お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

ドル円 の記事一覧

米ドル/円は円売り加速、豪ドル/円は反落基調
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は円売り加速、豪ドル/円は反落基調
米ドル/円 週間予想レンジ:105.50~108.00メインストラテジー:押し目買い・米ドル高の流れが強まる・受動的な円売り加速・米...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
極端な米国債利回りの上昇は続かない
田嶋智太郎の外国為替攻略法 極端な米国債利回りの上昇は続かない
米国債利回り上昇の背景 米ドル/円は底堅い推移を継続
米金利上昇と米ドル相場
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 米金利上昇と米ドル相場
ボトムをつけた米長期金利 日本の政策金利 菅政権の為替政策 ワクチン相場としての円安
続・米金利急騰で変わる為替、株との関係
吉田恒の為替デイリー 続・米金利急騰で変わる為替、株との関係
米金利上昇を株価が嫌気するようになってきた。「イールドレシオ」で見ると、債券に対する株の優位は、「コロナ・ショック」前に戻るなど、株の相対的優位性後退の影響もありそう。 さらなる金利上昇なら、株安拡大も注目。為替への影響は、米金利上昇に伴う米ドル高の一方で、「株安・円高」といった影響も注目。
吉田 恒 吉田 恒
FRB議長証言と米金利上昇の転換
吉田恒の為替デイリー FRB議長証言と米金利上昇の転換
米10年債利回りの上昇が続いてきたが、90日MAからのかい離率などで見ると短期的な「上がり過ぎ」懸念がかなり強くなっている。 この数ヶ月、「上がり過ぎ」修正は、雇用統計発表など注目イベント後に本格化するパターンが続いた。また、半期に1度のFRB議長の重要議会証言後、米金利は一方向に動きやすい。その意味では、23日からのFRB議長証言の後から、米金利が低下に転じる可能性に注目。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円は押し目買いを維持、豪ドル/円は高値追いの展開
陳満咲杜流 FXプライスアクション 米ドル/円は押し目買いを維持、豪ドル/円は高値追いの展開
米ドル/円 週間予想レンジ:105.00~107.00メインストラテジー:押し目買い・モメンタム強まる・段階的な切り返し・米ドル全体...
陳 満咲杜 陳 満咲杜
「米ドル高」一服の背景と今後のシナリオ
吉田恒の為替ウイークリー 「米ドル高」一服の背景と今後のシナリオ
先週の米ドル/円は一時106円を上回ったものの、その後は米金利上昇が続く中、上値重い展開となった。これは、金利上昇が悪材料となり、米国株の上値も重くなったことが一因か。 対豪ドルなどでは米ドル安値更新となり、これも対円での米ドル高にとって足かせとなった可能性。豪ドル高・米ドル安の背景には、コモディティー相場上昇の影響がありそうだが、コモディティー相場も短期的な「上がり過ぎ」懸念が強くなっている。
吉田 恒 吉田 恒
米金利急騰で変わる為替、株との関係
吉田恒の為替デイリー 米金利急騰で変わる為替、株との関係
米10年債利回りが一時1.3%以上に急騰、米ドル高を後押しした。過去の米景気との関係からすると、米10年債利回りは2%以上へと一段の上昇に向かう方向性。しかしながら、短期的には「上がり過ぎ」懸念も強く、一気に1.4%突破するのも困難か。 米金利(債券利回り)上昇により、イールドで比較した場合、2020年3月のコロナ・ショック後から続いてきた債券に対する株式の優位性がほぼ終了した。それが株買いの変化につながる可能性に注目。
吉田 恒 吉田 恒
米国債利回り一段高で米ドルは基本的に底堅い
田嶋智太郎の外国為替攻略法 米国債利回り一段高で米ドルは基本的に底堅い
ワクチン接種率が株価に影響 米国債利回りは上昇 米ドル/円は底堅い展開 ユーロの動向はワクチン接種拡大懸念の影響があるか
米ドル高一服の理由と今後の行方
吉田恒の為替デイリー 米ドル高一服の理由と今後の行方
米ドル/円が先週にかけて一時105円台後半まで一段高となったのは、テクニカルな理由が大きかっただろう。一方今週に入り反落となったのは、金利差の追随がなかったことなどが原因か。 ただISM指数などを参考にすると、米金利には基本的に大幅上昇リスクがありそう。米金利上昇、金利差米ドル優位拡大で、米ドル「売られ過ぎ」の反動が入りやすい構図には著変なしか。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円「脱・小動き」の目標水準
