初心者でもわかりやすい金融用語集

源泉徴収

源泉徴収とは、所得が発生する際に、その所得を支払う人(支払者)が所得税などの税金を所得者の代わりに国に直接納める制度です。このシステムにより、給与所得者などは自分で税金を計算し納税する手間が省け、税金の未納や遅延を防ぐことができます。

たとえば、会社が従業員に給与を支払う際、会社は従業員の給与から所得税等を差し引いて国に納めます。従業員は差し引かれた後の金額を手取りとして受け取ります。このプロセスは自動的に行われるため、従業員は毎月の給与から自動的に税金が支払われていることになります。

源泉徴収は給与所得の他にも、利子や 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... など様々な所得に対して適用されます。ただし、源泉徴収される税額はあくまで予定税額であり、年末 調整 調整調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに... や確定申告を通じて最終的な税額が計算されます。これにより、過不足があった場合には追加で納税したり、還付を受けたりすることになります。