節税しながら、資産形成しよう 60代、70代の「新NISA」活用戦略
2024年から「新NISA」が始動。主な変更点と考慮すべきポイントとは 60代の働ける間は資産形成期、退職金も有効活用 60代・70代に適した「新NISA」の運用商品とは? 高配当株を選ぶ時の5つのチェックポイント 資産運用の出口戦略とは?
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 50代共働き世帯の「新NISA」活用戦略
2024年から「新NISA」が始動。主な変更点と考慮すべきポイントとは 50代は老後資金に向けた「最後の貯めどき」 家計に無理のない範囲が鉄則。50代の運用目標は“月10万円×15年間” 資金に余裕があれば、「新NISA」の“成長投資枠”で個別株に投資も 定年後の資産取り崩し期で不安を取り除くために、不労所得を得る戦略も
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 資産形成も自分磨きも。人類最大の発明「複利効果」を活用し尽くす
アインシュタインが人類最大の発明と言った「複利効果」を活用しよう 投資を始めるのは「生活費3ヶ月分の預貯金」ができてから 最初の一歩は「新NISAのつみたて投資枠」でコツコツ投資 複利効果は自己投資にも活用しよう 「タイムバケット」を用いて後悔しない人生計画を立てよう
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 30代・40代共働き子育て世帯の「新NISA」活用戦略
2024年から「新NISA」が始動。主な変更点と考慮すべきポイントとは 10年以上使わない将来のためのお金を「新NISA」で貯める 大学の費用は子1人300〜500万円、その後の老後も見据えて「新NISA」を活用 毎月の積立金額、「新NISA」つみたて投資枠と成長投資枠の使い分け
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 20代・30代・40代独身の「新NISA」活用戦略
2024年から「新NISA」が始動。主な変更点と考慮すべきポイントとは 全ての方に共通すること:「長期」「積立」「分散」「低コスト」の実践を意識 毎月の積立金額と「新NISA」つみたて投資枠と成長投資枠の使い分け つみたて投資枠と成長投資枠の使い分け、運用商品の選定
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 現行NISAの残り枠を使いきる方法は?
一般NISAの残枠、その活用法とは? つみたてNISAの残枠、その活用法とは? 現行NISAの残枠を使い切る方法 無理して残枠を使う必要がないケースも
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が実践、「年利3.97%」で堅実にお金を増やす資産配分の考え方
GPIFとはどのような組織なのか? GPIFの2020年度末以降の基本ポートフォリオ GPIFの資産配分のこれまでの変遷と考え方 GPIFの投資から学べる4つのポイント
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 20代女性が参考にしたい、投資・資産運用の考え方
複利効果を活用しながら堅実に資産を増やすには、長期・積立・分散投資が必須 守りの資産と攻めの資産のバランスを考える「コア・サテライト戦略」 年齢、性別で違う部分は?
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 年金はいつから、どうやって受け取るのか?受給額を最大化するヒント
公的年金は「国民年金」と「厚生年金」の2つ 年金は繰り上げ受給と繰り下げ受給で金額が変わる 年金はいつからもらうのが良いのか? 繰り下げ受給はどうすればできるのか?
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 退職金の受け取り方は「一時金」「年金」、どちらが得か?
退職金の受け取り方には3種類ある 【結論】手取り金額を多くしたいなら一時金 一時金で受け取る退職金の手取り合計が多くなる理由 複数の制度がある場合も受け取りの工夫が必要
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 老後貧乏にならない「資産運用の出口戦略」
「70歳までは資産形成」が基本戦略 70歳以降は「資産の取り崩し」のフェーズ 取り崩しの合言葉は「前半は定率、後半は定額」 自分のために貯めたお金を「あの世には持っていけない」
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 夫婦で話すべきお金のこと
夫婦で話すお金のポイント1:ライフプランを共有する 夫婦で話すお金のポイント2:「支出」の価値基準を明確にして、価値観を共有する 夫婦で話すお金のポイント3:「共通の財布」を持ち、お金の流れを見える化する 夫婦で話すお金のポイント4:資産運用の考え方・ポートフォリオを共有する
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 機関投資家も実践!お金を減らさずに増やす投資の極意
機関投資家が実践しているポートフォリオの考え方 投資信託・個別株選びのポイント 投資リスクを管理する方法
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 2024年から始まる「新しいNISA」の活用戦略
2024年から始まる新しいNISA=「統合NISA」の概要と現行NISAからの改正点 統合NISAでは「コア・サテライト戦略」を実践する 2023年は「つみたてNISA」を使おう
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 【2023年度税制改正大綱】NISA改正・贈与税改正・贈与の特例延長の3大改正点をわかりやすく解説
NISA改正:現行制度は2023年で終了、新制度は恒久化・年360万円まで投資可能に 贈与税の課税方法「暦年課税」と「相続時精算課税」の見直し 「教育資金」「結婚・子育て資金」の贈与の特例が延長
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 円安でもS&P500などの米国株価指数への積立投資を続けるべきか?
為替レートの水準を考えても意味はない 米国株式市場が長期的に右肩上がりになる3つの理由
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 毎月積立と毎日積立、積立投資はどちらが有利?S&P500とTOPIXで検証
S&P500指数では毎日積立の方が僅差で有利 TOPIXも、毎日積立の方が若干有利 検証時期をずらしても、毎日積立の方が若干有利
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 投資信託の「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」、どう考えるのが良いか?
外国資産に投資する投資信託の値動きは「資産自体」と「為替」の値動き両方を踏まえて決まる 「為替の値動きを抑える」には相応のコストがかかる
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 積立開始時期はいつがベスト?
損はしたくない。だからこその「長期」「分散」「積立」投資 積立投資は、下落相場でたくさん買えるチャンス 積立投資は「開始時期」よりも「積立期間」が重要
頼藤 太希