吉田恒の為替デイリー 米ドル/円「脱・小動き」の目標水準
米ドル/円は先週から105円を上回ってきた。そんな米ドル/円の特徴は、長く続いた小動きからの「上放れ」ということ。 似たような「脱・小動き」を参考にすると、この動きは110円以上への米ドル一段高の始まりの可能性がある。金利、株の動きなどがそれを正当化できるかが鍵になりそう。
吉田 恒 吉田 恒
ユーロ安の理由と今後の行方
吉田恒の為替デイリー ユーロ安の理由と今後の行方
ユーロ/米ドルは先週一時1.2米ドル割れとなった。さすがにこれは、金利差から見ても「下がり過ぎ」の可能性があった。 ただ、「コロナ・ショック」後の金利差と為替のかい離はほぼ是正された。金利差に連動して、ユーロ「買われ過ぎ」の修正がこの先も入りやすい状況が続きそう。
吉田 恒 吉田 恒
続・米ドルが買われやすい「本当の理由」
吉田恒の為替デイリー 続・米ドルが買われやすい「本当の理由」
米ドル/円は半年以上ブロックされてきた90日MAも上抜けたことで、当面上値余地を探る展開が続きそう。 「コロナ後」は、金利差で示す水準より米ドル高圏で推移していたが、足元ではそれもほぼ是正されたことで、米ドル買い戻しが広がりやすくなっているのではないか。
吉田 恒 吉田 恒
当面は各国・地域間のワクチン接種の拡大スピード差がモノを言う
田嶋智太郎の外国為替攻略法 当面は各国・地域間のワクチン接種の拡大スピード差がモノを言う
「2月警戒論」が現実のものとなるか 景気回復の行方を左右する新型コロナワクチン接種の拡大スピード
米ドルが買われやすい「本当の理由」
吉田恒の為替デイリー 米ドルが買われやすい「本当の理由」
今週株安が拡大すると為替市場では米ドル買いが目立った。これについて、「コロナ後」続いてきた「リスクオン(株高)の米ドル売り」の対極に位置付けられる「リスクオフ(株安)の米ドル買い」との説明がある。 「リスクオンの米ドル売り」が続く中で、米ドルは「売られ過ぎ」懸念が拡大した。その意味では、最近の米ドル買いは、「売られ過ぎ」の反動の影響が基本ではないか。
吉田 恒 吉田 恒
為替・金利・株「異常値」続出の示唆
吉田恒の為替デイリー 為替・金利・株「異常値」続出の示唆
米金利「下がり過ぎ」、米ドル「売られ過ぎ」の可能性といった「異常値」が続出している。これを見ると、米金利上昇で米ドル買い戻しのポテンシャルが高そう。 株はイールドレシオで見ると、債券に対する圧倒的な優位性がほぼ是正された可能性。その意味では金利上昇は株売りにつながりやすくなっている可能性あり。その株、日米相対株価は、空前の日本株割安・米国株割高となっている。
吉田 恒 吉田 恒
米ドル/円と日米相対株価の関係
吉田恒の為替デイリー 米ドル/円と日米相対株価の関係
昨年3月の「コロナ・ショック」一段落の後から、株高・米ドル安・円高が続いてきた。その中で、日米相対株価は日本株割安・米国株割高が空前の水準まで拡大した。 経験的に、日本株割安・米国株割高拡大の転換は、米金利底打ちのタイミングと一致してきた。米金利が上昇すると、日本株割安・米国株割高の修正が一段と進む可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
暗号資産暴落は株安・円高の示唆!?
吉田恒の為替デイリー 暗号資産暴落は株安・円高の示唆!?
先週にかけてBTCなど暗号資産が暴落した。BTC暴落は、2017年12月からも起こったが、暴落が広がる中で株安、円高も起こった。 2017年12月からのBTC暴落と、最近にかけての暴落ではプライスパターンの類似性もあるだけに、今後の株・為替への影響も注目か。
吉田 恒 吉田 恒
米金利「サプライズ上昇」のシナリオ
吉田恒の為替デイリー 米金利「サプライズ上昇」のシナリオ
米金利は年明け以降急騰。米金利は、ISM指数と相関性が高いので、この金利急騰は、景気回復への追随の可能性が高そうだ。 FRBは金融緩和を続ける見通し。ただ、政策金利とのかい離を参考にすると、ゼロ金利を続けても、米長期金利が足元の1%台から2%超へ一段と上昇する可能性はありそう。
吉田 恒 吉田 恒
米新政権と米ドル/円の関係
吉田恒の為替デイリー 米新政権と米ドル/円の関係
米新政権スタートの後は、米ドル/円は当面一方向へ動くことが多かった。 クリントン政権以降のプライス・パターンを参考にすると、米ドル安なら90円へ、米ドル高なら120円に向かう見通しになる。
吉田 恒 吉田 恒
前へ 1 2345678910 ... 次へ