初心者でもわかりやすい金融用語集

支払調書

支払調書とは、日本の税法に基づく法定調書の一種で、企業や個人が特定の支払いを行った際に税務署に提出する書類です。この書類は、所得税法や相続税法により規定されており、支払いの内容と金額を正確に税務署に報告するために用いられます。

支払調書には様々な種類がありますが、 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... 取引に関連するものとしては「株式等の譲渡の対価等の支払調書」などが挙げられます。例えば、企業が株主に 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 金を支払う場合や、証券会社が投資家に株式の売却代金を支払う場合など、誰にどれだけの金額を支払ったかを記録し、税務署に提出することになります。

ただし、 源泉徴収 源泉徴収源泉徴収とは、所得が発生する際に、その所得を支払う人(支払者)が所得税などの税金を所得者の代わりに国に直接納める制度です。このシステムにより、給与所得者などは自分で税金を計算し納税する手間が省け、税金... が行われる取引に関しては支払調書の提出は必要ありません。例として、証券会社の 特定口座 特定口座特定口座とは、日本の証券取引において、投資家が証券会社に開設する口座の一種です。この口座を利用することで、株式や債券などの売買による利益(譲渡益)にかかる税金の計算や申告が簡単になります。 特定口座... を通じて行われた取引の場合、特定口座年間取引報告書が税務署に提出されることになります。

投資家個人に支払調書が直接手渡されることはなく、税務署はこの書類を使って納税者の所得が正しく申告されているかを確認します。投資家は源泉徴収されていない所得については、自ら計算し確定申告を行う必要があります。