お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

知っておきたい節税・社会保険 知恵袋 の記事一覧

税金や社会保険など、知っておきたいお金のことをわかりやすく解説します

知っておきたい節税・社会保険 知恵袋
住民税、2021年度(令和3年度)改定で何が変わる?影響を受けるのは誰?
住民税、2021年度(令和3年度)改定で何が変わる?影響を受けるのは誰?
個人の収入に課される税金は2つ 2021年度分(令和3年度分)からの改正点は? 改正の影響を受ける4つのケース 住民税で留意しなければならないこと
2020年分、確定申告ここが変わる。【その3】フリーランス必見:青色申告特別控除額
2020年分、確定申告ここが変わる。【その3】フリーランス必見:青色申告特別控除額
前回、前々回と、給与所得者や年金所得者の所得金額の計算方法と所得控除の変更について解説しました。今回は、自営業者(フリーランス)や不動産貸付業などに関係する青色申告特別控除額の変更点...
2020年分、確定申告ここが変わる。【その2】所得控除はここが変わる
2020年分、確定申告ここが変わる。【その2】所得控除はここが変わる
基礎控除(所得控除)の変更点 ひとり親控除・寡婦控除(所得控除)の変更点 扶養親族等の所得基準(所得控除)の変更点
2020年分、確定申告ここが変わる。【その1】所得税の改正により何が変わる?
2020年分、確定申告ここが変わる。【その1】所得税の改正により何が変わる?
所得税の算出手順 所得税の計算ステップと令和2年(2020年)の改正項目について ここが変わった所得税の算出基準
自営業者(フリーランス)の老後への備え~節税メリットのある制度を活用している人が忘れてはいけない確定申告~
自営業者(フリーランス)の老後への備え~節税メリットのある制度を活用している人が忘れてはいけない確定申告~
掛金の所得控除を受けるためには確定申告が必要 国民年金の保険料・付加保険料は、社会保険料控除の対象に 小規模企業共済・iDeCo(イデコ)の掛金は、「小規模企業共済等控除」の対象に 国民年金基金の掛金は、社会保険料控除の対象 必要書類をそろえて確定申告を
2020年分から新様式、ここが変わる年末調整のポイント(2)
2020年分から新様式、ここが変わる年末調整のポイント(2)
年末調整、新様式で注意する点前回に続き、「令和2年分給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」(2020年分からの新様式)について説明します。...
2020年分から新様式、ここが変わる年末調整のポイント(1)
2020年分から新様式、ここが変わる年末調整のポイント(1)
年末調整、新様式で注意する点 年末調整アプリで確認する
配偶者居住権は節税目的に使えるか?
配偶者居住権は節税目的に使えるか?
相続人が後妻と先妻の子の場合、トラブル回避に活用できる? もしも、配偶者居住権が不要となった場合はどうなる? 知らなければ使えない配偶者居住権
2020年4月から始まった配偶者居住権~そのしくみと活用例~
2020年4月から始まった配偶者居住権~そのしくみと活用例~
配偶者居住権が創設された目的としくみ 配偶者居住権を取得できる人・できない人 所有者である長男が自宅を売却しても安心 配偶者居住権の財産価値はどれぐらい?
自筆証書遺言保管制度~相続人等の手続き~
自筆証書遺言保管制度~相続人等の手続き~
相続人や受遺者の手続きについて 遺言書の検認が不要に:相続人等にとってのメリット
自筆証書遺言保管制度、メリットとデメリットもわかりやすく解説~遺言者側の手続き~
自筆証書遺言保管制度、メリットとデメリットもわかりやすく解説~遺言者側の手続き~
自筆証書遺言の概要とメリット、新制度創設の趣旨 自筆証書遺言保管制度の創設の目的 遺言者の手続きの手順 自筆証書遺言保管制度のメリット・デメリット
非課税対象に制限が「教育資金一括贈与」特例改正の注意点
非課税対象に制限が「教育資金一括贈与」特例改正の注意点
教育資金を使い切る前に贈与者が死亡した時 贈与を受ける子・孫の所得制限 最大40歳まで活用できる 直系尊属からの教育資金の一括贈与のデメリット その都度贈与と一括贈与
祖父母から非課税で孫へ「教育資金贈与」と「暦年贈与」の仕組み
祖父母から非課税で孫へ「教育資金贈与」と「暦年贈与」の仕組み
暦年贈与と教育費の関係 数年分を一括で贈与すると贈与税の課税の対象となる? 「直系尊属からの教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税」とは・・・ 特例を使った場合のお金の流れ
【確定申告】別居の親を扶養に入れると所得税の節税に?
【確定申告】別居の親を扶養に入れると所得税の節税に?
そもそも扶養控除とは 扶養控除を受けるには
医療費控除のしくみと、よくある誤解
医療費控除のしくみと、よくある誤解
そもそも医療費控除の対象とは 支払った医療費が還付されるという誤解 年間医療費が10万円以下の場合に医療費控除は受けられないという誤解 ふるさと納税のワンストップ特例を利用する給与所得者のうっかりミス 申告期限の3月15日を過ぎてしまったから、もう無理という誤解
2020年から変わる!給与に関する税金制度
2020年から変わる!給与に関する税金制度
所得税の仕組み 令和2年(2020年)から給与所得者に係る税制が変わる 給与収入850万円超の高額給与所得者が改正の影響を受ける 扶養親族の所得要件が変わる
備 順子
備 順子
税理士・CFP(R)
税理士業務の他、専門学校等の経理実務やファイナンシャルプランナー講座の講師、 金融機関等の企業研修、一般消費者向け税金セミナーの講師、FPテキスト・問題集、雑誌等の原稿執筆等に携わる。