経平均は116円高 週明けは権利付き最終売買日
市況概況 (まとめ)日本市場は米国株高を受けて上昇 日経平均は116円高 週明けは権利付き最終売買日
東京市場まとめ1.概況本日の日本市場は米国株高を受けて上昇しました。日経平均は129円高の23,217円で寄り付くとまもなくして82...
昨日つぶやきの訂正と、当社に関するお詫び
松本大のつぶやき 昨日つぶやきの訂正と、当社に関するお詫び
先ずは昨日のつぶやきについて訂正を。記者会見やプレスリリースが出る前に書いたものですから、ディテールに微妙なニュアンスの...
松本 大 松本 大
規制緩和の推進期待を表す新興小型株
ストラテジーレポート 規制緩和の推進期待を表す新興小型株
S&P500のイールドスプレッドは再び4%台になった。これで株価の割高感は払しょくできた。値幅の調整は完了した。あとは日柄調整...
広木 隆 広木 隆
住宅市場は想定外に堅調。その背景と今後の株価への影響
金融テーマ解説 住宅市場は想定外に堅調。その背景と今後の株価への影響
想定以上に強い住宅関連指数 住宅価格上昇の影響:今回の資金供給の特異性 今後も続く追加緩和で住宅はオーバーシュート、個人のマインドも改善へ
大槻 奈那 大槻 奈那
最高益予想で配当利回りが高い銘柄は
投資のヒント 最高益予想で配当利回りが高い銘柄は
株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当といった魅力もあります。そうしたなか9月は3月...
金山 敏之 金山 敏之
(朝)米国市場は主力ハイテク株の一角に買い戻しが入り小幅に反発 日本市場は米国株高で上昇か
市況概況 (朝)米国市場は主力ハイテク株の一角に買い戻しが入り小幅に反発 日本市場は米国株高で上昇か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 26,815.44 △52.31 (9/24)NASDAQ: 10,672.27 △39.28 (9/24)1.概況米国市...
脱力ニュース
松本大のつぶやき 脱力ニュース
報道によると、二つの信託銀行が、上場企業の株主総会の議決権行使の集計について、総会集中日に於ける集計時間を確保するために...
松本 大 松本 大
(まとめ)日本市場は米国株安を受けて大幅下落 日経平均は258円安
市況概況 (まとめ)日本市場は米国株安を受けて大幅下落 日経平均は258円安
東京市場まとめ1.概況本日の日本市場は米国株安を受けて大幅下落となりました。日経平均は131円安の23,215円で寄り付くと取引開...
配当利回りが高い中型株は
投資のヒント 配当利回りが高い中型株は
株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当といった魅力もあります。そうしたなか9月は3月...
金山 敏之 金山 敏之
ユーロ反落の理由、そしてその目途
吉田恒の為替デイリー ユーロ反落の理由、そしてその目途
ユーロの反落が目立ってきた。これは「コロナ後」高い相関関係が続いた米国株が反落したことに連れた面が大きいだろう。 ではユーロ安はどこまで続くか。一時的なユーロ安なら、経験的には52週MAの1.12米ドル前後までがせいぜい。ただ、それをさらに下回るようなら、ユーロ安の背景、米国株安も一時的ではなく、トレンドとして展開している可能性への警戒が必要になりそう。
吉田 恒 吉田 恒
(朝)米国市場は主力ハイテクを中心に幅広い銘柄に売りが出て大幅反落 ナスダックは3%安 日本市場は米国株安で下落か
市況概況 (朝)米国市場は主力ハイテクを中心に幅広い銘柄に売りが出て大幅反落 ナスダックは3%安 日本市場は米国株安で下落か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 26,763.13 ▼525.05 (9/23)NASDAQ: 10,632.99 ▼330.65 (9/23)1.概況米国...
コロナ禍とお客さま中心
松本大のつぶやき コロナ禍とお客さま中心
皆さん、4連休はいかが過ごされましたか?当社ではシステムの大規模な移行があり、予定よりも時間が掛かるなど、お客さまにはご...
松本 大 松本 大
足元の米国株安はリスクオフ - GAFAは押し目買いのタイミングか31:03
広木隆のMarket Talk 足元の米国株安はリスクオフ - GAFAは押し目買いのタイミングか
2020年9月23日(水)MarketTalkの内容・先週末からの欧米株安を心配していましたが、本日の日本市場への影響は今のところ軽微な...
広木 隆 広木 隆
(まとめ)日本市場は小幅に下落 日経平均は下げ渋り13円安
市況概況 (まとめ)日本市場は小幅に下落 日経平均は下げ渋り13円安
東京市場まとめ1.概況本日の日本市場は小幅に下落しました。114円安の23,245円で寄り付いた日経平均は10時30分前に205円安の23,1...
2020年も有効か?ユダヤ教の休みが米国株のマーケットのパフォーマンスに与える影響とは
岡元兵八郎の米国株マスターへの道 2020年も有効か?ユダヤ教の休みが米国株のマーケットのパフォーマンスに与える影響とは
ウォール街で毎年耳にした言葉 ロシュ・ハシャナの前に売り、ヨム・キプールの前に買え
日本を代表する企業で配当利回りが高い銘柄は
投資のヒント 日本を代表する企業で配当利回りが高い銘柄は
株式投資では株価の値上がりに関心が向かいやすいといえますが、株式投資には配当といった魅力もあります。そうしたなか9月は3月...
金山 敏之 金山 敏之
米ドル/円急落の理由と「大相場シナリオ」
吉田恒の為替ウイークリー 米ドル/円急落の理由と「大相場シナリオ」
米ドル/円は先週から急落。金利差で説明できないこの動きを説明できそうなのはチャート要因。一時104円まで急落した動きは、保ち合い下放れの教科書通りの動きとも言える。 さらに104円半ばを下回ると、90日MAからのかい離率がマイナス2%以上に拡大する。米大統領選挙年の米ドル/円には、小動きから大相場へ豹変する「アノマリー」があるが、選挙が近付く中で、同かい離率がマイナス2%以上に拡大するなら、アノマリー通りに米ドル一段安が始まっている可能性への注目も高まる。
吉田 恒 吉田 恒
豪ドルの「反落」メドを考える
吉田恒の為替デイリー 豪ドルの「反落」メドを考える
豪ドルが反落している。上昇トレンドにおける一時的な下落なら、52週MAの73円前後、0.68米ドル前後までがせいぜいというのが経験則からの判断。 かりに、そんな52週MAの水準を大きく下回るようなら、下落の主因と考えられる株安が一時的ではなく、株安トレンドへ転換した可能性を意識する必要も出てくるだろう。
吉田 恒 吉田 恒
(朝)米国市場は主力ハイテク株に買いが入り反発 日本市場は先週末と週明けの米国市場の下げが大きかったことで下落か
市況概況 (朝)米国市場は主力ハイテク株に買いが入り反発 日本市場は先週末と週明けの米国市場の下げが大きかったことで下落か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 27,288.18 △140.48 (9/22)NASDAQ: 10,963.64 △184.84 (9/22)1.概況昨日...
前へ 1 2345678910 ... 次へ