お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

日経平均3万円への道 の記事一覧

2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が 30,000円へと上昇する見通しを発表いたしました。 これを受け、なぜ、日経平均は30,000円へ向かうのか、 コラムや当社コメントなどをお客様へお伝えしてまいります。

日経平均3万円への道
日経平均3万円への道 アップデート2020年9月
日経平均3万円への道 アップデート2020年9月
新型コロナウィルスの感染拡大で我が国及び世界の経済は甚大な打撃を受けた。日経平均は2020年初に2万4000円台に乗せたものの2月~3月にかけて急落した。その後、株価は戻り歩調にある。8月下旬...
日経平均3万円への道アップデート:足元の世界的株高の背景
日経平均3万円への道アップデート:足元の世界的株高の背景
現在の株高の背景 今後の展望 日経平均の水準感
日経平均3万円への道アップデート:2021年度末前後に達成へ
日経平均3万円への道アップデート:2021年度末前後に達成へ
足元の株価動向:2万円割れリスクから上放れ 当面の日本と世界の景気動向:この局面での米欧の金融緩和は効果大 3万円達成の道筋:EPS成長と株主還元強化で2021年度末
日経平均3万円への到達は2021年12月末までに
日経平均3万円への到達は2021年12月末までに
日経平均3万円への到達見通しを後ろ倒しに 市場センチメント悪化と不透明要因の増加が理由 日本株の中期上昇ポテンシャルは不変
【アップデート】日経平均は3万円へ。平成最後の松本の見通し
【アップデート】日経平均は3万円へ。平成最後の松本の見通し
日経平均3万円への道 アップデート2019年4月松本大のコメント3万円到達予想時期とコメント私が前回見通しのアップデートをした2月末からの2ヶ月間で、日経平均は約1,000円上昇し2万2,000円台に...
日経平均3万円への道 アップデート2019年2月
日経平均3万円への道 アップデート2019年2月
米中貿易交渉の進展期待から2万1千円を回復した日経平均株価。しかし、好悪材料が入り混じる今の相場を不安視する投資家も多いのではないでしょうか。今後の日経平均株価はどうなるのか。マネッ...
平成最後の年末は日経平均3万円への途上 日経平均3万円への道 アップデート2018年12月
平成最後の年末は日経平均3万円への途上 日経平均3万円への道 アップデート2018年12月
2018年12月25日のクリスマスに日経平均株価は1,000円余りも急落し、20,000円を割りました。景気減速懸念が拭いきれない日本株式市場ですが、マネックス証券のチーフ・ストラテジスト広木隆が日...
1周年記念【日経平均3万円への道】特別セミナー
1周年記念【日経平均3万円への道】特別セミナー
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円と上昇する見通しを発表しました。1周年を記念し、2018年11月はマネックス証券代表取締役会長の松本大、チーフ・ストラテジスト広木隆、...
3万円到達予想時期とコメント  アップデート 日経平均は3万円へ。
3万円到達予想時期とコメント  アップデート 日経平均は3万円へ。
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円と上昇する見通しを発表しました。2018年10月はマネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆が日経平均3万円への到達予想時期をコメン...
リスク後退で市場センチメントは回復へ 3万円到達予想時期とコメント アップデート 日経平均は3万円へ。
リスク後退で市場センチメントは回復へ 3万円到達予想時期とコメント アップデート 日経平均は3万円へ。
アップデート 日経平均は3万円へ。リスク後退で市場センチメントは回復へ3万円到達予想時期とコメント2018年9月末、日経平均は2万4千円を突破し、1991年11月以来の高値を付けた。背景には、世...
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し(松本)
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し(松本)
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円と上昇する見通しを発表しました。2018年6月にマネックス証券 チーフ・アナリストの大槻奈那、2018年7月にマネックス証券 チーフ・ス...
アップデート 日経平均は30,000円へ。マネックス証券と有識者の見通し(広木)
アップデート 日経平均は30,000円へ。マネックス証券と有識者の見通し(広木)
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が30,000円へと上昇する見通しを発表しました。あわせて、2017年11月にマネックス証券社員と外部有識者の、日経平均3万円の到達予想時期とコメ...
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し(大槻)
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し(大槻)
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円へと上昇する見通しを発表しました。あわせて、2017年11月に日経平均3万円の到達予想時期とコメントを掲載しました。日経平均3万円への...
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券の見通し
