節税 の記事一覧

節税しながら、資産形成しよう 目論見書の読み方1:投資信託のアウトラインを確認しよう
目論見書は投資信託のトリセツ 目論見書はどこで読める? 目論見書は構造が決まっている
節税しながら、資産形成しよう ボーナスではじめる新NISA、自分に合った投資商品を選ぶ考え方
「いま使うお金」と「将来のために使うお金」に分ける 「生活費6ヶ月」の預貯金を優先、「4・3・2・1」の比率でボーナスを分配する はじめての新NISAは「つみたて投資枠」の活用から 全ての人が投資すべき商品はない。「リスク許容度」に合わせて選ぶ
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 企業年金ありの会社員、公務員は要注意。iDeCoで毎月定額以外の納付方法を選んでいる人は変更を
2024年12月から、iDeCoの拠出限度額の算定方法が統一 iDeCoの拠出限度額変更に向けてやるべきこと
節税しながら、資産形成しよう GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が実践、「年利3.99%」で堅実にお金を増やす資産配分の考え方
GPIFとはどのような組織なのか? GPIFの2020年度末以降の基本ポートフォリオ GPIFの資産配分のこれまでの変遷と考え方 GPIFの投資から学べる5つのポイント
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 老後貧乏にならない「資産運用の出口戦略」
「70歳までは資産形成」が基本戦略 70歳以降は「資産の取り崩し」のフェーズ 取り崩しの合言葉は「前半は定率、後半は定額」 自分のために貯めたお金を「あの世には持っていけない」
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 新社会人なら知っておきたい、新年度から始める「お金」のこと
新社会人の収入と支出、どうなっている? 新年度から始めていきたい「お金」のこと 手元で使うお金を増やすなら、最優先は「支出の削減」 投資はインフレ対策になるが、3ヶ月分の生活費の預貯金を貯めてからスタート 株高の今、積立投資を始めても全く問題はない
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 2024年4月から改善される投資信託総経費率のポイントと留意点
投資信託は3者に支払われる 課題は統一基準がなくわかりにくいこと  運用報告書に加え、目論見書にも記載 見やすくなった総経費率、3つの留意点
節税しながら、資産形成しよう 60代、70代の「新NISA」活用戦略
2024年から「新NISA」が始動。主な変更点と考慮すべきポイントとは 60代の働ける間は資産形成期、退職金も有効活用 60代・70代に適した「新NISA」の運用商品とは? 高配当株を選ぶ時の5つのチェックポイント 資産運用の出口戦略とは?
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 50代共働き世帯の「新NISA」活用戦略
2024年から「新NISA」が始動。主な変更点と考慮すべきポイントとは 50代は老後資金に向けた「最後の貯めどき」 家計に無理のない範囲が鉄則。50代の運用目標は“月10万円×15年間” 資金に余裕があれば、「新NISA」の“成長投資枠”で個別株に投資も 定年後の資産取り崩し期で不安を取り除くために、不労所得を得る戦略も
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 資産形成も自分磨きも。人類最大の発明「複利効果」を活用し尽くす
アインシュタインが人類最大の発明と言った「複利効果」を活用しよう 投資を始めるのは「生活費3ヶ月分の預貯金」ができてから 最初の一歩は「新NISAのつみたて投資枠」でコツコツ投資 複利効果は自己投資にも活用しよう 「タイムバケット」を用いて後悔しない人生計画を立てよう
頼藤 太希
知っておきたい節税・社会保険 知恵袋 【2024年版】確定申告の前に知っておくべき!よくある勘違い・素朴な疑問
確定申告「よくある勘違い」 医薬品をドラッグストアで購入する場合、医療費控除の対象となるか 住宅ローン控除を受けられる条件とは 確定申告に関する素朴な疑問
備 順子
節税しながら、資産形成しよう 2024年はiDeCoの改正にも注目しよう
2024年はiDeCo改革が具体的に示される 2024年12月から掛金の上限額が変わる
いま、注目のテーマ もうすぐ年末!年内取引最終日までにしておきたい株式取引の税金対策
これだけは知っておきたい株式投資の税金 原則:実現した売却損益がプラスであれば、それに対して20.315%が課税 売却損と配当金は相殺できる 残った売却損は確定申告すれば3年間繰り越せる 含み損のある株の損出しにより節税ができる
足立 武志
節税しながら、資産形成しよう NISA口座、金融機関は変更できる?
金融機関を変更する2つの選択肢 手続きは、まず現在NISA口座がある金融機関への連絡から
節税しながら、資産形成しよう 投資信託は「運用会社」にも注目しよう
「5つのP」を基準に、運用会社を考える 自分に合った運用会社を見極める4つの視点
節税しながら、資産形成しよう 現行NISAの残り枠を使いきる方法は?
一般NISAの残枠、その活用法とは? つみたてNISAの残枠、その活用法とは? 現行NISAの残枠を使い切る方法 無理して残枠を使う必要がないケースも
頼藤 太希
節税しながら、資産形成しよう 新NISAの「成長投資枠」で買える商品とは
一般NISAで買える商品から一部を除外 成長投資枠で購入可能な対象商品リスト
節税しながら、資産形成しよう 資産が増えている時こそ改めて考えたい、「長期目線」での運用4つのポイント
1.安全資産と投資資金の比率を意識する 2.自分に合ったポートフォリオを決め、淡々と投資継続 3.リスク管理を徹底する 4.金融資産全体で考える
前へ 1 23 次へ