お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

ドル円 の記事一覧

米ドル/円上昇は続くのか?調整が大きくなるシナリオとは
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 米ドル/円上昇は続くのか?調整が大きくなるシナリオとは
株が下がると米金利も下がる? サプライズとショックが残されている日銀の方針転換
FRBが「間違える」という可能性
吉田恒の為替デイリー FRBが「間違える」という可能性
2003年、「グローバル・デフレ」論が広がる中で大きく低下していた米金利は、6月FOMCをきっかけに、行き過ぎた悲観論の修正が本格化し、米金利は急反騰となった。 その時とは方向が反対だが、最近にかけてのFRBインフレ対策が「行き過ぎ」だったとなるようなら、金利や為替にも大きく影響する可能性があるだけに要注意。
吉田 恒 吉田 恒
予め考える、米ドル高が終わる「条件」
吉田恒の為替デイリー 予め考える、米ドル高が終わる「条件」
記録的ペースで展開した米ドル高・円安が一服となった。一服にとどまらず、米ドル高終了となる「条件」を予め考えてみる。 米ドル/円の上昇が終了、下落への転換となる条件は、米金利の低下であり、その鍵を握るのは米インフレ動向を受けた米利上げ見通しということになるのではないか。
吉田 恒 吉田 恒
「物価高の円安」、40年前との類似と相違
吉田恒の為替デイリー 「物価高の円安」、40年前との類似と相違
近年も、何度か円安大相場はあったが、1990年以降では物価安定、むしろデフレ下で起こったものだった。 「物価高の円安」は約40年ぶり。この先の行方の参考に、約40年前の「物価高の円安」で何が起こったかについて検証する。
吉田 恒 吉田 恒
“ステーブルコイン騒動”一服でリスク回避ムードは一旦後退
田嶋智太郎の外国為替攻略法 “ステーブルコイン騒動”一服でリスク回避ムードは一旦後退
ステーブルコイン急落の本質的要因とは何か 重要イベントが多い今週、米ドル/円やユーロ/米ドルの動きに注目
「怒涛の円安」調整局面の可能性
吉田恒の為替ウイークリー 「怒涛の円安」調整局面の可能性
前回も指摘したように、「怒涛の円安」は、「息切れ」の可能性が出てきたのではないか。 それは、この米ドル高・円安トレンドが終了したということではなく、この2ヶ月ほどほとんど見られなかった本格的な調整局面入りの可能性として注目。 そうであるなら、先週のような、米ドル高値圏での振れの激しい展開が、今週の場合、127~131円といったレンジ中心に展開するといった予想が基本か。
吉田 恒 吉田 恒
対円以外での米ドル高「余地」の考え方
吉田恒の為替デイリー 対円以外での米ドル高「余地」の考え方
対円ほどではないものの、円以外の通貨に対しても米ドル高が広がっている。 52週MAとの関係を参考にすると、ユーロ/米ドルが「パリティ」割れへ向かう可能性も十分ありそう。また、豪ドル/米ドルも0.65米ドル割れへ一段安の可能性に注目。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円が円高に戻る程度はどこまでか
吉田恒の為替デイリー 米ドル/円が円高に戻る程度はどこまでか
「怒涛の円安」もさすがに一段落の兆しが出てきた。ではどこまで円高に戻す可能性があるか。 テクニカルな観点や金利差との関係などから考えると、125円にどこまで接近するかが大きな目安ではないか。
吉田 恒 吉田 恒
米物価の見通しと、金利・為替への影響
金融テーマ解説 米物価の見通しと、金利・為替への影響
4月の米消費者物価指数は想定以上の上昇 今後の見通し:物価、金利、為替の動向
大槻 奈那 大槻 奈那
「資産・生活防衛の外貨投資」という考え方
吉田恒の為替デイリー 「資産・生活防衛の外貨投資」という考え方
円安が急速に進んできた。この円安は、物価高と並行して起こっているといったことから、庶民生活への悪影響が問題視されやすい。またウクライナ危機などをきっかけに、「安全資産の円買い」も変化した。 以上のようなことから、これまでなかったほど、円安局面での資産・生活防衛を目的として外貨投資を考える人が増えている可能性に注目。
吉田 恒 吉田 恒
円安への米国株安の影響とは?
吉田恒の為替デイリー 円安への米国株安の影響とは?
