用語分類「制度」

ハイパワード・マネー
ハイパワード・マネーとは、中央銀行が発行する通貨のことで、通常、紙幣やコイン、そして中央銀行の預金残高を指します。この用語は、中央銀行が発行するお金が金融システムにおいて「高い影響力」を持つことから来...
ゼロ金利政策
ゼロ金利政策とは、中央銀行が政策金利をゼロに近い水準に設定する金融政策のことです。この政策は、経済が停滞期にあるときやデフレーション(物価の持続的な下落)が懸念されるときに、経済活動を刺激し、消費や投...
預金準備率操作
預金準備率操作とは、金融機関が中央銀行に預け入れる必要のある最低限の資金比率(預金準備率)を調整する、中央銀行が行う金融政策の一つです。 この比率を変更することにより、中央銀行は市場に流通する資金量...
マーケットメイカー制度
マーケットメイカー制度とは、金融市場において、特定の証券や通貨ペアなどの取引商品について、常に売りと買いの両方の価格(売値と買値)を提示し、市場の流動性を確保する役割を担う制度です。 この制度に参加...
安定操作取引
安定操作取引とは、新規に株式や債券などの証券を公開市場で発売した際に、その価格が市場で不安定にならないように、証券の発行会社やその代理となる金融機関が市場で一定期間、証券の買い支えや売り出しを行うこと...
マネーロンダリング
マネーロンダリングとは、不正や犯罪活動によって得られた資金の出所を隠蔽し、合法的な資金のように見せかけるためのプロセスです。この行為は、犯罪収益の正体を隠し、捜査機関の追跡を逃れる目的で行われます。 ...
STO
STOとは、Security Token Offeringの略称で、ブロックチェーン技術を利用して発行されるデジタル証券の公開募集のことです。従来の株式や債券などの証券をデジタル化し、トークンとして表...
グリーンシューオプション
グリーンシューオプションとは、オーバーアロットメントにより主幹事証券会社が投資家に販売した株券を借入先へ返却するに当たって、株券を調達する取引方法の一つです。 具体的には、株式の新規公開などにおいて...
オーバーアロットメント
オーバーアロットメントとは、企業が新規株式公開(IPO)や既公開株式の公募・売出しを行う際、当初の募集・売出し数量を超える需要があった場合に、主幹事証券会社が発行会社の大株主等から一時的に株式を借り入...
株式数比例分配方式
株式数比例配分方式とは、投資家が保有する上場株式や上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)などの配当金や分配金を、保有している各証券会社の口座で受け取る方式です。同一銘柄を複数の証券会社で保...
個別元本
個別元本とは、投資家が投資信託を購入した際の購入価格(基準価額)を指します。これは、投資信託の収益がどのように課税されるかを決定する際の基礎となります。この制度は、投資家ごとに投資時の基準価額を元本と...
地方債
地方債とは、地方自治体が特定の公共プロジェクトや運営資金を調達するために発行する借入証書です。これには市町村や都道府県などの地方自治体が含まれます。 地方債は、一般的には地方自治体が将来の税収やその...
株主割当増資
株主割当増資とは、企業が資金を調達するために新たに発行する株式を、すべての既存の株主に新株式を引き受ける権利を与える方法です。この方式では、株主は自分の持ち株に応じた割合で新しい株を購入することができ...
ノーロードファンド
ノーロードファンドとは、投資信託を購入する際に、販売手数料(ロード)が不要なファンドのことです。通常、投資信託を購入する際には、ファンドの運用会社や販売会社に支払う手数料が発生しますが、ノーロードファ...
価格優先の原則
価格優先の原則とは、証券取引所での売買注文の執行順位を決定する基本的なルールの一つです。具体的には、買い注文ではより高い価格を提示した注文、売り注文ではより低い価格を提示した注文が優先されます。 た...
確定給付企業年金
確定給付企業年金とは、企業が従業員に対し退職時の一定額の給付を保証する年金制度です。 この制度では、従業員が退職時に受け取る年金額が事前に決定されており、企業はその給付を実現するための資金管理と運用...
株主総会
株主総会とは、株式会社において株主が集まり、会社の重要な事項について議論し、決定を下す最高意思決定機関のことです。この会議は通常、年に一度定期的に開催される「定時株主総会」と、特別な事情が生じた際に臨...
権利落ち
権利落ちとは、株式や投資信託などの金融商品について、配当や分配金などの特定の権利を得るための基準日を過ぎ、その権利がなくなることを指します。 たとえば、ある企業が株主に対して配当を支払う場合、配当を...
5%ルール
5%ルールとは、証券取引における規制の一つで、投資家がある企業の株式を5%以上保有した場合に、その事実を内閣総理大臣に報告しなければならないというルールです。 この報告は、投資家がその企業の株式...
単位株制度
単位株制度とは、株式を売買する際の最小取引単位を定めた制度です。株式市場において、投資家が株式を購入する際には、この単位株制度に基づいた数の株を一度に取引する必要があります。 たとえば、ある企業の単...
前へ 1 234 次へ