初心者でもわかりやすい金融用語集

安定操作取引

安定操作取引とは、新規に株式や 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... などの証券を公開市場で発売した際に、その価格が市場で不安定にならないように、証券の発行会社やその代理となる金融機関が市場で一定期間、証券の買い支えや売り出しを行うことです。

この取引は、新規公開( IPO IPOIPOとは、Initial Public Offeringの略称で、企業が初めて一般の投資家に対して自社株式を公開し、株式市場で取引できるようにすることを指します。 このプロセスを通じて、企業は... )直後の市場の混乱を防ぎ、証券の価格が過度に変動するのを抑えることを目的としています。安定操作取引によって、投資家はより安心して新規公開された証券を取引することができます。

ただし、この操作は証券の実際の市場価値を反映していない可能性があるため、投資家は安定操作期間が終了した後の価格変動に注意する必要があります。また、安定操作取引は一定のルールと規制の下で行われ、市場の公正性を保つために厳しく監視されています。