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券の見通し
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円へと上昇する見通しを発表しました。あわせて、2017年11月にマネックス証券社員と外部有識者の、日経平均3万円の到達予想時期とコメント...
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し
アップデート 日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円へと上昇する見通しを発表しました。あわせて、2017年11月に日経平均3万円の到達予想時期とコメントを掲載しました。日経平均3万円への...
日経平均4万円!?超強気派に松本大が訊く (後編)
日経平均4万円!?超強気派に松本大が訊く (後編)
日経平均は、年初から23,000円を突破するなど、2018年も好調な滑り出しを見せています。日本経済に対して強気派であるウィズダムツリー・ジャパン株式会社最高経営責任者(CEO)のイェスパー・...
日経平均4万円!?超強気派に松本大が訊く (前編)
日経平均4万円!?超強気派に松本大が訊く (前編)
日経平均は、年初から23,000円を突破するなど、2018年も好調な滑り出しを見せています。日本経済に対して強気派であるウィズダムツリー・ジャパン株式会社最高経営責任者(CEO)のイェスパー・...
新春記念!武者氏、阿部氏と豪華マーケット座談会
新春記念!武者氏、阿部氏と豪華マーケット座談会
まもなく迎える2018年。2020年には日経平均4万円を試す局面に入ると考えている阿部修平氏。バブル期の史上最高値を更新するシナリオにはいっていくと考える武者陵司氏。そして、日経平均が2019...
日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し
日経平均は3万円へ。マネックス証券と有識者の見通し
2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が3万円へと上昇する見通しを発表いたしました。これを受け、マネックス証券社員と外部有識者の、日経平均3万円の到達予想時期とコメントをまと...
日経平均2万2千円回復~3万円への上昇見通し~
日経平均2万2千円回復~3万円への上昇見通し~
2017年10月27日、日経平均は約21年ぶりに22,000円を回復しました。史上初の16連騰を達成したばかりの日経平均ではありますが、マネックス証券ではこの株価上昇を短期的なものではなく、日本経済...
松本 大
松本 大
マネックス証券 取締役会長
1963年埼玉県生まれ。1987年東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経て、ゴールドマン・サックスに勤務。1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資でマネックス証券株式会社を設立。2004年にはマネックスグループ株式会社を設立し、以来CEOを務める。マネックスグループは、個人向けを中心とするオンライン証券子会社であるマネックス証券(日本)、TradeStation証券(米国)・マネックスBOOM証券(香港)などを有するグローバルなオンライン金融グループである。株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任。現在、米マスターカードの社外取締役を務める。
広木 隆
広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒業。
国内銀行系投資顧問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
長期かつ幅広い運用の経験と知識に基づいた多角的な分析に強み。
2010年より現職。青山学院大学大学院(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレ東「日経プラス10」、日テレNEWS24「まーけっとNAVI」、J-WAVE「JAM THE WORLD」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。
マネックス証券ウェブサイトにて、最新ストラテジーレポートが閲覧可能。
著書:
「ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論」(ゲーテビジネス新書)
「9割の負け組から脱出する投資の思考法」(ダイヤモンド社)
「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)
「ROEを超える企業価値創造」(日本経済新聞出版社)(共著)
大槻 奈那
大槻 奈那
マネックス証券 チーフ・アナリスト 兼 マネックス・ユニバーシティ長/マネックスクリプトバンク マネックス仮想通貨研究所所長
東京大学卒、ロンドン・ビジネス・スクールでMBA取得。スタンダード&プアーズ、UBS、メリルリンチ等の金融機関でリサーチ業務に従事、各種メディアのアナリスト・ランキングで高い評価を得てきた。2016年1月より、マネックス証券のチーフ・アナリストとして国内外の金融市場や海外の株式市場等を分析する。現在、名古屋商科大学大学院教授、二松学舎大学国際政治経済学部の客員教授を兼務。東京都公金管理運用アドバイザリーボード委員、貯金保険機構運営委員、財政制度等審議会委員。ロンドン証券取引所アドバイザリーグループのメンバー、内閣府規制改革推進会議委員も務める。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」等、メディアへの出演も多数。
著書:
『本当にわかる債券と金利』(日本実業出版社)、
『1000円からできるお金のふやし方』 (ワニブックス)