2022年3月頃からそれまでの「株安=円高」の関係が顕著に崩れ、米ドル/円への株価動向の影響は薄れている。 そうは言っても、とくに米国株の下落が拡大することで米金利低下をもたらすようなら、「米金利低下=米ドル安・円高」といった具合に、最近にかけての急ピッチの円安に対するブレーキ役となる可能性はありそう。
吉田 恒 吉田 恒
怒涛の円安、さすがに息切れか
吉田恒の為替ウイークリー 怒涛の円安、さすがに息切れか
先週の米ドル/円は米ドル高値圏で一進一退。短期的な「行き過ぎ」懸念が強まる中で、「怒涛の円安」にも息切れの兆しが出てきた。 ただ大きく米ドル安・円高に戻すイメージは描きにくい。CPI発表等を受けて米金利の短期的な「上がり過ぎ」修正がさらに広がるか。それが米ドル安・円高リスクにおける最大の焦点だろう。
吉田 恒 吉田 恒
主な外貨の対円割高リスクを検証する
吉田恒の為替デイリー 主な外貨の対円割高リスクを検証する
多くの国が利上げに転換する中で、日本は金利上昇を容認できないという金融政策の方向性の違いから為替相場の円安を説明することが多い。 そういった中、円安の裏返しで円に対して多くの通貨が上昇、さらに割高を拡大する動きとなっているが、そんな割高の程度には自ずと違いが生まれてきている。
吉田 恒 吉田 恒
FOMC利上げ、0.5%と0.75%の違い
吉田恒の為替デイリー FOMC利上げ、0.5%と0.75%の違い
FOMCは4日、0.5%の利上げを決定した。前回の0.5%利上げは、22年前の2000年5月で、結果的にはITバブルの株高是正をダメ押しした役割となった。 0.75%利上げは、1990年以降では1994年11月のたった一度しか行われていない。当時はいわゆる「超円高」局面。その意味では、当時の0.75%利上げは、「超米ドル安」阻止といった「特別な利上げ」だった可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
日本の「実体」を映した円安の流れはしばらく続く
田嶋智太郎の外国為替攻略法 日本の「実体」を映した円安の流れはしばらく続く
米ドル/円は20年ぶりの安値更新で131円台へ 当面の米ドル/円は125-135円あたりの推移を想定 ユーロ安はどこまで進むのか
円安140円の可能性を考える
吉田恒の為替ウイークリー 円安140円の可能性を考える
130円程度の米ドル高・円安は、既に「行き過ぎ」の可能性があるものの、米金利上昇がさらに続くようなら、140円まで「行き過ぎた米ドル高・円安」が一段と広がる可能性はあるだろう。 米ドル高・円安にとっての最大のリスク・シナリオは、日本の金利が横ばいから上昇に向かうことだ。
吉田 恒 吉田 恒
「日銀大相場」とFOMCの関係
吉田恒の為替デイリー 「日銀大相場」とFOMCの関係
3月以降、円安大相場が広がったが、その中でも一日の米ドル/円最大値幅が2円程度以上となったのは全て日銀の長期金利上昇阻止策、「指し値オペ」がきっかけだった。 日独など先進国の長期金利は、「世界一の経済大国」米国の影響が極めて大きい。今週はFOMCがあるが、米金利を通じ、日本の金利、さらには日銀の金融政策への思惑から、米ドル/円のボラティリティーが高まる可能性も注目。
吉田 恒 吉田 恒
大きく円高には戻らない可能性
吉田恒の為替デイリー 大きく円高には戻らない可能性
2ヶ月弱で約15円も米ドル高・円安となった「怒涛の円安」は、130円の大台前で小休止となった。 ただ、この数ヶ月の顕著な変化、「株安でも円高にならない」状況が続くなら、大きく円高に戻すシナリオはまだ当分描けないのではないか。
吉田 恒 吉田 恒
「止まらない円安」と「超円高」の記憶
吉田恒の為替デイリー 「止まらない円安」と「超円高」の記憶
円安が長期化する中で、日銀の金融政策を筆頭に、日本の政策への批判が増えている印象がある。 一方向への相場の動きが長期化し、循環的な説明が苦しくなると、構造論が持ち出されるのは円高局面でも繰り返された。結果的には、構造的円高論を尻目に円高は一巡となったが、果たして今回の円安はどうか?
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円の習性値幅
相場一点喜怒哀楽 米ドル/円の習性値幅
ゴールデンウィーク前の株式市場は様子見ムード 円安トレンドは今後も続くのか? 値幅から想定する米ドル/円相場
東野 幸利 東野 幸利
前へ 1 2345678910 ... 次へ